発声練習をするとカラオケが上手に歌える?お家でできる練習方法

カラオケに行くと、もっと上手に歌いたい。もっと高い声を出せるようになりたいと思うことがあります。

しかし無理やり声を出そうとしても、さらに声が出にくくなったり、喉を傷めてしまう可能性もあります。

そこで無理をせずに声をしっかりと出せる発声練習について、お家でできる発声練習方法についてご紹介をいたします。また高い音を出すための練習方法についてもご紹介をしていますので、併せてお読みになってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

片付けが進まない理由はコレ。解決するには思考の整理が大切

よし。今日は片付けるぞと思っていたのに、逆に散らかしただけで一日が終わってしまうことはありませんか。...

整理整頓のコツを掴んで部屋をきれいにする方法

整理整頓とは、いるものといらないものを区別し、ものが散らかった状態からきちんと収納、配置された状態に...

wi-fiを家で使うとネット環境が良くなり便利な事が多い

現代では多くの家でwi-fiが使われておりますが、ネット環境を良くしたいと思っても1人暮らしの家でw...

おすすめの収納アイデア!洋服を綺麗に片付けて気持ちもスッキリ

自分自身が部屋を片付けるのが苦手であったり、子供が小さくて綺麗に収納する時間がなかったりして、服が床...

大人がお金をかけずに楽しめる、家でできる趣味をご紹介

家にいて家事も一段落すると、なんだか手持ち無沙汰になる瞬間ありませんか?ゆっくりと過ごすのも良いです...

家である物で作れるエッグポマンダーの作り方

あまり聞き馴染みのないエッグポマンダーは家にある物で作る事が出来るハンドメイドのひとつです。危険な作...

洋服を断捨離する時、後悔しない5つのポイント

不要なものを断ち、捨て、執着から離れる断捨離。女性にとって断捨離、片付け、というワードを聞いた時...

家で映画を観ながらデートしよう!彼女を初めて家に招く時の準備

付き合っている彼女を初めて自分の家に招待するときは、ドキドキしながら準備をするものです。映画を観...

【家でできる趣味】人生をより豊かにする女性におすすめの趣味

日々の生活を何気なく生きていると、毎日が同じことの繰り返しになってしまう人も多いのではないでしょうか...

発声練習の基本、複式呼吸のトレーニング方法

コンサートやテレビの音楽番組などで何曲も歌った後でも声が変わらず話せる歌手は喉への負担がかからない方法で発声しています。その方法で歌を歌っていると喉をいためず、無理に大きな声を出すことが出来ます。どのような方法なのか紹介いたします。

  • 腹式呼吸
    あまり意識していない時の呼吸は浅く胸までの呼吸が多いです。姿勢を整え鼻から少しずつ長く呼吸を吸いましょう。吸った空気はお腹の中に送り込みお腹を膨らませましょう。そしてその空気を鼻からゆっくり細く吐き出します。吸うことよりも、吐き出すことを意識すると必然的に楽に空気を吸うことが出来ます。
  • 吐く息を口からにしてみましょう。
    鼻から吐いていた息を口からにしてみましょう。「あ」の口の形にして息を履きながら声を出してみましょう。吐き出す空気に乗せるようにしてトーンを上げたり、下げたりしてのどの力を抜いて練習してみましょう。

喉が閉まると声が出ない!喉を開く発声練習方法

喉をあけるとは

喉を開くとは無意識にあくびをしている状態のときです。少し空洞を感じないでしょうか?喉がしまっている状態というのは喉の中を細くして声を出している状態で発声時喉の表面から触った時に振動を感じるときがあります。

力を抜きましょう。

口を軽くあけて、喉を意識せずお腹の中の空気を出すことをイメージしましょう。力を入れてしまうと喉に意識が集中してしまうため肩や全身の力を抜いて行ってみましょう。

周囲の迷惑にならないように注意しましょう。

練習を重ねていると今までとは違う声量が出る時があります。喉の調子がいいときは勿論、雨の日やお風呂上りなどの湿度が高い時は出なかった声が出しやすく気持ちよく発声練習をすることが出来ます。隣近所の迷惑にならないよう窓やドアが閉まっているか確認しましょう。部屋が隣接している場合は離れた部屋で時間に注意し発声練習をしましょう。

発声練習には正しい姿勢が重要!姿勢がキーとなるリップロール練習方法

声を出すには喉や口元だけではなく姿勢が重要になります。理想的な姿勢や上手に歌うための練習方法に効率的な方法を紹介いたします。

  • リップロール
    唇を振るわせる練習です。吐き出す息で唇を震わすには力の入り具合が重要になります。力を加減できたら震える力を一定にした状態で長い時間行ってみましょう。出来るようになったら音程を変えてリップロールをしてみましょう。長く細い音程を続けられるようになったら喉に負担をかけすぎず使い分けしながら歌を歌うことが出来ます。
  • 体の力は抜きましょう。
    姿勢が重要といわれると力が入ってしまいますが、力が入りすぎてしまうと思ったような発声が出来ません。力を入れる部分と抜く部分を意識しましょう。
  1. 真っ直ぐ立ち両手を組んだ状態で上に引き上げるように背を伸ばします。空から腕を引っ張られることをイメージしましょう。その時出来るようであれば耳の後ろまで腕を引き胸を開き伸びたら腕を下ろし脱力しましょう。
  2. 立っている両足の幅を拳縦2つ分くらい開け足の裏全体で体を支えるように体重を分散させましょう。
  3. 肩甲骨を寄せ、肩の力を抜きます。視線は真っ直ぐにしたら、正しい姿勢の完成です。

ロングトーンの練習で得られるメリットと練習方法

発声には震わす以外にも長く細く声を出す方法を取り入れると声を出しやすくなります。

細く長い音を出す。

姿勢を正し腹式呼吸の練習を数回行います。理想的なロングトーンは一定した音量、音程、吐く息で体内の空気を出し切ることをイメージします。最初は無理をせず細く長い音を遠くの人に届けることを想像し行ってみましょう。

続ける事によって排気量を増やすトレーニングになり、音程を保ちながら長くしなやかな声を出すことが出来ます。また喉への負担も軽減できたくさんの歌を歌うことが出来るでしょう。

口周りを柔軟にする。

発声練習の後は口周りのストレッチを行いましょう。口に力が入っていなくても実際歌を歌う時になると色々な歌詞を発声します。その時のために口を大きくあけたりすぼめたりして口のストレッチを練習のひとつに入れましょう。

カラオケで気持ちよく高い曲を歌うためのコツ

  • 息の量を調節する。
    喉に負担をかけていると声を出すことが辛くなり高い音を震わせて歌うことが出来なくなってしまいます。吐き出す息の量を調整し細く長い息で声帯を震わせる事で喉に負担をかけず長く出すことが出来ます。大きな声を出そうと喉だけで歌わずお腹からの声を意識しましょう。
  • 裏声を使う。
    本来の自分の声ではなく、喉の上の鼻の裏から声を出すイメージで細く長い声を出してみましょう。急に出せるものではありません。一度自分の出せない声の歌を聴いて発声してみると自然と裏声を体感できるでしょう。
  • 必ず立った状態で歌う。
    座ったままだとお腹が縮こまってしまいたくさんの空気を取り入れることが出来ません。立って歌い姿勢を整えて歌いましょう。
  • 水分補給しましょう。
    お腹からの発声を意識していても裏声を使ったり、呼吸などで喉が渇きます。しっかりと水分を取り体も喉も潤しましょう。湿度が高い時のほうが色々なトーンの声を出すことが出来るので水分は大事です。