10倍がゆをご飯からまとめて作って冷凍保存!その作り方を解説

離乳食を始める時に必ず作る「10倍がゆ」。 作り方はいろいろありますが、ご飯からまとめて電子レンジを使って作る方法がとても簡単です。そして作った後は、1食分ずつ小分けにして冷凍保存しているママも多いようです。

そこで今回は、ご飯からまとめて作る10倍がゆの作り方と冷凍保存方法、その後の解凍方法について説明します。冷凍保存した10倍がゆは1週間以内に食べきるようにしましょう。

また、10倍がゆはいつから始めなくてはいけないと決まってはいません。赤ちゃんに合わせて始めるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

10倍粥を米から作る方法!レンジ・鍋での作り方と冷凍保存方法

赤ちゃんの離乳食の最初のステップは10倍粥を食べることです。これから離乳食を開始するにあたり、10倍...

冷凍した豆腐は離乳食にも使える?豆腐を冷凍する場合の注意点

豆腐は栄養価が高く離乳食に使うことも多いので、冷凍保存ができれば…と考えますが、冷凍後は食感が変わっ...

ナスを使った離乳食・後期食に作ってあげたいおすすめレシピ

ナスは熱を加えるとトロトロの状態になるので調理もしやすく、離乳食・後期食にもおすすめな食材です。...

大根を使った離乳食中期の料理、下ごしらえや冷凍方法もご紹介

離乳食が始まると、その時期によって調理方法や食材を変えていく必要があります。離乳食の初期から食べさせ...

10倍粥の作り方!米から炊飯器で作る方法と冷凍・解凍方法

赤ちゃんの離乳食は10倍粥からスタートします。一食分の10倍粥を毎回作るのはママの負担になることもあ...

家でおいしい焼き鳥作って夕飯の食卓を豪華にしよう

子どもも大人も大好きな焼き鳥、お店で食べるか夏のバーベキューで焼くかしないと食べられないものだと思っ...

10倍粥の作り方はレンジと使うと簡単で時短。便利な方法色々

初めての離乳食は食べてくれるかどうか不安を抱えながら、お子様のために毎日頑張って離乳食を作っているこ...

冷凍ほうれん草を便利に使って離乳食を作ろう!レシピをご紹介

「栄養たっぷりの野菜を赤ちゃんに食べてもらいたい」と考えているママもいるのではないでしょうか。ほうれ...

【10倍粥の作り方】炊飯器やレンジ・鍋を使って簡単に作る方法

初めての育児は色々とわからないことも多く、手探り状態で育児に奮闘しているママもいるのではないでしょう...

10倍粥の作り方!電子レンジで米・ご飯から作る離乳食レシピ

初めての子育てに奮闘中のママの中には、これから始める赤ちゃんの離乳食について、不安を感じている人もい...

10倍粥の作り方、仕上げはミキサーが超便利。保存方法もご紹介

離乳食初期に作る10倍粥ですが、ミキサーを使った10倍粥の作り方を試してはいかがでしょうか。...

10倍粥をご飯から作る作り方・赤ちゃんが離乳食を始める目安

赤ちゃんが成長していくにあたり、離乳食を開始する時期がやってきます。最初に食べるご飯が10倍粥。ママ...

【レンジで作る10倍がゆ】ご飯からまとめて作る方法

赤ちゃんの10倍がゆは、お米からではなく炊きあがったご飯から作ると簡単で、電子レンジを使うことによって更に簡単に、まとめて数回分の10倍がゆを作ることができます。
  1. 炊きあがったご飯50gを計量器で量るか2分の1カップ測るかして耐熱ボウルに入れます。
  2. 水200mlを入れてご飯を軽くほぐしてから600wの電子レンジで4分間加熱します。
  3. 加熱後一度ご飯を混ぜ合わせてからボウルにラップを掛けて、電子レンジ庫内で5分~10分蒸らします。
  4. 蒸らしたご飯は、暖かいうちにブレンダーでペースト状に細かくすり潰し(ブレンダーがなければすり鉢を使って下さい。)、米の粒がキレイに潰せたら完成です。

電子レンジを使うことで火加減の調整はいりませんし、おかゆを焦がす心配もありません。

電子レンジが全ての調理を請け負ってくれるので、10倍がゆを作っている間にも赤ちゃんと一緒に遊んだり、お世話したりすることができますね。

ご飯からまとめて作った10倍がゆの冷凍保存方法と解凍について

10倍がゆを食べる量にもよりますが、冷凍する時には「製氷皿」「小分け皿」「冷凍用保存容器」などを利用するのがおすすめ。

10倍がゆは「1食分ずつ」に小分けに冷凍する

離乳食を開始したばかりの段階であれば、製氷皿で冷凍した10倍がゆを、製氷皿から取り出して保存袋に詰めておくと取り出しやすくて便利です。

出来たての10倍がゆはまだ熱いので、そのまま冷凍庫に入れるのは気が引けてしまうかもしれませんが、常温で冷ますとその分雑菌の繁殖が心配になります。

冷凍庫のアルミ板などを利用して熱いまま冷凍庫に入れるか、氷水や保冷剤などで急速に温度を下げるなどして、早めに冷凍庫におかゆを入れて下さい。

解凍する時には、小さじ1程度の水を回しかけてから解凍する

10倍がゆがモタモタとした食感になるのを防いでくれますので、必要であれば解凍後にも湯冷ましを溶くなどして、水分量を調節してから与えるようにして下さいね。

冷凍した10倍がゆは1週間程度冷凍で保存可能ですが、食べる時にはしっかり加熱すること、早めに食べきることを意識して、赤ちゃんの健康に害が及ばないように細心の注意をはかりましょう。

10倍がゆをアレンジ!赤ちゃんに食べさせてあげましょう

離乳食を始めると、どんどん新しい食材に赤ちゃんが触れることになるので、お気に入りの味が見つかった時には、慣れた味を嫌がったり、飽きてしまったりすることもあり、お母さんを悩ませますね。

10倍がゆに飽きてしまった時は、食材を混ぜてアレンジおかゆにする

10倍がゆに直接混ぜて作ってしまっても良いですし、すり潰した食材を10倍がゆの上にトッピングして少しずつ混ぜながら食べさせても良いですね。

アレンジにおすすめの食材

  • ほうれん草がゆ
  • カボチャがゆ
  • じゃがいもがゆ

で、それぞれ茹でて柔らかくすり潰したものをお粥に混ぜるだけで完成です。

トッピングにおすすめな食材

  • しらす
  • 人参
  • りんご

などで、すり潰したものを10倍がゆの上にトッピングして、少しずつ混ぜながら与えることで、大人がご飯にタラコや筋子を乗せるような感覚で食べられますので、飽きた時には最適な方法ですよね。

ご飯からまとめてレンジで10倍がゆを作る場合の注意点

電子レンジで10倍がゆを作るときの注意点について説明します。

少量ずつ作るのであればさほど心配はいらないのですが、今回のように50gのご飯でまとめて10倍がゆを作る時に注意したいのが「吹きこぼれ」で、気づいたら電子レンジの回転皿がご飯でベタベタになってしまうことがあるので、作る時には深さのある耐熱ボウルを使用して、特にはじめて作る時には庫内の様子を覗きながら、吹きこぼれがないかどうかのチェックを行うようにしてください。

50gのご飯に対して200gの水を入れて電子レンジにかける

これはあくまでも目安で、お使いの電子レンジによっては水分量が少なすぎる場合があり、出来上がりがネバネバと粘り気の強いおかゆになってしまうことがありますので、その際にはお湯を少量ずつ足しながら、ちょうど良い固さに調整してください。

水の量と同様に、加熱時間もお使いの電子レンジによって異なりますので、ご飯の芯が残っているような時には無理にブレンダーに掛けずに、10秒~20秒ずつの追加加熱を行い、ちょうど良い固さに仕上げて下さいね。

離乳食は赤ちゃんに合わせてすすめていきましょう

私は保育関係の仕事をしていたことがあり、お母さんたちから離乳食の進みが悪いことや食の好き嫌いについて良く相談を受けることがありました。

初めての子育てでは、周りの友だちの話が育児書代わりだったり、離乳食などの専用の育児本が頼りだったりする新米お母さんたちがほとんどですから、その通りに離乳食が進まなかったり、「食べてくれない」「進みが遅い」「同じ月齢の子と違う」などの問題があったりすると、お母さんたちをひどく落ち込ませることがあります。

しかし、離乳食を始める時期、ステップアップする時期、食べる量は赤ちゃんによって異なりますし、育児書に書かれてあるのはあくまでも目安で、その通りぴったりと物事が運ぶ家庭はごくわずかです。

思い通り、思い描いていた通りに離乳食が進まないからといって焦ったり、不安になったりすると、赤ちゃんにお母さんの気持ちが伝わってどんどん悪循環になることもありますから、ストレスを感じる時にはそのような周りの声や育児本から一度距離を置いてみることも大切です。