マンションでも大丈夫!家でできる運動で脂肪燃焼ダイエット

ダイエットのための運動と言えば、ジムに通ったり、外へ出てジョギングをするなど、家以外でやることが多いものです。
様々なダイエット方法がありますが、家でできる運動でも十分に脂肪を燃焼することができます。
ここでは、マンションでも気にせずに、自宅でできる効果的な運動について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【家で運動不足解消】わずかなスペースでもできる運動をご紹介

天気が悪い日が続いたり、寒い冬には外に出るのが億劫になってしまって運動が続かない、基本的にあまり運動...

懸垂マシーンや棒を設置して家で安心して懸垂ができる環境を作ろう

ジムに通うお金がない、ジムに通っても人目が気になり集中できない、気軽に鍛えたいなど、家で懸垂をできな...

運動が苦手な人が家で出来るダイエットは「ながら運動」

人間は30代前後になると運動不足により代謝が落ち体重が増加傾向になる、いわゆる中年太りになりやすいで...

外に出られない時でも大丈夫!家でできる有酸素運動を紹介

家でできる有酸素運動を紹介します。悪天候で外に出られない時、様々な事情で外出できないときなど、できれ...

【家でできる筋トレ】腹筋を割りたい人におすすめの筋トレ方法

男性なら、誰でも一度は割れた腹筋に憧れたことがあるのではないでしょうか?家でできる筋トレで腹筋を...

【ピラティスを家で始めよう】初心者が一人で始める時の心得

今よりも若いころは、体重やお腹周りのお肉が気になったら食べる量を調整する事ですぐに痩せる事ができたと...

家にある物だけで出来る家で出来るカロリー消費

自宅で手軽に行える運動のひとつに踏み台昇降があります。ただ踏み台昇降と聞くと台に乗り降りして足に負荷...

ダイエットには、家でできる有酸素運動がおすすめ

運動には無酸素運動と有酸素運動があり、長く続けられる有酸素運動は、脂肪をエネルギーに変えてくれるため、ダイエットに有効です。

代表的な有酸素運動は、ジョギングや水泳など、家の中ではできないものが多いのですが、実は家でできる有酸素運動もたくさんあります。

家の中でも有酸素運動ができれば、外に出るのが面倒な人でも、たとえ台風などで悪天候の日でも、家でダイエットに励むことができます。

自宅がアパートやマンション、ワンルームで狭い場合でも、ちょっとしたスペースがあれば十分にできる運動があるので紹介していきます。

家でできる運動は、体一つで行うことができる

家でできる運動では、特別な筋トレアイテムがなくても十分にダイエットをすることができます。

自分が立つくらいの省スペースでもできるため、狭い部屋でも大丈夫です。

  • スクワット
    スクワットには、フルスクワットとハーフスクワットがあります。
    フルスクワットはお尻を足首の位置までしゃがませるため、太ももに高い負荷がかかりますが、ハーフスクワットは中腰の位置までのスクワットです。
    有酸素運動は長く続けることに意味があるので、ダイエットにはハーフスクワットがおすすめです。
    中腰の位置でしゃがむのを止め、立つ姿勢に戻ります。
    1回ずつゆっくりと続け、20分程続けるように頑張りましょう。
  • もも上げ運動
    太ももを高く上げることを繰り返す「もも上げ運動」も有酸素運動です。
    足踏みをする要領で、太ももを通常よりも高く上げます。
    息が上がってくるくらいまで繰り返し行いましょう。
    スクワットよりも足腰にかかる負担が少なく、初心者にはこちらをおすすめします。
    スクワットももも上げ運動も、自分の立つ位置さえ確保できればOKなので、狭い部屋でも十分に行うことが可能です。

家でできる運動には、道具を使うこともおすすめ

家でできる運動でダイエットをするなら、ちょっとした道具を使うのもおすすめです。

特別なトレーニンググッズがなくても、家にあるもので十分にダイエットは可能です。

  • 踏み台
    自宅でできる有酸素運動の代表が、踏み台を使ったステップ運動です。
    踏み台は専用のものがなくても、低めの椅子や雑誌などを重ねて丁度良い高さにしたものでもOKです。
    ステップ運動はとても単純な運動で、踏み台に足を交互に乗せるだけです。
    できるだけ長時間続けることで、より効果を得ることができます。
  • フラフープ
    フラフープは子供の遊び道具として有名ですが、ダイエットにおすすめな有酸素運動ができる道具です。
    フラフープはお腹の周りをくるくると回します。
    子供達は簡単に回していますが、実は意外と難しいものなのです。
    おなか周りや腰周りの筋肉を使い、ウエストのクビレを作るのに効果的です。
    長く回し続けることができれば、有酸素運動になります。

家でできる運動を、より効果的にするためのポイント

家でできる運動は、午前中に行うことがおすすめです。

朝に運動を行うと、交感神経がスムーズに動くようになり、基礎代謝の上昇に繋がります。

体温や血圧などの調節も上手にできるようになり、体の働きが良くなるため、健康維持にもなります。

ただし、朝起きていきなり激しい運動をすると体が驚いてしまうので、準備運動も忘れずに行いましょう。

また、空腹時や満腹時の運動も避けることがおすすめです。

有酸素運動は、基本的に長時間続けることが大切です。

できるだけ1回の運動を20分以上は継続するようにしましょう。

有酸素運動をして汗をかくとお風呂に入りたくなるものですが、運動後の入浴は少し時間をおいてから入ることがポイントです。

入浴で筋肉を温めると脂肪燃焼の効果が下がってしまため、筋肉の熱が下がってきた運動後30分以上経ってから入浴しましょう。

近隣や食事にも配慮をしよう!家で運動をする際の注意点

家でできる運動は、基本的に音の出ない静かな運動をおすすめします。

一軒家で隣の家と離れている場合は問題ありませんが、アパートやマンションの場合は、騒音に十分注意しなければいけません。

特に2階以上に住んでいる場合は、下の階の方に迷惑がかからないようにマットや布団の上で運動をするなど、騒音対策をする必要があるでしょう。

ダイエットには運動だけでなく、食事に気を配ることも大切です。

家でできる運動をして脂肪を燃焼しても、それ以上のカロリーを摂取してしまえば、ダイエットは失敗に終わってしまいます。

ダイエット中の食事は、基本的に炭水化物は避けることが大切です。

例えば、パスタの麵を糸こんにゃくに変えたり、春雨を使ったスープなどはダイエットにおすすめです。

サラダなどの野菜を中心とした食事にすれば、ダイエットに効果があるでしょう。

ただし、サラダには油の多いドレッシングなどをかけすぎることに注意をしましょう。

食事と運動、どちらにも気を配っていれば、自宅でも上手にダイエットができるでしょう。