子供貯金の平均額とは?しっかり貯めるためのポイントを紹介

子供のために貯金は平均的にどのくらい貯蓄するのが理想なのか、子供のいるお母さんは気になるところです。子供の教育のために必要な貯金をしっかり貯めるにはどうしたらいいのでしょうか?

そこで、子供のための貯金の平均額としっかり貯めるコツについてお伝えしていきましょう。

親としては子供が望む道を叶えられるようにしてあげたいと思うのは当然です。
ぜひ参考に貯蓄について見直していきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子育ての疲れはこうやって取ろう。その解消法をご紹介

子育てをしている人で疲れを一切感じないという人は、ごくまれです。ほとんどの人が、日々疲れを感じな...

育児疲れで夫や子供にイライラする時のストレス解消法と改善策

子育てをしたことがある方であれば誰でも一度は経験したことがある育児疲れ。新生児や乳幼児の対応で睡...

主婦のイライラ解消法!育児に忙しいママのためのリフレッシュ術

育児に専念して、赤ちゃんと毎日一緒に過ごすというママも多いと思います。赤ちゃんは可愛くて、大きくなっ...

子育てはパパにイライラしがち!イライラの原因と対処方法

子育て中は、生活があまり変わらないように見えるパパにイライラしてしまうこともあります。パパか...

共働き家庭でも子供の習い事の送迎に困らないためのアドバイス

子供に好きな習い事をさせたいという方は多いと思いますが、共働き家庭で困るのが、この習い事の送迎です。...

旦那に育児中イライラ!上手に協力させて不満を解消するコツ

旦那が育児に大変さが解ってくれないときはイライラしてしまいますよね。そんな旦那へのイライラが爆発...

子供に嫉妬する夫は子供を愛してる?嫉妬の理由と対処法を解説

初めての育児に奮闘しているママの中には、生まれてきた子供に夫が嫉妬してしまうことに頭を悩ませている人...

旦那が子育てに非協力的。イライラしてしまう行動パターンと対策

自分は仕事に家事に子育てとやることがたくさんあるのに、旦那は仕事から帰ってきてダラダラ。休日もろくに...

共働き主婦は子育てと仕事の両立に悩みを抱える!対処法を解説

共働きをしている女性の中には、子育てと仕事の両立がうまく出来ずに悩みを抱えている人もいるのではないで...

転勤族の場合、子供はいつまで連れていくべき?単身のタイミング

転勤族に子供はいつまでついていくものなのでしょうか。小学校、中学校、高校などどのタイミングまで家族で...

ワンオペ育児に疲れた共働きママのための上手な乗り切り方を紹介

旦那の帰宅がいつも遅い共働きのママはいつもワンオペ育児になりがちです。家事や育児に疲れたときでも...

子供のための貯金は平均額を目標に貯めましょう

子育てにはお金がかかる」といった、何となくお金がかかるというイメージを持っている方が多いと思います。

子供が小さいうちはおむつや服、靴など成長が早く目に見えてお金がかかることがわかりやすいと思います。

子供が成長して大きくなってくると、食べる量が多くなり食費が増えたり塾や部活動をしたりと一気に必要になるお金の額が大きくなることもあります。

「子供のために貯金はあったらいいけど、いくら用意しておけばいいのかわからない」

子供一人が大学を卒業するまでにかかる費用が約1,000万円

子供が生まれてすぐにチャイルドシートやベニーカーなど高価なもので出費が多くなる時にこれだけの額が必要とわかると、子育てを不安に感じてしまう方もいると思います。

しかし、これはあくまで目安ですしお子さんによって違いが出てきます。

お子さんが大きくなってからでは難しいですが、生まれてすぐから貯金をする癖付けをしてその平均額を目標にして貯金をはじめてみましょう。

平均的に子供への教育貯金をするためのポイント

子供のために貯金で設定を高くしすぎてしまうと、貯金をすることに疲れてしまいストレスに感じてしまうことも。

お子さんがまだ小さい場合は貯金を始めやすいベストなタイミングとなります。

子供にかかる費用の多くが幼稚園に入園する頃から始まる

幼稚園によってかかる費用もバラバラですが、他にも3歳から費用がかかることが多いです。

子供が生まれてからの3年間で少しでも貯金をしましょう。

お子さんが3歳になる前までが1番お子さんにかかる出費が少ない時期となるのです。

しかし、オムツや洋服代などで十分3歳まででも出費が多いと感じる方も多いと思います。

更に大きくなった時、習い事などで一気にまとまったお金が必要になることが多くなってくるため、小さい時よりも一度に必要になる出費の額や回数も多くなります。

4歳以降も出費が多くなりますがまだお金を貯められるタイミングになります。

3歳までを一つの目安として更に子供が小学校を卒業するまでも貯金がしやすいタイミングということを忘れずに家計を見直してみるのがおすすめです。

平均の目安以上に貯金ができれば子供の希望を叶えられる

上記のように平均額を貯金することだけでも大変に感じますが、お子さんによっては大学に通いたい、地方へ進学するので一人暮らしをしたいといったように、小さいうちには想像しにくいことも想定されてきます。

また大きくなった時だけだはなく、小さいうちから習い事をしたいというお子さんもいると思います。

習い事によってもかかる費用の額は様々ですが、お子さんが興味本位で言っていることなのか、本当に習いたいと思って言っていることなのかを見極めて習い事を一緒に考えてあげるのがおすすめです。

そして、費用がかかるから子供に夢を諦めてもらうということは親としても後々後悔が残ると思います。

子供がやりたいことが実現できるように予め多めに貯金するくらいの目標で心の準備をしておくのが良いです。

子供のために必要な貯金をしっかり貯めるコツ

子供にかかる費用を貯めるのは、思いがけない支出もあり難しいという方も多いと思います。

子供の貯金をはじめる方におすすめなのが児童手当をそのまま貯める方法

ご家庭によっては、児童手当も家計費と一緒にしてそこから子供に使うおむつや洋服代などにまわしているという方もいると思います。

ポイントとなるのが子供名義の通帳を用意することです。

児童手当を保管しておく専用の通帳を子供の名義の通帳にしておくことで「子供のための貯金」とわかりやすく区別することができます。

児童手当をそのまま手をつけず子供名義の通帳に移して児童手当が入金されるたびに移すことをしていくと、自然と子供が中学を卒業するまでに200万円位のお金が貯金できます。

一気に200万円を貯めようとすると難しいですが、児童手当を分けて考えておくと貯めやすくなります。

お年玉やお小遣いなど、親戚の方などから頂いたものも一緒に子供用の通帳に保管しておくのがおすすめです。

大切なのが学資保険です。

学資保険も種類があり悩んでしまうと思いますが、資料を見たりしっかり話しを聞いて元本割れをして大きく損をすることがないようによく調べてから決めるのがおすすめです。

実際に私も学資保険を決めるまでに4つに絞り、自分達に合った物をそこから決めました。

万が一貯蓄が難しい場合の対処法とは

今は問題なく貯金ができていても、交通事故や病気などで収入が減ってしまうこともないとは言えません。

そういったことが起きないことが理想ですが、万が一收入が減ってしまった時のことも考えておくのがおすすめです。

実際に貯金が難しくなったときに活用するものの一つが奨学金

奨学金は子供の学費を免除できる制度ですが、種類によっては返済の義務があるものもあります。

実際に私も専門学校に通うために奨学金制度を利用しました。

まとまったお金が必要になる時期に活用することができます。