小学生の放課後の過ごし方!学童や児童館・一人の留守番について

小学生のお子さんを育てながらフルタイムでお仕事をしているお母さんの中には、子どもの放課後の過ごし方について頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。

小学校低学年のうちは学校の学童クラブに通わせることができても、年齢が上がると行けなくなってしまうこともあります。

働く親を持つ小学生の子供は、放課後どのような過ごし方をしているのでしょうか。色々な過ごし方についてチェックして、子供が安全に放課後を過ごせるようにしましょう。

また、子どもに留守番をさせるときの方法や注意点についてもお伝えします。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夕飯作りがめんどくさいけど子供は待ってはくれない現実と対策

仕事が遅くなったり、体調不良で夕飯作りがめんどくさい日があっても、子供はお腹が空きますし、夕飯をどう...

小学生の女の子は友達関係が難しい!トラブル発生時の親の対応

小学生の女の子の子育てをしているお母さんの中には、子供の友達関係について悩んでいる人もいるのではない...

ツーブロックのやり方とは?バリカンでする子供のセルフカット

子供の髪をカットしたいけれど、お店で切ってもらう間待てるかどうか不安…というときにはセルフカットがお...

児童館と学童保育の違いは?仕組みや役割・メリットとデメリット

これから小学校に入学するお子さんをお持ちのお母さんの中には、仕事をしながら子育てを頑張っている人もい...

【子育て】小学生の男の子の育て方。子供とママの正しい接し方

子育てをしていると、やはり女の子の育て方と男の子の育て方は違うと感じます。上の女の子と同じように育て...

【小学生の英語学習】家でできる子供の英語力を伸ばす方法

小学生の子供に英語を家で教えることは、難しいと思っていませんか?特に親が英語力に自信がない場合、...

学習プリントは子供が自分で整理整頓!小学校のプリント整理術

毎日たくさんのプリントを学校から持ち帰ってくるのに、うまく整理整頓ができないことに頭を悩ませているお...

7歳の女の子の反抗期はどう過ごすべき?反抗期の特徴について

7歳の女の子の反抗期はどのようにして向き合えばいいのでしょうか?何を言っても、口答えをしてく...

小学校のママ友付き合いはあっさりしている

子供が幼稚園から小学校に上がると、またママ友付き合いをまたしていかなくてはならないのか。ママ友付...

6歳の誕生日プレゼント1000円予算におすすめなのはコレ

6歳になるお友達に誕生日プレゼントを1000円くらいで考えているのなら、こんなプレゼントはどうでしょ...

小学3年生、急に態度が悪くなってきたなら反抗期の可能性アリ

反抗期というと、2~3歳位に見られるイヤイヤ期や小学校高学年~高校生あたりに多い第2反抗期が有名です...

子供を機嫌よく起こす方法をご紹介、騙されたと思ってお試しを

朝子供がなかなか起きないし、起こそうとすると機嫌が悪くて疲れる…という保護者も多いのではないでしょう...

子供が友達から嫌がらせを受けた時の正しい対処法と注意点

スマホをもつ子供が増えていますが、スマホの低年齢化に伴い、ネット上で嫌がらせを受ける子供も多くなりま...

夜ご飯の時間が遅くなってしまう子供への対策とポイント

最近の子供は塾や習い事で夜ご飯の時間が遅くなりがち。当然夜寝る時間も遅くなってしまいます。なんと...

茶渋で歯が変色?気になる子供の歯の色について紹介します

子供の歯が茶色いような…これって茶渋が原因?きちんと仕上げ磨きをしているのに、子供の歯に変色が見える...

小学生の放課後の過ごし方・学童の種類

親として、あなたの子供である、どんなふうに、小学生の放課後を過ごしているのか、同級生と一緒に遊んでいるのか、それとも、あなたが考えもしないことをしているのか、知りたいですよね?また、あなたが働いているなら、放課後、安心できる場所にお子さんを預けたいとも考えると思います。

学校が終わって、それから親が迎えに来るまでどこかで遊んで欲しい。あなたが安心して預けれる場所に、学童保育があります。

大体、時間帯は、夕方6時から7時ころまでですが、その時間帯、小学生のお子さんを預かってくれます。無料ではなく、その自治体によって料金は異なるのですが、5000円ほどかかるようです。

そこで、遊んだり、宿題をしています。ただ、勉強をする場所として開かれているわけではないので、そこにいる大人の方が勉強を教えてくれる場所ではないようです。

小学生のお子さんを安心して預けられる場所として一つの選択肢として考えてもいいと思います。

学童に行けない小学生の放課後の過ごし方・児童館について

児童館でも、小学生になるお子さんを、学校が終わった後、放課後に他の同じ年代の方々と一緒に過ごす場所として、安心して預けることができます。

児童館は子供が安心して遊べる場所です。児童館の考えは、子供は他の子供達と一緒になって、遊んで、それで、自立できるとしているようです。

だからこそ、児童館で子供に安心して、遊べる環境を整えているようです。遊ぶことで、自分の行動に責任を持つことができる。そんな場所を提供しています。

帰宅して、遊ぶところがないお子さんのためには、、児童館で他のクラスメイトと遊べばいいと思います。友達の家に遊びに行くという方法もありますが、相手の家族に迷惑かな?考えてしまいますよね?児童館で小学生になるお子さんに遊んでもらう。あなたも安心できると思います。

年齢も、高校生くらいまでのお子さんが含むようです。お近くの児童館を探して、小学生のお子さんに放課後、遊んでもらうのもいい提案だと思います。

小学生になると放課後一人で留守番が出来るようになる子もいる

例え小学校1年生という年齢でも、一人で留守番しているようです。放課後の過ごし方と言えば、過ごし方になりますが、小学生でも、一年生でも、留守番は可能なようです。高学年くらいになったら、親も安心して、子供に留守番をさせて出かけることができるんだろうなと思っていたら、意外に早く、小学校一年生でもう一人でお留守番をさせているようです。小学1年生にも、留守番はできるのですね。

とはいえ、小学生のお子さんが一人で家で留守番をするというのも、危険です。キッチンで料理ができる年齢でもありませんし、一人で留守番をさせるにしろ、「絶対、キッチンには入らないでね」ですとか、誰かがきても、居留守にするなど、お子さんにやってはいけないルールを教えて、それで留守番をしてもらいます。

小学一年生で留守番はできますが、だからと安心してはいけません。上記のような注意事項もありますし、一人にしておいて、何か犯罪に巻き込まれても親として困ると思います。留守番をするということは、一人で家で過ごすということです。何か犯罪が起きても困るので、できるだけ、小学生のお子さんが留守番をする時間は短くして下さい。小学生のお子さんには、上記のような、学童クラブとか、児童館とか安全でいられる場所で過ごしてもらった方が、親としても気は楽だと思います。

小学生が一人で留守番が出来るように練習してみよう!留守番の練習方法

小学生で、今低学年であっても、もう少し成長するにつれ、放課後、一人でお留守番はできるようになれます。小学生でも、低学年から高学年に成長するにつれて、お留守番が立派にできるようになると思います。今はまだ若すぎて、無理でも、将来は、あなたももっと安心して小学生になるお子さんを放課後、一人で留守番させることができるようになります。それまでは、少し留守番の仕方、どうやって一人の時間を過ごすのか、小学生のお子さんに学んでもらわなくてはいけないと思います。

一人で留守番する時は、誰かが来ても、出ないルールを作って下さい。他の方も、そうやって、小学一年生のお子さんが一人で留守番できるように、慣れさせているようです。

留守電機能を使い、電話がなっても、留守電で親の声がするまで、電話には出ないように練習させます。この時代、詐欺もありえます。電話についても、親がいない時は、必ず留守電の機能を使い、お子さんとルールを作って、親以外の時は、出ないようにしましょう。

小学生の放課後の過ごし方!留守番・遊びに行くときは家でルールを決めて子供の安全を守ろう

急に、あなたが帰宅が遅くなり、小学生になるあなたのお子さんが「留守番」をしなくてはいけない状況になったりもします。状況は急に変わりますから、そんな時のために、家でもルールを作った方がいいと思います。

あからさまに鍵を持っていることがわかると、さすがに犯罪に巻き込まれるかもしれません。かといって、首からネックレスのように家の鍵をつけていても、遊んでいる時に邪魔になるようです。落ちないように、鍵に紐か何かをつけて、ポケットに入れる方法がお薦めみたいです。小学生のお子さんにどこに鍵を持たせようか迷っている方は、ポケットにつけることをお薦めします。

ドアの鍵はすぐにかける

小学生のお子さんは何気に帰宅して、すぐにドアの鍵をかけれないようです。この癖はつけさせるべきだと思います。留守番をする時は、帰宅したら、すぐにドアの鍵をかけるよう、指導をしましょう。大人でも時々忘れてしまうかもしれない点です。防犯のことも考えて、お子さんにきちんと鍵をかけるよう、指導をして下さい。