夕飯作りがめんどくさいけど子供は待ってはくれない現実と対策

仕事が遅くなったり、体調不良で夕飯作りがめんどくさい日があっても、子供はお腹が空きますし、夕飯をどうにかしなくてはなりません。

「こんな夕飯を子供に食べさせているなんてママ友には言えない…」という方も実は多いのではないでしょうか。

夕飯作りに日々悩むママたちの現実と、子供の夕飯対策について考えてみました。
とにかくお腹を満たしてあげること、これを目標にしてもいいのでは?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供の癇癪の原因!小学生の子供の気持ちと親に出来る対処法

小学生の子供が度々癇癪を起こすことに、頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。どうして癇...

子育て限界!小学生をストレスなしで上手に付き合う育て方のコツ

子育てが限界と感じるお母さん。小学生の男の子をもつお母さんの中には毎日子供を叱ってばかりでイライラが...

小学生高学年の反抗期!子供の変化・男の子と母親の関係と叱り方

小学生高学年のお子さんを育てているお母さんの中には、子供の反抗期にどのように接すればいいのかわからず...

小学生の男の子の思春期とは?思春期の子供との接し方について

小学生の男の子なのに思春期?と思ってしまいますが、小学校5年生くらいから思春期は始まりつつあります。...

茶渋で歯が変色?気になる子供の歯の色について紹介します

子供の歯が茶色いような…これって茶渋が原因?きちんと仕上げ磨きをしているのに、子供の歯に変色が見える...

夜ご飯の時間が遅くなってしまう子供への対策とポイント

最近の子供は塾や習い事で夜ご飯の時間が遅くなりがち。当然夜寝る時間も遅くなってしまいます。なんと...

子供のイライラ【小学生】親ができる上手な接し方のポイント

子供のイライラは小学生になってから家庭の外でのストレスによって起こることがあります。子供がそんなイラ...

子供を機嫌よく起こす方法をご紹介、騙されたと思ってお試しを

朝子供がなかなか起きないし、起こそうとすると機嫌が悪くて疲れる…という保護者も多いのではないでしょう...

小学校1年生の反抗期・中間反抗期の特徴と親の正しい接し方

小学校1年生のお子さんを育てているお母さんの中には、子どもの反抗的な態度に頭を悩ませている人もいるの...

子供が友達から嫌がらせを受けた時の正しい対処法と注意点

スマホをもつ子供が増えていますが、スマホの低年齢化に伴い、ネット上で嫌がらせを受ける子供も多くなりま...

【入学式の服装】小学校の入学式で着る女の子の服装選び

もうすぐ小学校の入学式を迎えるという女の子には、どのような服装が良いのでしょうか?そこで、小学校...

小学一年生だからこそ、反抗期中の向き合い方はとても大切

小学一年生になってからいつも反抗してばかり、と頭を悩ませているお母さんは少なくありません。それほ...

【子育て】小学生の男の子の育て方。子供とママの正しい接し方

子育てをしていると、やはり女の子の育て方と男の子の育て方は違うと感じます。上の女の子と同じように育て...

味噌汁が具沢山なのは嫌い?子供が具沢山味噌汁を食べない理由

子供の朝ごはんにも良いとされている具沢山味噌汁ですが、一度出して子供から「嫌い、美味しくない」と言わ...

モテる方法とは?小学生の男子がモテるために頑張りたいこと

小学生の男子でモテる子にはどんな特徴があるのでしょうか。女子が気になる小学生男子は、どちらかとい...

夕飯作りがめんどくさいけど子供にはお腹が空いたと催促され…働くママたちの食事事情と葛藤

働くママたちは毎日ぐったりしています。
それもそのはず、朝は朝の家事、子供の支度、自分の支度、子供を送り出したと同時に出勤、夕方は子供のお迎え、帰宅後にすぐに夕飯準備、子供を寝かせる準備、夜の家事と休む暇なく動きっぱなしなのです。

疲れていれも子供はお腹がすきます。
なるべく手作りの夕飯をだしてあげたいと思っても、心と身体が一致せずに外食やコンビニ、お惣菜で済ませてしまうこともよくあるでしょう。

「こんな状況、人様には言えない…」なんて思ってしまうのではないでしょうか。
この葛藤に悩む主婦は多いです。

ですが、お母さんが働いている家庭はこんなことよくあることです。
決してあなただけではないことを忘れないでくださいね。

家庭の状況は人それぞれ

専業主婦の家庭ではしっかりと手作り夕飯をだしているのかもしれません。
ですが、お母さんが働いていない分、それだけ収入が減ります。
働いていないということで自由をするのも旦那に気を使ってしまうかもしれません。

働くお母さがいる家庭ではその分収入があります。
平日子供との時間が少なく我慢させることが多いかもしれませんが、その中でも愛情を持って接していれば子供は理解してくれるはずです。
それに、子供がしたいことは思う存分させてあげられる金銭的余裕があるかもしれません。

このように想像すればキリがないですが、働くお母さんはみんな葛藤しているのです。

夕飯作りがめんどくさい日だってある、子供にはとりあえずお腹いっぱいにさせるだけでOKと割り切ることも必要

お母さんだからと言って家事を完璧にこなす決まりはどこにあるでしょう。
そのような点では日本は少し遅れている気がします。
欧米では、家事や育児は旦那と協力しあうというのが当たり前なのに対し、日本ではお母さんは家事をすべき、子育てをすべきという昔ながらの絶対的考えがなかなか薄れていきません。

夕飯作りめんどくさい時があってもいい

働くママは時間に追われています。
ある程度こなし、ある程度手を抜かなければ働くママはしていられません。

夕飯がめんどうくさい日は、素直に手を抜きましょう。

そこができないと、家事、育児、日々の生活にストレスが溜まって気持ちも沈んでいってしまいます。

毎日ご飯を作ってあげなければ…と自分を追い込むくらいなら、手抜きをしながら子供にお母さんの笑顔をみせてあげましょう。

外食やコンビニ飯で子供と笑って食事を楽しみましょう。

その方がよっぽど子供のためになります。

今は理解できない年齢でも成長と共にお母さんの頑張りは子供は必ず理解します。

葛藤することもあるでしょうが、そんな時は子供と笑顔で接せられる方を選んで気分を晴らしましょう。

夕飯作りがめんどくさい日におすすめ、レトルトや冷凍食品を活用した子供も喜ぶ超簡単メニュー

手抜きご飯で子供のお腹を満たせよう

  • 焼きそば
  • カレー
  • シチュー
  • レトルト食品
  • 冷凍食品

手抜きご飯でも子供が喜ぶメニューはたくさんあります。

うちの子供達は、焼きそば、レトルトカレー、市販のソースに合えるだけのパスタ、冷凍の唐揚げが大好きです。
うちの冷蔵庫には子供が大好きで簡単に食べさせられるものをいざと言う時のためにストックしておきます。
レトルト食品や冷凍食品は日持ちもするので、期限を気にせず安心してストックできるのもメリットですね。

トッピングをつけて飲食店のお子様ランチ風にしてあげると、子供も更に喜んでくれることでしょう。

めんどくさい夕飯はいかに楽に、そして子供を喜ばすか考えると間違いありません。

夕飯作りがとにかくめんどくさい人にアドバイス、いつもの食事作りが楽になるコツ

  • 献立を何にしたら良いのか
  • 何品作れば良いのか
  • 何を作れば喜んでくれるのか

働きながら子育てをしているととにかく夕飯作りがめんどうな時ありますよね。

めんどくさいと感じる時は深く考えないことがコツ

  • 最近カレーを食べていないからカレーに。
  • 今日は寒いから温かいうどんに。
  • ご飯とお味噌汁があればおかずを一品。
  • 究極になにもしたくないのであれば外食に。
  • ご飯を炊いたり後片付けする余裕はあればレトルト食品やお惣菜に。

深く考えることはせず単純に考えていくことめんどくさい夕飯の献立が決まります。

私は夕飯つくりがめんどくさい時、外食したいけどお金がかかったり、外食続きで子供に申し訳ない気持ちがある時の定番メニューがあります。

納豆ご飯、目玉焼き、ウインナーやベーコン、千切りキャベツ(市販)、味噌汁です。

この夕飯メニューの時は、「お母さんが疲れている時」と子供も認識しています。
こんな簡単メニューでも子供が大好きなウインナーやベーコンを出すと大喜びしてくれます。

ぜひこのコツを参考に手抜きご飯で子供を喜ばせてあげてください。
そしてお母さんが少しでも休める時間を作ってくださいね。

レトルトや外食ばかりじゃ飽きちゃう…夕飯作りがめんどくさい日に備えて、子供が好きなおかずを作り置きするのもおすすめ

作り置きで夕飯を楽に

夕飯を少しでも楽に、そしてなるべく手作りを食べさせたいなら、おかずを作り置きしましょう。

作り置きに向いているのはメインよりも副菜です。

中華サラダ、マカロニサラダ、きんぴらごぼう、酢の物、かぼちゃの煮物など2~3日で食べきれる量を作りおきします。

メインとなるハンバーグのタネや唐揚げ、カツなどを下準備して冷凍しておきます。
完全に調理して冷凍しても構いませんが、出来たてはやはり別格です。
夕飯時に焼くだけ、揚げるだけ、仕上げるだけにすれば夕飯がとても楽になり、時短にもなります。

オムライスやカレー、シチュー、焼きそばなど簡単メニューの具材となる野菜も野菜ミックスを作って冷凍しておくと、皮を剥いたり、切ったりという手間がなくなります。

休みの日にまとめて冷凍保存や作り置きをして1週間楽に夕飯を作っていきましょう。

冷凍保存や作り置きはお弁当にもとても便利ですので、毎日のランチの外食やコンビニ代を浮かすこともできますよ。

めんどうな夕飯作りのための工夫が、お弁当にも役立つことができるなんて一石二鳥ですね。手を抜きながら、子供のお腹を満たして、お母さんの愛情を注いであげてくださいね。