子供が幼稚園~大学に行くと想定したときにかかる学費の平均

子供にかかる学費はいったいいくら?と思ったら急に怖くなる主婦はたくさんいます。
子供にっかる学費の平均は子供の進路によっても大きな差がでますが、今のうちから準備をしておくことにこしたことはありません。

幼稚園~大学に行くと想定し子供にかかる学費を把握し、今のうちからできることをしていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供が叫ぶ心理!2歳の子供が叫ぶ理由と親の対応・NGなこと

お店や公園・家の中で突然子供が叫ぶと、親もびっくりしてしまうものです。子供が突然叫ぶのは一体どんな心...

寝る前の食事は子供の眠りにNG!寝付きを良くするための習慣

寝る前の食事は子供の寝付きに影響があるのを知っていますか?寝る前なのに子供が何か食べたがって、な...

子育てにイライラ!子供に暴言を言いいそうになったときの対処法

子育てにイライラして暴言を言ってしまう・暴言を言ってはいけないと思っているのにやめられない。こんなお...

電車で子供が泣く理由と保護者におすすめする声掛けやマナー

電車で子供が泣くと、とても焦りますよね。しかし、「早く泣き止ませないと!」、「周囲の人に迷惑をか...

子供が苦手で接し方がわからない人におすすめな対処方法

子供は可愛いものと、世間の人達は言ったとしても、自分にとっては未知の生き物のように感じたり、接し方が...

すぐ謝る子供の心理を理解して叱り方に注意して接していこう

すぐ謝る子供の心には「お母さんに嫌われたくない」「お母さんが怖い」というような心理が隠されています。...

高校生の男の子の反抗期・思春期の特徴と母親にできる対処法

高校生の男の子の子育てをしているお母さんの中には、反抗期を迎えた息子にどのように接すればいいのかわか...

子供がトラブルを起こしたら!菓子折りの渡し方や謝罪方法

子供のトラブルは子育てではつきものと言っても良いくらい、多少なりともあるものです。しかし相手...

子供がお手伝いをしないとお困りのママへ。興味を持たせる方法

子供が小学生にくらいになると、家のお手伝いもいろいろなことができるようになります。しかし、親がお手伝...

一歳児のしつけとは?子供への上手な伝え方を紹介します

一歳児のしつけはどのようにして行えばいいのでしょうか?できるだけ怒らずに伝えたくとも、何度も同じこと...

4歳児のしつけ【男の子】態度の変化と対処法・関わり方を解説

自分とは性別の違う、4歳児の男の子のしつけについて頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。...

子供のわがままをしつけるには?3歳の子供のしつけと叱り方

赤ちゃんだと思っていた子供がいつの間にかわがままを言うようになり、どのようにしつければ良いのかわから...

3歳児に教えたい食事のしつけと家族で楽しむ環境の作り方

調理に手間がかかる離乳食期が一段落し、やっと一人で食べられるようになってきたと安心したのも束の間、次...

子供の嘘つき心理について親が子供のためにできることとは

子供が嘘つきになるのは、子供の中にある心理が隠されています。それを知るためにはどうして子供が嘘を...

子供のしつけは2歳児の特徴を理解して対応していこう

ついに訪れた「魔の2歳」や「イヤイヤ期」。これまで順調に子育てをしてきたのに、子供がこの時期にな...

幼稚園から大学卒業までにかかる学費の平均

お子さん一人いたら、学費はかかります。結婚して、子供は欲しいと思い、実際子供が授かり、育ててはいるけど、これから自分の子供にどのくらいの学費がかかるのか、平均だけでも知って、今後のために豆知識として役立てたいですよね。

大まかに、公立に通うのか、私立に通うのかで学費は違う

お子さんが、幼稚園から大学に進学すると仮定して、それぞれ、公立に通うのか、私立に通うのかでかなり学費の平均に差は出ます。

例えば、幼稚園から大学まで、私立の学校に通うのでしたら、学費は平均で、約2,500万円かかると言われています。これが、公立になると、その半分以下、約1,000万円です。

私立は入学金やら、制服代やら色々かかりますから、上記が平均の学費と言われてもおかしくはないのかもしれません。公立はやはりそれに比べて、学費は安いです。子供が大学まで進学するのでしたら、例え公立でも、自宅から通うのか、それとも、アパートか寮に住むのか、それでも学費といいますか、子供にかかる費用は変わると思います。

子供にかかる学費の平均は私立、公立で大きく変わってくる

子供一人を育てるのに、どれだけの学費がかかるのか。それは、あなた自身、お子さんを公立の学校に通わせるのか、それとも私立の学校に通わたいのかで変わります。あなたのお子さんが例えば、私立の高校への進学を希望するとします。そうすると、私立の高校ですから、学費もかなりかかるのは簡単に予想できると思います。

食費や衣服に差はあまりない

住む地域によって、上記で子供にかかる費用に差はあまりないようです。どこで差が生まれるのか、それは私立に通うのか、公立に通うのか、学費で差が出るようです。

幼稚園から高校の間で、3倍の差が学費で出る

上記の期間、子供が私立に通うのか、公立に通うのか、それだけの差で学費にはかなりの差が出ます。公立の学費の平均で、約500万円くらい、これが私立になると、平均が約15,00万円を越える差が出ます。子供一人を私立にずっと通わせることができる方のご両親は、かなりの経済力があるのではないでしょうか。

子供にかかる学費の平均に習い事や塾代は含まれていない

子供一人育てるのに、他にこれだけ学費がかかります。聞くだけでも、ご両親は頭が痛くなるかもしれませんね。

子供が成長すれば、習い事や塾にも通わせることになる

上記も学費の一部になると思います。子供が成長するにつれ、お子さんも、これに興味があるから習い事としてやりたい、要求されます。もしくは、あなたが親として、息子が生まれたら、この習い事をさせたい、娘だったら、これをやらせたい、願望もあると思います。

子供に習い事をさせるのも良いことだと思います。大人になって、子供の頃に習っていたことが役立つこともあります。ただ、それには、学費とも言える、月謝代など費用がかかります。子供一人を育てるのに、いくらかかるのか、学費を考える際は、この習い事の費用、塾などの学費の費用を忘れないようにして下さい。習い事も上手になれば、コンクールの出場もするかもしれません。学費には入らないかもしれませんが、それにもお金はかかります。

子供一人育てるのに、それだけの学費はかかることは事実だと思います。

目標金額を決めて今のうちから子供の学費を貯めよう

あなたが生んだ大切な子供のことを思えば、あなたもお金を貯めることができると思います。将来、あなたのお子さんが私立の学校に通うことを望まれたら、学費がかなりかかることは覚悟の上になります。子供一人を育てるということは、それだけ学費はかかるのだと思います。

教育ローンを学費にする手もある

お子さんには、適切な教育を受けさせてあげたいですよね。そのために、教育ローンを組むという手もあります。利子がある教育ローンもありますが、利子がない教育ローンもあります。どうせローンを組むのなら、無利子の教育ローンを組むべきです。無利子のローンを組んで、将来の子供の学費にする。そんな手段も紹介できます。

返済不要の奨学金を利用する

奨学金と聞くと、大体の場合、将来返済しなくてはいけない、デメリットを感じます。そうすると、将来、あなたの子供が経済的に困難になります。奨学金は奨学金でも、将来返済不要の奨学金に利用して、子供が進学したい学校に通わせてあげるのも、学費の確保にはなると思います。

どうしても学費が足りない時はこんな手段もある

親として、子供に十分な教育を受けさせたいと思いますよね?でも、例えば、お子さんから、行きたい大学が私立だと言われたら、学費が大変です。子供には行きたい高校、大学に通って欲しい。行きたい道に進んでもらうために、奨学金を利用して下さい。

奨学金にも色んな種類があります。

上記でも紹介しましたが、将来返済不要の奨学金もあります。もしかしたら、競争倍率が高かったり、良い成績を取らないともらえないなど条件もあるかもしれませんが、調べて、申し込むべきです。奨学金に頼って大学を卒業する方は、あなたが思っている以上に沢山います。あなたもお子さんも奨学金に頼って大学を卒業しても、全く恥ずかしくないと思います。

他には、学資保険を利用するのもいいようです。この方法は、あなたの口座から一定額が学資保険に引き落とされる仕組みになっているようです。貯金は苦手、そんな方は、学資保険に加入して、将来のお子さんの学費に当てて下さい。その際、このくらいの学費をいつまでに貯めたい、目標金額も決めることです。そうでないと、結局のところ、十分な学費がお子さんのために貯められないことになります。