男の子のお呼ばれ服とは?結婚式で着る服装について紹介します

いとこの結婚式に家族で出席する場合、子供はどんな服を用意したらいいのでしょうか。
また、男の子のお呼ばれ服はどんなことに気をつけたらいいのでしょう。

子供だからとついつい、普段の服装を取り入れてしまいそうになりますが結婚式のときにはフォーマルな雰囲気を壊さないようにするのもマナーとなります。男の子のお呼ばれ服について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供が叫ぶ心理!2歳の子供が叫ぶ理由と親の対応・NGなこと

お店や公園・家の中で突然子供が叫ぶと、親もびっくりしてしまうものです。子供が突然叫ぶのは一体どんな心...

わがままな行動をする子供の原因や、対処方法などについて

子供にはさまざまなタイプがいますので、わがままを言う子供も珍しくはありません。しかし、毎日わがま...

子育てにイライラ!子供に暴言を言いいそうになったときの対処法

子育てにイライラして暴言を言ってしまう・暴言を言ってはいけないと思っているのにやめられない。こんなお...

子供が食事をする時に気をつけたい、しつけのコツ

子供を育てているなかで、悩みごとが多いのが「食事」です。「ご飯を食べてくれない」、「何度言っても...

寝る前の食事は子供の眠りにNG!寝付きを良くするための習慣

寝る前の食事は子供の寝付きに影響があるのを知っていますか?寝る前なのに子供が何か食べたがって、な...

産後9ヶ月でイライラする!上手に解消して乗り切るコツを紹介

産後9ヶ月の子育てでイライラしてしまうあなた。慣れない子育てでうまくいかずについイライラしてしまうマ...

高校生男子の反抗期の特徴と心理・接し方!反抗期は成長の時期

それまでは反抗期がなかったのに、高校生になってから反抗期を迎えた高校生男子を育てているママたちの中に...

すぐ謝る子供の心理を理解して叱り方に注意して接していこう

すぐ謝る子供の心には「お母さんに嫌われたくない」「お母さんが怖い」というような心理が隠されています。...

中学一年生が一番難しい?中一女子の特徴と接し方を紹介します

中学校一年生になってから何かと口答えをするようになった、または無視をするなど中一女子の特徴にはどのよ...

電車で子供が泣く理由と保護者におすすめする声掛けやマナー

電車で子供が泣くと、とても焦りますよね。しかし、「早く泣き止ませないと!」、「周囲の人に迷惑をか...

子供が苦手で接し方がわからない人におすすめな対処方法

子供は可愛いものと、世間の人達は言ったとしても、自分にとっては未知の生き物のように感じたり、接し方が...

4歳児のしつけ【男の子】態度の変化と対処法・関わり方を解説

自分とは性別の違う、4歳児の男の子のしつけについて頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。...

1歳10ヶ月の子どもが癇癪を起こす原因と対策!癇癪は成長の証

初めての子育てに奮闘中のママの中には、1歳10ヶ月の子供の癇癪に頭を悩ませている人もいるのではないで...

2歳児の食事のしつけ方法!よくある悩みとしつけ成功のポイント

お子さんが2歳になり、食事のマナーやしつけに対してお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

子供の嘘つき心理について親が子供のためにできることとは

子供が嘘つきになるのは、子供の中にある心理が隠されています。それを知るためにはどうして子供が嘘を...

男の子のお呼ばれ服のマナーについて

結婚式に家族全員で出席することになったら、小さな子供の服装に悩んでしまうことも多いです。

子供でもきちんとしたフォーマルを用意すると良い

結婚式が終わった後で着る機会なんてほぼないとなると勿体なく感じてしまいます。女の子ならきれいめのワンピースなど思い浮かべられますが、男の子の場合は特に難しく感じることでしょう。

子供なら特別あらたまった服装をしなくても大丈夫です。

普段着っぽくならないようにさえ気をつけてください。結婚式という場で浮いてしまわないような落ち着いた服装で十分でしょう。
親はフォーマルな服装をしますので、子供の服装も調和を考えて選んでください。

親ばかりきれいな服を着て、子供は日常着ではちぐはくな感じがします。親と同じとは言わなくても、親の服装に合うようなきちんとした印象の着こなしをしてください。

男の子のお呼ばれ服に適しているもの

結婚式に出席するときの男の子の服装には、上下が揃っているスーツ、もしくはブレザーとパンツというスタイルがベストです。

男の子はジャケットを着ることでフォーマルな印象になる

中に着るシャツはシンプルな白や青のシャツが良いでしょう。夏場の結婚式の場合は子供なら半袖のシャツを着ても問題ありません。大人ほどマナーを意識しなくても大丈夫です。

ボトムには長ズボン又はハーフパンツなどを合わせてください。

ハーフパンツや半ズボンの場合、靴下は白又は黒を着用し、冬なら白のタイツが良いでしょう。長ズボンの場合も座ったり動くことで足元が見えてしまいます。靴下は白か黒を選んでください。

フォーマルな服装には革靴を合わせるのが基本です。革製のローファーや革靴などを選んでください。

子供にスーツを用意しても、着る機会は滅多にないことと思います。結婚式に出ることはこれから先もある場合でも、子供は成長が早いのであっという間に着られなくなってしまいます。

スーツよりはブレザーと半ズボンといった単品で用意した方が、結婚式が終わった後も着ることができるでしょう。シンプルなデザインを選ぶと普段にも使うことができます。カジュアル感が気になるときはネクタイや蝶ネクタイをするときちんとした印象になりますよ。

革靴の代わりにシンプルな黒のスニーカーでも良いでしょう。おとなしいデザインで、服装のイメージを損なわないものを選んでください。

お呼ばれ服でこのような男の子の服はNG

結婚式の服装に悩んだときは、結婚式には避けるべき服装をおさえておくのもポイントです。

普段着は結婚式にはふさわしくありません。買ったばかりの新しい服でも普段着を思わせるようなアイテムは避けてください。

カジュアルなシャツ、チノパンやデニム、スウェット地のものは日常着です。高級ブランドのものやデザインが凝ったものでも、結婚式には着ないようにしてください。

派手な色柄や個性的なデザインもまた結婚式という場から浮いてしまいます。子供が好きそうなキャラクターがついているものもよくありません。大人の男性はダークカラーのスーツ、女性もフォーマルな落ち着いた服装をしています。目立つような鮮やかな服装は子供であってもよくありません。

結婚式の主役は新郎新婦

主役よりも目立つことなく、子供でもわきまえた服装をしてください。

服装をきちんとしたときは、足元もちゃんと揃えてください。子供用の靴下は派手な色柄が多いです。結婚式用に黒や白といった無地の靴下を用意し、靴も普段履きのものではなく、服装に合わせたきれいなものを用意しておきましょう。

男の子のお呼ばれ服は季節によって調節してあげましょう

結婚式のようなフォーマルな場には子供であってもジャケットの着用が望ましいです。パンツやシャツがカジュアルめであっても、きちんとしたブレザーを着るだけで印象が違ってきます。

ですが、夏の暑い時期ならジャケットを着ると暑苦しく、着慣れない子供にとっては苦痛となることでしょう。子供の服装は大人ほどマナーを意識しなくても大丈夫なので、季節に合わせて選ぶようにしてください。

半袖のシャツの上にベストといったスタイルもおすすめ

重ね着しても暑くならないような夏向けの素材で、紺やグレートいった落ち着いた色のベストを選んでください。

ネクタイや蝶ネクタイをすると更にきちんとした印象になります。

夏場のズボンは半ズボンやハーフパンツにし、白又は黒のシンプルなハイソックスを合わせます。夏場であっても靴だけはきちんとしたものを選んでください。革靴がベストですが、黒色で無地のスニーカーでも大丈夫です。夏にサンダル、冬にブーツといったスタイルはよくありません。雨の日なら長靴を履いて出かけ、結婚式で履く靴は持参すると良いでしょう。

男の子もお呼ばれしたときは髪型をセットするとかっこいい

きちんとした服装をしたときは、身だしなみも整えてください。いつもはブラシさえ入れることのない短い髪の毛でも、結婚式ぐらいはセットしてみましょう。

ヘアスタイルが決まると全身がより格好良く決まります。特に小さな男の子が大人っぽいヘアスタイルにセットされていると、逆に愛嬌があって可愛らしく感じますよね。

男の子のヘアスタイルは前髪がポイント

前髪を横に流してセットすると、フォーマル感もアップします。髪の毛が長めならオールバックもおすすめです。サイドの髪も流れを整えて、ワックスで固定してみてください。
自然なヘアスタイルもかわいいですが、結婚式というせっかくの機会なので、ヘアスタイルからおめかししてみましょう。