子供が叫ぶ心理!2歳の子供が叫ぶ理由と親の対応・NGなこと

お店や公園・家の中で突然子供が叫ぶと、親もびっくりしてしまうものです。子供が突然叫ぶのは一体どんな心理が働くからなのか、子供の気持ちを理解したいと考えているママもいるのではないでしょうか。

ここでは、2歳の子供が叫ぶ時の心理についてお伝えします。子供の気持ちを知ることで、状況に合った対処が出来るようにしましょう。

また、親がしてはNGなことや日頃から心がけたいことについてもご紹介します。こちらも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2歳なのにイヤイヤ期がひどい?イヤイヤとの付き合い方

2歳のイヤイヤ期がひどいときにはどのようにして付き合えばいいのでしょうか。声をかける全部をイ...

子供の野菜嫌いは克服可能?野菜の摂取方法と子供の味覚について

子供が野菜嫌いだと、栄養面などが心配になっていしまい、少しでも野菜を摂取してほしいと考えます。...

子供のしつけはいつから取り入れる?しつけのポイント

子供のしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?言葉の意味がわかるようになる年齢とは?どんな...

4歳は我慢ができない!我慢できる子供に育てるコツや訓練とは

子供は4歳くらいになると自我が強くなり、我慢ができないなどわがままを言うようになっていきます。しかし...

子供は雨でも遊びたい!子供とできる室内遊びをご紹介

子供が大きくなってくると、雨でも遊びたいという欲求がどんどん強くなってきますよね。特に雨の多い時...

夜ご飯を食べない子供への対策!食べない原因とママにできる工夫

子供が夜ご飯を食べない事に頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。食事をしてくれないと栄養が...

子供がお手伝いをしないとお困りのママへ。興味を持たせる方法

子供が小学生にくらいになると、家のお手伝いもいろいろなことができるようになります。しかし、親がお手伝...

子供がトラブルを起こしたら!菓子折りの渡し方や謝罪方法

子供のトラブルは子育てではつきものと言っても良いくらい、多少なりともあるものです。しかし相手...

4歳児の食事のしつけ・食べない理由と食事のマナーの教え方

4歳のお子さんを育てているママの中には、食事に関するしつけについて頭を悩ませている人もいるのではない...

高校生男子の反抗期の特徴と心理・接し方!反抗期は成長の時期

それまでは反抗期がなかったのに、高校生になってから反抗期を迎えた高校生男子を育てているママたちの中に...

2歳児の食事のしつけ方法!よくある悩みとしつけ成功のポイント

お子さんが2歳になり、食事のマナーやしつけに対してお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

子供が食事をする時に気をつけたい、しつけのコツ

子供を育てているなかで、悩みごとが多いのが「食事」です。「ご飯を食べてくれない」、「何度言っても...

3歳児に教えたい食事のしつけと家族で楽しむ環境の作り方

調理に手間がかかる離乳食期が一段落し、やっと一人で食べられるようになってきたと安心したのも束の間、次...

中学一年生が一番難しい?中一女子の特徴と接し方を紹介します

中学校一年生になってから何かと口答えをするようになった、または無視をするなど中一女子の特徴にはどのよ...

子供が苦手で接し方がわからない人におすすめな対処方法

子供は可愛いものと、世間の人達は言ったとしても、自分にとっては未知の生き物のように感じたり、接し方が...

2歳の子供が叫ぶ心理・叫ぶ時の心の中

2歳ごろになるとイヤイヤ期がやってきます。

このイヤイヤ期と叫ぶ心理は実は関わりがあります。

2歳になると徐々に物事を理解し始めており、大人の言うことなどもわかってきます。

  • ある程度2歳の子は自己主張が強くなるのですが、なかなか自分で出来ない事も多く、その葛藤から叫び声や奇声をあげてしまうようです。自分の思いをうまく言葉にできなかったり表現できなかったりする場合にもどかしい気持ちが声に出るのでしょう。
  • また、自分の思うように体が動かなかったり自分の思い通りにならない事があると叫び声や奇声をあげて主張をします。
  • また、まだわからないことだらけのことばかりなので、思いがけない出来事に遭遇するとストレスがたまって声に繋がる場合もあります。
叫び声や奇声を上げる場合は、どうして子供がそういう状況になっているのか察して、大人が冷静になって諭してあげる必要があります。

イヤイヤ期の子供が叫ぶ心理を知って対処を!怒るのはNG

イヤイヤ期の子どもが叫んだり奇声を上げたりすると、どうしてそんな声を出すのかとつい叱ってしまいたくなります。

周りに人がいると余計恥かしくてやめてほしいと思うでしょう。

しかし、ただ感情にまかして叱るだけでは子供がさらに不安定になってしまいます。

イヤイヤ期の子どもを注意する場合は怒るのではなく上手に叱られるようになりましょう。

子どもが叫んだ場合は、なぜ叫んでしまったのかをよく観察し、親が諭すようにしましょう。

きっとうまくいかない事に対するいら立ちがあって叫んだ場合もあります。

子供に叫び声をあげた理由を聞いた時、子どもがしっかり気持ちを伝えてきたときは、気持ちを伝えられたことに対して褒めてあげてください。

叱ってしつけをするよりもほめて伸ばしてあげるほうが子どもの脳にも健康で、効果的です。

怒って自分の感情をぶつけるのではなく、子どもに寄り添って成長を手助けしてあげるようにしましょう。

子供が叫ぶ心理・子供の癇癪について

子どもが叫ぶ心理としては、子どもの癇癪が原因の場合があります。

子どもが癇癪を起こすとはどういった事を表すのでしょうか。

原因は様々ですが、叫んだり泣きわめいたり、全身を使って暴れるなどして嫌な気持ちを表現したりします。

場合によっては、自分の体を傷つけたり物を投げたり、人の事を叩いたりする場合もあります。

癇癪が原因で、子どもが叫び声をあげている場合もある

何かうまくいかなかったり不愉快なことがあると癇癪を起こす子どもは多いものです。

癇癪を起されるのは親としては困ることですが、そのことでイライラしたり子どもを怒るのは我慢しましょう。

子どもが癇癪を起さないように、日々の生活で子どもとのコミュニケーションの方法を見直すようにしましょう。

子供が叫ぶときの行動を見て冷静に!こんな時はしっかり対処を

子どもが叫んだり奇声をあげた場合は、何が原因なのかしっかり子どもの様子をみて見定めてあげることが大切です。

子どもがそういった行動をとる理由がわかったら、まずは子供の気持ちも受け止めた上で子供を優しく冷静に諭してあげましょう。子どもが自分の思い通りにいかなくて泣いている場合は、しっかりしてはいけない理由などを言葉にして伝えてあげましょう。

そのうえでなきやまない場合は、様子を見るのも大切です。

泣きやませようと子どもの言うとおりにしていると、子どもは癇癪を起せば願いをかなえてくれると誤解してしまいます。この誤解が癇癪を習慣化させてしまう原因になっているのかもしれません。

子どもが癇癪を起しているとどうにか気持ちに応えてあげたいと思うかもしれません。

しかし、だめなものはだめだという態度は曲げずに、毅然とした態度をとることも大切なのです。

子供は親の影響を受ける・親の態度や行動を見直そう

子どもが癇癪を起すのは、子どもの性格でもあり個性です。

しかし、ただ個性だからと放っておくのは違います。

子どもはなぜ癇癪を起すのか、しっかり寄り添ってあげる必要性もあるでしょう。

そして、子供は大人の行動もよく見ています。

一番近くにいる大人はやはり、親なので親の性格や行動も子どもの行動に大きな影響を与えるでしょう。

親の心に余裕がなく、いつも怒っている親だと、子どもも怒りっぽかったり不安定になりがちになってしまいます。

そして子どもが癇癪を起して、更に親が怒るという負のスパイラル状態になるのです。
そのため、子どもの癇癪や叫び声をどうにかしたい場合は、まずは親の日ごろの行動や子どもに対する態度を見直す必要があるでしょう。

子どもがのびのびと毎日を暮らせるように、親にも心の余裕がなくてはなりません。

子どもの癇癪や叫び声を聞くとついついイライラしてしまうと思いますが、子どもの成長過程だと思って冷静になりましょう。

そして、子どもが何を主張しているのかを、子どもの心に寄り添ってあげてみてくださいね。