子供の性格は変わる?親の言葉かけと生活環境が影響するという話

あなたの子供はどんな性格でしょうか。
ちょっと乱暴だったり内気だったり、親が見てて心配な性格だと、このまま変わることなく大人になってしまうのでは…と心配になるのでは。
子供の性格が変わることはないのでしょうか。子供の性格はどのようにして決まるのでしょうか。
親がついかけてしまう言葉も性格に影響しているかも。ご注意を。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供によくある悩み相談と、それに対しての対応方法について

子供は何も考えずに毎日楽しそうに見えても、さまざまな悩みを抱えていることもあります。もし、子供か...

毎日の子育てにイライラ。今すぐに解消したい!

多くのママが、妊娠中に理想の子育てについて想像したことがあるようです。優しく、いつも笑顔なママで...

【一人でもできるイライラ解消法】子育て中のママにおすすめ

子育てしているママにイライラはつきもの。しかし、イライラをためることは良いことではありません。子育て...

子どもにイライラする大元の原因が子どもじゃないことも

子どもと過ごしていてイライラしてしまうことも多いのではないでしょうか。そもそのイライラの原因が子...

女の子育て方【思春期編】父親が与える影響と娘への接し方を解説

思春期の女の子がいるお父さんの中には、女の子の育て方について頭を悩ませている人もいるのではないでしょ...

父親嫌いの息子のために母親ができること!関係修復のコツ

父親が嫌いだという息子は世の中に意外と多くいるかもしれません。では、どうして父親のことが嫌いになって...

家がストレスなのは親が原因!状況を改善させる解消法や対策とは

実家暮らしでストレスが溜まるのは親との関係が原因かもしれません。自分の家なのに心が休まらない、ス...

親がウザいとケンカになる原因と思春期の子供との向き合い方

「親がウザい」ことから始まる親と子のケンカ。親になったあなたも思春期の頃を思い返せば、きっと今と...

夜になるとイライラするのはナゼ?頑張りすぎないことが大切

夜になるとなぜかイライラする、怒りっぽくなってしまうのはどうしてなのでしょうか。子供を寝かしつけ...

長期に渡り外出を控える時の有意義な家での過ごし方

長い期間外出を控えなければいけない局面に立つと出られないストレスで心身ともに大きく影響してしまいます...

食事会やイベントに出席する時の服装は子供なら何がいいのか

自分に兄弟がいて、その兄弟が結婚をする時に、子連れで顔合わせの食事会に参加することがあります。そ...

双子の兄と弟の区別や決め方と育て方のポイントについて紹介

双子の兄と弟はどのように決められるのでしょうか?これから、双子を出産される予定のお母さんは、はじ...

育児に疲れた時にやって欲しいママのイライラ解消法

赤ちゃんと24時間ずっと一緒に過ごすというママも多いと思います。自分で自由に使える時間が少なく、赤ち...

長女と次女を差別してしまう親の心理と子供に対しての接し方

長女と次女を差別しているつもりはなくてもこんな行動が子供にとっては大きな影響を受けている場合がありま...

二人目が生まれた後の上の子に寂しい思いをさせないためのケア

二人目がもうすぐ生まれるというママは、上の子との接し方に戸惑っている方も多いと思います。よく、先輩マ...

子供の性格は親の言葉かけひとつで良いも悪いも変わる

親の言葉かけひとつで子供は良くも悪くも育ちます。

子供にはとにかく前向きにプラスの言葉かけをするように心掛けましょう。

親の影響と言うのは子供を育てる上で計り知れないものなのです。親は自分の言葉が子供にどのような影響を与えるのかをしっかりと自覚して声かけをする必要があります。
子供の性格は親の性格を受け継ぐ部分もありますが、大部分は親の接し方など周囲の環境によって形成されていきます。
  • 赤ちゃんの頃から親に受容されて認められて育つと子供の心は安定して自分に自信を持てるようになり、他者に対しても優しい気持ちを持つようになるでしょう。
  • 反対に親から否定されて叱られ続けて育つと自分に自信がなく自分の事が嫌い、他者も嫌い、何もかもを否定的にしか捉えることのできない子供になるでしょう。

人間が健全な心を持つように成長するためには親からの愛情が不可欠です。

常に愛情を持って子供を認める言葉かけをしていると、明るく溌剌として物事に負けない強い心を持った子供に育つ事でしょう。

子供の性格は生活環境と身体的な特徴でも変わる

生活環境や身体的な特徴は子供の性格の形成に影響を与えます。

両親が仲が良い家庭で育った子供は将来何の疑問を持つことなく結婚し、良い家庭を築く場合が多いようです。反対に両親の仲が悪く喧嘩ばかりしている家庭で育った子供は将来結婚をしなかったり、結婚しても伴侶と良い関係が築けない場合が多くあります。
育った生活環境は思考や性格に影響を与えるということの表れでしょう。
ただし、両親の不仲を反面教師として幸せな家庭を築く人も多くいるので一概には言えません。

  • 身体が大きい人は態度も大きいという言葉を聞いたことがあります。身体が大きいと子供の頃からおもちゃの取り合いなどでも有利で気持ちも大きく強くなる場合があります。
  • また、小柄な人は気が強いという話もよく聞きます。小柄なぶん他人に負けまいと気が強くなる場合があるのでしょう。
身体的特徴が性格に影響を与えることは多くありますが、その影響の与え方は一律ではありません。小柄だと皆が気が強くなるのではなく、反対に周囲に圧倒されて気が弱くなる場合もあるでしょう。

結果よりも過程を褒めることで子供の性格が変わるきっかけにも

子供への親の働きかけは、子供の性格成形に非常に大きな影響を与えます。

子供が自信を持って前向きに物事に取り組めるような性格になるためには、親は子供の努力の過程を褒める事が大切です。

結果に着目してはいけません。

子供が物事を行うためには自分で考え行動します。その結果成功することも失敗することもあります。どちらの場合にも「自分で考えて行動した過程」を褒めるようにしましょう。成功した結果を褒められると子供は、物事を行う時には成功する事が大切であると考えるようになります。そうすると、成功しないかもしれない事柄に取り組む事を恐れるようになります。確実に成功できる安全な事柄にしか取り組まない人間になってしまいます。

失敗した時に認めてもらえなかった子供はやる気を失います。もう物事に取り組む気力が湧かなくなり、無気力な人間になってしまいます。
しかし、物事に取り組もうと考えて行動した事を認められ褒められた子供は成功しようが失敗しようがまた取り組もうという気持ちになります。
結果はどうなろうが自分で考えて行動できたことを褒めるてあげましょう。
そうすると子供は何事にも果敢にチャレンジしていくようになります。

親は子供が良い友達と巡り合うような環境を与えてあげる、それが子供の性格を形成する

子供のうちは友達から受ける影響は大きく、長い時間一緒にいる友達と似たような考え方をするようになっていく場合が多くあります。

そのため良い友達との巡り合いは子供の性格形成によい影響を与えます。子供の友達を親が選び与えることができませんが、良いお友達になれそうな子供が多くいるような環境を与える事はできます。
習い事などはその種類によってある程度通ってくる子供の性格の傾向が似ている場合があります。自分の子供に合った習い事を選ぶと仲良くなれる子供が多くいる場合があります。また、習い事に通う子供は向上心が大きい子供も多いので、そういった良い向上心の刺激を受けられる可能性もあります。

人間同士の事なので確実に良い人間関係があるとは限りませんが、可能性を広げる事はできます。
できるだけ良い友達と巡り合える可能性のある環境を与えてあげたいものです。
「類は友を呼ぶ」と言い、子供に合った人材の居る環境に入れてあげれば自然と仲良くなるものでしょう。

あなたもそうでは?大人になると子供の頃と性格が変わることも多い

大人になって性格が変わる人は多くいます。

子供の頃は親や周囲に「わんぱくな子」「大人しい子」などとレッテルを貼られて、自分でその通りに思い込んでいる子供が多くいると思われます。周囲の大人からそう言われ続けていると子供は洗脳されてそう思い込むのです。その様に育ってきた子供が親元を離れたり社会に出て自分を知らない多くの人と出会い生活を送っているうちに、いつのまにか子供の頃の自分とは全く違う性格になっていたという事は多くあります。

私も子供の頃はとても内気で人と話すのが大の苦手でした。親は会う人々に「この子は恥ずかしがりやで…」話しているのを聞いて自分はそうだと思い込んでいたのでしょう。社会人になり親元を離れて暮らしているうちに人と話すのが楽しく大好きになっている自分に気がつき驚きました。自分でも自分の本当の性格というのは分からないものです。