子供が我慢できないのは親の責任?我慢や待つことを教えるには

順番を守れない、欲しいものは欲しいと泣いて駄々をこねる…どうしてうちの子供は我慢できないのだろうかと悩んでいないでしょうか。

我慢できる子供にしようと色々試すと思いますが、なかなか思い通りにはいかないものです。
では、どうすれば我慢や待つことを教えることができるのでしょうか。

親として我慢を子供に教えることは大切なことですが、過度に我慢させすぎるのもよくありません。ご注意を。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

産後9ヶ月でイライラする!上手に解消して乗り切るコツを紹介

産後9ヶ月の子育てでイライラしてしまうあなた。慣れない子育てでうまくいかずについイライラしてしまうマ...

夜ご飯を食べない子供への対策!食べない原因とママにできる工夫

子供が夜ご飯を食べない事に頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。食事をしてくれないと栄養が...

子育てにイライラ!子供に暴言を言いいそうになったときの対処法

子育てにイライラして暴言を言ってしまう・暴言を言ってはいけないと思っているのにやめられない。こんなお...

子供のしつけは2歳児の特徴を理解して対応していこう

ついに訪れた「魔の2歳」や「イヤイヤ期」。これまで順調に子育てをしてきたのに、子供がこの時期にな...

2歳児の食事のしつけ方法!よくある悩みとしつけ成功のポイント

お子さんが2歳になり、食事のマナーやしつけに対してお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

電車で子供が泣く理由と保護者におすすめする声掛けやマナー

電車で子供が泣くと、とても焦りますよね。しかし、「早く泣き止ませないと!」、「周囲の人に迷惑をか...

子供が幼稚園~大学に行くと想定したときにかかる学費の平均

子供にかかる学費はいったいいくら?と思ったら急に怖くなる主婦はたくさんいます。子供にっかる学費の...

3歳児に教えたい食事のしつけと家族で楽しむ環境の作り方

調理に手間がかかる離乳食期が一段落し、やっと一人で食べられるようになってきたと安心したのも束の間、次...

子供がトラブルを起こしたら!菓子折りの渡し方や謝罪方法

子供のトラブルは子育てではつきものと言っても良いくらい、多少なりともあるものです。しかし相手...

子供の嘘つき心理について親が子供のためにできることとは

子供が嘘つきになるのは、子供の中にある心理が隠されています。それを知るためにはどうして子供が嘘を...

1歳10ヶ月の子どもが癇癪を起こす原因と対策!癇癪は成長の証

初めての子育てに奮闘中のママの中には、1歳10ヶ月の子供の癇癪に頭を悩ませている人もいるのではないで...

子供が苦手で接し方がわからない人におすすめな対処方法

子供は可愛いものと、世間の人達は言ったとしても、自分にとっては未知の生き物のように感じたり、接し方が...

4歳は我慢ができない!我慢できる子供に育てるコツや訓練とは

子供は4歳くらいになると自我が強くなり、我慢ができないなどわがままを言うようになっていきます。しかし...

子供の躾【2歳】わがままを言う理由とイヤイヤ期の正しい対処法

2歳の子供の子育てをしていると、所々で子供のわがままな行動が見られるようになります。2歳の子供のわが...

すぐ謝る子供の心理を理解して叱り方に注意して接していこう

すぐ謝る子供の心には「お母さんに嫌われたくない」「お母さんが怖い」というような心理が隠されています。...

我慢ができない子供を正すのが親の役目、社会のルールを守る子供に育てることが大切

子供が我慢できないのは、今までに我慢をさせたり、甘やかしたりと親の意見がブレているからなのです。
ダメな時はダメなのだと教える必要があります。
これは、一度許してしまうと特例が出来てしまい、子供にも我慢しなくても何度も言ったりごねれば許してくれるという特例を作ってしまう事になるのです。

我慢するという事は、大きくなるにつれてどんどん必要になっていく事

甘やかして、我慢させる訓練をさせてこなかった子供が大人になった時、困るのは子どもです。
そうならない為にもしっかり今から教えていかなくてはなりません。

しかし、我慢できないのは本当に子供がわがままで言っているからでしょうか。
もしかしたら、お母さんに構って貰いたくてしている行為かもしれません。

寂しさからしている可能性はありませんか

子供の様子を見極めて、しっかりと対応してあげる必要もあります。

また、普段から子供と向き合い話をすることも大事です。
子供の話を聞いてあげること、それにしっかり答えてあげる事で子供の心が満たされて我慢できる子に育っていくのです。

我慢できない子供に対して過度に我慢させすぎるのもよくない

本来我慢する力を持っていない子供は、そのままの状態でいると我慢する力を身に着ける事が出来ません。

我慢する力を身に着けるためるに、我慢とはどのような物か教えていかなくてはならないのです。

例えば、楽しいお絵かきをする為に、一度他のおもちゃを片付ける事や、お友達と遊んでいる時に順番を守って遊ぶ、お友達にも自分のおもちゃを貸してあげるなどです。

何でも口だけでダメと伝えても子供はどうしてダメなのか理由がわかりません。
まずは、ダメダメ言う前にどうしてダメなのかを説明する事が大切です。

また、あまりにもダメダメ言いすぎると子供のやる気にストップが掛かってしまいます。このやる気にストップがかかり出すと、自分からやりたいという気持ちが減ってきてしまいます。
次第に自分から行動する事が少なくなってしまいますので、我慢させすぎないように適度に身に着けるようにすると良いです。

子供なのですから言ってすぐわかる事はありません。
少しずつ、そんな場面に出くわしたら説明して納得させながら身に着けていくようにしてください。

我慢ができない子供に我慢や待つことを教えるには

我慢する、待つ事は目に見えないものと一緒です。

子どもに目に見えないものを理解させる事は難しい

出来るだけ子供にもわかるように待つ時間の目安やどうして我慢しなければならないのかを伝えるようにしてください。

例えば、待つ時間などは時計を使って、またはタイマーを使って伝えると良いです。
時計ならこの数字の所まで待っててね。や、タイマーなどでは時間の移り変わりも楽しめるので、この数字がゼロになるまで待っててね。と伝わりやすいです。

待てたら、褒めてあげる事が大事

良く待てたね。と伝えるのも良いですが、出来れば待てたことにきちんとありがとうと伝えましょう。

「待っててくれてありがとう。お母さん助かったよー。」

と伝えるのです。

すると子供は、待つことでお母さんの手助けができたと思って頑張る原動力になります。

親子に信頼関係が出来てくると待つ事や我慢する事も進んでしてくれるようになっていきます。

ですが、毎回待てない事への注意や怒ったりしていると子どもは親に不信感を募らせていくようになります。

子供のすることにいちいち目くじらを立てるのではなく、親も子どもを待ってあげるなどして見守りながら、理解できるように説明しならが教えていくようにしましょう。

なぜ我慢できないの?我慢できずに反抗する理由とは

どうして我慢できないのか、それは大体3つの状況に分けられます。

そもそもどうして我慢しなければならないのかが分からない場合。この場合は、長い時間じっとしている事が難しい事に加え、なぜ騒いではいけないのかがわかっていない状況であるからなのです。

何度も説明しているのに理解してくれないと思って、諦めていませんか。何度も説明するときに怒りながら説明していませんか。ダメとしか伝えていなかったとしたら、毎回でお母さんも辛いですが何度も伝えるようにしましょう。

愛情が不足しがちな場合。この場合は、お母さんの気を引くためにわざとお友達におもちゃを貸さなかったり、我がままを言ったりする事があります。
子供に構ってあげられていな場合は子どもの行動を気に掛けてあげるようにして下さい。

我慢する必要を感じていない場合

この場合は、我慢はしたものの、その後泣いて我慢しなくてもよい状態になってしまったために、泣いて駄々をこねると我慢する必要がなくなる事を理解していて、自分から我慢する事をしなくなってしまった状態です。
これは、ダメな時はダメとしっかり意思を持って親が接しなくてはなりません。

一度でも泣いて自分の意見が通ってしまったら子供は次からも同じようにすればまた自分の意見が通ると思って繰り返すようになります。
子供は泣き出して大体30分ほどで泣き止みます。子供の感情はそのくらいの時間しか継続しないのです。もしそれ以上泣いている時は親の気を引くために泣いていると思って放っておきましょう。

子供を変える前に親も接し方を見直し変わる努力を

子供を我慢強くしたいのなら、まずは親自身も我慢する気持ちを持たなくてはなりません。

  1. 子供のしていることを我慢強く見守る事
  2. 自分の都合で子供を我慢させない事
  3. 口うるさく言わないようにする事

子供も親に対して安心感が生まれ、素直に話を聞いてくれるようになるでしょう。

また、子供が自分に対してお伺いを立ててくる事あった時は、自分が子供をコントロールしていたと気が付き、直すチャンスです。
もし子供が「これやっていい?」と自分の顔色を伺ってきたときは、今までの自分をどうか見つめなおしてみて下さい。