3歳児が寝る時間や睡眠時間の目安・早く寝かしつけるためのコツ

仕事をしながら子育てをしているママにとって、帰宅してからの子どものお世話は大変で、保育園や幼稚園にお迎えに行ってから夕食の支度、ご飯を食べさせたらお風呂、就寝準備とバタバタすると、あっという間に21時を過ぎてしまうという方も多いのではないでしょうか。

ここでは3歳児の子どもの子育てに励んでいるママのために、3歳児が寝る時間や睡眠時間の目安、良い睡眠サイクルの作り方や寝かしつけのポイントなどについて説明します。

子どもにとって睡眠は成長する上で大切なことの1つですから、できるだけ良質な睡眠をとれるように、親として規則正しい生活を心がけていきたいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

3歳児にイライラするときの対処方法とは?イヤイヤの理由

3歳児のイライラするイヤイヤ期。毎日のイヤイヤに付き合いきれず、怒ってしまうと怒ったことに落ち込んで...

転勤族のママ必見!知らない場所での子供の幼稚園探しとポイント

旦那さまが転勤族のご家庭では、転勤に伴って子供の幼稚園も転園しなくてはならなくなります。知ら...

【入園式の服装選び】父親の服装のポイントと注意点

お子様の入園式には、母親と一緒に父親も参加するご家庭が増えています。これから幼稚園生活を始めるための...

ワーママが覚えておきたい幼稚園児のお弁当作りのポイント

ワーママの場合には、お子様を保育園に預ける方が多いと思いますが、幼稚園にお子様を預けようと思う方もい...

保育園ママが家事と仕事を両立させるためのアドバイス

お子様が保育園に通う保育園ママは、家事と仕事の両立に大変です。朝の出勤前や、夕方に子供を保育園に迎え...

4歳女の子の「わがまま」への正しい対応と親の受け止め方

4歳頃の女の子はとにかく口が達者で、自分の考えを通そうとわがままばかり言うことがあります。幼稚園では...

雑巾を手縫いで作る縫い方を解説!幼稚園が手縫いを推進する理由

お子さんの幼稚園からのお手紙に「手縫いの雑巾を持たせてください」と書かれていたとき、なぜ手縫いでなく...

2歳児の睡眠時間は10時間以上!睡眠の大切さと適切な生活リズム

2歳児の睡眠時間は、日中のお昼寝時間と合わせて10時間では足りません。ここでは、2歳児に必要な睡...

保育園の入園式に父親はどのくらい出席する?父親の役割

お子さんの保育園の入園式がある時、父親も出席した方が悩むお父さんもいるのではないでしょうか。...

雑巾の作り方。ミシンで作る失敗しない基本の縫い方

お子様の幼稚園や保育園、学校などで「雑巾を持ってきて下さい」と言われることがよくあります。特に新学期...

【墨汁の落とし方】床に付いた墨汁のシミを落とす方法

子供が家で習字をする時に一番困るのが、墨汁を床にこぼすこと。新聞紙を広めに敷いても、終わってみると床...

上靴の名前の消し方とは?落ちないときは隠すのがおすすめ

上靴の名前の消し方にはどんな方法があるのでしょうか?お兄ちゃんの上靴を弟に使わせたいけれど油性ペンで...

幼稚園はバス通園だとママ友ができない?ママ友の作り方を解説

お子さんが幼稚園に通うようになるとき、バス通園を選ぶとママ友ができないのではないかと思い、自分でお子...

園のバスで起こるトラブルとは?起きたときの対処方法

園のバスでトラブルが起きてしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。子供同士のトラブル、バス待ちで...

上靴にワッペンをアイロンでつけるときのコツとポイント

上靴にワッペンをアイロンでつけるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?しっかりつ...

3歳児が寝る時間と理想的な睡眠時間

3歳児の理想的な就寝時間は19時から20時、睡眠時間は10時間程度

睡眠時間には個人差があるので3歳児全てが10時間の睡眠が適当であるわけではありません。
睡眠時間が適切であるかどうかは子供の状態を見て考えましょう。朝に機嫌よく起床し、ご飯を意欲的に食べて元気に体を動かして遊ぶのであれば睡眠は足りていると考えられます。
就寝時間については最近では両親共働きの家庭が多いのでどうしても遅くなりがちです。

18時や19時に帰宅すると20時までに就寝させる事は難しいでしょう。その場合は21時までには就寝させるようにしましょう。

寝る時間が遅い3歳児の睡眠サイクルを改善する方法

3歳児の子供で現在寝る時間が21時以降になっている場合には睡眠サイクルを改善することをおすすめします。

帰宅してから寝る時間までのスケジュールを作りましょう

21時に就寝させる場合にはそこから逆算してお風呂と夕食の時間を決めます。そうしてその時間を厳格に守って事を進めます。

限られた時間でやるべきことを行うには全てに完璧を求めてはいけません。

何かを諦める決断が必要です。夕食のメニューが充実すること、完食すること、お風呂でゆっくりと親子のコミュニケーションをとりながら入ることよりも就寝時間を優先しましょう。
とにかく決めた時間に就寝させることを重視します。

子供が小学校へ通うようになると朝8時頃まで登校するようになります。そのためには朝6時台に起きる必要があり、睡眠時間を確保するように就寝時間を考えると遅くても21時には寝なければなりません。

遅寝遅起きで睡眠サイクルが確立してしまうと修正するのに非常に苦労します

小学校へ通い始める事は子供にとっては大きな環境の変化で、学校生活や新しいクラスメイトに馴染むまで大きなストレスを抱える子供も多くいます。そのような大変な時期に睡眠サイクルを整えるという事柄が同時に付加されると子供の負担が大きく体調不良や精神的に追い詰められるなど問題が発生する可能性があります。

3歳の今のうちに睡眠サイクルを学校生活を送ることができる適正な時間帯に改善しておくことが大切です。

寝る時間が安定するまでは家族みんなで環境づくりを心がけましょう

今までは22時に寝ていたのが急に今日から21時に寝なさいと言われても子供はまだ寝たがらないでしょう。

子供の寝る時間が安定するまでは家族みんなで布団に入って子供を寝かしつけましょう

  1. 就寝時間になったら部屋を暗くしてみんなで布団に入ります。
  2. 暗くなり両親も布団に入っていて誰も起きている人がいないと子供も諦めて眠りにつきます。
はじめのうちは子供が寝るまでに時間がかかるので親は大変です。親はまだやることがあるので布団に入っている時間が勿体無く思えるでしょうが、子供の寝る時間が安定するまでの辛抱です。

子供がなかなか寝ないからとイライラしてはいけません。

親がイライラすると子供は不安になり、そのまま寝付くと夜泣きをする原因にもなります。そうなると悪循環に陥ってしまいます。
就寝は一日の終わりでその時を幸せな気持ちで過ごす事は子供の心の発達に良い影響を与えます。子供が幸せな気持ちで眠りにつけるように優しい気持ちで見守りましょう。

3歳児の眠りに効果的なおすすめの入眠儀式

寝る前の入眠儀式を決めて毎日行うと子供が早く眠るようになります

入眠儀式は子供の好みに合わせて決めるとよいでしょう。

  • 子守唄を歌ってあげてうっとりと喜ぶようなら毎晩子守唄を歌うようにしましょう。
  • 歌を歌うのはどうしても苦手という場合には音楽をかけるのもよいでしょう。ゆったりとして眠りを誘うような音楽を選び毎日同じ音楽を流しましょう。
  • お気に入りの布団やタオルがある場合にはそれを与えるとうっとりとしながら眠る子供も多いです。
  • 絵本を読んであげる場合には眠たくなるような内容の絵本を選びましょう。面白すぎると興奮して眠りません。

3歳児にとって寝ることは成長のために大切なこと

睡眠は3歳児の健全な心身の発達のために欠かせない大切な事です。
夕食をしっかりと食べさせる事よりも睡眠を優先して生活リズムを作りましょう。

食事もとても大切ですが、1回1回の全てが充実していなければならないものではありません。夕食が十分に食べられなければ翌朝にお腹が空きしっかりと食べる事になりバランスが取れます。

食事は数日間で調整されていれば大丈夫

風邪を引いたときなどは食欲がなくなり殆ど食べないと心配になりますが、病院でお医者さんに「水分さえ摂れていれば大丈夫。1~2日食べなくても水分だけ十分に摂れていれば問題ありません」と言われたことがあります。
帰宅してから就寝時間までの時間が短い場合には肉と野菜を炒めるだけ、野菜たっぷりのうどんに卵を入れるなど手早く作れる簡単メニューにします。
週末に作ったカレーやシチューを週の半ばで登場させるのもよいでしょう。温めるだけで食べることができます。
手間のかかるお料理は休みの日でお出かけしない日などに作りましょう。手間のかかるお料理はたまに作るから価値があるとも考えられます。