転勤族のママ必見!知らない場所での子供の幼稚園探しとポイント

旦那さまが転勤族のご家庭では、転勤に伴って子供の幼稚園も転園しなくてはならなくなります。

知らない土地でどのように幼稚園を探せば良いのか、土地勘や情報がない状態で幼稚園を探すのは大変です。

ここでは、転勤先の知らない土地で子供の幼稚園を探すコツやポイントについてお伝えします。

幼稚園を変わる時は、お子さんの心のケアもしっかりと行い、家族で新しい土地に引っ越しをしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

夕飯を食べない子供、食べない理由と親ができること

子供の食事は親にとって、とっても気になる点です。夕飯を少ししか食べない、食べたがらない場合、どうした...

5歳の娘の反抗期の特徴と上手に乗り越える親子のルール

5歳になった娘が反抗期のような態度で困っているという方はいませんか?少し前までは、親の言うことも比較...

2歳児の睡眠時間は10時間以上!睡眠の大切さと適切な生活リズム

2歳児の睡眠時間は、日中のお昼寝時間と合わせて10時間では足りません。ここでは、2歳児に必要な睡...

上靴の名前の消し方とは?落ちないときは隠すのがおすすめ

上靴の名前の消し方にはどんな方法があるのでしょうか?お兄ちゃんの上靴を弟に使わせたいけれど油性ペンで...

我慢ができない子供に我慢を教える方法は?親が気をつけたいこと

子供がなかなか我慢をできないことに頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。どうしてうちの...

【入園式の服装選び】父親の服装のポイントと注意点

お子様の入園式には、母親と一緒に父親も参加するご家庭が増えています。これから幼稚園生活を始めるための...

幼児のストレス行動を見逃さない!ストレスの原因と対処法

幼児にもストレスはあります。しかし、幼児の行動は大人とは異なるので、一風変わった行動がストレスの...

園のバスで起こるトラブルとは?起きたときの対処方法

園のバスでトラブルが起きてしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。子供同士のトラブル、バス待ちで...

幼児への勉強の教え方!子供をやる気にさせる教え方のコツ

幼稚園の子供に、数を教えたり、ひらがなを教えたりしているママも多いと思います。何度教えても、なかなか...

上靴にワッペンをアイロンでつけるときのコツとポイント

上靴にワッペンをアイロンでつけるときにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?しっかりつ...

幼児は夏に肌着が必要?着せる判断と肌着の役割・選び方を解説

夏の暑い時期に幼児に肌着を着せるべきなのか、お悩みのママもいるのではないでしょうか。気温が高くて汗だ...

幼稚園児がバレンタインを渡す際に気をつけたいこと

自分の子供が幼稚園で仲の良い男の子などがいると、小さな子供だと思っていても、バレンタインの時にチョコ...

保育園の着替えの枚数と選び方を上手に賢く用意するポイント

これから子供を保育園に通わせる準備をするなら、着替えの枚数はどれくらい必要なのか気になるところ。どう...

3歳児が寝る時間や睡眠時間の目安・早く寝かしつけるためのコツ

仕事をしながら子育てをしているママにとって、帰宅してからの子どものお世話は大変で、保育園や幼稚園にお...

4歳女の子の「わがまま」への正しい対応と親の受け止め方

4歳頃の女の子はとにかく口が達者で、自分の考えを通そうとわがままばかり言うことがあります。幼稚園では...

転勤族で夫が転勤・引越し先での子供の幼稚園の探し方

転勤族の幼稚園の探し方

子供を幼稚園に入れるにあたって、入れればどの幼稚園でも構わないと思う方は少ないでしょう。
幼稚園は幼稚園ごとに特徴があります。
就学前からお勉強を熱心に行うところ、食育に力を入れているところ、宗教に基づいた幼稚園、自然遊びに力を入れているところ、などその特徴は様々です。その中で両親の想いや子供の性格などを考慮してどの幼稚園にするか決めると思います

転勤族で右も左もわからない地域に引っ越しをすると、幼稚園探しは大変です。

知り合いがいれば口コミなど情報は少なからず入ってくるでしょうが、その手段がとれないなら、まずその地域のHPを見てみましょう。

その地域の大本となる市役所、区役所、町役場、などの連絡先に問い合わせ幼稚園情報を聞き出すと、地域にある幼稚園の場所や数や名前などの情報はくれるはずです。

しかし、幼稚園の特徴や転園などについての詳細は幼稚園に問い合わせをしなければなりません。
結局は気になる幼稚園1つ1つに問い合わせをする必要があります。

市役所などを通さない場合

その地域にある幼稚園をネットで探す

その幼稚園の名前を検索して幼稚園のHPを見る

幼稚園に直接問い合わせをする

こちらの方がスムーズに幼稚園を探し出せそうですね。

まれに、「うちの幼稚園について何も調べもしないで問い合わせしてくるなんて…」と感じの悪い対応もあるので、あらかじめHPでその幼稚園の特徴を調べておくと良いですよ。

幼稚園は子供の学びが多いです。
幼稚園選びは知らない土地だからと言って妥協はしたくないですよね。

何も知らない土地の数ある幼稚園の中から1つ選択することは、大変ですが慎重に選んでいきたいところですね。

転勤族の子供の幼稚園探し・その土地で評判の良い幼稚園の口コミを検索する

現代はとても便利な社会です。
スマフォがあれば、だいたいのことはネットで気軽に調べられます。

転勤族の幼稚園探しはとても大変です。

ネットを大いに利用して転勤先の地域の幼稚園を思う存分調べてみましょう。

地域の口コミなのでそこまで情報は多くないかもしれませんが、少なからず評判の良い幼稚園、評判悪い幼稚園くらいの情報はネットに書かれていることでしょう。
ただし全てを情報を鵜呑みにはしないでください。

「たかが口コミ、されど口コミ」

結局は子供がその幼稚園に合っているかどうかです。
その口コミが全てではありません。
口コミに悪いことが書かれていたとして、それでもその幼稚園の特徴などが気になるなら体験してみても良いでしょう。

通わせるのは親ですが、通うのは子供だと言うことを忘れないでくださいね。
子供が恐縮せず、子供らしくのびのび通える幼稚園を探してあげましょう。

転勤族のママが抑えておきたい子供の幼稚園探しのポイント

転勤族ママの幼稚園探しのポイント

  • バスの送迎があるか
    幼稚園はバスの送迎がほとんどですが、幼稚園によって親の送迎ということもありますので確認しましょう。
  • 自宅と幼稚園の距離
    幼稚園バスに乗って幼稚園に通う場合、自宅と幼稚園の距離が遠いとそれだけ子供はバスに乗ってなければいけません。
    遠ければ遠いほど親の急な送迎に関しても大変になります。
  • 預かり保育について
    親が働いている場合や急な用事に預かり保育はとても助かります。
    預かり保育のしくみや料金も幼稚園によって異なりますので必ず確認しましょう。
  • 教育方針
    お勉強、製作、食育、スポーツ、宗教関連など特に力を入れているものはなにか子供にとっても重要ですね。
  • 給食について
    給食は週に何回あるか。
    給食がない日は基本的にお弁当です。
    私の子供が通っていた幼稚園は食育に力を入れている幼稚園でした。
    野菜を種植えから収穫、そして収穫した野菜を使ってクッキング体験などがあり子供にとって良い経験でした。
    またその食育つながりで給食は週に1回、その他はお弁当持参でした。
    お母さんの手作りお弁当で、親の愛情や食への興味、食べ物のありがたみを学ぶのです。親にとっては少々負担も大きかったですが、小学校に上がれば嫌でもお弁当作る機会はほぼなしなので、良い機会だったかなと思っています。
  • 一斉教育か自由教育か
    自由を基本としているのか、一斉に園のカリキュラムに沿って活動するのか。
    私はどちらも取り入れている幼稚園を選びましたが、小学校に上がっても机に向かって幼稚園で学んだ製作作りなどをよくしています。
全て希望通りの幼稚園があるかどうかはわかりません。
しかし、できるだけ希望にあった幼稚園で充実した幼稚園生活を送ってほしいですね。

幼稚園を転園する時は子供の心のケアも大切

転園する子供の心のケア

転勤族で幼稚園を転園してしまうことは仕方がありません。

子供の順応能力は優れていると言われるけれども、慣れた環境から離れることは子供にとっても心の負担が大きいものです。

転園が決まったら子供にも事前に事情を説明して知らせておきましょう。

そうすることで転園をする自覚を持ち心の準備ができます。

また転勤族の奥さんは知らない土地に住むこと、そしてそこで子育てすることに不安を抱くでしょう。

子供が不安な時に親も一緒になって不安になるのはやめましょう。
子供の不安な気持ちに耳を傾け、親はいつもどおりの対応を心がけると子供も安心できます。
転勤先でも子供が楽しく幼稚園生活を送るためには、やはり親の幼稚園探しにもかかっています。
幼稚園探しの時間に余裕持つことで親の心の余裕も違います。
時間と心に余裕を持って子供が充実できる幼稚園を探しましょう。

転勤族のママが引越し先の幼稚園でママ友を作るには

転勤族で引っ越し先の地域に知り合がいないと、地域や幼稚園の情報も入ってこないし、なんだか寂しいですよね。

ママ友を作りたいなら、幼稚園で出来上がっている輪に入っていっても良いですし、地域のコミュニティに参加しても良いでしょう。

あなたの行動次第ではママ友はすぐに作れます。

しかし、現代はママ友問題も少なくないことを覚えておきましょう。
どんな輪でも子供の戯言、親同士の戯言問題が耐えない話もよく耳にします。
直接は関係なくても首を突っ込みすぎてもママ友問題に巻き込まれてしまうこともあります。

このことを忘れずに上手く付き合っていくことができたら、転勤先でも充実した生活が送れることでしょう。

子供は親の背中を見て育ちます。
親が充実した生活をしていると子供もそれだけ安心し、新しい環境に馴染むのにもそう時間はかからないでしょう。