幼児は夏に肌着が必要?着せる判断と肌着の役割・選び方を解説

夏の暑い時期に幼児に肌着を着せるべきなのか、お悩みのママもいるのではないでしょうか。気温が高くて汗だくになっていても肌着を着せて良いのか、判断に困ってしまうこともあります。

ここでは、幼児の肌着は夏の暑い時期でも必要なのか、肌着の必要性についてお伝えします。お子さんが少しでも快適に夏を過ごせるように、ママとして服装の判断をしてあげましょう。

肌着にはどんな役割があるのかを知って、状況に合わせて必要なのか考えてあげることで、お子さんが暑い夏を乗り越えられるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【卒園式の服装マナー】父親が着る卒園式スーツの選び方

お子様の卒園式に参加したいけど、どんな服装をしていけば良いのかわからない、というお悩みの方も多い...

保育園の入園式に父親はどのくらい出席する?父親の役割

お子さんの保育園の入園式がある時、父親も出席した方が悩むお父さんもいるのではないでしょうか。...

幼稚園児がバレンタインを渡す際に気をつけたいこと

自分の子供が幼稚園で仲の良い男の子などがいると、小さな子供だと思っていても、バレンタインの時にチョコ...

4歳女の子の「わがまま」への正しい対応と親の受け止め方

4歳頃の女の子はとにかく口が達者で、自分の考えを通そうとわがままばかり言うことがあります。幼稚園では...

保育園の着替えの枚数と選び方を上手に賢く用意するポイント

これから子供を保育園に通わせる準備をするなら、着替えの枚数はどれくらい必要なのか気になるところ。どう...

3歳児が寝る時間や睡眠時間の目安・早く寝かしつけるためのコツ

仕事をしながら子育てをしているママにとって、帰宅してからの子どものお世話は大変で、保育園や幼稚園にお...

雑巾を手縫いで作る縫い方を解説!幼稚園が手縫いを推進する理由

お子さんの幼稚園からのお手紙に「手縫いの雑巾を持たせてください」と書かれていたとき、なぜ手縫いでなく...

保育園ママが家事と仕事を両立させるためのアドバイス

お子様が保育園に通う保育園ママは、家事と仕事の両立に大変です。朝の出勤前や、夕方に子供を保育園に迎え...

4才の子どもの夜泣きの原因と対策・良い睡眠習慣の作り方

これまで順調だった子どもの夜の睡眠が、4才を迎えた頃から急に崩れだして夜泣きが日常化するケースがあり...

雑巾の作り方。ミシンで作る失敗しない基本の縫い方

お子様の幼稚園や保育園、学校などで「雑巾を持ってきて下さい」と言われることがよくあります。特に新学期...

上靴をデコる・手書きするときのコツとポイントについて

上靴にデコレーションをしたい、手書きで子供がわかりやすいようにしてあげたいときには、どのような方法が...

子供が布団を蹴る・かけないのはナゼ?理由と対処方法を紹介

子供が布団を蹴ると風邪をひいてしまわないか心配です。蹴らないようにどのような対策をとったらいいのでし...

キッズメニューはいつから食べさせていい?頼むときのポイント

キッズメニューはいつから食べる事ができるのでしょうか。また、初めて食べさせるときに気をつける事とは?...

幼稚園の面接で父親は必ず行くべきなのか、面接に適した服装

子供の幼稚園の面接には、親も一緒に参加しますが、父親も必ず参加した方が良いのだろうかとお悩みの方はい...

卒園式の子供の服装!マナーに合わせた選び方のポイントと注意点

卒園式での子供の服装について悩む親御さんは多いでしょう。せっかくなら可愛い格好をさせたいけど、周りと...

夏の暑い時期も幼児に肌着は必要?肌着の必要性について

寒さの残る春先では、お子さんに肌着を着せることが習慣となっている方が多い時期。しかし、汗をかきやすい夏場は肌着を着せるか迷ってしまうこともあると思います。肌着は必ず着せなきゃいけないということもなく、お子さんの状態や過ごす場所や環境によって変えることで過ごしやすくすることができます。

肌着を着せることのメリット

  • 肌着があることでお腹が冷えず体調が崩れにくいです。
  • また、汗を吸収することができます。
  • 寒い所に行ったときにも、体を冷やしにくいです。

肌着を着せないメリット

  • 綿などの汗を吸収しやすい素材の服を着せることで汗をかいたら服を着替えるだけで済む。
  • 夏の日差しが強く風もない夏の日など、風通しがよくなります。
  • ロンパースタイプの肌着だと着替えの時に邪魔になることがなくなります。

夏でも状況によって判断を!幼児の肌着にはこんな役割がある

肌着には幼児ならでは色々な役割があります。

肌着にはどんな役割があるか知らずにそのままお子さんが成長しているという方も多いと思います。

肌着の役割を紹介します。

肌を守る

肌が直接服に触れることで肌を傷めることがあります。

動きが活発な幼児の時期は特に腕を振って脇と擦れたり、ジャンプをするなどしてお腹の部分が擦れたりする場合があります。

服の素材によって傷めてしまうことがあるのを肌着を着ることで肌を守ってくれます。

体温を調節してくれる。

肌着を1枚着ていることで、暑い所から日陰などの体が冷えやすい場所へ移動した時などに体温が急激に下ることを防いでくれます。

紫外線から守る

服を着ていても紫外線をすべてカットすることは難しいですが、肌着を着ることで服を1枚だけ着ている時より紫外線を通しにくくします。

夏に幼児に肌着を着せた方が良い状況とは

状況のよって肌着を着せずに過ごすことも出来ますが、肌着を着た方が良い場合もあります。

特に暑い時は、1日中肌着を着せずに過ごすこともあるかもしれませんがその時の状態によって使い分けるのがおすすめです。

お昼寝や夜間の寝るとき

子供は寝る時に髪の毛がびしょびしょになる程汗をかくことが多いです。

肌着を着ることでしっかり汗を吸収することができます。

服の素材が特殊なとき

幼児の頃のお子さんは動きやすい服装をしていることが多いと思いますが、服の素材によっては肌にかゆみをもたらすことがあります。

肌に直接服が触れることでチクチクと感じるような繊維の服を着る時は肌着を着たほうが肌トラブルが起きにくいです。

幼児の夏のお出かけは肌着が必要?お出かけ時の服装

お子さんと出かける時にオムツや着替えなどを準備して出かけることが多いと思います。
その際に、上下の服だけではなく肌着も準備しておくのがおすすめです。

冷房がきいた所

外で遊ぶだけだからと出かけても、お子さんがお店に行きたいと泣いたり、ケガをして絆創膏を買いにいくことになったりと予定していなかった場所へ行かなくてはならないこともあります。

お店によっては冷房がきいていて寒いと感じる所もあります。

肌着があることで、外で汗をかいた状態のまま冷房で体を冷やしてしまう心配がなくなります。

湿疹などの予防

汗をかいた状態で長時間そのままでいると、湿疹などの肌トラブルを起こしてしまうことがあります。

まあ、上手く話すことが出来ない幼児の頃だと、かゆみがあっても上手く伝えることが出来ずぐずっていてもかゆみに気づけないといったこともあります。

汗をかいてもその場で体を拭くことはできなくても、きれいな肌着に着替えるだけでも肌トラブルを予防することができます。

肌着の素材は何がいい?幼児の肌着の選び方

幼児の着替えを頻繁にすることが多い時期はどんな肌着があると良いのか迷ってしまうことがあると思います。

どんなことに注意をして肌着を選ぶと良いのかを紹介します。

タグの位置

洗濯表示や素材が記載さえているタグですが、お子さんによってはタグが肌に当たることで不快に感じたりかゆいと感じることがあります。

タグが肌に触れないように生地にプリントされている物もあります。

縫い目

肌着の縫い目の縫い方や使われている糸によって、肌が刺激を受けてかゆみに繋がることがあります。

縫い目が直接肌に当たらないようなつくりの肌着もあります。

袖の長さ

袖の長さや幅は、肌着によってつくりが異なることがあります。

袖の先が徐々に細くなる物であれば、その上に服を重ねても気になりませんん。

しかし、袖のゆとりのあるつくりである場合、服の袖と重なった時にゴワゴワとしてしまうことも。

私の場合は、タンクトップは必要ないだろうと用意せずに夏を迎えたことがありました。
しかし、季節はずれの秋近くにとても暑いに、タンクトップをお店で購入しようと思っても、お店に合うサイズが無かったのです。
季節通りの気温にならないこともあるため、子供の肌着はそのシーズンが始まったら、早めに必要な分を揃えておくのがおすすめです。