子供が快適に夏を過ごすには肌着を着せる?着せない?肌着の役割

暑い夏のシーズン、汗だくになって過ごす子供を見ながら「夏でも肌着を着せたほうが良いのかな」と考えているママもいるのではないでしょうか。

肌着を着せることによって余計に暑さを感じているのではないかと思ってしまうこともあります。

ここでは、暑い夏でも子供に肌着を着せたほうが良いのか、肌着の役割や必要性についてお伝えします。どんなときに肌着を着せるべきなのか、目安を知って子育てに活用しましょう。

暑い夏を乗り切るために、ママとしてきちんと体温・体調管理をしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

幼児への勉強の教え方!子供をやる気にさせる教え方のコツ

幼稚園の子供に、数を教えたり、ひらがなを教えたりしているママも多いと思います。何度教えても、なかなか...

園のバスで起こるトラブルとは?起きたときの対処方法

園のバスでトラブルが起きてしまったときにはどうしたらいいのでしょうか。子供同士のトラブル、バス待ちで...

我慢ができない子供に我慢を教える方法は?親が気をつけたいこと

子供がなかなか我慢をできないことに頭を悩ませているお母さんもいるのではないでしょうか。どうしてうちの...

幼児は夏に肌着が必要?着せる判断と肌着の役割・選び方を解説

夏の暑い時期に幼児に肌着を着せるべきなのか、お悩みのママもいるのではないでしょうか。気温が高くて汗だ...

4歳女の子の「わがまま」への正しい対応と親の受け止め方

4歳頃の女の子はとにかく口が達者で、自分の考えを通そうとわがままばかり言うことがあります。幼稚園では...

幼稚園の面接で父親は必ず行くべきなのか、面接に適した服装

子供の幼稚園の面接には、親も一緒に参加しますが、父親も必ず参加した方が良いのだろうかとお悩みの方はい...

転勤族のママ必見!知らない場所での子供の幼稚園探しとポイント

旦那さまが転勤族のご家庭では、転勤に伴って子供の幼稚園も転園しなくてはならなくなります。知ら...

【入園式の服装選び】父親の服装のポイントと注意点

お子様の入園式には、母親と一緒に父親も参加するご家庭が増えています。これから幼稚園生活を始めるための...

保育園の着替えの枚数と選び方を上手に賢く用意するポイント

これから子供を保育園に通わせる準備をするなら、着替えの枚数はどれくらい必要なのか気になるところ。どう...

卒園式の子供の服装!マナーに合わせた選び方のポイントと注意点

卒園式での子供の服装について悩む親御さんは多いでしょう。せっかくなら可愛い格好をさせたいけど、周りと...

保育園の入園式に父親はどのくらい出席する?父親の役割

お子さんの保育園の入園式がある時、父親も出席した方が悩むお父さんもいるのではないでしょうか。...

雑巾の作り方。ミシンで作る失敗しない基本の縫い方

お子様の幼稚園や保育園、学校などで「雑巾を持ってきて下さい」と言われることがよくあります。特に新学期...

5歳の娘の反抗期の特徴と上手に乗り越える親子のルール

5歳になった娘が反抗期のような態度で困っているという方はいませんか?少し前までは、親の言うことも比較...

保育園ママが家事と仕事を両立させるためのアドバイス

お子様が保育園に通う保育園ママは、家事と仕事の両立に大変です。朝の出勤前や、夕方に子供を保育園に迎え...

子供が布団を蹴る・かけないのはナゼ?理由と対処方法を紹介

子供が布団を蹴ると風邪をひいてしまわないか心配です。蹴らないようにどのような対策をとったらいいのでし...

夏の暑い時期も子供に肌着を着せるべき?肌着のメリット・デメリット

夏は気温も高くなり暑いですし、子供の汗だくな姿を見ていると肌着は必要なの?と疑問に思うこともあるでしょう。

この夏の暑い時期でも肌着を着ることのメリットがありますし、反対にデメリットもあります。

夏に肌着を着るメリット

最大のメリットは、かいた汗を肌着が吸ってくれるということがあります。肌着を着ていない時の汗は、洋服についてしまいますし汚れの原因にもなります。
子供にとってもかいた汗がそのままよりも、吸ってさっぱりしたほうが快適だと思います。

また、肌着を着ていることで常にお腹が出ている状態を防げます。
夏であってもお腹の冷えで体調を崩すことは多くあるので、体調管理の面でも肌着は活躍してくれます。

肌着のデメリット

デメリットとしてあげられることは、肌の状態です。
汗を吸ってはくれますが、着ている枚数が増えることにより蒸れるなどし、人によっては湿疹がでてしまったりする可能性があります。

また、汗を吸うメリットよりも肌着を着ていることで暑そうにしている子供がかわいそうと感じることもあるでしょう。
肌着を着ているとそれが濡れて多い時にはTシャツにもしみることもあるので着替えの回数や枚数が増えることもあります。

夏は子供に肌着を着せる?それとも着せない?肌着の必要性

ご紹介したように、夏の子供の肌着はメリットもデメリットもあります。

この夏に肌着を着せるか着せないかの答えは決まっていません。
絶対にこうしなければいけないという正解はないのです。

大切なのは、必要に応じて着せること

例えば、外で過ごす時間は短く室内で過ごす予定の時には肌着を着せてみましょう。

外とは違い、冷房などで室温も過ごしやすくなっていることが多いです。
そういった時に肌着を着ていると冷えやすいお腹をしっかりと守ることもできます。

反対にとても暑い日で外遊びをするときなどは、無理に着せる必要はないかもしれません。
当然たくさん遊ぶと汗もかきますし服も汚します。

何度か着替えもすると思うので、最後に遊び終わった後に着替えるときにだけ肌着を着せると汗で体が冷えるときの体温調節に役立ちます。

これは一例ですが、子供の体質によっては肌トラブルが起きやすいこともあるので、その時その時に合わせて肌着を着せたり着せなかったりを使い分けましょう。

また、服の素材も汗の吸収に関わるので今日のTシャツは汗を吸いにくいものだと感じたら、肌着を着せるのもいいでしょう。

こんな時は子供に肌着を着せてあげよう!肌着を着せる目安

必要に応じて肌着を着ることをおすすめしましたが、肌着をぜひ着たほうがいいというときもあるのでご紹介します。

寒いときは肌着は必須

寒い季節はもちろん、夏でも少し寒いなと感じるときもあります。
そういった時には、肌着を着せましょう。

私の子供もそうですが、私が寒い時に「寒い?」と聞くと寒くないと答えることがほとんどです。
しかし、実際は手足が冷たいこともあるので大人が判断して着せてあげましょう。

寝る時も肌着を着せる

聞いたことがある人も多いと思いますが、寝ている時にはたくさんの汗をかいています。ですので、寝る時にはしっかりと肌着を着せてあげましょう。
肌着が寝ている時の汗を吸ってくれますよ。
また、子供は寝相があまり良くないので寝ている時にお腹が出てしまうこともあります。肌着を着ていればその心配も少なくなります。

子供の肌着の役割について

子供の肌着の役割はいくつかあります。

肌着は体温調節の役割を果たしている

一枚多く着ているので、寒い時には暖かく感じますし、暑い夏に汗をかいた時にはよく吸ってくれます。
もちろん、汗を吸った肌着をそのまま着用しているのはよくありません。

衛生面でも必要

洋服であれば毎日洗濯するのでそれほど心配はありませんが、パジャマなど季節によっては毎日洗わないこともあると思います。
そういった時に肌着を着ていないとパジャマに汗がしみついてしまい清潔ではありません。
毎日交換することで、肌も服も清潔に保つことが可能です。

さらに、洋服の種類や色によっては汗ジミがついてしまうこともあります。
お出かけ用の洋服であったり、白い洋服などの時には肌着を着ることで汗ジミをふせぎます。
時間が経って黄色くなることもあるので長く着たいのであれば、肌着を着せることを忘れないようにしましょう。

子供に夏用肌着を選ぶ時のポイント!素材やサイズについて

子供の夏用の肌着ですが、ポイントをおさえて選ぶことで快適に過ごすことができます。

肌着のサイズ

普段の洋服は大きめを買うことも多いと思いますが、肌着に関してはピッタリサイズがおすすめです。

例えば小さいサイズの場合それ程問題ないように思いますが、子供が動きにくいこと、丈が短いとお腹が丸見えなど不都合も多くあります。
反対に大きいサイズだと、洋服からはみ出したり、服の中でゴワゴワしたりとだらしなく見えたり肌着を嫌がるかもしれません。

ピッタリサイズだとそういったこともなく動きやすいです。

肌着の素材

肌着は直に肌に触れるので、素材に注目しましょう。
これが一番いいと言うのではなく、どんな点を優先するかで選ぶ素材も変わります。

汗をよく吸収してほしいというならば、綿がおすすめです。
それよりも通気性をと考えるならメッシュになっているものにするのがいいでしょう。

肌着の形

夏に着る肌着として半袖やタンクトップがあります。

夏に肌着を着るとどうしても袖から肌着の袖がはみ出てしまうとうことになります。
そういった場合にはタンクトップを選びましょう。

半袖に比べて腕や脇に生地がないのでそのあたりの汗の吸収は期待できません。
もし、上に着ている洋服の袖に余裕のあるものであれば半袖を着せることも可能です。