【入学式の服装】小学校の入学式で着る女の子の服装選び

もうすぐ小学校の入学式を迎えるという女の子には、どのような服装が良いのでしょうか?
そこで、小学校の入学式におすすめの服装選びについてご紹介します。式典である入学式には、きちんと感のあるフォーマルな服装で出席するのが基本です。きちんと感もあり、可愛らしく見える服装をご紹介していきましょう。
また、入学式ギリギリに購入するのは、欲しいサイズがもうなくなってしまうこともあるので、早めに準備しておくのがおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

学習プリントは子供が自分で整理整頓!小学校のプリント整理術

毎日たくさんのプリントを学校から持ち帰ってくるのに、うまく整理整頓ができないことに頭を悩ませているお...

小学一年生だからこそ、反抗期中の向き合い方はとても大切

小学一年生になってからいつも反抗してばかり、と頭を悩ませているお母さんは少なくありません。それほ...

小学生高学年の反抗期!子供の変化・男の子と母親の関係と叱り方

小学生高学年のお子さんを育てているお母さんの中には、子供の反抗期にどのように接すればいいのかわからず...

子供用ゴーグルの種類と特徴。失敗しない水泳ゴーグルの選び方

幼稚園のお子様から「水泳のゴーグルが欲しい」と言われることもあると思います。子供がまだ小さいと、まだ...

ヘアアレンジで簡単にできるものを紹介!子供の髪の結い方

毎朝の子供の髪型、忙しい時間帯もあってなかなかいつもの違うものに挑戦できないでいるママさん、こんなヘ...

怒りっぽい子供になった原因は?小学生の子供の心の中と対処法

お子さんが小学校に入学してから、子供の性格が怒りっぽい性格になってしまったと感じているお母さんもいる...

母親として自信がない!自分を前向きにコントロールする方法

母親として自信がないと悩んでばかりいるあなた。あなたが自分に自信がない姿を子供にも見せていませんか?...

小学生なのに精神年齢が幼いかも…と不安な方へアドバイス

周りの小学生に比べて我が子は精神年齢が幼いように感じる…と不安を抱いてしまう保護者の方も多いようです...

【小学生の英語学習】家でできる子供の英語力を伸ばす方法

小学生の子供に英語を家で教えることは、難しいと思っていませんか?特に親が英語力に自信がない場合、...

小学3年生、急に態度が悪くなってきたなら反抗期の可能性アリ

反抗期というと、2~3歳位に見られるイヤイヤ期や小学校高学年~高校生あたりに多い第2反抗期が有名です...

味噌汁が具沢山なのは嫌い?子供が具沢山味噌汁を食べない理由

子供の朝ごはんにも良いとされている具沢山味噌汁ですが、一度出して子供から「嫌い、美味しくない」と言わ...

児童館と学童保育の違いは?仕組みや役割・メリットとデメリット

これから小学校に入学するお子さんをお持ちのお母さんの中には、仕事をしながら子育てを頑張っている人もい...

子育てイライラ解消法!小学生の育て方のコツや向き合い方を紹介

子育てをしていてイライラしたときは、自分なりの解消法で乗り切っているお母さんも多いのではないでしょう...

茶渋で歯が変色?気になる子供の歯の色について紹介します

子供の歯が茶色いような…これって茶渋が原因?きちんと仕上げ磨きをしているのに、子供の歯に変色が見える...

卒業式(小学校)の服は何がいい?男の子の服装について

小学校の卒業式で男の子はどんな服を用意したらいいのでしょうか?女の子よりもパターンが少ないとはいえ、...

女の子の入学式の服装でおすすめのワンピース

お子さんが小学校に入学するとなると準備もいろいろあって大変です。なかでも入学式のための洋服選びも大切ですよね。お店にはいろいろなデザインが販売されていますが、学校という場を考えるとどのようなものが良いのかも頭を悩ませるところではないでしょうか。

入学式の女の子の服装にはワンピースが人気です。

女の子のワンピースには子どもらしさのあるかわいらしいデザインもあれば、落ち着いたクラシカルなデザイン、シンプルなものからフリルいっぱいのものまで実に様々です。

小学校の入学式ならきちんとした印象のある紺や黒のワンピースを選ぶ人が多いでしょう。

シンプルでフォーマル感のあるワンピースなら間違いありません。男の子の場合はスーツが多く、式に出席する父兄や先生たちも紺やグレーといった色合いが多くなります。落ち着いたデザインのワンピースなら周りから浮くこともなく、学校という場にふさわしいイメージにすることができます。
シンプルなデザインでは地味になりすぎてしまうので、控えめにフリルがついていたり、刺繍やリボンがあるデザインを選ぶと子どもらしさを出すことができます。胸元にコサージュをつけたり髪にリボンをつけるのも良いでしょう。

入学式が行われる春を意識して、ピンクやベージュといった明るい色のワンピースもおすすめです。

女の子ならではの可愛らしい色ではないでしょうか。
明るい淡い色を選ぶときは、落ち着いたデザインを選ぶのがポイントです。華やかさのある色なので、フォーマル感のあるシックなデザインを選ぶと無難です。

個性を出したいときは柄物もおすすめです。小花柄やチェックなど、子どもらしさのある柄のワンピースで、他の人とかぶらないことも意識して選んでください。柄物は派手に感じるときは無地のボレロやカーディガンなどを上に羽織るとバランスが良くなります。

小学校の入学式の女の子の服装でフォーマルスーツを選ぶメリット

小学校の入学式ならスーツもおすすめです。

ジャケットとスカートという組合わせに、ジャケットの中にブラウスを合わせたスタイルです。スーツはしっかりとフォーマル感があるので、入学式という場にもぴったりです。どのような服装が良いのか迷ったときもスーツだと間違いないでしょう。

スーツのメリットはそれぞれ単品でも使えるというところです。入学式が終わった後もジャケットだけ、スカートだけで使うことができますし、中のブラウスなら普段使いができますよね。
上下で揃ったスーツではなくても、紺のブレザーとチェックのスカートなど別々の組合わせで選ぶこともできます。普段も着ることができそうなデザインを選ぶと無駄になることはありません。

スーツの場合、シンプルなデザインだと堅い印象になってしまいますが、襟にフリルがあったりポケットにリボンがあるようなデザインを選ぶと、上手に子どもらしさを出すことができます。ブラウスにもフリルやリボンがあるものを選んで華やかさも出すようにしてください。

女の子の入学式で気を付けたいスカートの丈

女の子ならワンピースはもちろんのこと、スーツの場合でもスカートになります。スカートは丈に気をつけてください。
スカート丈が長すぎると老けた印象になってしまいます。お下がり感が強く出てしまうこともあります。

スカート丈が短いと子供らしさがありますが、小学校ともなると短すぎるのも良くありません。

また、座ったときにスカートの裾が上がるため、思っているよりも短くなることがあります。特に背が低いお子さんの場合は、集合写真を撮る時に前の列で椅子に座る可能性があります。スカートが上がって下着が見えてしまわないように注意が必要です。

スカートの丈は膝が見えるくらいの長さがベストです。入学式はまだ寒い日も多いので、スカートに合わせてタイツやオーバーパンツも用意しておきましょう。

入学式の外靴はキレイな靴であればOK

入学式のキチンとした服装には靴もそれなりのものを用意したくなりますよね。ですが、小学校入学となると準備しなくてはならないものも多く、洋服に靴までとなると出費も大変です。フォーマルな感じの服には革靴がぴったりですが、入学式が終わったら履く機会は多くないはずです。
入学式のための外靴はきちんとした革靴ではなくても、きれいな靴であれば大丈夫です。スニーカーや運動靴でも、服装に合わせた色でおとなしいデザインものもを用意してください。

入学式自体は小学校の体育館で行われますので上靴を履くことになります。外靴は学校までの行きと帰り、それに集合写真を外で撮る場合だけとなるでしょう。汚れていたり履き古した感じでなく、きれいな靴であればOKです。

卒園式と入学式の服装は同じ服でも大丈夫

幼稚園の卒園式にも洋服を用意しなければならない場合もありますよね。それほど着る機会のないフォーマルな洋服ですから、できれば同じ服を使いたいところです。
卒園式は3月、入学式は4月になりますが、ほぼ同じような気候です。卒園式も入学式もどちらもあらたまった式なので、同じ服装でも大丈夫です。
オーソドックスな服装を用意すればどちらも着回すことができるでしょう。

卒園式も入学式も同じ服装なのが気になる場合は、小物を足したりヘアスタイルを変えて工夫してみてください。卒園式はあえてシンプルにして、入学式にはコサージュをつけたりカラータイツを合わせるとイメージを変えることができます。
ワンピースならまだ肌寒い卒園式では上にボレロやジャケットを羽織り、入学式はワンピース1枚にすることができます。
更にヘアスタイルも変えると、同じ服でも雰囲気が違ってきます。

卒園式用の服を購入するときにアレンジしやすいデザインを選ぶこともおすすめします。