2歳なのにイヤイヤ期がひどい?イヤイヤとの付き合い方

2歳のイヤイヤ期がひどいときにはどのようにして付き合えばいいのでしょうか。

声をかける全部をイヤイヤで返されると、お母さんもイライラしてしまいますよね。できるだけ、子供に寄り添うことも大切ですがなぜイライラしてしまうのかも分析してみるといいでしょう。

急いでいるのに、自分でしたがるのなら早めに準備をするように声掛けするなど大人ができることを考えてみてください。イヤイヤ期の2歳児との付き合い方を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供が食事をする時に気をつけたい、しつけのコツ

子供を育てているなかで、悩みごとが多いのが「食事」です。「ご飯を食べてくれない」、「何度言っても...

子供のしつけはいつから取り入れる?しつけのポイント

子供のしつけはいつから始めたらいいのでしょうか?言葉の意味がわかるようになる年齢とは?どんな...

子供の嘘つき心理について親が子供のためにできることとは

子供が嘘つきになるのは、子供の中にある心理が隠されています。それを知るためにはどうして子供が嘘を...

2歳児の食事のしつけ方法!よくある悩みとしつけ成功のポイント

お子さんが2歳になり、食事のマナーやしつけに対してお悩みを抱えている人もいるのではないでしょうか。...

子育てにイライラ!子供に暴言を言いいそうになったときの対処法

子育てにイライラして暴言を言ってしまう・暴言を言ってはいけないと思っているのにやめられない。こんなお...

1歳10ヶ月の子どもが癇癪を起こす原因と対策!癇癪は成長の証

初めての子育てに奮闘中のママの中には、1歳10ヶ月の子供の癇癪に頭を悩ませている人もいるのではないで...

子供のしつけは2歳児の特徴を理解して対応していこう

ついに訪れた「魔の2歳」や「イヤイヤ期」。これまで順調に子育てをしてきたのに、子供がこの時期にな...

電車で子供が泣く理由と保護者におすすめする声掛けやマナー

電車で子供が泣くと、とても焦りますよね。しかし、「早く泣き止ませないと!」、「周囲の人に迷惑をか...

産後9ヶ月でイライラする!上手に解消して乗り切るコツを紹介

産後9ヶ月の子育てでイライラしてしまうあなた。慣れない子育てでうまくいかずについイライラしてしまうマ...

子供の学費にはいくら必要か知っていますか?~貯蓄のために~

子供を育てていると気にかかる事と言えばお金ですよね。ご家庭によってどこまで進学させるかという判断...

子供が苦手で接し方がわからない人におすすめな対処方法

子供は可愛いものと、世間の人達は言ったとしても、自分にとっては未知の生き物のように感じたり、接し方が...

中学一年生が一番難しい?中一女子の特徴と接し方を紹介します

中学校一年生になってから何かと口答えをするようになった、または無視をするなど中一女子の特徴にはどのよ...

子供がトラブルを起こしたら!菓子折りの渡し方や謝罪方法

子供のトラブルは子育てではつきものと言っても良いくらい、多少なりともあるものです。しかし相手...

子供のトラブルに親の謝罪は必要?電話のみ菓子折りのライン

子供がトラブルを起こしてしまったときに親の謝罪は必要でしょうか。ちょっとしたトラブルと謝罪が必要...

4歳は我慢ができない!我慢できる子供に育てるコツや訓練とは

子供は4歳くらいになると自我が強くなり、我慢ができないなどわがままを言うようになっていきます。しかし...

2歳のイヤイヤ期がひどい…しかし成長に必要な期間

2歳のイヤイヤ期は、まさに怪獣のよう。
ですが、それは成長には必要な期間です。

イヤイヤに隠されているのは、「自分でやりたい!」という気持ち。

この頃の困りごとといえば、急いでいる時に限って怪獣に変身することですよね。
朝のお出かけあるあるです。

自分でやりたいのに、やらせてくれない。
やらせてもらえたけれど、思うように出来ない。

そういう気持ちを上手に伝えることが出来ないので、ママからみるとただの怪獣に見えてしまうのです。

この自己主張の気持はとても大切で、この時期に上手に接することができれば、自分のことは自分できる子に育ちます。
また、自分の主張がいつでも通るわけではないことを知り、我慢を覚えるのもこの時期です。
自己制御を学ぶ時期ですから、習得できれば反抗的な態度も減りますし、物事の良し悪しの判断や相手の気持ちを考えることいったこともできるようになってきます。

とにかくひどい2歳のイヤイヤ期との付き合い方について

2歳になってから、イヤイヤ期がとにかくひどくて、怒ってばかり。
そんなママに必要なのは、「余裕」です。

「○時に家をでなくては間に合わない!」
朝のお出かけ前はいつも忙しいですよね?

しかし、これは大人の都合です。
子供にとっては全く重要ではありません。

しかし、大人の都合とはいえ付き合わせないわけにもいかないのが現実です。
ですから、いつもより1時間早めに用意を始めましょう。
時間に余裕があれば、ママの気持ちにも余裕が生まれます。

子供の自分でやりたい気持ちに寄り添ってあげれば、子供も好奇心を満たすことができるので、癇癪を起こして泣きやまないと言ったことは少なくなります。

だからといってできるまで延々に待つといのは無理ですよね。
着替えならある程度はママがやって最後の仕上げは子供にさせるなど工夫するとよいでしょう。

また、公園からの帰りなどもイヤイヤが勃発しやすい時ですよね?
しかし、どんなときでも子供の主張に合わせると言うのはNGです。

「駄目なものはダメ」というのを学ぶのもこの時期です。

公園でのイヤイヤにおすすめなのは、先に約束しておくこと。
「鐘がなったら帰るよ。」とか、「すべり台を5回滑ったら帰るよ。」など、子供でも理解できる約束にしましょう。

そして、その約束は絶対に守ること!
たとえ怪獣になっても延長してはいけません。

確固たる態度を取ることで、子供は自分の主張が通らないときがあることを学ぶのですから。
しかし、単純にNOと言うだけでわかってくれるわけではありませんから、気持ちを上手に切り替える手助けをしてあげてくださいね。

2歳のひどいイヤイヤ期は必ず終わります!だから諦めないで

2歳のイヤイヤ期の子供は、大人には理解し難い行動も多いですし、何度も同じことの繰り返しでイライラさせられてしまいます。
しかし、それは子供の脳がまだまだ成長段階で、一度言ったからと言ってすぐに習得出来ないからです。「なんでうちの子は…。」とこぼしているママも見かけますが、子供によって成長速度は違います。
本に書いてあるよりも遅い、話に聞いていたよりもひどいなど、自分の子供と何かを比べてしまうのをやめて、今の子供の状態をそのまま受け入れるだけでもイライラが軽減して少し楽に過ごすことが出来ますよ。

速さは違っても、脳は毎日少しずつ成長しています。
ですから、たとえ今言うことを聞かなくても、投げ出さずに言い続けることが大事なのです。
また、シンプルに伝えることも重要です。
理屈をたくさん並べても、子供が理解するのはまだまだ難しいからです。

エンドレスのように感じる時期ですが、脳が成長するに連れて少しずつ行動にも現れるようになってきます。
ママの根気が試される期間ですが、終わりはかならずあるので地道に頑張りましょう。

子供の出来ないことよりも、小さな「出来た!」に目を向けると、より楽しくイヤイヤ期を乗り越えられますよ。

2歳のイヤイヤ期「褒める」ことを忘れずに

2歳イヤイヤ期がひどい時には、ママに余裕がなくなってついついイライラしてしまいがちで、どうしても褒めることを忘れがちになってしまいます。

イヤイヤ期を早く抜け出したいなら、忘れずに実践して欲しいポイント

イヤイヤ期の子供には、自分でやりたいという気持ちの他に、そのことを自分で達成したいという思い、そしてママに褒められたいという思いもあるのです。

小さな子供にとって、ママが自分を認めてくれているかと言うのはとても大きな問題です。
ママは子供のすべてと言っても良いくらい、子供の大事な部分をしめているのですから。

イライラしているとついダメ出ししたくなってしまうかもしれませんが、褒めてあげることで子供は認めてもらえた、喜んでくれたと感じて安心することができるのです。
これは自己肯定力にも繋がる大切なポイントです。

2歳のイヤイヤ期イライラしするのを予防をするのも大切

2歳のイヤイヤはいろいろな理由で起こります。

ですが、子供は自分の気持ちを受け止めてもらえたら、意外とすんなり行動してくれたりもするのです。

そこでママに知ってほしいのは、いろいろな対処法です。
正直。正解はありません。
子供によって効く方法は違いますし、同じ子でもタイミングが違えば効果的だったりします。
ですから、できるだけたくさんの引き出しを用意して、いろいろな方法を活用しながら、気持ちを上手に切り替える方法をサポートしてあげましょう。

気持ちを受け止めてあげたり、他のことへ気をそらす手伝いをしてあげたり、楽しいことを掲げて頑張ってみたり、ルールを決めてみたり。

引き出しの数だけ、ママの余裕につながるので、ぜひたくさんの情報を収集して試してみてくださいね。