思春期の息子への親の接し方【反抗期の男の子の特徴】

思春期を迎える頃のお子様は、反抗期も間もなく訪れるという方が多いと思います。反抗期になり、今までとは違う息子さんの態度に戸惑う方も多いのではないでしょうか。
そこで、反抗期の男の子の特徴や、親の接し方についてご紹介します。思春期は、大人になるための階段を登り始めました。親も子供のことを一人の人間として、認めてあげることが大切です。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

小学生に習い事は必要?習い事をさせるかどうか迷ったとき

小学生の習い事は必要なのでしょうか。習い事を始めるときには、役に立つのかや続けることができるのかなど...

思春期の女子の特徴について思春期の子供に対しての接し方

思春期の女子にはどのような特徴があるのでしょうか?中学生になった途端に、なぜか親にきつくあたってくる...

シングルマザーの特徴について生活や経済状況と子供への注意点

シングルマザーには共通してある特徴があります。シングルマザーとして一人で子育てをするのは大変なことで...

高校生の反抗期の特徴と暴言や反抗的な態度への正しい接し方

高校生のお子さんを育てている人の中には、子供の反抗期に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。...

反抗期女子への対応に正解はないがぶれない姿勢でいることが大切

反抗期の女子に対して親はどう対応すべきか悩み、どうにもできずに親としての自信を失ってしまうかもしれま...

3歳の反抗期の男の子の特徴と子供が伸びる親の接し方

『魔の2歳児』という言葉は有名ですが、3歳になったからと言ってすぐに終わるわけではありません。3歳に...

中学生男子を子育てするコツやポイントなどについて知りたい

中学生の男子を子育てしようと思った時に、まず気にすべき点は、子供の心と身体の変化です。いつまでも...

3歳の反抗期にママができる対応!一緒に反抗期を乗り越える方法

3歳のお子さんを育てているママの中には、子供の反抗期の対応に頭を悩ませている人もいるのではないでしょ...

反抗期の中学生の娘へイライラしない接し方のアドバイス

子供が中学生になると、反抗期を迎える子供も多くなります。以前は素直でいい子だったのに、最近は反抗ばか...

娘の反抗期がひどいとお悩みの方へ。ひどくなる原因と対処法

反抗期の真っ只中で、娘への接し方に困っているという方も多いと思います。反抗期の特徴には、男子と女子で...

そろばん教室に通うメリット・デメリット【子供の習い事選び】

そろばんは、今も昔も人気の習い事です。ママ自身がそろばん教室に通っていたという方も多いと思いますが、...

息子の反抗期と父親の役割、子供扱いせず求められるまで見守ろう

反抗期を迎えた息子の対応に戸惑う母親は多いですが、反抗期の息子と父親との関係に悩むこともあります。...

中間反抗期と呼ばれる5歳の反抗期と対処方法について

5歳児の中間反抗期がやってきたら、2歳児の頃とは違い、生意気なことをいったり、体力があるので暴れたり...

親にイライラする中学生の反抗期に上手に対処するコツを紹介

親にイライラする中学生の子供に対して、親はどんな風に接するのがいいのか悩む親御さんも多いのではないで...

反抗期の息子の特徴と接し方について。反抗期に疲れた親の対処法

子供が反抗期を迎えると、今までの素直な息子とは別人になってしまい、戸惑ってしまう方も多いと思います。...

思春期の息子の接し方に戸惑う方へ。まずは反抗期の特徴

思春期の男の子は、イライラすると物に当たったり、暴力的な言動したり、反抗的な態度を取ってきます。

壁や机を叩いて大きな音を出したり、親に対して暴言を吐くような事もあるでしょう。また、挨拶や返事をしないなど、親を無視するような態度を取ってくる事もあります。

中には反抗期がないという子供もいますが、子供の成長にはそれぞれ個人差があるのでそこまで気にする必要はありません。

思春期の男の子は、親が思っている以上にたくさんの悩みを抱えている

体が急激に大人へと成長していき、自分の変化に心が追いつきません。

友達関係に悩み、恋に悩み、自分の容姿への劣等感を抱えたり、将来について漠然とした不安を抱えている場合もあります。

それに加えて部活動などで体を酷使し、肉体的にも精神的にもヘトヘトに疲れきっています。

ストレスを抱えている思春期の男の子は、イライラした感情をどこにもぶつけられず、親への反抗的な態度で示しているのです。

思春期で反抗期を迎えた息子への接し方、必要以上に話しかけない

小さい頃は、こちらが聞いてもいないのに「今日学校でね…」「○○君がね…」と何でも話してくれた息子も、思春期になると口数が少なくなってきます。

「学校どうだった?」と聞いても「別に…」の一言で片付けられてしまうなんて事は日常茶飯事です。

思春期を迎えたら、親は子供に対して知りたい事を一から十まで聞く事はできません。

根掘り葉掘り話を聞いても、ますます子供に避けられるだけ

一方的に質問攻めにされると、大人でもイヤになってしまいますよね?

子供が「別に」と言ったら、今はこれ以上話す気はないという事

子供が話したい気持ちになった時に、自分から話してくれるのを待つしかありません。

子供が話しかけてきたら、子供の話しにしっかりと耳を傾け、真剣に聞く姿勢を見せましょう。

「話を真剣に聞いてくれている」「相談してよかった」と思ってもらえれば、何か困った時はきちんと親を頼ってくれるようになるでしょう。

思春期の息子への接し方でNGな親の対応

思春期の男の子は、自分はどんな人間なのか、自分は将来何になりたいのか…など「自分探し」をはじめる時期です。

自分の考えを持ち、親から離れて自立を目指しはじめる

この大切な時期に、親が余計な手出しや余計な口出しをしてはいけません。

子供に失敗をさせないように、助言をしたくなる気持ちはわかりますが、失敗をする事は大人になるために必要な事です。

失敗からしか学べない事もたくさんある

たとえ子供が失敗したとしても、子供を否定するような事は言ってはいけません。

「だから言ったじゃない」「何をやってもダメだ」「間違っていると思った」など、否定的な言葉は、子供の自己肯定感を下げ、自信を失わせてしまいます。

自信をなくしたまま大人になると、後で自信を取り戻す事はとても大変です。子供には「失敗しても大丈夫」「いつでも味方だよ」という事を伝えてあげてください。

やたらと口や手を出すのではなく、いつでも信じて見守っているという姿勢を見せる事が大切です。

思春期の息子は周りの目も気になりだす年頃

思春期の男の子が最も気にするのが「周りの目」です。

思春期は周りから自分がどう思われているのかとても気になる

特に友達から「親を頼りにしている」と思われる事を非常に嫌がります。

親と一緒に買い物に行ったり、家族で外食に出かけるのを嫌がるようになったら、思春期を迎えたサインです。

この気持ちは大人に近づいてきている証拠なので、不思議な事ではありません。

そのため、思春期を迎えた息子が友達と一緒にいる状況の時は、むやみに話しかけたり、支援しようとする事はできるだけ避けるようにしましょう。

思春期を迎えたら、近くで子供を助けてあげる時期はもう過ぎたと思いましょう。

決して放置するのではなく、遠くから見守るという姿勢を大切にして、子供に安心感を与えてあげましょう。

子供の自立のために親は見守ることが基本

子供が思春期を迎えたら、自立しようとしている子供の邪魔をするのではなく、そっとサポートする事が大切です。

「勉強しなさい」「片付けしなさい」など、いつまでも小さな子供のように命令口調で話していては、部屋にこもって出てこなくなってしまいます。

思春期の子供は、ある程度大人扱いをするようにして、同じ目線で話をする事で親の話を素直に聞き入れてくれるようになります。

反抗期の子供の言動に振り回されるのではなく、反抗期は子供の自立のための通過点だと捉え、しっかりと向き合う覚悟が必要です。

子供はいずれ巣立っていくもの

一人でも自立して生活できるようになるためには、思春期の時期の親の関わりがとても重要です。

子供とのコミュニケーションが円滑に取れなくなってしまった場合は、メールやLINEを使うなどの工夫も必要です。

どんなに反抗されても「おはよう」「いってらっしゃい」「おかえり」の声掛けは必ず行い、返事が返ってこなくても毎日続ける事が大切です。

なるべく1日1回は家族で食事をするようにして、子供と顔を向かい合わせる事も大事です。

会話がなくても、顔を見れば「機嫌が良さそう」「疲れてるかな」など、ちょっとした変化に気づく事もできます。

子供の反抗期を乗り切る秘訣は「忍耐」です。

いつまでも子離れできず子供を干渉するのではなく、子供を信じて少し距離を取り、温かく見守ってあげる寛容さが必要です。