女の子に反抗期が訪れる時期と特徴!親にできる対処法と接し方

小学校低学年の女の子の子育てをしているお母さんの中には、お子さんの反抗的な態度に頭を悩ませている人もいるのではないでしょうか。「つい最近まで反抗期だった気がするのに、また反抗的な態度を取るなんて」と、感じている人もいることだと思います。

ここでは、女の子の反抗期の時期についてお伝えします。女の子には何回反抗期が来るのか・どのくらいの年齢で反抗期になるのかを知って、親として子どもとしっかり向き合いましょう。

反抗期が来るのは成長の証。大変なこともありますが、お子さんの成長を一番近くで見守り、応援してあげてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

思春期の親子関係は何が正解?中学生の女の子への正しい接し方

子どもが中学生くらいの年齢になると、思春期を迎えて親に反抗的な態度を取るようになります。思春期を迎え...

中学生の子供が夏休みの宿題をしない理由と親に出来る対処法

中学生のお子さんをお持ちのお母さんの中には、子供が夏休みの宿題をしないことに頭を悩ませている人もいる...

そろばん教室に通うメリット・デメリット【子供の習い事選び】

そろばんは、今も昔も人気の習い事です。ママ自身がそろばん教室に通っていたという方も多いと思いますが、...

思春期のイライラへの対処法と反抗期を迎えた子供との接し方

子供を持つ親なら、誰でも一度は経験するであろう、子供の思春期。小さい頃から可愛がって育ててきた我...

中学生の子供の勉強をやる気にさせる方法は?具体的な対処法

中学生のお子さんの子育てをしているお母さんの中には、子供が勉強をしないことに頭を悩ませている人もいる...

娘の反抗期がひどいとお悩みの方へ。ひどくなる原因と対処法

反抗期の真っ只中で、娘への接し方に困っているという方も多いと思います。反抗期の特徴には、男子と女子で...

反抗期の息子の特徴と接し方について。反抗期に疲れた親の対処法

子供が反抗期を迎えると、今までの素直な息子とは別人になってしまい、戸惑ってしまう方も多いと思います。...

子供の反抗期時期と親の対応や声かけ、反抗期が長引く要因

子供が反抗期を迎える時期は全部で3つありますが、一番厄介なのはやはり10代の反抗期ではないでしょうか...

中学生の女子はめんどくさい!母と娘の関係と思春期女子への対応

中学生の女の子を育てているお母さんの中には、「女子中学生は本当にめんどくさい!」と思っている人もいる...

中間反抗期と呼ばれる5歳の反抗期と対処方法について

5歳児の中間反抗期がやってきたら、2歳児の頃とは違い、生意気なことをいったり、体力があるので暴れたり...

3歳の反抗期の男の子の特徴と子供が伸びる親の接し方

『魔の2歳児』という言葉は有名ですが、3歳になったからと言ってすぐに終わるわけではありません。3歳に...

ラインのトラブルはどう回避すればいい?中学生のラインルール

中学生になるとスマホを持つ割合が多くなります。トラブルに巻き込まれない為には、子供だけに判断を任せる...

高校生の娘へイライラしてしまう方へ。反抗期の程よい接し方

反抗期の高校生の娘さんへ、イライラしてしまうということはありませんか?反抗期の子供にはいろいろな特徴...

子供に習わせたいスポーツの習い事。小学生男子に人気の習い事

子供に何か習い事をさせたいという時には、うちの子にはどんな習い事が向いているのかと親も悩むと思います...

息子の反抗期と父親の役割、子供扱いせず求められるまで見守ろう

反抗期を迎えた息子の対応に戸惑う母親は多いですが、反抗期の息子と父親との関係に悩むこともあります。...

反抗期の時期は何回ある?女の子の反抗期について

女の子の反抗期は大きく分けて3回あります。

1回目の反抗期、イヤイヤ期

2歳~3歳ごろにやってくるのが第1次反抗期、通称「イヤイヤ期」です。
なんでも自分でやりたがるようになり、親に対してイヤイヤ反抗してきます。
着替えや食事などに親が手を出す事をイヤがり、そのくせ自分で上手くできずに癇癪を起こしたりします。

まだ上手に話せないことから、自分の気持ちを上手く伝えることができず、そのストレスをママにぶつけてくることもあります。
自我が芽生え、成長した証なので広い気持で受け止めてあげましょう。

2回目の反抗期、中間反抗期

小学校低学年ごろにやってくるのが中間反抗期です。

イヤイヤ期や思春期の反抗期に比べると、そこまで激しい反抗はありませんが、口答えが多くなったり、親の注意を聞かなくなったりします。

小学校生活にも少しずつ慣れ、親からの自立心が少しずつ芽生えてきている成長の証です。

悪いことは悪いとビシッと叱りながら、子供のチャレンジ精神を失わせないようにそっと見守ってあげることが大切です。
まだまだ親に甘えたい時期でもあるので、助けを求めてきた時はいつでも手を差し伸べてあげましょう。
子離れ、親離れの練習だと思って、冷静な対応を心がけましょう。

3回目は思春期

思春期ごろになると、第2次反抗期がはじまり、親との距離を置くようになります。
親よりも友達が優先になり、どこでも一緒に付いてきてくれた子供時代とは違った関係性になります。

親からの干渉を何よりも嫌い、話しかけても無視されることもあるでしょう。
また、体の成長スピードがあがり、ホルモン分泌の影響でイライラしてしまうことが増え、親に八つ当たりをしてくる場合もあります。

勉強や将来について悩んだり、友達関係で悩むなど、悩みが増えて情緒不安定になるのも思春期の特徴です。
第2次反抗期がはじまったら、ある程度大人扱いしてあげるようにして、子供と対等な目線で話すように心がけましょう。
いよいよ親離れ、子離れの時期が近づいてきている証なのです。

小学校低学年の女の子に訪れる中間反抗期の時期と特徴

女の子は男の子と比べると「お喋り」であることが多いです。

中間反抗期の女の子は、親との会話の中で言い訳や屁理屈が多くなり、時には揚げ足を取ってくることもあります。

口が達者な分、親としても頭にカーッと血が上ってしまい口喧嘩に発展してしまうこともあります。

例えば「部屋を片付けなさい」と言えば「ママもキッチンの掃除したら?」という返事が返ってきたり、「勉強しなさい」と言えば「ママだってやってないじゃん」と言われてしまったり…。

中間反抗期の女の子の対応に困ってしまう保護者の方も多くいるようです。

反抗するというのは、自我が育ち「自分で考える力」が育っている証拠

口答えは頭の回転が良くなってきている証拠でもあります。

小学校にあがり、環境が変化したことで、色んな経験を通して子供なりに自分の考えをしっかりと持ちはじめるのがこの時期です。

中間反抗期は「自分はこう思う」「自分でやりたい」「認めてほしい」という子供の気持ちの表れです。

成長過程で必要な反抗なので、親としてまずは子供の気持ちを受け止めてあげることが大切です。

女の子に中間反抗期の時期が訪れたときの対処法

中間反抗期の女の子は、子供扱いをしすぎないように気をつけ、一人の人間として接するようにしてあげると良いでしょう。

親にとって小学校低学年子供は、まだまだ小さな子供です。

中間反抗期を迎えた女の子は「子供扱い」を何よりも嫌う

「まだ子供なんだから」「子供はダメ」は禁句です。

何かダメなことがある時は、きちんと理由を説明して、しっかり理解してもらうということが大切です。

いつまでも子供扱いをしていると、子供の自尊心を傷つけてしまうこともあります。

もしも大人が何か間違ってしまった時は、しっかりと謝罪するということも大切です。

「大人はいいの」などと言って誤魔化してしまうと、大人のズルさにますます反抗的になってしまいます。

親が子供にしっかりと謝ることができれば「間違った時は謝罪し、お互いに許し合う」ということを子供に教えることができます。

女の子の第二次反抗期・訪れる時期と特徴

女の子は、小学校高学年ごろから思春期がはじまります。

女性ホルモンの影響で、10歳くらいから体の変化もはじまる

女性らしい体つきになり、それと同時に第二次反抗期がはじまります。

思春期の時期には個人差がありますが、男の子よりも女の子の方が早くはじまる場合が多く、中間反抗期が終わったと思ったらすぐに第二次反抗期がはじってしまう…なんてこともあるようです。

思春期の時期は、自分の心と体の成長に戸惑い、悩みも多くなり、イライラしやすくなってしまいます。

そのイライラは親に向けられることが多く、それが第二次反抗期なのです。

女の子の第二次反抗期の特徴

家での口数が減ってきます。

挨拶や返事をしなくなったり、親の質問を無視することもあるでしょう。

また、他人から自分がどう見られているかを気にするようになり、相手によって態度を変えることもあります。

第二次反抗期の時期が訪れた女の子へ接し方・対処法

第二次反抗期の女の子は、親からの干渉を何よりも嫌います。

しつこく質問をなげかけたり、スマホや携帯を取り上げるなどの行為は絶対にやめましょう。また、他人と比較して批判したり、愚痴をこぼすように説教をするのもNGです。

子供が心配で干渉したくなるが、子供を信じてあげることも大切

子供は親が思っている以上に、家の外では頑張っているものです。

学校生活、部活、友達関係など、子供なりに気を使いながら外での生活を頑張っているのです。

子供であろうとストレスを抱えることはあります。

特に思春期の時期は、悩みが多いものです。

第二次反抗期の女の子にとって一番必要なのは、家族愛を自然に感じられる環境です。

「家は安心して休める場所」であると思わせてあげることが大切なのです。

反抗されてイライラしてしまうかもしれませんが、どんな小さなことでも良いと思ったことは褒めてあげ、少しのお手伝いでも感謝の気持ちを忘れずに伝えましょう。

「いつでも見守っている」「いつでも味方だよ」という事を常に伝えてあげると、情緒が安定し、反抗的な態度も次第に落ち着いてくるでしょう。

いつまでも子供にベタベタと接するのではなく、適度な距離感を保ち、だんだんと大人に成長していく娘の成長をそっと見守ってあげることが大切です。