小学生高学年の反抗期!子供の変化・男の子と母親の関係と叱り方

小学生高学年のお子さんを育てているお母さんの中には、子供の反抗期にどのように接すればいいのかわからずに困っている人もいるのではないでしょうか。

特に男の子を育ててるお母さんは、子供の心の中を理解することが出来ずに、どのように接すればいいのかわからないことも多いでしょう。

ここでは、反抗期を迎えた子供に訪れる心と体の変化についてと接し方についてお伝えします。

反抗期は子供の成長の証。親としてしっかりと受け止め、子供と一緒に反抗期を乗り越えましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

モテる方法とは?小学生の男子がモテるために頑張りたいこと

小学生の男子でモテる子にはどんな特徴があるのでしょうか。女子が気になる小学生男子は、どちらかとい...

小学生の男の子の思春期とは?思春期の子供との接し方について

小学生の男の子なのに思春期?と思ってしまいますが、小学校5年生くらいから思春期は始まりつつあります。...

小学生の女の子は友達関係が難しい!トラブル発生時の親の対応

小学生の女の子の子育てをしているお母さんの中には、子供の友達関係について悩んでいる人もいるのではない...

子供の胸が大きくなる年齢に親がしてあげられること

4年生の娘が「胸が痛い」と言い出した。4年生は胸が大きくなる年齢には早いと感じて悩むお母さんが多...

10歳の反抗期を迎える女の子の特徴と親の接し方のルール

10歳の小学4年生くらいになると、そろそろ反抗期が訪れます。個人差もありますが、特に女の子の場合には...

6歳の誕生日プレゼント1000円予算におすすめなのはコレ

6歳になるお友達に誕生日プレゼントを1000円くらいで考えているのなら、こんなプレゼントはどうでしょ...

学習プリントは子供が自分で整理整頓!小学校のプリント整理術

毎日たくさんのプリントを学校から持ち帰ってくるのに、うまく整理整頓ができないことに頭を悩ませているお...

茶渋で歯が変色?気になる子供の歯の色について紹介します

子供の歯が茶色いような…これって茶渋が原因?きちんと仕上げ磨きをしているのに、子供の歯に変色が見える...

7歳の女の子の反抗期はどう過ごすべき?反抗期の特徴について

7歳の女の子の反抗期はどのようにして向き合えばいいのでしょうか?何を言っても、口答えをしてく...

小学校1年生の反抗期・中間反抗期の特徴と親の正しい接し方

小学校1年生のお子さんを育てているお母さんの中には、子どもの反抗的な態度に頭を悩ませている人もいるの...

ツーブロックのやり方とは?バリカンでする子供のセルフカット

子供の髪をカットしたいけれど、お店で切ってもらう間待てるかどうか不安…というときにはセルフカットがお...

子育てにイライラ!【小学生編】対処法と関わり方・子育てのコツ

小学生のお子さんの子育てをしているママの中には、子供にイライラしてしまう・子育てにストレスを感じてい...

母親として自信がない!自分を前向きにコントロールする方法

母親として自信がないと悩んでばかりいるあなた。あなたが自分に自信がない姿を子供にも見せていませんか?...

子供のイライラ【小学生】親ができる上手な接し方のポイント

子供のイライラは小学生になってから家庭の外でのストレスによって起こることがあります。子供がそんなイラ...

子供用ゴーグルの種類と特徴。失敗しない水泳ゴーグルの選び方

幼稚園のお子様から「水泳のゴーグルが欲しい」と言われることもあると思います。子供がまだ小さいと、まだ...

小学生高学年の反抗期・心と体の状態について

高学年は体が変化する

産まれてから少しずつ大きくなってはいるのですが10歳を超えると今まで幼児体型だとおもっていたのが急に背が伸びて華奢だった体も大きくなり肩幅が広くなります。1年前丁度良かったサイズの服が丈や裾の長さが足りない場合も見られます。

高学年は男臭くなる

今まで赤ちゃんの頃と変わらないにおいだったのが急に男っぽいにおいになります。足やうなじ付近の香りが変わってきます。

気持ちの変化

今まで楽しい、嬉しい、悲しい、腹が立つなどは漠然としていたもので素直にそのものに対して表現していましたたが、高学年になってくるとそれを感じる対象物のことも一緒に考えられるようになり相手の立場に立って考えられるようになってきます。

小学生高学年の反抗期の様子は男の子と女の子で違いが

異性同士の子供の考えの違い

私の息子が反抗期を迎えたときには言っていることも通じてるのか通じていないのか、返事もあいまい、自分の考えも発さないと何を思っているのか何故そんな行動をするのかわからずついつい大声を出してしまうこともあります。「どうせわからない」と男の子は言葉が少なくなりだんまりを決め込むことが多いようです。

同性同士の子供との場合

楽しく話していたのに急に疲れたと場所を変えたり、親の言うことを聞かなくなったり、親が言っている事に「なるほど」というような返しをしてきたりすごく大人になったと思ったら子供っぽかったりなんとなく同姓として気持ちがわかるのだけどすんなり受け入れられないことがあります。

小学生高学年・反抗期の男の子への母親の接し方

ゆっくりした空間で穏やかに話す

ある程度大きくなっ小学生の高学年の子に腹が立っているときは母親もかなりヒートアップしている時が多いでしょう。怒りが頂点に達している時は怒る内容も定まらず過去のことも掘り返してしまうこともあります。そうなると何を怒られているのかわからず子供の構えてしまいます。

目を瞑りながらお腹に空気を送り込むような深い呼吸をして怒りを沈めゆっくりと優しい言い方をしましょう。

聞きたくない言葉を吐かれたら

覚悟はしていたし、対処法も考えてはいたけれどいざ罵るような言葉を吐かれたら怒っているついでにさらにイライラしてしまいます。勢いで言っている場合もありますが、何か他に不安に思っていることやどうしたら良いかわからないことなどがあるかもしれません。


怒っている人には心のうちを言いたくは無いので、いつか言ってくれる日を待ってゆっくりと穏やかな雰囲気で待ちましょう。そして「なんか変わったことはないかい?」など話し出すきっかけを作ってあげるのも良いでしょう。

家族の時間を作る

あえて何かを聞き出すのではなく、父親も交え一緒にどこかへ旅行へ行ったり、一緒だとついつい口を出してしまいそうなのであれば父親と息子で出かけてみてはいかがでしょう。母親よりも細かいことを気にしない父親であれば思いっきり遊び心も解き放たれることもあります。少し父親に任せてみましょう。

先輩ママはどうしてた?小学生高学年で反抗期を迎えた子供への接し方

息子から声をかけられたり、行動を起こされるまで待つ

外でたまたま友達と息子が遊んでいた、学校帰り見かけたなど小学生の高学年になると行動範囲も広がりお友達との行動も多くなります。小さい頃はどんなに遠くても手を振ったり呼んでくれていたのに反抗期と呼ばれる時期になると他人を見るような行動に変わります。

自分からの行動は控え子供からのアクションを待つか見守る程度にしましょう。

会話を求めない

聞いても答えない、食事を用意してもすぐに食べないなど母親の存在を感じていないような行動を起こすこともあります。それを正そうとしても何も変わらないと思い自分の気持ちは閉じ込めず相手に受け入れてもらわなくても良いと思いながら大きな独り言として発しましょう。

責任を持ってもらう

大人が心配で声をかけることでも子供にとってはなんてことなくてその場を乗り越えることも出来る事もあります。自分で決めたことを反抗期と思わず最後までやらせて見ましょう。親も子供から離れるチャンスだと思いましょう。

ブレない自分でいる

反抗期が来てどんな言葉を発されても、どんな行動をとられても駄目なもの、やってもいいことは変わらないです。絶対揺るがない自分でいましょう。

小学生高学年の反抗期・子供の叱り方について

共感しながら考えましょう

熱量が違うとついつい相手を押さえ込んでしまうような叱り方になってしまいます。大人になろうとしている反抗期の時期は押さえ込まれることにさらに反抗してしまうこともあります。どうしていったらおさまるか、素直な自分の気持ちを伝えながら息子の気持ちを聞き話しをしましょう。

話し出せる環境作り

家の中で何も予定がなく、家事の手を止めて一緒にいる空間を作ってみましょう。自然と言葉が出てくることもあります。顔を見ると話しづらく感じるときは助手席に子供を乗せてドライブはいかがでしょう。

「重いもの買いたいから手伝って」「遠くまで行くから助手席でナビして」など少し頼りながらさりげなくドライブしてみましょう。お互い目を合わせることが無いので構えず時間を過ごすことも出来るでしょう。