10ヶ月の赤ちゃんが寝る時間とは?寝かしつけのポイント

10ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらいの時間寝るのでしょうか。だんたんと起きている時間が長くなり、夜に寝る時間も決まってくる10ヶ月頃の赤ちゃんですが生活リズムはちょっとした事でもずれてしまいがちです。

できるだけ、同じように過ごしていてもご機嫌がななめだったり寝る前にぐずってしまうとママも疲れてしまいますよね。

寝かしつけのコツやポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

4ヶ月の赤ちゃんはどんなスケジュールを送っているのか知りたい

赤ちゃんが4ヶ月になり、少しだけ育児にも慣れてきたと感じる頃だと思います。ですが、中には新生児の...

夜泣きにイライラしても怒鳴るのはやめよう!上手に乗り切るコツ

赤ちゃんの夜泣きにイライラしてしまい、つい怒鳴ることもあるかもしれません。しかし、怒鳴ることで赤...

1ヶ月の赤ちゃんの服装とは?寝る時やお出かけの服について

1ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするときにはどのような服装にしたらいいのでしょうか。1ヶ月健診や...

6ヶ月の赤ちゃんの過ごし方、日中の家での過ごし方とポイント

生後6ヶ月になる赤ちゃんは日中どんな過ごし方をするのか、これについて今回はご紹介したいと思います。...

オムツを取る時期はいつ?トイレトレーニングの目安と進め方

初めての子育てに奮闘中のママの中には、子どものオムツを取る時期は一体いつなのか知りたい人もいるのでは...

赤口の意味とお宮参りがNGだと言われる理由!お宮参りと六曜

お宮参りというものは、産土神様に赤ちゃんの誕生を報告し、赤ちゃんが健康で元気に成長していくことを願う...

6ヶ月の冬の服装選びのポイント!赤ちゃんも快適でママも楽しい

生後6ヶ月の赤ちゃんがこれから冬を迎えるとき服装の選び方が気になるところ。寒い冬でも赤ちゃんが快...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方について

生後7ヶ月の赤ちゃんは、生後間もないときの授乳と睡眠を繰り返す時期とは違い、睡眠にもリズムができ...

【1歳8ヶ月】一日の生活リズムと子供の成長の様子・接し方

1歳8ヶ月のお子さんの子育てに奮闘中のママの中には、同年代の子供の生活リズムについて気になっている人...

2歳児のお昼寝時間の目安・寝かしつけのコツや寝ない時の対処法

一般的には生後6ヶ月を過ぎた頃から体内時計が整い睡眠リズムが出来てくると言われていますが、睡眠の環境...

赤ちゃんが泣く理由を知って対処しよう!笑顔で育児をするために

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが泣く理由がわからずに悪戦苦闘している人もいるのではな...

7ヶ月のお昼寝時間や生活リズムの整え方!寝かしつけのコツ

生後7ヶ月の赤ちゃんはお昼寝の時間はどのくらい必要なのかと気になるお母さんもいるでしょう。7ヶ月にな...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間、生活リズムの作り方と入眠儀式

これまで不規則に起きたり、数時間おきの授乳が欠かせなかった赤ちゃんも、生後7ヶ月になると生活リズムが...

新生児が外出する時の服装ポイントを季節別でご紹介

抵抗力が弱い新生児を外出させる時、どんな服装がいいのか悩んでしまいます。特に夏や冬は外と室内の温...

豚ひき肉ハンバーグを離乳食で美味しく食べるレシピとポイント

離乳食がすすむとお肉も美味しく食べてもらいたいですね。豚ひき肉を使ったふわふわハンバーグなら...

10ヶ月の赤ちゃんが寝る時間は◯時間

生まれたばかりの頃は昼夜関係なく殆ど寝てばかりだった赤ちゃんも10ヶ月頃になるとかなり夜にまとめて寝ることができるようになっています

昼寝を2回から3回して夜間で足りない分の睡眠を補給します。

10ヶ月では夜間と昼寝をあわせて11時間から14時間程度寝るのが良い

成長とともに一度に寝られる時間が長くなり、夜間に長く寝るようになってきます。そうして最終的には夜間にまとめて寝て昼寝をしなくなります。
10ヶ月頃はまだ夜間に寝る時間の他に昼寝が必要な時期です。

後々社会生活を送るために適切な時間に就寝・起床させて睡眠サイクルを作っていくことが大切です。

10ヶ月の赤ちゃんの寝る時間配分について

睡眠サイクルを作るためには夜間に長くまとめて寝るようにすることが大切です。

夜間に10~11時間程度寝て昼寝を2時間程度するのが理想

10ヶ月ではまだ睡眠サイクルができていない赤ちゃんが多く、親が意図的に就寝時間と起床時間、昼寝の時間をコントロールしてあげる必要があります。

夜は19~20時の間に就寝させて朝は6~7時の間に起こすようにしましょう。

この時期の赤ちゃんはどんどんと早起きになる場合が多く、朝は5時や4時に目覚めて活動を始める場合も多くあります。その場合は昼寝時間で調整しましょう。
昼寝の時間は遅くても15時までには終わらせるようにしましょう。

昼寝の時間が夕方に近くなると夜寝る時間が遅くなってしまいます。昼寝を早い時間に終わらせることが早寝をさせるために大切なポイントとなります。

昼寝の時間が長すぎない事も大切

昼寝をする時間が長いとやはり夜になかなか眠たくならないので寝る時間が遅くなってしまいます。昼寝は2時間以内で収めるようにするとよいでしょう。

睡眠サイクルを作るためには就寝時間を守り、昼寝を2時間以内で早い時間にさせることが大切です。

10ヶ月の赤ちゃんの寝る時間はお昼の過ごし方にも影響されやすい

睡眠サイクルを作るためには日中に外遊びをしっかりとさせることが大切

毎日決まった時間に外遊びを十分にさせるようにしましょう。

外遊びの時間は朝食を食べてから昼食を食べるまでの間に設定することをおすすめします。

この時間帯に外遊びをしっかりとすると疲れて昼食の後に昼寝をするようになります。人は外にいるだけでも体力を消耗し、また外の空気を吸うとリフレッシュ効果もあります。日光には体内時計を調節する効果もあるので、外遊びをするとスムーズに昼寝をするようになるのです。
昼寝をしない原因としては外遊びが少なかったり、していても十分ではない場合が多いものです。

外でしっかりと体を動かす事は成長や心身の発達のためにも欠かせない大切な事

生活リズムがバラバラで育児が大変な場合に午前中に外遊びをしっかりと取り入れるとよくなったという話はよく耳にします。

寝る時間がまちまちで育児が大変な場合には外遊びがうまく取り入れられているか見直してみましょう。

寝るときのご機嫌ななめはどうしたらいい?寝かしつけるポイント

赤ちゃんが寝る時にご機嫌ななめな場合に効果的な寝かしつけの方法をいくつか挙げてみます。試してみて効果のある方法を見つけましょう。

抱っこをしてゆらゆらする

正攻法です。抱っこをしてゆらゆらとゆったりとしたペースで揺らすと赤ちゃんは落ち着き眠りについてくれるでしょう。

絵本を読んで気持ちを安らげる

赤ちゃんを膝にのせて絵本を読んであげる事には様々なとてもよい効果があります。赤ちゃんにとってもお母さんにとってもです。
赤ちゃんはお母さんの体のぬくもりを感じながら絵本を読んでもらうととても心地良く、穏やかな気持ちで眠りにつく事ができます。そうして絵本に良い印象を持つようになり、成長しても本が好きな子供になります。また、内容の良い絵本を読むと心が豊かに育ちます。

しつけに役立つような内容の絵本もたくさんあります。

しつけたい事柄に合わせて絵本を選ぶと効果的にしつけを行うことができます。
音読することは脳にとても良い効果があるので、絵本を読み聞かせるために音読をするとお母さんの脳を鍛える事にもなります。

ゆったりとした音楽をかけて寝かしつける

童謡や子守唄、クラッシックなどのゆったりとした流れるような曲調の音楽をかけます。ゆったりとした音楽を聴きながらお母さんに撫でてもらったりトントンされていると赤ちゃんはうっとりと眠りにつくでしょう。

日中に十分に体を動かして疲れていると、上記のような方法で赤ちゃんはスムーズに眠ってくれることでしょう。

10ヶ月とはいえまだまだ赤ちゃんママも休むことを忘れずに

10ヶ月の赤ちゃんは睡眠サイクルや生活リズムが作られていく過程の時期で、昼寝の時間や就寝時間になかなか寝なかったりとんでもなく早い時間に起き出したり夜泣きをしたりする事があります。

世話をしているお母さんは思うように家事をする時間が確保できず睡眠も十分にとれなくてとても大変な時期です。
睡眠サイクルがうまく作れるまでは大変な日々が続くので無理は禁物です。

毎日のスケジュール通りに行かないのは当たり前と考えて自分を追い詰めないようにしましょう。そうして自分が楽しめることを取り入れる事も大切です。
子供との外出でランチを取り入れたり好きなお菓子やお弁当を買ってきて食べたりと、自分なりのストレス発散方法を見出しましょう。

外遊びの場所を自分も癒されるような自然の美しい場所にしたり、外遊びで外出して美味しいお菓子を買いに行くのもよいでしょう。