9ヶ月の赤ちゃんも怒る?赤ちゃんが怒ったときの対処方法

9ヶ月の赤ちゃんはどんなことで怒るのでしょうか?ご飯は食べたし、お昼寝もした、オムツも変えたのに泣いているのはどうして?

9ヶ月以前の要求と9ヶ月以降の赤ちゃんの要求はこのようなことに変わってきます。

今までは泣き止んでいた対処方法で泣き止まないとき、怒っているときにはこんなことをしてみてください。赤ちゃんが怒るときの対処方法を紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんのグズグズはいつまで続くの?悩むママへアドバイス

赤ちゃんのグズグズが辛く、いったいいつまで続くの?と途方に暮れていませんか?赤ちゃんがグズグ...

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝る時間には個性がある

生まれてからの1年間くらいは赤ちゃんが著しく成長するときです。どんどん成長していく我が子に喜...

4ヶ月の赤ちゃんはどんなスケジュールを送っているのか知りたい

赤ちゃんが4ヶ月になり、少しだけ育児にも慣れてきたと感じる頃だと思います。ですが、中には新生児の...

赤ちゃんの冬用パジャマの選び方、寝室の寒さ対策もご紹介

赤ちゃんの冬用パジャマを買おうとお店に行くと、色んな素材やデザインがあって、どれを選んだらいいのか迷...

赤ちゃんの睡眠時間が短いのはなぜ?原因と対処法を解説

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますと、睡眠時間が短いのでは?とママは心配になります。新生児~1歳頃...

赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?睡眠時間と生活リズム

初めての育児に奮闘しているママの中には、夜中の授乳やおむつ替えなどで夜中に起きることを辛く感じている...

赤口の意味とお宮参りがNGだと言われる理由!お宮参りと六曜

お宮参りというものは、産土神様に赤ちゃんの誕生を報告し、赤ちゃんが健康で元気に成長していくことを願う...

産後の過ごし方・無理は禁物!二人目が生まれたあとの育児と家事

現在二人目のお子さんを妊娠中のママの中には、産後の過ごし方に不安を感じている人もいるのではないでしょ...

4ヶ月の赤ちゃんの昼寝時間と回数・寝かしつけの方法を解説

4ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中の新米ママの中には、赤ちゃんの昼寝の時間が短いのではないか、お昼寝を...

冬の赤ちゃんとのお出かけで準備しておきたい防寒アイテム

冬に赤ちゃんと一緒にお出かけする時には、防寒のためのアイテムが必要です。気温が下がり、冬本番にになる...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

大根を使った離乳食完了期にピッタリのおすすめレシピをご紹介

冷凍保存もしやすい大根は、離乳食完了期に取り入れたい食材のひとつ。そこで今回は、大根を使った離乳...

2人目育児は大変?2人目が男の子の場合の乗り越え方と育児術

望んでできた2人目なのに、周りから「育児は大変だよ。男の子ならもっと大変」と言われてしまうと、急に不...

赤ちゃんにイライラして叩くのはダメ!あなたにできる大切なこと

赤ちゃんの鳴き声にイライラしても叩くのはいけません。はじめての育児で思うようにいかず、自分を責めたり...

子作りのタイミングはいつ?2人目を考えるときの判断基準

一人目の子育てが大変だから、2人目の子作りのタイミングをいつにしたらいいのかわからない…という夫婦は...

9ヶ月の赤ちゃんだって怒る!このぐらいから怒るようになります

赤ちゃんの性格は様々ですので、よく笑っていていつもご機嫌の赤ちゃんもいれば、いつも泣いて怒っている赤ちゃんも居ます。常に泣いている赤ちゃんに対しては、オムツも変えてお腹もいっぱいなのにどうして泣いてるのー!と困っているもママも多いでしょう。

赤ちゃんが「怒る」という感情が芽生えてくるのは基本的に生後4ヶ月頃。

早い子ですと生後1ヶ月を過ぎてから喜怒哀楽を表現する子も居るそうです。

生後4ヶ月頃の赤ちゃんは怒っている原因を解消してあげれば泣き止んでくれることが多いのですが、生後9ヶ月頃になると気に入らない事があると泣いて怒ってしまうという子も出てくるようです。

どうしたらいい?9ヶ月の赤ちゃんが怒るときの対応方法

生後4ヶ月以降から自我が出てくるため、つまらない。気に入らない。という理由で泣くようになります。

基本的には、泣いている悲しさより興味がある事が出てくると注意がそれて泣き止む事が多いのですがいつもこの対応ばかりする必要もありません。時には我慢を教えていく必要もあるでしょう。

そして癇癪持ちの子、分かりやすく言うと怒りん坊だった場合には我慢すればなんとかなるということが分かるのに時間がかかってしまいます。

また泣き始めると泣いていることをコントロールすることが出来なくなってしまうため、ある程度放っておいて泣かせておくというのも一つの手です。
少し時間を置いてから気分転換をしてあげることで泣き止んでくれることも多いので、お子さんのタイミングに合わせて様子を見ながら対処してあげましょう。

9ヶ月の赤ちゃんが怒って泣くときにはこんな気分転換がおすすめ

怒って泣く9ヶ月の赤ちゃんに思い当たることは全てやってみたけど泣き止まないときは。

そうなると子供大人も参ってしまいますよね。

そんな時は気分転換をするようにしましょう。車を持っている方はドライブをするのも手です。お母さんのゆらゆらで寝てくれなくても、車では揺られているうちに寝てくれることも多いです。
車がない方は、泣いている場所から移動して環境を変えてみます。一度外に出て風に当たったり、1階と2階で行き来したりしているうちに落ち着いてくるでしょう。

それでも泣き止んでくれない場合は、家族に協力を求めましょう。子供がずっと泣き止まずにいるとママもイライラしてしまいます。夫に任せる時間を作って自分自身も少し休むようにしましょう。夫に預けたら案外泣き止むかもしれません。

家族でも手に負えないとなってしまった場合には、自分の母親や小児科などに相談してみるのも手です。わざわざ泣き止まないというだけで病院に行くのはちょっと…という方は検診などのタイミングで相談するのが良いかもしれません。

9ヶ月の赤ちゃんが怒るときにしてはいけない対応

赤ちゃんが泣いてしまった時についやってしまいがちな行動があるので確認していきましょう。

  • ご褒美をあげる
    人前やお店の中などで泣いてしまった時に、人目が気になってしまいおやつやジュースをあげてしまう。欲しい物を買ってしまう。寝る時間にテレビを見せてしまう…などはやっていはいけません。
    泣くとご褒美をもらえると勘違いして覚えてしまいます。
    対策としては、おやつの時間や寝る時間など親が決めたルールは赤ちゃんが怒り出したとしても「まあいいか」とならないようにします。繰り返しているうちに泣いても思い通りにならないんだと理解してきます。
  • 怒鳴りつける
    怒って我を失っている赤ちゃんに対して冷静に言い聞かせるのは簡単なことではありません。まだ完全に言葉を分かっていない赤ちゃんにママが一生懸命なだめても伝わりません。もちろん叱ることも時には必要ですがパニックを起こしている子供を怒鳴ってもなぜ怒られているのか理解することが出来ません。
    対策としては別の事に気を向かせるように持っていく事が有効な方法です
  • 放っておく
    放っておくことが効果的な赤ちゃんも居ますが、自分の気持ちを分かってもらえていないと思ってしまい、逆に泣いて怒っている時間を長引かせてしまう可能性がありますので、放っておかずに子供の気持ちに寄り添う努力をする必要があります。

離れると怒る…9ヶ月の赤ちゃんの後追い

どうして9ヶ月の赤ちゃんは後追いをするのか

後追いは、長い期間触れ合っている両親に対して愛着や信頼感が芽生えてきて、自分にとって特別な存在だと認識できるようになってきます。なので自分の視界から居なくなると不安を感じてしまい、泣いて探し回るようになってしまいます。
後追いは両親と赤の他人を区別できるようになったという成長の意味もあるのです。

後追いはママにとって可愛いと感じるものでもあり、負担にもなってくるでしょう。
そこで後追いをする赤ちゃんへ対応はどんなものがあるのか見ていきましょう。

  • 声掛けをする
    いきなりどこかに行くのではなく、〇〇に行ってくるから待っててね。と声を掛けてから赤ちゃんのそばから離れるようにしましょう。その間も不安で泣いてしまうかもしれませんが、帰ってきたよと優しく抱っこして上げましょう。どこかに行っても必ず自分のとこに帰ってきてくれるんだと分かってもらうことで不安も和らいでくるでしょう。
  • 家事は完璧にやらない
    後追いのせいで家事が進まないなんてこともあるでしょう。しかしそんな時は一度手を止めて赤ちゃんとのコミュニケーションを取る時間にしてしまうのも一つの手です。出来る範囲で家事をこなしてママが少しでも楽に育児ができる方法を取りましょう、
  • 甘えさせてあげる
    後追いは今だけなんだと割り切って、ついて来た時におにごっこをしたり、トイレに行きたい時はドアを開けておいて迎え入れたり、とことん甘えさせてあげるのが一番簡単に解決する方法です。徐々に一人で遊べる時間も増えてくるので、小さいうちはママの事を追いかけてもらっていても良いかもしれません。