生後3ヶ月の赤ちゃんが昼寝をしすぎる?赤ちゃんの睡眠について

初めての赤ちゃんとの生活はわからないことだらけで、ママにとって不安を感じる場面も沢山あることでしょう。

その一つに赤ちゃんの睡眠、お昼寝の時間があります。そんな睡眠問題、3ヶ月の赤ちゃんのお昼寝や睡眠時間について、お昼寝をしすぎる赤ちゃんについて、どんな点に注意が必要かママが悩んでいる点についてご紹介し、対処方法を提案いたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子供用品スッキリ収納アイデア!隠す収納でも使いやすくするコツ

子供が生まれると、おむつやベビー用のケア用品、たくさんの衣類など、多くのものが必要になります。部屋の...

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

10ヶ月の赤ちゃんが寝る時間とは?寝かしつけのポイント

10ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらいの時間寝るのでしょうか。だんたんと起きている時間が長くなり、...

生後一ヶ月の赤ちゃんの睡眠サイクル・まとめて寝る時期の目安

初めての出産を終えたばかりで育児に奮闘中のママの中には、生後一ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間や睡眠サイクル...

貧乏家族の食事【子供も喜ぶ】上手な食費節約のコツや工夫を紹介

貧乏でも家族のために日々の食事を工夫しながら節約をしたいと考えるあなた。食事を作るときの工夫や買...

2才の子どもが夜中に起きる・夜泣きをするのはなぜ?原因と対策

2才の子どもを育てているママの中には、子どもが夜中に起きるようになる・夜泣きが再び始まってしまったこ...

新生児用の肌着は赤ちゃんにいつまで着せるのか紹介

赤ちゃんが生まれる時に用意するもののリストには、肌着が含まれていますよね?新生児用の肌着には、短...

2人目育児は大変?2人目が男の子の場合の乗り越え方と育児術

望んでできた2人目なのに、周りから「育児は大変だよ。男の子ならもっと大変」と言われてしまうと、急に不...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

女の子の赤ちゃんがブサイクに見えてしまう理由と対処方法

女の子の赤ちゃんなのにブサイクで可哀想…実はそう思ってしまうママは意外と多いのかもしれません。...

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの整え方は?一日の生活の様子

4ヶ月の赤ちゃんは一体どのような生活リズムで毎日を過ごしているのか気になっているママもいるのでは...

一歳半から始まった夜泣き、泣き叫ぶ我が子を寝かしつけるには

今までは夜すんなり眠りについていたのに、一歳半頃から急に泣き叫ぶほどの夜泣きをすることがあります。...

1歳2ヶ月の子どものお昼寝と睡眠時間・日中の過ごし方との関係

1歳2ヶ月の子どもの睡眠時間はどのくらいが良いのでしょうか。お昼寝の時間が長すぎると夜の就寝時間...

1歳児のお昼寝時間と回数!寝ないときの対処法と寝かしつけ方法

1歳の子供の子育てをしているママの中には、子供のお昼寝時間が不規則なことに悩んでいる人もいるのではな...

3ヶ月の赤ちゃんの成長の様子とママとの過ごし方のポイント

3ヶ月になった赤ちゃんは、生まれたての新生児の頃とはずいぶんと変わり、生活のリズムにも変化が出てきて...

3ヶ月の赤ちゃんの昼寝や睡眠時間の目安について

生まれたばかりの頃は一日中寝るのがほとんどだった赤ちゃんも、生後3ヶ月になる頃には、体重も生まれた時の2倍ほどになり、成長の早さを実感する頃です。

首座りも徐々に安定するので、縦に抱っこするのも楽になります。さらに、起きている時間も増えてくるので、昼寝の時間も生まれたばかりの頃よりも減ってくることが一般的です。

生後3ヶ月の赤ちゃんは、まだまだ一日のほとんどを寝て過ごし、平均的な睡眠時間は、一日14時間~15時間と言われています。

9時間から10時間は起きて過ごす

生まれたての赤ちゃんと比べると、少しずつ起きている時間も長くなる生後3ヶ月では、朝と夜が徐々にはっきりしてくる時期です。

夜に8時間など、まとまって寝る赤ちゃんが多くなる時期でもあります。

どの育児書や参考サイトを見ても、赤ちゃんの月齢に合わせた昼寝時間は出ていますが、そのデータに縛られてプレッシャーを感じる必要はありません。なぜなら、赤ちゃんそれぞれには個人差があるからです。

生まれた時の体重も違えば、成長の仕方もそれぞれ違います。

今、あまり寝てくれない赤ちゃんや寝付きのよくない赤ちゃんでも、数週間したら成長と共に少し寝てくれるようになるということも多いです。

あまり神経質にならずに、赤ちゃんの日々の様子に気を配って過ごすのがおすすめです。

3ヶ月の赤ちゃんの昼寝は個人差があります

周りの赤ちゃんと比べすぎない

ただ、同じ月齢の赤ちゃんでも、1人1人性格も育児環境もすべて違います。

昼寝をよくする赤ちゃんもいれば、あまりしない赤ちゃんもいます。

昼寝をあまりしない赤ちゃんは、もしかすると部屋の環境を昼寝しやすいように変えたり、ママが赤ちゃんの生活リズムを管理してあげることで、昼寝するようになることもあります。

気持ち良さげな赤ちゃんの寝顔を見ていると、もう少し寝させたいなと感じることもありますが、なるべく赤ちゃんに合ったスケジュールに沿ってママが起こしたり、寝かしつけを決まった時間にすることが、最終的に赤ちゃんの生活リズムを整えて快適な環境を作るのです。

3ヶ月の赤ちゃんの昼寝が長すぎると感じる場合は

昼寝しない赤ちゃんもママからすると心配の種ですが、昼寝の時間が長い赤ちゃんもまた心配ですよね。

生後3ヶ月くらいから徐々に生活リズムが整ってくるため、長すぎる睡眠は夜の睡眠の質を低下させてしまいます。

もし、お子さんが夜寝ている時に、ちょくちょく起きて夜泣きするということが続くなら、昼寝の長さが原因の一つと考えられます。

赤ちゃんに昼と夜の区別を付けさせる

昼と夜をしっかり区別して赤ちゃんに慣れさせることが大切です。

昼寝の時間も2時間なら2時間と決め、時間が来たらまだ寝ていても優しく起こしてあげるということを繰り返しましょう。

また、夜は熟睡出来るように部屋は暗くして、心地よく眠りに入れるように寝かしつけをしてあげることがおすすめです。

赤ちゃんの昼寝が原因で夜の睡眠に影響が出るときの対処法

人間の体には、体内時計があります。

体内時計を正しく働かせるためには規則正しい生活がもっとも大切

大人でも徹夜が続いたり、つい寝すぎてしまうと、体調を崩したりしますよね。

赤ちゃんも同じです。

毎日決まった時間に起きて、決まった時間に寝ることが大切です。

体内時計はあるものの、赤ちゃんにはまだ時間の観念がないため、そのリズムを作るのは親です。

さらに言うと、生活リズムが形作られる生後3ヶ月くらいから親が整えるのが理想的です。日中に活発的に動き、早寝早起きを意識して規則正しい生活をすることで、徐々に体が順応し、質の良い睡眠が取れるようになります。

3ヶ月の赤ちゃんの寝ぐずり対策

寝ぐずりは赤ちゃんのイヤイヤのサイン

抱っこやおんぶでやっと寝てくれた赤ちゃんを布団に移動した途端、目を覚ましギャン泣きされたという話はよく聞きます。

我が家でも、何回かこの寝ぐずりに遭遇して、オムツを交換したり、授乳したりと色々な方法を試しても駄目で困り果てたことがあります。

この寝ぐずりは生後3ヶ月近い赤ちゃんによく見られる行動のようです。大体の場合、寝ぐずりは赤ちゃんが何かしらの不快感を感じている時に起こります。

生後3ヶ月は、成長が進み睡眠時間が短くなってくる頃です。

オムツ替えや授乳でも寝ぐずりが止まらない時は、「眠たくないよ」というサインということもありますので、無理に寝かしつけるのではなく、赤ちゃんの気分を変えてみるのも寝ぐずり対策のひとつです。