6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間とは?日中の過ごし方や寝かしつけ方

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間はどのくらいになってくるのでしょうか?

お昼寝の時間が短くなり、夜に長く眠るようになってくる6ヶ月の赤ちゃんですが夜の長い睡眠時間が安定するのは日中の過ごし方や個人差が大きいので他の赤ちゃんと比較をしすぎないようにしましょう。

6ヶ月の赤ちゃんの寝かしつけの方法や長く眠るためのポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんにイライラして叩くのはダメ!あなたにできる大切なこと

赤ちゃんの鳴き声にイライラしても叩くのはいけません。はじめての育児で思うようにいかず、自分を責めたり...

4ヶ月になると赤ちゃんはママに睡眠時間をプレゼントしてくれる

赤ちゃんはまさに天使です。そこにいてくれるだけで、周りのみんなを癒し笑顔にしてくれます。...

9ヶ月の赤ちゃんの昼寝時間・寝ないときの対策と心がけたいこと

赤ちゃんが9ヶ月になり、昼寝の時間についてのお悩みを抱えているママもいるのではないでしょうか。9ヶ月...

豚ひき肉を離乳食に使うなら下ごしらえをしておくと便利

離乳食に豚ひき肉を使うときにはどのような下ごしらえが必要なのでしょうか?鶏肉よりも油がでやす...

赤ちゃんが泣く理由を知って対処しよう!笑顔で育児をするために

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが泣く理由がわからずに悪戦苦闘している人もいるのではな...

女の子の赤ちゃんはかわいい服がいっぱい!女の子育児の楽しさ

赤ちゃんは性別を問わずかわいいものですが、第一子なら女の子?男の子?と聞くと、ほとんどのママが女の子...

8ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や回数とぐずらず起こすコツを紹介

生後8ヶ月の赤ちゃんになるとお昼寝はどのくらい必要なのか気になるママもいるでしょう。少しずつ動きも活...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間、生活リズムの作り方と入眠儀式

これまで不規則に起きたり、数時間おきの授乳が欠かせなかった赤ちゃんも、生後7ヶ月になると生活リズムが...

新生児が外出する時の服装ポイントを季節別でご紹介

抵抗力が弱い新生児を外出させる時、どんな服装がいいのか悩んでしまいます。特に夏や冬は外と室内の温...

10ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ原因とママに出来る対策!楽しく育児を

初めての子育ては色々とわからないことが多いです。10ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘しているママの中には...

1歳児の就寝時間の理想と現実・共働き夫婦におすすめの生活習慣

子どもが1歳になったのをきっかけに育児休業が終わり、働きに出るママも多いと思います。まだ小さい1...

【赤ちゃんの後追い】ママだけでなくパパも後追い!対処法を解説

赤ちゃんが成長していくと、ある時期を迎えると後追いをすることもあります。赤ちゃんの後追い対象者はママ...

生後1ヶ月の赤ちゃんの生活リズムや発達の特徴、適切な関わり方

1ヶ月検健診を終えて無事に新生児を卒業した赤ちゃん。新生児の頃から比べると体も大きくなって成長が...

6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由を考えて前向きになれる工夫を紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんは急に奇声をあげて叫ぶことがあります。そんな赤ちゃんの行動に心配してしまうお母さ...

赤ちゃんが寝る時の布団、寒暖差が激しい秋の布団の枚数と選び方

赤ちゃんの布団は季節に合わせて枚数や種類を選ぶことが大切ですが、寒暖差が激しい秋はどんな布団がいいの...

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠はどのくらい?夜に長く眠るようになってきます

生後6ヶ月の赤ちゃんには昼寝と夜間の睡眠を合わせて14時間から16時間程度寝る必要があると言われています。
夜間に長くまとめて寝るようになってきていますが十分ではなく、まだ昼寝で補う必要があります。

昼寝は2回から3回する赤ちゃんが多い

生後6ヶ月頃の赤ちゃんの睡眠は個人差が大きく、夜に就寝したら朝までずっくりと寝る赤ちゃんもいれば夜中に何度も起きる赤ちゃんもいます。

夜間に泣いて起きるとお母さんは大変ですが、夜中に授乳するのは母乳育児の面から見るとよい事です。母乳は授乳間隔が空くと鮮度が落ちるので3時間おきに授乳するのがよいといわれています。常に赤ちゃんに新鮮な母乳を飲ませるためには夜間も2回起きて授乳する必要があるのです。

授乳間隔が空いた後にたくさん溜まった母乳を飲むと、飲んだ後に吐いてしまう場合があります。飲みすぎたためか鮮度が悪いものを大量に飲んだためかは分かりませんが。赤ちゃんにとってよい事ではありません。

また、夜間に1回も授乳をしないで母乳が溜まった状態になると乳腺炎の原因にもなります。
赤ちゃんのためにも母体のためにもできるだけ夜間も1回は授乳することをおすすめします。

眠る時間を安定させるには?6ヶ月の赤ちゃんがぐずる理由

6ヶ月の赤ちゃんは著しい成長の最中にあり、睡眠サイクルや生活リズムが整えられていく真っ最中の時期です。
就寝と気になかなか寝付かずぐずったり、夜中に泣いて起きて授乳しても直ぐに寝ないでぐずる、朝起きてもぐずるなど、とにかくぐずりがちな赤ちゃんも多いでしょう。

6ヶ月の赤ちゃんがぐずる原因としては生活リズムの変化や昼寝の時間が長すぎる事、夜間の授乳などが考えられます。

生活リズムの変化

6ヶ月頃から離乳食を始める場合が多いでしょう。離乳食が始まり今までと生活リズムが変化し、それに伴ってぐずりが生じる場合があります。また、離乳食以外でも日々成長しているので毎日同じ状態ではありません。その急激な変化に伴いぐずりやすい時期なのです。

昼寝の時間が長すぎる、遅すぎる

赤ちゃんが夜の就寝をさせたい時間になってもぐずって寝ない、昼寝で十分寝ているのにぐずるなどという場合には昼寝の時間が長すぎる事が原因の場合があります。

1回の昼寝時間は2時間以内にするとよいでしょう。特に午後の昼寝は夕方に差し掛からないように遅くても16時までには起きるようにしましょう。

夜中の授乳

鮮度の良い母乳を与えるためには夜中の授乳がおすすめですが、夜中に起きる事により睡眠サイクルが乱れてしまう場合があります。特に夜中の授乳の後になかなか寝ない場合にはその可能性が高いでしょう。その場合には睡眠サイクルを整える事を優先して夜間の授乳をやめる事もひとつの手です。

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠はまだ不安定

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠はまだ不安定なので、睡眠サイクルを整えていくために決まった時間に就寝・起床させることが大切です。

昼寝の時間も3回から2回になるように昼寝の時間を調節していくと睡眠サイクルが整ってきます

睡眠サイクルが確立するとそれを変えるのは大変です。

そのためこの時期から保育園や幼稚園、小学校へ行くようになった時の起床・就寝時間を考えて睡眠サイクルを整えていくことが大切です。

夜は7~8時の間に寝せるようにして、朝は6~7時の間に起こしましょう。昼寝は起床して朝食を食べた後9~10時と昼食後の13~15時が最適です。
睡眠サイクルが安定してくると就寝時間になるとスムーズに寝て起床はすっきりと、昼寝は決まった時間に寝られるようになっていきます。

6ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間を考えて過ごすのもおすすめ

6ヶ月の赤ちゃんの1日の過ごし方は睡眠時間を中心にして決めるとよいでしょう。

理想的なスケジュール

  • 朝は6~7時の間に起床します。その後朝食をとり、9~10時に午前の昼寝をします。
  • 正午までは体をしっかりと動かして遊ばせます。
  • 正午から昼食をとり、13~15時まで午後の昼寝をします。その後は室内遊びをしたりお出かけや買物に連れ出すのもよいでしょう。
  • 18時から夕食、19時からお風呂、20時就寝。

スケジュール通りに過ごすためには就寝と昼寝をスムーズにさせることが鍵となります。

そのためには午前中に体をしっかりと動かして遊ぶことが重要です。また、外の空気を吸い日光に当たる事も大切です。
毎日1回は散歩へ連れ出しましょう。

まだ6ヶ月の赤ちゃんなので毎日決めたスケジュール通りに過ごせるものではありません。スケジュール通りに過ごせる日の方が少なくて珍しいかもしれません。
それでも親がスケジュールを意識してお世話をしているとだんだんと習慣化して身についていきます。

6ヶ月の赤ちゃんの夜の睡眠時間を長くするポイント

6ヶ月の赤ちゃんの夜の睡眠時間を長くするために大切なポイントです。

昼間にしっかりと体を動かした活動をさせること

昼間にしっかりと体を動かして活動すると疲れて寝つきがよくなります。夜間もぐっすりと良い眠りを得ることができるようになります。

外へ連れ出すこと

ぐずる子供は外へ連れ出すと不思議と治まるものです。外の空気には気分を変えてすっきりとさせる力があるのでしょう。日光により体内時計が整います。それにより夜間の良質な眠りが導かれます。

夜間の授乳をやめること

夜間の授乳をした後に直ぐに眠らない赤ちゃんは、夜間に泣いた時に背中をさすったりして寝かしつけて授乳するのをやめると夜間の睡眠時間を長くする事ができます。