1ヶ月の赤ちゃんの服装とは?寝る時やお出かけの服について

1ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするときにはどのような服装にしたらいいのでしょうか。

1ヶ月健診や外出しなくてはいけないときの赤ちゃんの服について紹介します。

夏の暑さ対策、冬の寒さ対策を忘れずに行いましょう。お出かけのときにはこのようなアイテムがあると便利です。赤ちゃんとのお出かけは荷物が多くなってしまうので、無理をしないようにしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2歳8ヶ月の子供のイヤイヤ、癇癪の理由や対処方法をご紹介

子供には1歳半から2歳にかけて、イヤイヤ期が訪れると耳にします。しかし中には意外と大きなイヤイヤ期が...

9ヶ月の赤ちゃんも怒る?赤ちゃんが怒ったときの対処方法

9ヶ月の赤ちゃんはどんなことで怒るのでしょうか?ご飯は食べたし、お昼寝もした、オムツも変えたのに泣い...

1歳9ヶ月の子どもに適したお昼寝時間と良い睡眠リズムの作り方

共働き世帯で子どもを保育園に預けている場合、子どもは日中保育園で規則正しい生活をしているため、出来る...

お風呂に1日入らないのはあり?赤ちゃんの入浴頻度と注意点

産まれたばかりの赤ちゃんはベビーバスなどを使って大人とは別にお風呂に入ります。これを沐浴と言いますが...

赤ちゃんの睡眠時間が短いのはなぜ?原因と対処法を解説

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますと、睡眠時間が短いのでは?とママは心配になります。新生児~1歳頃...

子育ては疲れるしイライラするからこそデトックスが必要

子育てにイライラして疲れるときにはどうしたらいいのでしょうか?自分の時間が欲しいと思っても子供を一人...

生後8ヶ月の赤ちゃんの寝る時間や睡眠・成長・活動の特徴

初めての育児に挑戦中のママにとって、子どもの成長は嬉しいと共にいつも心配や不安と隣り合わせ。赤ち...

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転!生活リズムの整え方

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転していまい、このままで大丈夫なのかと不安を感じながら子育てをし...

3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と寝ないときの対策・心がけたいこと

3ヶ月頃の赤ちゃんは、新生児の頃に比べるとまとめて寝てくれる時間が長くなります。ですが、まだ大人と同...

1歳児の理想的な就寝時間は?生活リズムを整えて健康的な睡眠を

1歳児の子育てをしているママの中には、子供の就寝時間が遅くなってしまうことに頭を悩ませている人もいる...

子供が寝ない!イライラする時の寝かしつけ・寝ない原因と対処法

幼稚園のお子さんを育てているお母さんの中には、夜子供が寝ないことにイライラする人もいるのではないでし...

産後の過ごし方・無理は禁物!二人目が生まれたあとの育児と家事

現在二人目のお子さんを妊娠中のママの中には、産後の過ごし方に不安を感じている人もいるのではないでしょ...

大根を使った離乳食完了期にピッタリのおすすめレシピをご紹介

冷凍保存もしやすい大根は、離乳食完了期に取り入れたい食材のひとつ。そこで今回は、大根を使った離乳...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

【赤ちゃんの後追い】ママだけでなくパパも後追い!対処法を解説

赤ちゃんが成長していくと、ある時期を迎えると後追いをすることもあります。赤ちゃんの後追い対象者はママ...

1ヶ月の赤ちゃんの服装と服の素材について

1ヵ月の赤ちゃんの服装は基本的に0ヵ月の時の服装と基本は変わりません。

服は短肌着の上に長肌着を重ねて着せるようにします。
さらにその上にロンパースやカバーオールを着せるようにしましょう。

これらは季節によって赤ちゃんに着せる服の枚数は調節しましょう。

1ヵ月になると0ヵ月の頃よりも徐々に足を動かすなど動きが活発になってきます。

その為、肌着はロンパースなど動きやすいものに変えていくとよいでしょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなため、素材はなるべく肌に優しいものを選びましょう。

また、赤ちゃんは汗をかきやすいため、吸水性や通気性に優れた生地が好ましいです。

その為、素材は綿100%のものが好ましいです。
ガーゼ生地やタオル生地は赤ちゃんの肌には優しくお勧めです。

1ヶ月の赤ちゃんの寝るときの服装

1ヵ月の赤ちゃんは、まだ大半が寝て過ごすので室内で過ごすことがほとんどです。

室内はなるべく適温にして赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう。

そうした上で季節に合わせて赤ちゃんの服の枚数を調節してあげてください。

先ほども述べましたが、基本的には短肌着の上に長肌着、さらにカバーオールを着せるという順番です。

赤ちゃんは足の裏や手のひらで温度調整をするので、靴下や手袋は基本的には着用しなくて大丈夫です。寝る時はベビー用の掛布団をかけてあげてください。
冬の場合はスリーパーなどを着せて調節してあげるのもよいでしょう。

夏の場合は部屋の温度によって肌着だけでよい場合もあります。

あまり着せすぎると汗をかいてあせもや湿疹の原因にもなってしまうので気を付けましょう。

ただ、肌着の上からはおくるみやタオルなどを1枚かけてあげた方が良いでしょう。

1ヶ月健診で赤ちゃんとお出かけするときの服装

赤ちゃんを連れて外出するのは1ヵ月健診が初めてだという人も多いでしょう。

季節によって服装は違ってきますが、基本的には肌着の上にカバーオールを着せてあげ、気温に合わせてさらに重ね着をさせるようにしましょう。

カバーオールも様々で、夏用は半そでの涼しいものを選ぶようにしましょう。
ただ、病院内はクーラーが聞いていて寒い場合もありますので、おくるみや1枚羽織れるものがあると安心です。

冬用のカバーオールも生地が暖かいものも売っています。
外出の場合はさらにその上にアウターを着せて暖かくしてあげた方が良いでしょう。

赤ちゃんは気温に影響されやすく、あっという間に体が冷えたり暑くて汗をかいてしまう場合があります。そのため、なるべく赤ちゃんのとりまく気温を意識して服装を脱ぎ着させるようにしてください。

1ヶ月の赤ちゃんと外出するときはコレがあると便利

1ヵ月の赤ちゃんと外出する場合、まだ一緒に外出することに慣れていないので何が必要なのかわからないですよね。いろいろ持っていけば安心なのですが赤ちゃんも一緒なので、荷物はなるべく少なくしておきたいところです。基本的には赤ちゃんのおむつと授乳関連のものがあれば安心です。

まず、おむつ用のポーチを準備しましょう。

中にはおむつ数枚とおしりふき、使用済みのおむつを入れられる袋、おむつ替えシートを入れておきましょう。

そして、授乳関連のものとしては授乳ケープがあるといざという時に役立ちます。
ミルクの場合は、哺乳瓶と粉ミルクを持ち歩くようにしましょう。
ファミリー層向けのショッピングモールや病院であればお湯がもらえる場合がありますので、お湯は持ち歩かなくてもよいでしょう。

もし心配な場合はポットなどにお湯を入れて持ち歩くとよいでしょう。

はきもどしやよだれをふくとるためにガーゼハンカチやタオルは常に持ち歩いた方が安心です。

それらがあれば基本的には問題ありませんが、いざという時のために着替えもあるとよいでしょう。

肌着セットの内容としては、肌着、カバーオール、スタイ、靴下、ガーゼハンカチなどを一式そろえておくと安心です。

荷物に余裕がある場合は、おくるみが1枚あるといざという時に体温調整ができるので持っていくとよいでしょう。

1ヶ月の赤ちゃん健診など外出ではできるだけ無理をしない

1ヵ月の赤ちゃんの外出は赤ちゃんにもお母さんにもかなり負担がかかります。

赤ちゃんは外気に慣れていないので外の環境に違和感を感じて不安になるかもしれません。

また、風邪などを引かないかと不安にもなってしまいますよね。
そのため、赤ちゃんの外出はなるべく短く済ませた方がよいです。

また、お母さんも産後のダメージがまだあるので、無理をしてはいけません。

一人で赤ちゃんを連れての外出は負担が大きいでしょう。

1ヵ月の赤ちゃん健診に行く場合などは、自分だけでなく助けてもらえる大人がもう一人いると助かります。できることなら配偶者や両親などと一緒に行くのが好ましいです。
なるべく赤ちゃんとお母さんの体に負担がかからないような交通手段を選んでください。
自家用車だと赤ちゃんのお世話などの対応も自分のペースでできるので安心です。