1ヶ月の赤ちゃんの服装とは?寝る時やお出かけの服について

1ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするときにはどのような服装にしたらいいのでしょうか。

1ヶ月健診や外出しなくてはいけないときの赤ちゃんの服について紹介します。

夏の暑さ対策、冬の寒さ対策を忘れずに行いましょう。お出かけのときにはこのようなアイテムがあると便利です。赤ちゃんとのお出かけは荷物が多くなってしまうので、無理をしないようにしてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後11ヶ月の赤ちゃんが奇声を発するのはなぜ?理由と対処方法

生後11ヶ月頃、1歳を迎える少し前に急に赤ちゃんが奇声を発し始めることがあります。ママにとっ...

生後2ヶ月の赤ちゃんの服装・春に着せる服の組み合わせと選び方

初めての育児に奮闘中のママの中には、生後2ヶ月の赤ちゃんには春にどのような服装をさせれば良いのかわか...

年の差のある人と結婚した時、子供が出来た時に想定される事柄

世の中の結婚するカップルの中には、彼氏や彼女との年齢が離れている年の差カップルでの結婚もあります。...

オムツを取る時期はいつ?トイレトレーニングの目安と進め方

初めての子育てに奮闘中のママの中には、子どものオムツを取る時期は一体いつなのか知りたい人もいるのでは...

赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?睡眠時間と生活リズム

初めての育児に奮闘しているママの中には、夜中の授乳やおむつ替えなどで夜中に起きることを辛く感じている...

1歳4ヶ月の子どもが起こす癇癪の原因と対処法・言葉の掛け方

一般的に2歳~3歳の頃にピークを迎えるといわれている癇癪ですが、早い子では1歳を過ぎた頃から始まりま...

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

10ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ原因とママに出来る対策!楽しく育児を

初めての子育ては色々とわからないことが多いです。10ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘しているママの中には...

冷凍ご飯をおかゆに【離乳食】に便利な作り方やレンジの活用法

離乳食を食べる時期になると、ご飯が食べられるようになった喜びとともに毎日の食事の支度が大変な面がある...

2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっ...

生後一ヶ月の赤ちゃんの睡眠サイクル・まとめて寝る時期の目安

初めての出産を終えたばかりで育児に奮闘中のママの中には、生後一ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間や睡眠サイクル...

【赤ちゃんウエア】3ヶ月の赤ちゃんの肌着の種類と選び方

赤ちゃんが生後3ヶ月になると、今まで着ていたサイズの肌着が少し小さくなり、成長を感じるというママも多...

3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と寝ないときの対策・心がけたいこと

3ヶ月頃の赤ちゃんは、新生児の頃に比べるとまとめて寝てくれる時間が長くなります。ですが、まだ大人と同...

赤ちゃんの生後2ヶ月におすすめの服装選びと外出時のポイント

赤ちゃんも生後2ヶ月になると、体も成長しどんどん動きも激しくなってきます。この頃の赤ちゃんには、どの...

1歳2ヶ月の子どものお昼寝と睡眠時間・日中の過ごし方との関係

1歳2ヶ月の子どもの睡眠時間はどのくらいが良いのでしょうか。お昼寝の時間が長すぎると夜の就寝時間...

1ヶ月の赤ちゃんの服装と服の素材について

1ヵ月の赤ちゃんの服装は基本的に0ヵ月の時の服装と基本は変わりません。

服は短肌着の上に長肌着を重ねて着せるようにします。
さらにその上にロンパースやカバーオールを着せるようにしましょう。

これらは季節によって赤ちゃんに着せる服の枚数は調節しましょう。

1ヵ月になると0ヵ月の頃よりも徐々に足を動かすなど動きが活発になってきます。

その為、肌着はロンパースなど動きやすいものに変えていくとよいでしょう。

赤ちゃんの肌はデリケートなため、素材はなるべく肌に優しいものを選びましょう。

また、赤ちゃんは汗をかきやすいため、吸水性や通気性に優れた生地が好ましいです。

その為、素材は綿100%のものが好ましいです。
ガーゼ生地やタオル生地は赤ちゃんの肌には優しくお勧めです。

1ヶ月の赤ちゃんの寝るときの服装

1ヵ月の赤ちゃんは、まだ大半が寝て過ごすので室内で過ごすことがほとんどです。

室内はなるべく適温にして赤ちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう。

そうした上で季節に合わせて赤ちゃんの服の枚数を調節してあげてください。

先ほども述べましたが、基本的には短肌着の上に長肌着、さらにカバーオールを着せるという順番です。

赤ちゃんは足の裏や手のひらで温度調整をするので、靴下や手袋は基本的には着用しなくて大丈夫です。寝る時はベビー用の掛布団をかけてあげてください。
冬の場合はスリーパーなどを着せて調節してあげるのもよいでしょう。

夏の場合は部屋の温度によって肌着だけでよい場合もあります。

あまり着せすぎると汗をかいてあせもや湿疹の原因にもなってしまうので気を付けましょう。

ただ、肌着の上からはおくるみやタオルなどを1枚かけてあげた方が良いでしょう。

1ヶ月健診で赤ちゃんとお出かけするときの服装

赤ちゃんを連れて外出するのは1ヵ月健診が初めてだという人も多いでしょう。

季節によって服装は違ってきますが、基本的には肌着の上にカバーオールを着せてあげ、気温に合わせてさらに重ね着をさせるようにしましょう。

カバーオールも様々で、夏用は半そでの涼しいものを選ぶようにしましょう。
ただ、病院内はクーラーが聞いていて寒い場合もありますので、おくるみや1枚羽織れるものがあると安心です。

冬用のカバーオールも生地が暖かいものも売っています。
外出の場合はさらにその上にアウターを着せて暖かくしてあげた方が良いでしょう。

赤ちゃんは気温に影響されやすく、あっという間に体が冷えたり暑くて汗をかいてしまう場合があります。そのため、なるべく赤ちゃんのとりまく気温を意識して服装を脱ぎ着させるようにしてください。

1ヶ月の赤ちゃんと外出するときはコレがあると便利

1ヵ月の赤ちゃんと外出する場合、まだ一緒に外出することに慣れていないので何が必要なのかわからないですよね。いろいろ持っていけば安心なのですが赤ちゃんも一緒なので、荷物はなるべく少なくしておきたいところです。基本的には赤ちゃんのおむつと授乳関連のものがあれば安心です。

まず、おむつ用のポーチを準備しましょう。

中にはおむつ数枚とおしりふき、使用済みのおむつを入れられる袋、おむつ替えシートを入れておきましょう。

そして、授乳関連のものとしては授乳ケープがあるといざという時に役立ちます。
ミルクの場合は、哺乳瓶と粉ミルクを持ち歩くようにしましょう。
ファミリー層向けのショッピングモールや病院であればお湯がもらえる場合がありますので、お湯は持ち歩かなくてもよいでしょう。

もし心配な場合はポットなどにお湯を入れて持ち歩くとよいでしょう。

はきもどしやよだれをふくとるためにガーゼハンカチやタオルは常に持ち歩いた方が安心です。

それらがあれば基本的には問題ありませんが、いざという時のために着替えもあるとよいでしょう。

肌着セットの内容としては、肌着、カバーオール、スタイ、靴下、ガーゼハンカチなどを一式そろえておくと安心です。

荷物に余裕がある場合は、おくるみが1枚あるといざという時に体温調整ができるので持っていくとよいでしょう。

1ヶ月の赤ちゃん健診など外出ではできるだけ無理をしない

1ヵ月の赤ちゃんの外出は赤ちゃんにもお母さんにもかなり負担がかかります。

赤ちゃんは外気に慣れていないので外の環境に違和感を感じて不安になるかもしれません。

また、風邪などを引かないかと不安にもなってしまいますよね。
そのため、赤ちゃんの外出はなるべく短く済ませた方がよいです。

また、お母さんも産後のダメージがまだあるので、無理をしてはいけません。

一人で赤ちゃんを連れての外出は負担が大きいでしょう。

1ヵ月の赤ちゃん健診に行く場合などは、自分だけでなく助けてもらえる大人がもう一人いると助かります。できることなら配偶者や両親などと一緒に行くのが好ましいです。
なるべく赤ちゃんとお母さんの体に負担がかからないような交通手段を選んでください。
自家用車だと赤ちゃんのお世話などの対応も自分のペースでできるので安心です。