6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由を考えて前向きになれる工夫を紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんは急に奇声をあげて叫ぶことがあります。そんな赤ちゃんの行動に心配してしまうお母さんも多いでしょう。

そこで、生後6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由や叫ぶのを止めたいときの工夫などお伝えしていきましょう。

赤ちゃんは叫ぶのは気持ちを伝えていることでもあり、成長の証でもあります。
ぜひ参考にお母さんは前向きに捉えて対応してあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

虫除けは自分で作れる?赤ちゃんにも使える手作り虫よけ剤

夏場の暑い季節には虫の存在が気になります。赤ちゃんがお家にいる方は、虫よけ剤を使用したいけど、市販品...

冬の赤ちゃんとのお出かけで準備しておきたい防寒アイテム

冬に赤ちゃんと一緒にお出かけする時には、防寒のためのアイテムが必要です。気温が下がり、冬本番にになる...

夜泣きで起きない旦那へのイライラ対策!二人で一緒に育児しよう

赤ちゃんが生まれると、夜中のお世話や夜泣きでママがぐっすりと眠ることができない時期があります。...

赤ちゃんの食事のしつけはいつから?食事マナーについて

赤ちゃんの食事のしつけはいつから始めたらいいのでしょうか。できるだけ早いほうがいいのでしょう...

女の子の赤ちゃんはかわいい服がいっぱい!女の子育児の楽しさ

赤ちゃんは性別を問わずかわいいものですが、第一子なら女の子?男の子?と聞くと、ほとんどのママが女の子...

毎日がイライラ、子育てでストレスを感じたら

仕事には休みがあっても、子育てには休みがなく、毎日イライラしているママは数多くいます。しかし、子...

1歳のイヤイヤ期、ひどいイヤイヤが始まる理由と対処方法

2歳はイヤイヤが始まる時期と耳にしますが、1歳半頃からイヤイヤが始まることもあります。まだま...

赤ちゃんの気になる奇声の原因や理由別のおすすめ対処法を解説

赤ちゃんが突然キーキーと大きな声を上げると驚いてしまいますよね。1回だけならまだしも、気に入って...

夜泣きにイライラしても怒鳴るのはやめよう!上手に乗り切るコツ

赤ちゃんの夜泣きにイライラしてしまい、つい怒鳴ることもあるかもしれません。しかし、怒鳴ることで赤...

1歳4ヶ月の子どもの生活リズムと子育てのポイント・注意点

1歳になると生活リズムも整い、大人と同じような生活ができるようになってくるので、子育てをする両親の負...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きる理由と対処方法について

3ヶ月になると夜中に起きることが少なくなるのでは?徐々に伸びていくる赤ちゃんの睡眠時間ですが、赤ちゃ...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方について

生後7ヶ月の赤ちゃんは、生後間もないときの授乳と睡眠を繰り返す時期とは違い、睡眠にもリズムができ...

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

9ヶ月の赤ちゃんの奇声への対処法を紹介!理由や大切なこと

生後9ヶ月の赤ちゃんになるとだんだん声も大きくなってきて、奇声をあげることもでてきます。そんな赤ちゃ...

生後6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶのは成長の証

生後6ヶ月の赤ちゃんが突然叫びだしたら、誰でもびっくりしますし、その後はどうしたんだろうと心配になりますよね。ですが、その赤ちゃんの叫びはよくあることなのであまり心配することはありません。
反対に、赤ちゃんの成長の証として受け取ることもできるので喜ばしいことです。

叫ぶことで6ヶ月の赤ちゃんはどんな事を感じている?

まずは、単純に声を出すことを楽しんでいます。
耳がよく聞こえてくるので、自分が出した大きな叫び声を聞くことも楽しんでいるのです。
できることが増えると嬉しいのは赤ちゃんも同じです。
突然叫ぶのは赤ちゃんが楽しいからなのです。

6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由はそれだけではありません。

生後6ヶ月の赤ちゃんだとおしゃべりすることができません。
ですので、叫ぶことでママやパパに合図を送っています。
「抱っこしてほしい」「こっちに来て遊んでほしい」など理由は様々です。
ただ単に興奮していて叫んでいるときもありますよ。

もし、赤ちゃんが叫びだしたなと感じたらどうしたの?と近づいてあげましょう。
それで叫ばなくなるのであればママを呼んでいた証拠です。
叫ぶのが止まらない時には、ただ一人遊びして楽しんでいるだけだったのかもしれませんね。

6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶときにニコニコしているなら問題なし

生後6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶのは成長の証とご紹介しましたが、言葉を話せない分叫ぶ事で自分の気持や状態を表現していることもあります。眠いけど上手に眠れない、疲れているなどのときは泣くだけではなく一緒に叫びながら泣くことも多いです。
また、赤ちゃんはデリケートですので、ママの姿が見えなくなったり知らない場所に連れて行かれたときなどにも不安の表れから叫ぶこともあります。

そういった場合には赤ちゃんが落ち着くように、抱っこしたりあやしたりして落ち着かせてあげましょう。

中には理由がわからなくどう対応していいか悩む叫び声もあると思います。
そういった時には赤ちゃんの表情を確認しましょう。
上記のように眠い疲れたなどの場合は、泣いたりしているので表情も暗いものと思います。

しかし、ごきげんな表情であったりニコニコしていて楽しそうな場合には何の問題もありません。
ですので、叫んでいてもなにも心配に感じることはありません。
楽しくて叫んでいるんだなと温かい目で見守りましょう。

思い通りにならずに6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶのは自我の芽生え

6ヶ月の赤ちゃんは自我の芽生えとともに、叫ぶ回数が多くなることもあります。

それは、自分の思い通りにならないことから叫ぶのです。

例えば、遊びたいおもちゃが近くにない時に叫んだり、まだ遊んでいたいのにお風呂に入れられたなどです。
こういった自我の芽生えが原因で叫ぶ時にはその理由を見つけにくいです。
不機嫌そうだけどどうして叫んでいるのだろうと悩むと思います。

そういう時にはいつもと違う点を見つけたり、どんな時に叫ぶ時が多いのかなど考えてみるとわかることもあります。

また、自宅では問題ありませんが電車や公共施設など大きな声で叫ぶことが良くない場所の場合には、きちんと注意しましょう。
注意とは言っても、怒る必要はありません。
口元に人差し指を1にして持っていき「シーだよ」と教えてあげます。

その後に、静かにしなければいけない理由をしっかりと伝えます。
言葉も話せない赤ちゃんに注意する必要はあるの?きちんと伝わっているの?と疑問に思う人もいるでしょう。
しかし、ママやパパがきちんと教えてあげることで、叫ぶ回数が減ったりする可能性もあります。
赤ちゃんだから仕方ないと何も言わないよりも、6ヶ月の赤ちゃんでもしっかりと接してみましょう。

赤ちゃんの奇声に疲れたときはリフレッシュも必要

あまりにも赤ちゃんの奇声が続いてしまうと、一日中一緒にいるママもどうしたらいいんだろうと落ち込んでしまうこともあるでしょう。叫び声や奇声は大きいので、自分自身もびっくりしたり対応したりしていると疲れますし、周りへの迷惑などを考えると辛いなと感じることも多くなります。奇声をあげた時にはそれに対して対応することはできますが、叫ぶ前に対処することは難しいです。
赤ちゃんの成長過程で誰でも通る道ですので、あまり深く考えずにすごしましょう。

そうは言っても一緒にいる時間が長いと気が滅入ってしまうので、たまには一人で出かけるなど気分転換するのがおすすめです。
実家や旦那さんにお願いして、普段行けないところやゆっくり休めるところに出かけるのです。
そうすることで、気持ちも新しくなりまた明日から頑張ろうと思えたり、奇声にイライラする事も少なくなるでしょう。

赤ちゃんのためにもママのためにもリフレッシュは大切です。
一人で出かけることに引け目を感じずに、思う存分気分転換しましょう。

赤ちゃんが大きい声を出せるようになったことを喜びましょう

大きな叫び声が続くと周りへの迷惑を考えたり、ママ自身もその状態が続くと疲れてしまいますよね。赤ちゃんが安心して落ち着けるように、またママもゆったりとした気持ちになれるように赤ちゃんとスキンシップをとってみましょう。
抱っこしたり、両手をつないでみたり、ギュッとするのもいいでしょう。
スキンシップは普段の生活で意識するとたくさん取ることができます。
オムツ替えの時にお腹をさすってあげたり、こちょこちょしてみるだけで1日に何度もスキンシップタイムがうまれます。
または、お母さんの歌に合わせて、手や足を持って動かしてあげるのもおすすめです。
赤ちゃんの顔を見つめたり、表情を確認しながらすることができればよりいい時間となります。

赤ちゃんの叫び声に悩まされている人も多いと思います。

しかし、それは赤ちゃんの成長の立派な証です。

あんなにか弱かった泣き声からこんなに大きな声を出すことができるようになったんだと前向きにとらえましょう。どんどん成長して話せるようになると、喜びを叫んだり奇声で表現することもなくなるので大変だと思っていた今の時期も懐かしく感じるでしょう。