赤ちゃんの食事のしつけはいつから?食事マナーについて

赤ちゃんの食事のしつけはいつから始めたらいいのでしょうか。

できるだけ早いほうがいいのでしょうか?それとも、スプーンを上手に掴めるようになってから?

赤ちゃんの食事のしつけは、残さずに食べるや汚さずに食べるということではなく自分で食べることを目標にしてみましょう。食べることができたら褒めてあげてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

豚ひき肉を離乳食に使うなら下ごしらえをしておくと便利

離乳食に豚ひき肉を使うときにはどのような下ごしらえが必要なのでしょうか?鶏肉よりも油がでやす...

二ヶ月赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方・寝かしつけ方法

二ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘しているママの中には、赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠サイクルについて知り...

【離乳食】10倍がゆをご飯から電子レンジ・鍋・炊飯器で作ろう

赤ちゃんが生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始する時期がやってきます。初めての子育ての場合、離乳食...

赤ちゃんが産まれるまでにしておきたいこと、やるべきこと

先輩ママが産後思うのが、「赤ちゃんが産まれるまで〇〇しておきたかった、やるべきだった」ということ。...

1歳4ヶ月の子どもが起こす癇癪の原因と対処法・言葉の掛け方

一般的に2歳~3歳の頃にピークを迎えるといわれている癇癪ですが、早い子では1歳を過ぎた頃から始まりま...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方について

生後7ヶ月の赤ちゃんは、生後間もないときの授乳と睡眠を繰り返す時期とは違い、睡眠にもリズムができ...

11ヶ月の赤ちゃんの睡眠問題、寝ぐずりや夜泣きの理由と対策

11ヶ月になると次第に赤ちゃんの生活リズムが整ってきます。お昼寝も1日1回になったり、睡眠時間も...

赤ちゃんが寝る時の布団、寒暖差が激しい秋の布団の枚数と選び方

赤ちゃんの布団は季節に合わせて枚数や種類を選ぶことが大切ですが、寒暖差が激しい秋はどんな布団がいいの...

生後8ヶ月の赤ちゃんの生活リズムとおすすめの遊び・関わり方

初めての子育てをしていると、日々成長する我が子に追いつくことが出来ず、正しい関わりが出来ているのかわ...

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝る時間には個性がある

生まれてからの1年間くらいは赤ちゃんが著しく成長するときです。どんどん成長していく我が子に喜...

1歳4ヶ月の子供は昼寝が必要?寝ないときの対策と昼寝の考え方

1歳4ヶ月のお子さんを育てているママの中には、子供が昼寝をしないことに頭を悩ませている人もいるのでは...

赤ちゃんが口をブーブーさせたりするのには、こんな意味が

赤ちゃんを観察していると、不規則に腕や足を動かしたり、表情も色々な顔を見せてくれます。その中でも...

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

新生児用の肌着は赤ちゃんにいつまで着せるのか紹介

赤ちゃんが生まれる時に用意するもののリストには、肌着が含まれていますよね?新生児用の肌着には、短...

いつから赤ちゃんの食事のしつけを始める?まずは食べることを優先

食事の目的はしっかりと栄養を身体に取り入れることです。
まずは細かいマナーにこだわらず「食べる」ことを優先して、しっかりと食事の量を食べられる身体作りを目指しましょう。
但し、食事中は座るものだということは身体で覚えさせておくと後々の躾が楽になります。

食事の時間は赤ちゃんが脱出できないような椅子に座らせるようにしましょう。

自分でスプーンやフォークを使えるようになるまでは親が食べさせてあげるか、自分で手づかみで食べさせます。手づかみで意欲的に食べさせる事は大切ですが、食事はカトラリーを使用して食べるものである事も知らせておく必要があります。
スープやライス等手づかみできない料理は親がスプーン等を使用して口に入れて与えると、子供は食事をする際にはスプーン等を使用するものであるという事を理解します。
食事は身体を作る大切なエネルギー源です。赤ちゃんの小さい身体がどんどん大きくなるために良質の栄養が摂られるように、とにかくもりもり食べるようになることが大切です。
マナーにこだわって指導するあまり赤ちゃんが食べることが嫌いになってしまわないように気をつけましょう。
しかし、食事は1日3回生きている限り食べ続けるものです。

毎日3回もあるので食事の度にストレスにならないように立って歩かないなど食事に関する基本マナーは赤ちゃんのうちから確立しておきましょう。

赤ちゃんに食事のしつけをするときのポイント

赤ちゃんに食事の時間を意識させて「今は食べる時間である」ということをしっかりと理解させることが大切です。

そのためには、食事の準備をしてあかちゃんに「これから食事の時間が始まる」ということを知らせます。赤ちゃんにエプロンを見せて「さあごはんを食べますよ。エプロンをつけようね」などと声かけをしてエプロンをつけます。食事に必要なスプーンやフォークなどのカトラリーを並べ、食事を置いたら「いただきます」と言います。

親が毎回「いただきます」と言っていると赤ちゃんもまねをして言うようになります。

食事の時間はとにかく立たせないようにしましょう。赤ちゃんが脱出できないようなテーブル付きの椅子に座らせたりして、食事中は立たせないようにしましょう。

飽きてくると周囲にあるものに目が行き始めます。周囲にあるおもちゃなど余計な物は全て片付けて食事だけがある状態にしましょう。

赤ちゃんの食事のしつけは押し付けないことが大切

赤ちゃんのうちは遊び食べをするのが当たり前です。

大抵の赤ちゃんはするでしょう。

初めて出た食べ物などはどんな物なのか確認するためにも手で触って撫で回したりテーブルにぶつけてみたりと大人から見ると「行儀の悪い行為」をします。しかし、目くじらを立てて注意すると赤ちゃんは食べる意欲を失ってしまいます。「食べ物を確認しながら食べているのだ」と大らかに見守りましょう。

食べ物をポンと投げるのは、もういらないか、投げる事を楽しんでいるのでしょう。

投げて飛んでいく様子が面白いのは分からなくもありません。そんなときも「こら!投げたら駄目だよ!」と叱らずに「食べ物は投げてはいけませんよ」と普通の声で言い聞かせて教えましょう。
また、怒らなくても「あらら!いや~食べ物投げないの!」など高い声で対応していると母が喜んでいると勘違いしてもっとやる場合があります。低めの声で冷静に「投げないんだよ」と言葉少なく言うなど遊んでいる雰囲気が出ないように気をつけましょう。

まだ分かっていないので様々な行動を取ります。よい行動をした時にはニコニコと笑顔で褒め、してはいけない行動をした時には怒らずに根気よく教え続けましょう。

ついうち気になってしまう赤ちゃんの食事正しいサポートの方法

赤ちゃんのうちはまだ自分で食べられないので親が食べさせてあげなければ…と気負う方は多いでしょう。しかし、食事は自分で食べるものです。「赤ちゃんのうちは食べさせてあげなければ」ではなく「食べようとしているけれど上手く口に入れられないので手伝う」という気持ちで構えているとよいでしょう。

折角用意した食事は全て食べてほしいと思いますが、食べさせてばかりいると自分で食べる意欲が減退していきます。赤ちゃんのうちは食事を自分でするのは大変な労力が必要です。親が常に口に入れてくれていると、赤ちゃんはそれに慣れて食事は食べさせてもらえるものと思ってしまいます。そうなると大変です。親はそのうち自分で食べるようになるだろうと考えていてもその日はなかなかやってきません。

我が家ではまさにこの失敗をしてしまいました。栄養が大切と食事を全て食べさせていたらいつまでたっても自分で食べずに、口に入れると食べるという状態になってしまいました。8歳になった現在、学校の給食などは自分で食べていますが、自宅ではなかなか自分で食べません。放っておくとずっと食べないで終わります。口に入れると食べます。
「自分で食べなさい」と毎日言っていますがさっぱり改善されません。

自分でもりもり食べる赤ちゃんは食事を出すだけでよいのですが、我が家の子供のように食事に対する関心が薄いタイプの赤ちゃんは注意が必要です。親がずっと食べさせていると大きくなっても自分で食べなくなってしまうので、とにかく自分で食べるように仕向けることが大切です。

周囲のお母さんの話を聞いていると、自分で食べない場合には思い切って食事を下げてしまうという強硬手段が有効なようです。「今食べないと本当に下げられる」という体験をさせると自分で食べるようになります。
ただ、一口食べさせると美味しいと気に入って自分で食べるようになるようになる場合もあります。料理の味を知らせるためにまずは一口食べさせてみるのもよいでしょう。

赤ちゃんが食事に慣れてきたら始めたいしつけ

食事の前と後のあいさつは食事を与え始めた時から親だけでも言うようにします。赤ちゃんが食事に慣れてきたら一緒に言うように促していきましょう。

最も大切なのが食事が始まったら終わるまでは立たせないことです。

「まだあかちゃんだから…」と大目に見ていたらそれが続き、食事中着席させるようにしつけるタイミングがなくなります。ある時から突然着席するように指導しても子供は「昨日まではよかったのにどうして急にだめなの?」と理解できないでしょう。それに習慣と言うのはなかなか変えられないものです。赤ちゃんのうちから着席して食べる習慣をつけさせましょう。足が宙に浮くような椅子に座って足をブラブラさせないようにするのも同じです。言っても聞かない赤ちゃんのうちは足がブラブラできない椅子に座らせるとよいでしょう。