3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きる理由と対処方法について

3ヶ月になると夜中に起きることが少なくなるのでは?徐々に伸びていくる赤ちゃんの睡眠時間ですが、赤ちゃんによっては今まで長く寝てくれていたのに夜中に起きるようになってしまったり、夜中に起きる頻度があまり変わらないということもあります。

ママとしては、できるだけ長く寝てもらいたいですよね。なぜ、夜中に赤ちゃんは起きてしまうのでしょうか。

3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間や寝るようになるポイントを紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1歳2ヶ月の子どものお昼寝と睡眠時間・日中の過ごし方との関係

1歳2ヶ月の子どもの睡眠時間はどのくらいが良いのでしょうか。お昼寝の時間が長すぎると夜の就寝時間...

【生後6ヶ月の赤ちゃん】よく寝る子の特徴と寝ない子への対処法

赤ちゃんの睡眠時間には個人差があり、よく寝る子もいれば沢山泣いてママを困らせてしまう子もいます。...

6ヶ月の冬の服装選びのポイント!赤ちゃんも快適でママも楽しい

生後6ヶ月の赤ちゃんがこれから冬を迎えるとき服装の選び方が気になるところ。寒い冬でも赤ちゃんが快...

6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由を考えて前向きになれる工夫を紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんは急に奇声をあげて叫ぶことがあります。そんな赤ちゃんの行動に心配してしまうお母さ...

お風呂で使う赤ちゃんグッズ。入浴が快適になる便利アイテム

赤ちゃんに必要な道具はたくさんのものがありますが、お風呂の時に必要なグッズもいろいろなものがあります...

新生児に布団は必要?夏はこうして布団をかけましょう

新生児の夏の布団はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?新生児用の布団セットを用意したけれど、...

赤ちゃんの睡眠時間が短いのはなぜ?原因と対処法を解説

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますと、睡眠時間が短いのでは?とママは心配になります。新生児~1歳頃...

冬の赤ちゃんとのお出かけで準備しておきたい防寒アイテム

冬に赤ちゃんと一緒にお出かけする時には、防寒のためのアイテムが必要です。気温が下がり、冬本番にになる...

赤ちゃんがすぐに泣く!赤ちゃんが泣く理由をご紹介

知り合いの赤ちゃんを見ていると、よく眠り手がかからないように感じたのに、いざ自分の子供を出産してみる...

冷凍ご飯をおかゆに【離乳食】に便利な作り方やレンジの活用法

離乳食を食べる時期になると、ご飯が食べられるようになった喜びとともに毎日の食事の支度が大変な面がある...

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

赤ちゃんと買い物はいつから?楽しむために大切なポイントを紹介

赤ちゃんとの買い物はいつから行けるのか楽しみなママ。そのために可愛いベビー服や帽子を用意していたりし...

9ヶ月の赤ちゃんの奇声への対処法を紹介!理由や大切なこと

生後9ヶ月の赤ちゃんになるとだんだん声も大きくなってきて、奇声をあげることもでてきます。そんな赤ちゃ...

【二人目出産】上の子は入院中どこで誰に見てもらうのが良いのか

すでに子供がいて、二人目の出産を控えている妊婦さんにとって、一番の心配事は、出産のことよりも二人目出...

【1歳8ヶ月】一日の生活リズムと子供の成長の様子・接し方

1歳8ヶ月のお子さんの子育てに奮闘中のママの中には、同年代の子供の生活リズムについて気になっている人...

3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きるのはこんな事が理由

赤ちゃんのうちはまだ大人のようにまとめて深く眠ることができません。

また、体内時計も確立していないので一日中何度も寝て何度も起きます。

成長とともに睡眠サイクルができてきて夜間に長く寝るようになる

月齢が小さいうちは夜も昼もなく赤ちゃんの世話をしなければならなくてままは寝不足になります。睡眠は人間の3大欲求のひとつで大変強いものなので、それが充分に得られないのは非常に辛いことです。

しかし、ずっと続く事ではないと考えて何とか乗り切るしかありません。
私も子供が夜中も授乳が必要な赤ちゃんの時期が育児の中でももっとも辛い期間でした。
私にとっては寝不足が何よりも辛い事であると実感し、その期間中は人格が変わっていました。パパは大変私を恐れて気遣ってくれました。この期間にパパはできるだけママが寝不足になり怖くならないようにと家の仕事を色々とやるようになったと思われます。

夜中の赤ちゃんの世話の大変さをよくパパに話して聞かせて、できるだけ家の仕事をしてもらうようにしましょう。
夜寝られるようになる日は必ずやってきます。その時がくるまで何とか乗り切りましょう。

夜中に起きる頻度を減らすことはできる?寝る前や起きるときにひと工夫

赤ちゃんはママの事が大好きでママがそばに居ると安心します。ママがたっぷりとスキンシップしてくれると赤ちゃんは安心して心が落ち着きます。

心が満たされて落ち着いていると赤ちゃんはよく眠る

赤ちゃんの顔を見ながら話しかけ、たくさん撫でたり抱っこしてあげましょう。特に夜の就寝前にはしっかりとスキンシップの時間をとり、授乳も充分にしておきましょう。
それと同時に生活リズムをしっかりと作っていきましょう。

朝は決まった時間に起こし、朝食として授乳したりミルクを与えます。お昼寝の時間も一定になるようにしていきましょう。できるだけ午前中や午後の早い時間にたっぷりと寝せるようにして夕方にかからないようにしましょう。

就寝時間もいつも一定を意識する

生活サイクルができてくると自然と夜間にまとめて寝られるようになってきます。

3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きるのはいつまで?睡眠のサイクル

離乳食が始まると腹持ちが良くなり夜中に起きなくなる赤ちゃんが多いようです。

起きる回数が減る目安は6ヶ月頃

6ヶ月までの間は夜中にもお腹がすくので目が覚めるものです。

ただ、6ヶ月よりも前でも夜はずっと寝る赤ちゃんもいれば、お腹の空き具合に関係なく夜泣きを続ける赤ちゃんもいます。

我が家の上の子供は6ヶ月を過ぎた頃から夜間は寝るようになりましたが、下の子供はとにかく夜泣きをしました。

決まった時間に就寝し起床していたのですが、必ずといって良いほど毎晩夜泣きをしました。泣いてもミルクを飲むわけでもなく、ただ泣くのです。本人の意識はないようで、翌朝にはケロッと機嫌よく起床します。その夜泣きは成長とともに減っていきましたが3歳頃まで続きました。

昼間はとても機嫌がよく育て易い子供だったのですが、夜間の夜泣きだけが問題でした。そんな話をすると同じ様な子供は多いようで「そうそう!昼間はとても良い子なのに寝ている間がもう大変」という話を何人かのママから聞きました。
脳が急成長している過程の生理的現象なのか、子供なりに日中に我慢していたりとストレスがあるのかは分かりませんが、これもいずれは収まる事です。ママが夜に眠れる日は必ず訪れます。

母乳の赤ちゃんは夜中に起きる事が多い?辛いなら混合もおすすめ

母乳は消化吸収が良いので腹持ちせずに夜中も起きるという話をよく聞きます。

私は混合でしたが、確かにミルクをたっぷりと飲むと次の授乳までの時間が空いてしまっていました。
母乳が詰まってしまった時にマッサージへ行き解消してもらったのですが、その時に「質の良い母乳を飲ませるためには授乳時間を空けないことが大切である」と教わりました。母乳が溜まった状態で時間が経過すると鮮度がどんどんと落ちてしまうそうです。

常に鮮度の良い母乳を飲ませるためには夜中も必ず起きて授乳させることが大切なのです。

しかし、夜中に起きるのがママにとって非常に負担となる場合には夜間は赤ちゃんが起きない限りは寝てよいと思います。育児ではママが元気であることがとても重要です。

就寝前の授乳時にはミルクを付加して赤ちゃんのお腹を満たし、朝まで寝させるという方法を試してみるのもよいでしょう。

3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きるときには日中に一緒に休みましょう

まだ3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きてしまうのはとても自然な事です。

夜中のお世話が続く間は赤ちゃんと一緒に昼寝をするようにしましょう。

足りないものはどこかで補うのが一番です。夜間に寝られなかった分は昼寝で補いましょう。

私はいつも寝付くまでに時間がかかるのでまず昼寝をしない人でしたが、赤ちゃんの夜中のお世話がある時期には昼寝をしました。疲れていると眠れるものです。赤ちゃんを抱っこしていて赤ちゃんが寝たらそのまま横に転がって寝るとよいでしょう。

夜間に寝ていられない時期は育児の中で最も過酷な時期です。美味しい食べ物を食べたりとママが元気になれる事柄を取り入れて乗り切りましょう。