生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間、生活リズムの作り方と入眠儀式

これまで不規則に起きたり、数時間おきの授乳が欠かせなかった赤ちゃんも、生後7ヶ月になると生活リズムが出来上がってきて、まとまった睡眠がとれるようになります。

ここでは、生後7ヶ月の赤ちゃんを育てているママのために、生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間や生活リズムの身に付けさせ方、寝かしつけの時に役立つ入眠儀式について説明していきます。

赤ちゃんの生活リズムを作る大事な時期ですので、より良い関わりで赤ちゃんに規則的な生活を送らせてあげたいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっ...

生後3ヶ月の赤ちゃんが昼寝をしすぎる?赤ちゃんの睡眠について

初めての赤ちゃんとの生活はわからないことだらけで、ママにとって不安を感じる場面も沢山あることでし...

生後3ヶ月の服装【秋の選び方】赤ちゃんのためのポイントを紹介

生後3ヶ月の赤ちゃんの服装は秋になるとどんな着せ方をしたらいいのか悩みませんか?気温が下がる秋は...

4ヶ月の赤ちゃんの昼寝時間と回数・寝かしつけの方法を解説

4ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中の新米ママの中には、赤ちゃんの昼寝の時間が短いのではないか、お昼寝を...

3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と寝ないときの対策・心がけたいこと

3ヶ月頃の赤ちゃんは、新生児の頃に比べるとまとめて寝てくれる時間が長くなります。ですが、まだ大人と同...

幼児がすぐに怒るのはどうして?怒るときの対処方法について

幼児がすぐに怒るのときにはどのような対応をしたらいいのでしょうか。何度も同じことを繰り返したり、大人...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

1歳4ヶ月の睡眠時間の理想的な時間と整えるための工夫を紹介

1歳4ヶ月になると睡眠時間はどのくらいの時間が必要なのか気になります。家庭の事情などによっても夜...

1歳2ヶ月の子どものお昼寝と睡眠時間・日中の過ごし方との関係

1歳2ヶ月の子どもの睡眠時間はどのくらいが良いのでしょうか。お昼寝の時間が長すぎると夜の就寝時間...

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

3ヶ月の赤ちゃんの寝る時間について学び育児に活かそう

3ヶ月の赤ちゃんはまだまとまって寝ません。夜中に何度も起きてしまうのはお母さんも辛いです。...

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝る時間には個性がある

生まれてからの1年間くらいは赤ちゃんが著しく成長するときです。どんどん成長していく我が子に喜...

ベビー服の収納に便利なハンガーラックとおすすめの収納術

出産を控えた妊婦さんにとって、キッズスペース作りはお腹の中の赤ちゃんの成長と同じくらい楽しみなことの...

3ヶ月の赤ちゃんが寝ないとお困りのママへ。寝かしつけのコツ

赤ちゃんも生後3ヶ月になり、今までよりは良く寝てくれるようになってくれるかなぁと思っているママもいる...

赤ちゃんの睡眠時間が短いのはなぜ?原因と対処法を解説

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますと、睡眠時間が短いのでは?とママは心配になります。新生児~1歳頃...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠の特徴

生後7ヶ月の赤ちゃんは睡眠サイクルが整いつつある真っ只中で、かなり夜間にまとめて寝られるようになっています。

この時期から夜間は1回も起きないで寝るという赤ちゃんもいます。

生まれたばかりの頃は昼間でも寝ている時間が長かったのがだんだんと短くなり、昼間では起きている時間の方が長くなります。

お昼寝として午前と午後に1回ずつ睡眠をとるスタイルに安定していきます

生後7ヶ月の赤ちゃんに必要な睡眠時間は昼寝と夜間を合わせて14~16時間程度と言われています。夜間で12時間程度、昼寝で3時間程度の睡眠を目安にするとよいでしょう。
就寝と起床時間がいつも同じ時間帯で、起きている時間にしっかりと体を動かす活動をしていると寝つきがよくなり睡眠サイクルが早く整ってきます。

ただ、睡眠時間には個人差があり発達の速度もそれぞれ異なるので、全ての7ヶ月の赤ちゃんにこの時間が当てはまるわけではありません。赤ちゃんの様子を見ながら成長に合わせて睡眠サイクルを整えていきましょう。

生後7ヶ月の赤ちゃんの1日のタイムスケジュール

生後7ヶ月の赤ちゃんの理想的な1日のタイムスケジュールをご紹介します。

  • 朝は6~7時の間に起床します。朝食として離乳食の後に授乳します。
  • お母さんが家事をしている間は室内遊びをさせ、9時頃授乳して昼寝。
  • 10時から11時半頃まで外を散歩したり室内でも体をしっかりと動かした遊びをさせます。
  • 正午に離乳食と授乳、13~15時まで昼寝。昼寝から起きたら授乳。
  • 18時まではお買物へ出かけたり室内遊びをして過ごします。
  • 18時授乳してからお風呂。絵本を読んだりお父さんとスキンシップしたりして過ごして19~20時の間に授乳して就寝。
夜間は1~2回授乳します。離乳食は朝1回と、2回目は昼食か夕食の用意しやすい方で与えます。

授乳は3時間おきを目安として行いましょう。夜間も2回授乳すると赤ちゃんに常に新鮮な母乳を飲ませることができ、母乳が体に溜まりすぎずお母さんの体調を良い状態で保つこともできます。

授乳の間隔が長く空いてしまうと母乳の鮮度が落ちて赤ちゃんの体調が悪くなる場合があります。また、母乳が溜まると乳腺炎などの原因にもなるので、離乳食が始まって時間を意識して授乳するようにしましょう。

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠トラブル「夜泣き」の対処法

生後7ヶ月では夜泣きをする赤ちゃんが多くいます。
睡眠サイクルが変化している時期なので今まで夜泣きをしなかった赤ちゃんでも突然夜泣きするようになる場合もあります。

夜泣きを解消するためには睡眠サイクルを整える事とストレスを解消させてあげること

睡眠サイクルが整っていないと夜間に良質の眠りを得ることができません。

眠りが浅く何度も目が覚めてしまったり、眠たく疲れているのに目が覚めて眠れない、そういった不快感から泣きじゃくる場合があります。

また、赤ちゃんでもストレスが溜まります。

毎日外をお散歩してストレスをうまく発散させてあげましょう。いくらあやしても泣き止まない赤ちゃんを外へ連れて行くとあっさりと泣き止む場合があります。外の空気には気分転換のための絶大な効果があるのです。

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠や生活リズムを整える方法

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠や生活リズムを整える方法は、起床時間と就寝時間を毎日同じにすることです。

午後の昼寝の時間を早い時間にして長く寝させ過ぎないことも大切

これを守るだけで睡眠サイクルが整い、それに伴い生活リズムも整います。

人の生活の中では睡眠が最も重要

この睡眠の時間が適切な時間帯で一定になると生活全体が健全に安定します。

夜は何がなんでも20時までには就寝させるようにします

そうして朝は7時には起こします。午前中の早いうちに一回目の昼寝を終えたら外を散歩して日光を浴び、できるだけ体を動かさせるようにします。ここでしっかりと疲れると午後の早い時間にお昼寝をします。

午後のお昼寝では15時以降まで寝させないようにしましょう。

そうすると夜は20時までも起きていられなくなります。
子供の成長や体力には個人差があるので、外で活動する時間や昼寝の時間を調節して最適なスケジュールを見つけましょう。

赤ちゃんがすんなり眠りに入るために必要な入眠儀式

なかなか寝付かない赤ちゃんには入眠儀式を作って毎日それをすると寝る…という習慣をつけてあげましょう。
絵本を読んであげたり、子守唄を歌ったり、決まった音楽を効かせる、マッサージをするなど赤ちゃんがうっとりとする事柄を選んで行うとよいでしょう。

おすすめは絵本を読んであげる事

ゆったりと幸せな内容の絵本を読んであげるとよいでしょう。お母さんもゆったりと幸せな気持ちで読んであげる事が大切です。

お母さんがリラックスしていると赤ちゃんもリラックスできてスムーズに眠りにつくようになります。
子守唄や音楽を効かせる場合にもゆったりと美しい音色のものを選びましょう。

子供が好きだからと楽しい音楽を選ぶと喜んで気持ちが高揚してなかなか寝付きません。