生後11ヶ月の赤ちゃんが奇声を発するのはなぜ?理由と対処方法

生後11ヶ月頃、1歳を迎える少し前に急に赤ちゃんが奇声を発し始めることがあります。

ママにとっては急に奇声を発すると、赤ちゃんになにかあったのでは?と、心配になることでしょう。

しかし多くの場合は、奇声を発しても心配がありません。ここでは奇声をあげる理由について、ママの対処方法についてご紹介をいたします。また病院へ連れて行ったほうが良い場合についても紹介をしていますので、参考になさってください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

夜泣きにイライラしても怒鳴るのはやめよう!上手に乗り切るコツ

赤ちゃんの夜泣きにイライラしてしまい、つい怒鳴ることもあるかもしれません。しかし、怒鳴ることで赤...

2ヶ月の赤ちゃんはどんな一日を過ごす?【睡眠・授乳・外出】

2ヶ月の赤ちゃんの子育てをしているママの中には、生後2ヶ月頃の赤ちゃんはどんな一日を過ごしているのか...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

春の赤ちゃんの服装!快適に過ごせる選び方のポイントやコーデ

春は気温の変化が激しいので赤ちゃんの服装選びにも悩むもの。室内ではまだ暖房がきいていることもあれ...

6ヶ月の赤ちゃんの過ごし方、日中の家での過ごし方とポイント

生後6ヶ月になる赤ちゃんは日中どんな過ごし方をするのか、これについて今回はご紹介したいと思います。...

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

豚ひき肉を使った離乳食。手づかみ出来るおすすめレシピや作り方

お子様の離乳食は順調に進んでいますか?離乳食が進んでいくと食べることが出来る物が増えていくので楽...

4ヶ月の赤ちゃんはどんなスケジュールを送っているのか知りたい

赤ちゃんが4ヶ月になり、少しだけ育児にも慣れてきたと感じる頃だと思います。ですが、中には新生児の...

プールに赤ちゃんを入れるならいつからがベスト?目安となる月齢

プールに赤ちゃんを入れたいけど、いったいいつから入れるの?今回はこの疑問についてお応えしたいと思いま...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方について

生後7ヶ月の赤ちゃんは、生後間もないときの授乳と睡眠を繰り返す時期とは違い、睡眠にもリズムができ...

1歳児のお昼寝時間と回数!寝ないときの対処法と寝かしつけ方法

1歳の子供の子育てをしているママの中には、子供のお昼寝時間が不規則なことに悩んでいる人もいるのではな...

【離乳食】10倍がゆをご飯から電子レンジ・鍋・炊飯器で作ろう

赤ちゃんが生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始する時期がやってきます。初めての子育ての場合、離乳食...

2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっ...

生後11ヶ月の赤ちゃんが奇声を発する理由について

まだまだかわいらしい赤ちゃんが急に奇声をあげるとびっくりしてしまうと思います。中には、奇声を聞いて心配になってしまう方もいると思います。私も、一人目の子供の時は初めて聞いた奇声にとても驚きどうして奇声をあげるのかと心配になり調べた経験があります。

赤ちゃんが奇声をあげる理由

しかし、ほとんどの場合が心配ありません。

赤ちゃんだった頃を思い出してみてください。

はじめは「うー」「あー」といったように声を出すことから始まったと思います。

そこから、まわりの音の刺激を受けて少し話せる言葉が増えてきて自分の声を認識するようになります。

自分の声を認識するようになると声の大きさや反響の仕方の違いにも気づくようになり声を出すことが楽しく感じることもあります。急に大きな声を出すと奇声を発しているように感じますが、自分の声の出し方を認識した成長の証なのです。

生後11ヶ月の赤ちゃんの奇声にはこんな理由も

奇声をあげるタイミングがバラバラで戸惑うこともあると思います。

生後11ヶ月頃の赤ちゃんだと色々なことを感じ感情も豊かになります。

生後11ヶ月の赤ちゃんが奇声をあげるには色々な理由が考えられます。

自分の意思表示

例えば、おもちゃなどを手に持ち遊んでいる時など上手くいかなかったり、お腹が空いてきたなど自分の意思や要求がある時に奇声をあげることがあります。

不安を感じたとき

普段と違う環境だったり、初めて行った場所など赤ちゃんからすると不安や戸惑いの気持ちから奇声をあげることがあります。

体の疲れ

まだまだ、体力がついてない11ヶ月ごろでは、眠くなってきたり遊び疲れから奇声をあげることがあります。

まわりの反応

自分が奇声をあげたことで、まわりの大人など周囲の人達がどんな反応をしているのかをみたり楽しんでいることもあります。

生後11ヶ月の赤ちゃんの奇声の対処方法

自宅以外の場所で奇声をあげた時は親もドキドキ、ハラハラしてしまうと思います。

生後11ヶ月の赤ちゃんが奇声をあげた時のそれぞれの状態に合った対処方法

イライラなどの意思表示

自分の思った通りにならなかったり、お腹が空いてイライラしている時はまず赤ちゃんのその時の感情を代弁してあげるように話すと良いです。

例えば、「このおもちゃが欲しかったんだね」「お腹すいたからミルクが欲しかったんだね」など優しく語りかけてあげます。

不安な気持ちからぐずっている時

まずは、安心させてあげることです。
優しく抱きしめてあげます。それでも落ち着かない場合は他のことや好きな遊びをして不安な気持ちを和らげてあげると良いです。

疲れて眠くなったときなど

眠いときは赤ちゃんの好きな音楽や絵本などで気持ちを落ち着かせてあげたり、抱っこやゆりかごで揺らしてあげたりすると良いです。
普段から、お昼寝や夜の寝る時間を出来るだけ毎日同じ時間にしてしっかり睡眠できる時間をつくっておくと良いです。

反応を楽しんでいとき

奇声をあげたら、口の前に人指指を出し「シーだよ」と大きい声を出さないように教えてあげます。
その後、好きな遊びなどを一緒にしてあげることで他の事に集中させます。

赤ちゃんの不安を取り除くおすすめグッズ

赤ちゃんはまわりの環境でまだまだ不安に感じることも多い時期です。

普段から、奇声をあげたり不安そうにしている時には親と赤ちゃんの体が密着すること、抱きしめてあげることで落ち着くことが多いです。

しかし、家事などもあり育児の他にもやることが多い、または外出時などずっと抱きしめているのは疲れてしまいます。

そこで、あると良いのが抱っこひもやスリングです。私はおさがりで頂いた抱っこひもと自分で購入したスリングを使い分けていました。同じように感じますが密着具合が少し違います。

抱っこひも

夏のように熱い時期に長時間抱っこしていてはお互いが汗だくになり暑くてよけいにぐずってしまいます。
そういった時は、抱っこひもを利用していました。

スリング

私は新生児から使える物を使っていましたが、こちらは1枚の布で覆われているようにできているので、赤ちゃん特有の包まれることで落ち着くという環境に近いです。

こちらの方が、より密着して赤ちゃんの体も少し丸まるため眠くなるのが早くすぐ寝ることが多かったです。

赤ちゃんの奇声、いつもと違う症状がある場合は病院へ

上記のように、色々な方法で奇声をあげた時の対処をしてもおさまらなかった時や不安の感じることが多い時は病院へ行って相談するのもひとつの方法です。

しかし、奇声をあげることはよくあることです。

また、ハッキリとした理由がわからないこともありますが、悩みを抱えたまま、お子さんと接していくのは不安な気持ちになってしまうこともあると思うので一度受診してみると良いです。また、病院を受診するのが不安な時は市町村の子育てに関することを相談できる所や保健師の方に症状を相談してみることもできます。