9ヶ月の赤ちゃんの奇声への対処法を紹介!理由や大切なこと

生後9ヶ月の赤ちゃんになるとだんだん声も大きくなってきて、奇声をあげることもでてきます。そんな赤ちゃんの奇声について悩むお母さんもいるでしょう。

そこで、こちらでは生後9ヶ月の赤ちゃんの奇声について理由や対処法などお伝えしていきましょう。

赤ちゃんの奇声にうまく対応できても、あまりに続くとお母さんも参ってしまうかもしれません。ぜひ参考に上手に赤ちゃんの奇声と向き合っていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2歳8ヶ月の子供のイヤイヤ、癇癪の理由や対処方法をご紹介

子供には1歳半から2歳にかけて、イヤイヤ期が訪れると耳にします。しかし中には意外と大きなイヤイヤ期が...

産後の過ごし方・無理は禁物!二人目が生まれたあとの育児と家事

現在二人目のお子さんを妊娠中のママの中には、産後の過ごし方に不安を感じている人もいるのではないでしょ...

二ヶ月赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方・寝かしつけ方法

二ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘しているママの中には、赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠サイクルについて知り...

妊娠中の上の子の抱っこ事情!赤ちゃん返りも上手に乗り切るコツ

妊娠中の上の子の抱っこについて悩むお母さんもいるでしょう。抱っこはいつまでしてもいいのか、抱っこ...

4ヶ月の赤ちゃんはどんなスケジュールを送っているのか知りたい

赤ちゃんが4ヶ月になり、少しだけ育児にも慣れてきたと感じる頃だと思います。ですが、中には新生児の...

アパートの防音対策・赤ちゃんの出す騒音の種類と対処法を解説

アパートにお住まいの人の中には、赤ちゃんの泣き声や出す騒音でご近所の迷惑になっているのではないかと頭...

赤ちゃんのお世話グッズの中で、便利なものをご紹介

赤ちゃんを初めて育てる人も、二人目以降だという人も、さまざまなお世話グッズを買い揃えます。基本的...

1ヶ月の赤ちゃんの服装とは?寝る時やお出かけの服について

1ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするときにはどのような服装にしたらいいのでしょうか。1ヶ月健診や...

一歳半から始まった夜泣き、泣き叫ぶ我が子を寝かしつけるには

今までは夜すんなり眠りについていたのに、一歳半頃から急に泣き叫ぶほどの夜泣きをすることがあります。...

ハイハイ期の赤ちゃん、9ヶ月の服装は動きやすさを重視

赤ちゃんはどんどん成長をし、大きくなっていきます。用意した服もすぐに着れなくなってしまうでしょう。ま...

1歳がたくさん寝る大切さ。時間を決めた生活は将来にも影響する

1歳は表情や行動も豊かになり、ますます可愛さを感じる年齢です。しかし、毎日一緒にいるママにと...

女の子でも「赤ちゃんの髪の毛薄い現象」が起きてもおかしくない

男の子でも女の子でも赤ちゃんは可愛いですよね。赤ちゃんの特徴の中で、可愛い以外にあるのが、「髪の...

【離乳食】10倍がゆをご飯から電子レンジ・鍋・炊飯器で作ろう

赤ちゃんが生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始する時期がやってきます。初めての子育ての場合、離乳食...

【赤ちゃんウエア】3ヶ月の赤ちゃんの肌着の種類と選び方

赤ちゃんが生後3ヶ月になると、今まで着ていたサイズの肌着が少し小さくなり、成長を感じるというママも多...

豚ひき肉を使った離乳食。手づかみ出来るおすすめレシピや作り方

お子様の離乳食は順調に進んでいますか?離乳食が進んでいくと食べることが出来る物が増えていくので楽...

生後9ヶ月の赤ちゃんの奇声は成長のひとつ

9ヶ月の赤ちゃんといえば、離乳食ももりもり食べ始め、つかまりだちを始める頃ですよね。産まれてからバタバタ過ごしていると、9ヶ月も経った実感が湧かなくて、不思議な感覚になります。成長も著しい中、壁に頭をぶつけたり、転倒したりと心配なことも増えてきました。

9ヶ月頃に突然大声で始まる奇声が心配に思う方は多い

赤ちゃんがなぜ奇声を発するのか、それは声を出せるようになったことを楽しんでいるのかもしれません。

現に、奇声の原因の多くが楽しいからなのです。泣くことでしか意思表示できなかった赤ちゃんが泣く以外で感情を表現していたということであれば、そんなに心配は要らないです。

奇声を意思表示として捉えてみると、少し気が楽なのかもしれません。
奇声という風に考えることで「うちの子大丈夫なのかな」と余計な心配をしてしまいます。

ですが奇声意外に、白目をむいたり手や足をピーンと突っ張っていたりした場合は、痙攣の可能性もありますので、速やかに医療機関を受診しましょう。

怒らずに生後9ヶ月の赤ちゃんの奇声の理由を探ってみましょう

赤ちゃんが急に大きな声を出すようになって戸惑うかと思いますが、ほとんどの赤ちゃんが通る道なので、寛大な心で受け止めるようにしましょう。

奇声の理由を探す

9ヶ月ぐらいになると、ママとの買い物や外出も少しは楽になってきますが、奇声がすごくて周りを意識してしまい、外出もままならないとストレスに感じてしまうこともありますが、叫ぶ期間はには終わりが来ます。
赤ちゃんの叫びなんて可愛いものだった…と感じる日も近いはずです。

赤ちゃんが声を出すことには、何かきっかけがある場合が多いです。

たとえばお気に入りのおもちゃが手から落下した時。
落ちていいることに気付いて欲しくて声を出しているので、おもちゃとママを交互に見たりします。

そのように、行動や表情とも連動していることがよくあるので、赤ちゃんと気持ちを通わせ、原因を探ってみるといいでしょう。

赤ちゃんが9ヶ月頃にあげる奇声には上手に対応しましょう

まずは、原因を探してあげましょう。

楽しいから声を上げることが多いのですが、眠たいときにとてもハイテンションになって叫んでいる場合もあれば、不安がっているときもあります。

不安を取り除いてあげる

不安がっているのに手を差し伸べないことで、余計に不安になってしまことを防ぐため、楽しんでいる奇声ではなく少し無表情な奇声のときは、まず抱っこしてあげてください。ママに抱っこされたり、スキンシップを取ることで気持ちが和らぎ静かになることがあります。

根気よく伝える

声が大きすぎて近所の迷惑になってしまいそうな場合は、「シー」と口の前に指を持っていくことで、だんだんと意味を理解するようになってきますので、繰り返しやって見せてください。

10ヶ月前ごろには、指先を使って器用に遊び始めますので、シーの指はすぐにマスターできちゃいますよ。

赤ちゃんの奇声に悩みすぎずにリフレッシュすること

原因不明の奇声がストレスに

赤ちゃんの奇声は、思っているよりもママの心に響きます。
特に育児疲れが重なっているママや、毎日の家事に追われているママは、奇声を上げる赤ちゃんと対峙しているだけでもつらいときがあるでしょう。

たまには信頼できる人に赤ちゃんのお世話をお願いし、ママがリフレッシュすることが大切ですよ。

赤ちゃんを預けてリフレッシュする場合は、思いっきりリフレッシュしてきてください。
この時期の赤ちゃんは「ママ、ママ」なので、帰宅後は空白の時間を埋めるように甘えてきますので、奇声を上げられても好きにやらせておこう、という思いも一緒につくってきてくださいね!

奇声をあげても落ち着いて赤ちゃんと向き合いましょう

何度注意しても奇声を上げることをやめない赤ちゃんもいます。そのようなときには、怒ってしまっては逆効果で、より興奮状態にさせてしまいますのでやめましょう。

赤ちゃんにどのようなことがおきているのかを探り、冷静に対処することが大切です。

9ヶ月の赤ちゃんが奇声を上げるということは、成長の証ということです。

今は赤ちゃんらしい「キー」という奇声ですが、もっと成長してくるとイヤイヤ期がやってきて、手に負えないぐらいの奇声を聞くようになる日も近いと思います。

早く大きくなって欲しいと思っていたけれど、イヤイヤ期を終えると途端に乳児時代が恋しくなったりします。

今は今しかない赤ちゃんの顔をたくさん見てあげて、この頃はどんなことで悩んだのか、どんなことに手を焼いたのか、赤ちゃんが大きくなったら教えてあげてください。

子どもは、親の愛情に触れると優しく育っていきます。
育児と真剣に向き合うことはとても疲れることが多いと思いますが、今しかない表情を楽しんで過ごしてくださいね。