生後6ヶ月の赤ちゃんの寝る時間には個性がある

生まれてからの1年間くらいは赤ちゃんが著しく成長するときです。
どんどん成長していく我が子に喜びを覚える反面、どんどん変化していく赤ちゃんが不安になってしまうことあるでしょう。
特に初めてのお子様だとわからないことが多くて、不安になりやすいですよね。

赤ちゃんの変化には体格や出来ることの他に、睡眠時間があります。
新生児の時にはとても短かった睡眠時間も成長とともに少しずつ長くなるのが一般的。
ここでは生後6ヶ月の赤ちゃんの寝る時間など、睡眠についてご紹介しますので日々の育児の参考になさってくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後3ヶ月の赤ちゃんが昼寝をしすぎる?赤ちゃんの睡眠について

初めての赤ちゃんとの生活はわからないことだらけで、ママにとって不安を感じる場面も沢山あることでし...

プールに赤ちゃんを入れるならいつからがベスト?目安となる月齢

プールに赤ちゃんを入れたいけど、いったいいつから入れるの?今回はこの疑問についてお応えしたいと思いま...

子供が寝ないとイライラするママへ。すんなり寝かせるための習慣

夜になってもなかなか寝ない子供にイライラしているママも多いと思います。子供が寝てから家事を片付けよう...

1歳のイヤイヤ期、ひどいイヤイヤが始まる理由と対処方法

2歳はイヤイヤが始まる時期と耳にしますが、1歳半頃からイヤイヤが始まることもあります。まだま...

9ヶ月の赤ちゃんの昼寝時間・寝ないときの対策と心がけたいこと

赤ちゃんが9ヶ月になり、昼寝の時間についてのお悩みを抱えているママもいるのではないでしょうか。9ヶ月...

幼児がすぐに怒るのはどうして?怒るときの対処方法について

幼児がすぐに怒るのときにはどのような対応をしたらいいのでしょうか。何度も同じことを繰り返したり、大人...

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

大根を使った離乳食レシピ【初期】保存方法と離乳食の作り方

赤ちゃんの離乳食のスタートが近くなると、離乳食初期の頃は一体どんな食材を食べることができるのか気にな...

生後四ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の特徴と良い睡眠リズムの作り方

初めての育児はママにとってわからないことばかり。新生児期を過ぎて二ヶ月、三ヶ月と子どもが成長して...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

2歳8ヶ月の子供のイヤイヤ、癇癪の理由や対処方法をご紹介

子供には1歳半から2歳にかけて、イヤイヤ期が訪れると耳にします。しかし中には意外と大きなイヤイヤ期が...

生後8ヶ月の赤ちゃんの寝る時間や睡眠・成長・活動の特徴

初めての育児に挑戦中のママにとって、子どもの成長は嬉しいと共にいつも心配や不安と隣り合わせ。赤ち...

新生児用の肌着は赤ちゃんにいつまで着せるのか紹介

赤ちゃんが生まれる時に用意するもののリストには、肌着が含まれていますよね?新生児用の肌着には、短...

女の子の赤ちゃんがブサイクに見えてしまう理由と対処方法

女の子の赤ちゃんなのにブサイクで可哀想…実はそう思ってしまうママは意外と多いのかもしれません。...

3ヶ月の赤ちゃんの成長の様子とママとの過ごし方のポイント

3ヶ月になった赤ちゃんは、生まれたての新生児の頃とはずいぶんと変わり、生活のリズムにも変化が出てきて...

生後6ヶ月の赤ちゃんはどのくらい寝るのか。寝る時間を紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんに必要な睡眠時間は昼寝と夜間の睡眠を合わせて12時間から14時間程度と言われています。

できるだけ夜間にまとめて寝るようにすることが大切

理想的な夜間の睡眠時間と昼寝時間の配分は夜間が10時間から11時間程度、昼寝が2時間から3時間程度です。

ただ、これはあくまでも一般的な目安です。
世の中にはこの一般的な目安時間よりもかなり短い睡眠でも足りてしまったり、反対に長く寝る子供もいます。

一般的な目安はあくまでも目安と捉えるだけにして、実際に赤ちゃんが元気に過ごせる時間寝せてあげることが大切です。

生後6ヶ月頃の寝る時間は赤ちゃんによって違う

必要な睡眠時間には個人差があるのと赤ちゃんの成長発達にはかなり個人差があるので生後6ヶ月の赤ちゃんが皆一律に同じくらいの時間寝る訳ではありません。
生まれたばかりの頃は昼夜関係なく寝たり起きたりしていて寝ている時間が多かったのが半年程度で夜間にまとめて寝て昼寝するという睡眠サイクルになっています。

それでも3歳頃までは昼寝が必要で、5~6歳まで昼寝をする子供もいます。

成長や発達に差があるように睡眠に関しても差があるので、他の子供と比較するのではなく子供自信の様子を見て睡眠時間が適切であるかどうかを判断しましょう。

「起きて活動している間に目が活き活きとしていて元気に活動できている。起きている間の機嫌がよくぐずる事は少ない。寝起きが良い。適切な時間に就寝させるとスムーズに寝る。」というような状態であれば現在の睡眠時間は適切であると考えられます。
睡眠時間が適切でないと「起きている時間でもボーっとしている。昼寝の時間が毎日バラバラで寝る時間もまちまちである。機嫌が悪くぐずることが多い。朝の起床時間が遅かったり起床時に長くぐずる。」などという状態が見受けられます。

生後6ヶ月では眠たい時に我慢して起きているということはないので睡眠不足にはなりません。朝の起床時間と就寝時間が遅かったりバラバラであったり昼寝の時間も一定しないというように睡眠サイクルが全く出来ていない状態になります。

生後6ヶ月の赤ちゃんの寝る時間が短い時に確認したいこと

夜間にしっかりとまとめて寝ることができず寝る時間が短い時には、赤ちゃんの睡眠を知らず知らずのうちに妨げてしまっていないかを確認してみましょう。

夜間に照明をつけていないかどうか

夜間の就寝中は照明を全て消して真っ暗にして寝せましょう。明るいと脳が完全に休まらず夜泣き等の原因にもなります。

夜間にオムツを変えるときや授乳をする時に明るい照明をつけると赤ちゃんは起きる時間と勘違いしてしまいます。

夜間のオムツ換えなどはお尻の部分だけを照らす赤電球等を使用して赤ちゃんの目に光が入らないようにしましょう。

赤ちゃんが少し動いたり声を出した時に起こしてしまっていないか

生後6ヶ月の赤ちゃんは夜間に何度も眠りが浅くなることがあります。その時に動いたり声を出した時に声をかけたり抱き上げてしまうとそのまま目を覚ましてしまいます。まずはトントンしたり撫でるだけでそのまま寝かしつけるようにしてみましょう。

生後6ヶ月の赤ちゃんが夜泣きするなら見直すべきは生活リズム

生後6ヶ月の赤ちゃんはまだ夜間に眠りが浅くなるので夜泣きをする事が多くあります。しかし、生活リズムを整える事で改善できる事も多くあります。

まずは生活リズムを見直してみましょう

生後6ヶ月の赤ちゃんでは就寝は19時から20時の間に、起床は6時から7時の間にさせることが理想的です。

そうして昼寝は昼食の後から始めて15時までに起こすようにしましょう。
必要な睡眠時間を確保する事は大切ですが、昼寝を好きなだけさせると夜の就寝時間が遅くなってしまい睡眠サイクルが乱れる原因となります。

昼寝では15時以降は寝させないようにすることが大切です。

昼寝の時間がどうしても遅くなってしまうという場合には午前中にしっかりと体を動かすような活動をさせるようにしましょう。

外のお散歩も大切です。

午前中にしっかりと体を動かすと疲れるので昼食のあとには寝るでしょう。

外の空気を吸いお日様の光に当たると体内時計が整えられるので夜間にしっかりと寝られるようになります。

毎日の起床・就寝・昼寝の時間を一定にすると、その合間にする遊び時間や外出、お風呂の時間も一定にすることができます。毎日同じ事柄を同じ時間に行っていると習慣として身につき生活リズムが構築されます。

生後6ヶ月の赤ちゃんがぐっすり寝るためにできること

赤ちゃんがぐっすりと寝られるようにするためには、毎日体を動かすような遊びをしっかりとさせる事と外のお散歩が大切です。

就寝中は部屋を暗くして適温に保つ事も大切

赤ちゃんに布団を被せすぎたり厚い就寝着を着せていると暑くてよく眠れない場合もあります。赤ちゃんはとても暑がりなので大人の感覚で布団をかけると赤ちゃんにとっては暑い状態になります。
特にスリーパーは赤ちゃんをすっぽりと覆っているので手足を動かしても出ることができません。

足の部分をファスナーやボタンで留めて足が出ないようにするスリーパーがありますが、赤ちゃんが暑い場合には逃れる事ができない苦痛の品となってしまいます。

スリーパーを使用する場合には足が隠れるようにすそが長くてもファスナーやボタンは開けておいたほうが少し空気が流れて蒸れないでしょう。
寝ている間に暑いと赤ちゃんが夜泣きをする原因にもなり、赤ちゃんも親も大変です。赤ちゃんが快適に寝られるように温度調節には細心の注意を払いましょう。