11ヶ月の赤ちゃんの睡眠問題、寝ぐずりや夜泣きの理由と対策

11ヶ月になると次第に赤ちゃんの生活リズムが整ってきます。お昼寝も1日1回になったり、睡眠時間も決まってくることが多くなるのも、この時期です。

しかし寝る前になると寝ぐずりをしたり、夜泣きをしてしまう場合もあります。ここではそんな11ヶ月の赤ちゃんの睡眠について、また寝ぐずりの理由や対処方法についてご紹介をいたします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後四ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の特徴と良い睡眠リズムの作り方

初めての育児はママにとってわからないことばかり。新生児期を過ぎて二ヶ月、三ヶ月と子どもが成長して...

10倍粥の作り方!鍋・炊飯器を使った失敗しない作り方を解説

赤ちゃんの離乳食は10倍粥から始めることがほとんどです。初めての子育ての場合は、10倍粥をどんなふう...

3ヶ月の赤ちゃんが寝ないとお困りのママへ。寝かしつけのコツ

赤ちゃんも生後3ヶ月になり、今までよりは良く寝てくれるようになってくれるかなぁと思っているママもいる...

生後2ヶ月の赤ちゃんの寝る時間の目安や寝ぐずり対策をご紹介

生後2ヶ月になると、少しずつ赤ちゃんの眠りにも変化が出始め、まとめて寝る時間が増えてきたり、寝ぐ...

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

【赤ちゃんウエア】3ヶ月の赤ちゃんの肌着の種類と選び方

赤ちゃんが生後3ヶ月になると、今まで着ていたサイズの肌着が少し小さくなり、成長を感じるというママも多...

アパートの防音対策・赤ちゃんの出す騒音の種類と対処法を解説

アパートにお住まいの人の中には、赤ちゃんの泣き声や出す騒音でご近所の迷惑になっているのではないかと頭...

2人目育児で感じやすい不安と忙しい2人目育児を乗り切る方法

もうすぐ2人目のお子様が生まれるという方も多いと思います。上のお子様がまだ小さいと、二人目の育児に不...

4ヶ月になると赤ちゃんはママに睡眠時間をプレゼントしてくれる

赤ちゃんはまさに天使です。そこにいてくれるだけで、周りのみんなを癒し笑顔にしてくれます。...

1歳8ヶ月の子どもに昼寝の時間は必要!生活リズムの整え方

1歳8ヶ月のお子さんが昼寝をしないことに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。お昼...

春の赤ちゃんの服装!快適に過ごせる選び方のポイントやコーデ

春は気温の変化が激しいので赤ちゃんの服装選びにも悩むもの。室内ではまだ暖房がきいていることもあれ...

4ヶ月の赤ちゃんが寝る時間はどのくらい?寝かしつけの方法

4ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらい寝る時間が必要なのでしょうか。午前中、午後、夕方にお昼寝をして...

7ヶ月のお昼寝時間や生活リズムの整え方!寝かしつけのコツ

生後7ヶ月の赤ちゃんはお昼寝の時間はどのくらい必要なのかと気になるお母さんもいるでしょう。7ヶ月にな...

女の子の赤ちゃんはかわいい服がいっぱい!女の子育児の楽しさ

赤ちゃんは性別を問わずかわいいものですが、第一子なら女の子?男の子?と聞くと、ほとんどのママが女の子...

赤ちゃんが口をブーブーさせたりするのには、こんな意味が

赤ちゃんを観察していると、不規則に腕や足を動かしたり、表情も色々な顔を見せてくれます。その中でも...

11ヶ月の赤ちゃんの睡眠リズムと寝ぐずりについて

11ヶ月頃の赤ちゃんはみるみると成長発達している時期で睡眠時間もだんだんと短くなってきている時期です。体力もついて連続して起きていられる時間も長くなってきているので睡眠リズムが変化して寝ぐずりをするようになる赤ちゃんも多くいます。
生まれたばかりの赤ちゃんの睡眠時間は15時間から20時間と1日の大半を寝て過ごしていましたが、11ヶ月頃では11時間から13時間程度に短くなっています。

これは夜間と昼寝を合わせた時間で、夜間に10時間程度寝て昼寝で2時間程度補うのが理想です。

夜泣きや寝ぐずりで睡眠時間が確保できないと昼寝の時間が長くなる

昼寝が長くなると、適切な睡眠リズムができません。

成長過程で睡眠リズムを整えるのは難しい時期ですが、起床と就寝時間、昼寝の時間をコントロールして睡眠リズムを整えていくことが大切です。

また、寝ぐずりをする原因としてはテレビやスマホも考えられます。テレビやスマホの刺激は11ヶ月の赤ちゃんには強すぎて脳が興奮状態になってしまいます。もしテレビやスマホを見せている場合には見せるのをやめてみましょう。

11ヶ月の赤ちゃんの夜の睡眠はお昼寝の時間にも注意を

お昼寝の時間が夕方に近くなったり寝る時間が長いと夜間の就寝に影響を与えます。

昼寝は15時までに済ませて寝る時間は2時間以内にしましょう

生後11ヶ月でまだお昼寝を1日2回している場合には1日1回にするようにしましょう。
  1. 朝6時から7時の間に起床させて離乳食と授乳をします。
  2. その後外で活動的に遊ばせます。

太陽の光を浴びて活動的に遊ぶと疲れるので、昼の離乳食を食べて授乳をしている間に寝てしまう赤ちゃんも多いでしょう。昼食を食べる前に眠ってしまうような場合には昼食の時間を11時半に早めて食べてから寝かせるようにします。

赤ちゃんが寝続けていても2時間経ったら起こしましょう

ここで寝させすぎると夜の就寝時間が訪れても眠たくなくて寝ぐずりしたり夜中に夜泣きをする原因となります。
昼寝をしている間は親も休息をしたり家事をしたりと貴重な時間ですが、早寝をさせるために頑張りどころです。
赤ちゃんが寝た後の時間を楽しみにして、昼寝は2時間経過したら起こしましょう。

11ヶ月の赤ちゃんの夜の睡眠、寝ぐずりをする場合の対策

夜の睡眠に入る時が穏やかで幸せな時であると寝ぐずりが解消される場合があります。

睡眠に入る前の過ごし方は重要

怖い思いをすると寝ぐずりをする確立が高くなります。

そのため、就寝前に赤ちゃんが幸せな気持ちになれるような事をして寝かしつける事はねぐずり対策として大変有効です。

おすすめはぬいぐるみを使って遊んであげる事です。
赤ちゃんが好きなぬいぐるみを使ってふれあい遊びをして最後はぬいぐるみをねんねさせます。ぬいぐるみに赤ちゃんの名前を呼ばせて「一緒に寝ようね」などと言わせるのも良いでしょう。もちろんぬいぐるみは

話さないのでお母さんやお父さんがぬいぐるみの声の役をします。
赤ちゃんは大好きなぬいぐるみと安心して眠りに付く事ができるでしょう。

赤ちゃんの睡眠には性格や気質も関係している

11ヶ月の赤ちゃんに寝ぐずりする理由を聞いても答えてもらえないので誰もその正確な原因を知ることができませんが、赤ちゃんの性格や気質が関係している場合もあります。

気性が激しい場合や感受性が強い赤ちゃんは特別な要因がなくても寝ぐずりをする場合があります

ただ、寝ぐずりの原因はひとつではなく様々な要因が絡んでいる場合もあります。
考えられる要因に対してひとつずつ対策を施していくしかありません。

  • 今までは寝ぐずりをしなかったのに急にするようになった。
  • 生まれた時からずっと寝ぐずりし続けている。

寝ぐずりする時期はすでに終わったなど赤ちゃんによって様々ですが、気がついたらしなくなっているものです。
考えられる要因に対しての対策を全て行っても寝ぐずりする場合には「そんな時期もある」と考えて悩まないようにしましょう。

お母さんが悩んでいるとその不安などが赤ちゃんに伝わって悪循環に陥ってしまう場合があります。深く考えないようにする事が大切です。

赤ちゃんの寝かしつけお役立ちグッズ

赤ちゃんがスムーズに寝る方法はその赤ちゃんによって異なります。

抱っこされているとスムーズに寝る赤ちゃんの場合には抱っこ紐やおんぶ紐を活用して効率よく寝かし付けましょう。音楽をかけると幸せそうに寝る赤ちゃんもいます。音楽の種類も好みによって異なるので様々な音楽をかけて好みの音楽を見つけてみましょう。

おすすめは童謡です。昔から伝わっている童謡は歌詞の内容もよく知的発達にも貢献してくれます。
お母さんが優しい声で歌う子守唄には絶大な効果があると思われます。

寝かしつけはお母さんも疲れていて赤ちゃんが寝た後に家事が残っている場合にはイライラしがちですが、心を落ち着けて子守唄を歌ってみましょう。自分の心も穏やかになってきます。

絵本を読むのもおすすめです。赤ちゃんはお母さんの優しい声を聞いていると安心します。柔らかい色合いで優しい絵の絵本を読んであげると、聴覚からも視覚からもよい睡眠が導かれるでしょう。