虫除けは自分で作れる?赤ちゃんにも使える手作り虫よけ剤

夏場の暑い季節には虫の存在が気になります。赤ちゃんがお家にいる方は、虫よけ剤を使用したいけど、市販品を赤ちゃんに使用するのが心配。そんな声も効かれます。

そこでここでは虫除けを手作りで作る方法、ハッカやエッセンシャルオイルなどの天然由来成分を使用した虫よけ剤について、ご紹介をいたします。

天然由来成分と入っても、肌に合わない場合、または肌にトラブルがある場合には、専門医に相談をして、安全な使用を心がけてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1歳4ヶ月の睡眠時間の理想的な時間と整えるための工夫を紹介

1歳4ヶ月になると睡眠時間はどのくらいの時間が必要なのか気になります。家庭の事情などによっても夜...

2人目育児は大変?2人目が男の子の場合の乗り越え方と育児術

望んでできた2人目なのに、周りから「育児は大変だよ。男の子ならもっと大変」と言われてしまうと、急に不...

4ヶ月の赤ちゃんの一日の生活リズム・整え方のポイントを解説

赤ちゃんが4ヶ月くらいになると、それまでよりも少しずつ起きている時間が増えてきます。また、楽しそうに...

【1歳8ヶ月】一日の生活リズムと子供の成長の様子・接し方

1歳8ヶ月のお子さんの子育てに奮闘中のママの中には、同年代の子供の生活リズムについて気になっている人...

赤ちゃんのお世話グッズの中で、便利なものをご紹介

赤ちゃんを初めて育てる人も、二人目以降だという人も、さまざまなお世話グッズを買い揃えます。基本的...

4ヶ月の赤ちゃんはどんなスケジュールを送っているのか知りたい

赤ちゃんが4ヶ月になり、少しだけ育児にも慣れてきたと感じる頃だと思います。ですが、中には新生児の...

女の子の赤ちゃんがブサイクに見えてしまう理由と対処方法

女の子の赤ちゃんなのにブサイクで可哀想…実はそう思ってしまうママは意外と多いのかもしれません。...

1歳10ヶ月の子どもの睡眠時間の目安と子どもに合わせた就寝時間

赤ちゃんや子どもの月齢によって、それぞれ理想の睡眠時間や生活リズムがありますが、子どもの体力や性格に...

2歳児のお昼寝時間の目安・寝かしつけのコツや寝ない時の対処法

一般的には生後6ヶ月を過ぎた頃から体内時計が整い睡眠リズムが出来てくると言われていますが、睡眠の環境...

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

子供が寝ないとイライラするママへ。すんなり寝かせるための習慣

夜になってもなかなか寝ない子供にイライラしているママも多いと思います。子供が寝てから家事を片付けよう...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

赤口の意味とお宮参りがNGだと言われる理由!お宮参りと六曜

お宮参りというものは、産土神様に赤ちゃんの誕生を報告し、赤ちゃんが健康で元気に成長していくことを願う...

赤ちゃんの肌着はいつまで?月齢よりも成長に合わせましょう

赤ちゃんの肌着はいつまで着せたらいいのでしょうか?新生児のときに着せる肌着はいつまで使えるのか、判断...

赤ちゃんの寝る時間が遅い時に試したい早く寝付くためのコツ

赤ちゃんが夜になっても、なかなか寝てくれずに、いつも寝る時間が遅くなってしまうという赤ちゃんも多いと...

赤ちゃんの虫除けに市販品は心配?ハッカで手作りする虫除け

赤ちゃんや小さな子どもの虫除け対策に悩むママは多いのではないでしょうか。

暖かい日は外の空気に触れさせてあげたいけど、虫刺されの危険性を考えるとなかなか積極的に外に出られないという方は、自分で虫除けを作ってみるのがおすすめです。

市販品は入っている成分が気になって、赤ちゃんに使えないという方でも、自分で作れば安心ですよね。

手作り虫除けスプレー

【材料】

  • 無水エタノール 5ml
  • ハッカ油 5滴~10滴
  • 精製水 45ml
  • スプレー容器 50ml以上の容量

【作り方】

  1. スプレー容器に無水エタノールを入れ、ハッカ油を加えたら軽く振ります。
  2. 精製水を加え、よく振って全体を混ぜ合わせたら虫除けスプレーの完成です。

出来上がった虫除けスプレーは、冷蔵庫で保管しましょう。使用期限は2週間ほどです。

使用する前によく振ってから使いましょう。

ハッカ油は動物にとっては猛毒になる事もあるので、ペットがいる家庭は注意して使いましょう。

赤ちゃんの虫除けを手作りする際は容器に注意

赤ちゃんの虫除けを手作りする場合、容器にはプラスチックのスプレーボトルを使う事が多いでしょう。

ガラス製では割れる心配もあり、使い勝手が良く安く手に入れやすいプラスチックタイプが好まれる傾向にあります。

プラスチックの容器には「ポリスチレン」「ポリエチレン」「ポリプロピレン」3種類ある

この3種類の中で、虫除けの容器として使ってはいけないプラスチックが「ポリエチレン」です。

ポリエチレンの容器は、ハッカ油を入れると溶けてしまいます。

ハッカ油は手作り虫除けの材料として使われる事が多いので、ポリエチレンの容器は避けたほうが無難でしょう。

ポリスチレンとポリプロピレンはOKですが、ポリエチレンはNGです。

すべて「ポ」からはじまり、名前がそっくりなので購入の際は十分注意してチェックしてください。

アルファベット表示を参考にすると、間違えにくくなるでしょう。

【PS】ポリスチレン
【PE】ポリエチレン
【PP】 ポリプロピレン

エッセンシャルオイルを使った赤ちゃん用の手作り虫除け

赤ちゃん用の手作りの虫除けは、エッセンシャルオイルを使って香りを良くしてあげるのもおすすめです。

赤ちゃんが好む優しい香りを混ぜてあげれば、リラックス効果も期待でき、外でも快適に過ごす事ができます。

また、グリセリンを混ぜれば、肌の保湿効果も期待できますよ。

香りの良い手作り虫除けスプレー

【材料】

  • グリセリン 2ml
  • 無水エタノール 4ml
  • エッセンシャルオイル 数滴
  • 精製水 44ml
  • スプレー容器 50ml以上の容量

【作り方】

  1. スプレー容器に無水エタノールとエッセンシャルオイルを加え、軽く振ります。
  2. グリセリンを加え、軽く振ります。
  3. 最後に精製水を入れ、しっかりと振って混ぜ合わせたら完成です。
赤ちゃん用の虫除けには、親しみやすい香りの「ラベンダー」や「ミント」などのエッセンシャルオイルがおすすめです。

エタノールを使わず赤ちゃん用の虫除けを手作りする方法

エタノールには、精油と水を混ざりやすくする効果と防腐効果があるので、手作りの虫除けに大変重宝するアイテムです。

エタノールを使わずに虫除けを手作りする事もできますが、腐敗スピードが速くなってしまいます。

エタノールを使わない場合は冷蔵庫に保管して1週間で使いきるのが目安

また、スプレーする前に毎回ガシガシと振ってからスプレーするようにしてください。

手作り虫除けスプレーは赤ちゃんにも安心安全な成分で作っていますが、肌にスプレーする前には腕の内側などで必ずパッチテストを行ってから使ってください。

顔などのデリケートな場所には使用しないようにしましょう。

肌には少量をスプレーするだけにして、衣類やベビーカーなど赤ちゃんの身の回りのものにスプレーしてあげるのがおすすめです。

虫除け剤以外の虫刺され予防について

赤ちゃんは大人よりも体温が高く、汗をかきやすい傾向にあります。

体温が高く汗をかきやすい人は、虫に刺されやすいと言われている

そのため、赤ちゃんは虫に狙われやすいのです。

汗をかいたらこまめに拭いてあげるなど、気をつけて見てあげるようにしましょう。

汗拭きタオルや着替えは多めに持って出かけるのがおすすめです。

公園など虫が現れそうな場所に出かける場合は、黒い服を避けるようにして明るい服装で出かけるようにしましょう。

黒い服を着ていると、虫が寄って来やすく、虫に刺されやすくなってしまいます。

虫の多い場所に出かける場合は、大人もなるべく黒い服装は避けたほうが良いでしょう。

出かける前に虫除けスプレーをかけたからといって安心してはいけません。

時間が経てば虫除けの効果は低下してきます。

こまめにスプレーをかけて虫除け効果を持続させましょう。