生後1歳2ヶ月の赤ちゃんの発達のようすと関わり方のポイント

初めての出産、育児を経験しているママにとって、子供の成長は目まぐるしく、ついていくのがやっと。
忙しい数時間おきの授乳が終わったかと思えば、表情豊かになる我が子の様子に喜んだり、動き回る我が子を追いかけ回して疲れたりと、一喜一憂していることと思います。

今回は生後1歳2ヶ月を迎える赤ちゃんの発達の様子について詳しく解説し、お世話する時のポイントについても紹介していきたいと思います。
食事、運動、遊びなど、様々な面で急成長する1歳から2歳にかけての時期。
可愛い我が子の成長を一挙手一投足見逃さず、大切な思い出として目に焼き付けていきたいですね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

8ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や回数とぐずらず起こすコツを紹介

生後8ヶ月の赤ちゃんになるとお昼寝はどのくらい必要なのか気になるママもいるでしょう。少しずつ動きも活...

生後1ヶ月の赤ちゃんの生活リズムや発達の特徴、適切な関わり方

1ヶ月検健診を終えて無事に新生児を卒業した赤ちゃん。新生児の頃から比べると体も大きくなって成長が...

3ヶ月の赤ちゃんの寝る時間について学び育児に活かそう

3ヶ月の赤ちゃんはまだまとまって寝ません。夜中に何度も起きてしまうのはお母さんも辛いです。...

3ヶ月でよく寝る赤ちゃんは大丈夫?必要な睡眠時間と生活リズム

生後3ヶ月の赤ちゃんを育てている新米ママの中には、赤ちゃんがよく寝ることに不安を感じている人もいるの...

プールに赤ちゃんを入れるならいつからがベスト?目安となる月齢

プールに赤ちゃんを入れたいけど、いったいいつから入れるの?今回はこの疑問についてお応えしたいと思いま...

二人目の新生児の外出は本当にNG?外出の判断と上の子への対応

二人目の赤ちゃんを出産する予定のママの心配事といえば、新生児を連れての外出についてではないでしょうか...

赤口の意味とお宮参りがNGだと言われる理由!お宮参りと六曜

お宮参りというものは、産土神様に赤ちゃんの誕生を報告し、赤ちゃんが健康で元気に成長していくことを願う...

ベビー服の収納に便利なハンガーラックとおすすめの収納術

出産を控えた妊婦さんにとって、キッズスペース作りはお腹の中の赤ちゃんの成長と同じくらい楽しみなことの...

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの整え方は?一日の生活の様子

4ヶ月の赤ちゃんは一体どのような生活リズムで毎日を過ごしているのか気になっているママもいるのでは...

新生児に必要な服と服装の注意点【夏生まれの赤ちゃん服】

これから赤ちゃんが生まれるというママは、新生児用にどんな服を何枚くらい揃えておけば良いのかと悩む方も...

新生児に布団は必要?夏はこうして布団をかけましょう

新生児の夏の布団はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?新生児用の布団セットを用意したけれど、...

生後3ヶ月の赤ちゃんの就寝時間と生活リズムの作り方のポイント

1日のほとんどを寝て過ごしていた赤ちゃんも、生後3ヶ月頃から昼夜の区別がつくようになり、夜にまとめて...

オムツを取る時期はいつ?トイレトレーニングの目安と進め方

初めての子育てに奮闘中のママの中には、子どものオムツを取る時期は一体いつなのか知りたい人もいるのでは...

生後3ヶ月の服装【秋の選び方】赤ちゃんのためのポイントを紹介

生後3ヶ月の赤ちゃんの服装は秋になるとどんな着せ方をしたらいいのか悩みませんか?気温が下がる秋は...

6ヶ月の赤ちゃんの過ごし方、日中の家での過ごし方とポイント

生後6ヶ月になる赤ちゃんは日中どんな過ごし方をするのか、これについて今回はご紹介したいと思います。...

1歳2ヶ月の赤ちゃんの体の発達のようす

出産して初めての誕生日を迎える前は、誕生日のお祝いどんな風にしようかと楽しみながら過ごしている方も多いと思います。1歳の誕生日を終え落ち着いてきた1歳2ヶ月頃。子育てや家事に追われ赤ちゃんの成長をゆっくりと感じられる時間が少ない方も多いと思います。

1歳2ヶ月頃になると赤ちゃんはどのように体が発達しているのかを紹介します。

物をつまむ

今までは手のひらすべてを使い物を持ったりつかもうとしていたのが、小さな物を指を使ってつまむことができてくるようになります。

例えば、離乳食の小さなとうきびや豆など指を使わなければ手にとることが難しかった物をつかむことができます。

しかし、はじめからスムーズにつかむことは出来す、少しずつ親指と人差し指の使い方、力加減を覚えておきます。

歩く

お子さんによっても大きく違いが出てきますがつかまり立ちをしていた状態から、手を離し一人で歩ける赤ちゃんもいます。

しかし、お子さんによっても歩く時期の違いは大きく、私に子供が二人いますが二人の歩いた時期は約3ヶ月違います。1歳3ヶ月になりようやく、少しの距離を一人で歩くことができました。そのため、お子さんが1歳2ヶ月になっても歩かないとあせることはありません。

特に、初めてのお子さんだと体の発達の状態を他のお子さんと比較してしまうことがあると思いますが、ゆっくりお子さんのペースに合わせて見守ってあげましょう。

1歳2ヶ月の赤ちゃんの言葉の発達のようす

1歳2ヶ月になると親と目線を合わせて、話している内容を理解できる赤ちゃんもいますが言葉の発達もとても個人差が大きいです。

  • 例えば「ポイしてきてね」と言うと、ゴミ箱にゴミを捨てたり。
  • 「ありがとう」と言いお辞儀をすると、同じように頭を下げることもあります。

長い会話のような内容を理解することは難しくても、短い言葉だと理解できる頃です。

体の発達だと、赤ちゃんの大きさや体格の違いから発達の具合をあまり気にしないという場合でも、言葉をあまり話さないと心配になる方も多いと思います。実際に、私は言葉をあまり話さないことですごく悩みいろいろと自分なりに調べた経験があります。自分の関わり方が悪かったのではないかと悩んだ日もありましたが、単語をいくつか話せるようになったのは1歳8ヶ月頃でした。

お子さんによって言葉を覚えて声に出すタイミングは個人差が大きいためあまり心配せず楽しく話しかけてみましょう。

1歳2ヶ月の赤ちゃんの食事

1歳2ヶ月ころになると食事の様子にも変化が出てきます。

今までは、食べさせてもらうことで満足していた赤ちゃんも、自分で食べたいと食べることに意欲を持ってくることが多くなってきます。

スプーンなどをもつ

実際にスプーンを使ってうまくすくうことは出来なくても、掴む力がついていることでスプーンを手に握っていられるようになります。

スプーンを持つことに慣れてくると食事の時にはスプーンを手に持ちたいとスプーンを目にすると手を伸ばすこともあります。

自分で食べる

自分で直接ご飯などをつまみ口に運ぶことができます。

はじめは口にうまく運べずにほっぺや髪が汚れてしまうこともありますが、徐々に口の中に運ぶことが出来てきます。

食事の形態

ドロドロの形態からスタートした離乳食も、1歳をすぎると手に持つことができる硬さになっていきます。

離乳食を作ることは疲れることもあるかもしれませんが、1歳6ヶ月頃には離乳食を終え形態は普通の食事になっていることが多いです。

また、お子さんの歯の生え方によっても食べ物を噛む力に個人差があり、離乳食を終える時期が遅い場合もあります。

1歳2ヶ月の赤ちゃんの心の発達のようす

1歳2ヶ月頃ではまだ上手く話すことができず、どんなことを思うようになるのか判断が難しいと感じることがあると思います。

しかし、自分の意思がはっきりと出てくる頃でもあります。

今までは親と手をつなぎ歩いていたのを途中で止まっていたいとその場に座り込むことも。

また、おもちゃや絵本を持ってきて遊んで欲しい、絵本を読んで欲しいと自分のしてほしいことを主張できるようになります。

そして、他のお子さんを抱っこするとヤキモチをやいて泣くこともあります。

一度は聞いたことのある「イヤイヤ期」という程、何もかも「イヤ!」とすることはありませんが、今までしていたことを嫌がることもあります。まだまだ、言葉を話すことは出来ませんがしっかり自分の意思を伝えようと赤ちゃんも頑張っている時期です。

1歳2ヶ月の赤ちゃんへの関わり方のポイント

自分で行動をすることが多くなる1歳2ヶ月頃はどんなことに注意をしていくと良いのかポイントを紹介します。

危険な物を置かない

今までは、眠っていることが多く大人が使うはさみなどの置き場所に困ることはなかったと思います。

しかし、1歳を過ぎると大人の物を使いたくなり引き出しにしまった物を取り出そうとすることも。

赤ちゃんが手にとると危険な物は手の届く所に置かないようにしましょう。

移動をする時

1歳2ヶ月頃だと、歩いて移動をすることが多いですが、赤ちゃんによってはまだ歩行が安定していないことも。

赤ちゃん自身は、「自分で歩きたい」「ここに行きたい」と移動をする過程も楽しんでいることが多いです。

また、普段は問題が無くても、眠い時や体調が悪い時はたくさん転んでしまうこともあります。

普段は転ぶことがないからと安心をせず、家具の角の部分などはぶつかってもケガをしてしまわないように、配慮しておくことが必要です。

激しく泣いたとき

おもちゃの取り合いや、自分の思う所に行けなかったなど激しく泣くことはよくあります。
赤ちゃんの思う通りにしてあげたいところですが、危険な場合はそうもいきません。

そういった場合は優しく飽きしめて背中を上から下に撫でてあげましょう。

背中を撫でてあげたり、ポンポンとしてあげることで泣いている赤ちゃんも落ち着いてきます。

その際に、声掛けもしてあげましょう。

「悲しかったんだね」「あそこは危ないから行けないんだよ」と優しく教えてあげることでゆっくりとその状況を理解することができます。