赤ちゃんと買い物はいつから?楽しむために大切なポイントを紹介

赤ちゃんとの買い物はいつから行けるのか楽しみなママ。そのために可愛いベビー服や帽子を用意していたりしませんか?

そこで、気になる赤ちゃんと買い物に出かけられる時期やタイミングと注意点についてお伝えしていきましょう。

赤ちゃんとの外出を楽しむためには無理をしないことがポイントになります。
ぜひ参考に赤ちゃんとのお出かけ準備をはじめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

生後10ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの作り方と身に付けさせ方

日々成長していく赤ちゃん。赤ちゃんの成長に応じて1日の生活リズムは変わってくるので、大人と同じ生...

子育ては疲れるしイライラするからこそデトックスが必要

子育てにイライラして疲れるときにはどうしたらいいのでしょうか?自分の時間が欲しいと思っても子供を一人...

1歳9ヶ月の子どもに適したお昼寝時間と良い睡眠リズムの作り方

共働き世帯で子どもを保育園に預けている場合、子どもは日中保育園で規則正しい生活をしているため、出来る...

お風呂に1日入らないのはあり?赤ちゃんの入浴頻度と注意点

産まれたばかりの赤ちゃんはベビーバスなどを使って大人とは別にお風呂に入ります。これを沐浴と言いますが...

冬の赤ちゃんとのお出かけで準備しておきたい防寒アイテム

冬に赤ちゃんと一緒にお出かけする時には、防寒のためのアイテムが必要です。気温が下がり、冬本番にになる...

【1歳8ヶ月】一日の生活リズムと子供の成長の様子・接し方

1歳8ヶ月のお子さんの子育てに奮闘中のママの中には、同年代の子供の生活リズムについて気になっている人...

1歳児の理想的な就寝時間は?生活リズムを整えて健康的な睡眠を

1歳児の子育てをしているママの中には、子供の就寝時間が遅くなってしまうことに頭を悩ませている人もいる...

乳児の冬時期の布団選びや注意点、防寒対策+事故防止を意識して

冬の寒い時期に乳児を寝かせる時、寒くないだろうか、汗はかいてないかかとママは不安になってしまいます。...

ベビー服の収納に便利なハンガーラックとおすすめの収納術

出産を控えた妊婦さんにとって、キッズスペース作りはお腹の中の赤ちゃんの成長と同じくらい楽しみなことの...

一歳半から始まった夜泣き、泣き叫ぶ我が子を寝かしつけるには

今までは夜すんなり眠りについていたのに、一歳半頃から急に泣き叫ぶほどの夜泣きをすることがあります。...

赤ちゃんが寝る時の布団、寒暖差が激しい秋の布団の枚数と選び方

赤ちゃんの布団は季節に合わせて枚数や種類を選ぶことが大切ですが、寒暖差が激しい秋はどんな布団がいいの...

5ヶ月の赤ちゃん【生活リズム】理想と整えるためのコツを紹介

生後5ヶ月の赤ちゃんはだんだん夜も長く眠るようになってくるので、生活リズムを整えやすくなっていき...

1歳のイヤイヤ期、ひどいイヤイヤが始まる理由と対処方法

2歳はイヤイヤが始まる時期と耳にしますが、1歳半頃からイヤイヤが始まることもあります。まだま...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

赤ちゃんとスーパーへの買い物はいつからいいのかの目安

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ菌に対する抵抗力が弱いため、よほどの事情がない限りは、極力家の中で過ごす必要があります。では、赤ちゃんを連れて買い物などに出かけることができるようになるのは、一体いつごろからと考えれば良いのでしょうか?

買い物は一ヶ月健診が目安

生後一ヶ月くらいの時期になると、産後の赤ちゃんとママの体調をみるための健診を受けることになります。そこでとくに大きな問題がない限りは、以降は少しずつ赤ちゃんとの外出の機会を増やしていきましょう。

スーパーなどにあるベビーカートには適応年齢が記載されていますが、生後一ヶ月とまだ体が小さくて首も座っていない赤ちゃんの時期においては、この時期でも使用可能なタイプの抱っこひもや、横抱きできるスリングなどを使用したほうが良いかと思います。

赤ちゃんを連れて買い物に出かけることにまだ慣れないうちは、なるべく一人ではなく、旦那さんや親などの頼れる人と一緒に出かけ、買い物も短時間で済ますことを心がけましょう。

いつから赤ちゃんと買い物に行けるか楽しみでも体調を最優先

赤ちゃんが生まれてからしばらくの間は、食料品や日用品といったように、普段遣いをする物に関しては、自分が直接買い物に行かなくても済むように、あらかじめ周囲の協力を仰いでおくことが重要です。仕事帰りに旦那さんに買い物を頼んだり、インターネットなどで注文した物を、自宅まで届けてくれる宅配サービスを活用するといった方法もあります。

赤ちゃんを連れていつから買い物に出られるようになるかは、まずは自分と赤ちゃんの体調を一番に考える必要があります。

赤ちゃんの体調の変化をこまめに確認する

一ヶ月健診の時期を過ぎれば、徐々に赤ちゃんを買い物などに連れて出かけても問題ないとされていますが、実際にそれまでの期間を家の中で過ごしてきた赤ちゃんにとっては、慣れないうちからの長時間のお出かけは、予想以上に大きな負担となることも。

まずは、近所のお散歩程度から始めてみて、徐々に外出時間を伸ばしていきましょう。ただし、真冬の時期には無理して寒空の下や人混みに、赤ちゃんを連れ出すことは避けるべきです。

赤ちゃんと一緒にいつから買い物に出かけられるのか待ち遠しい

赤ちゃんが成長してくるにつれて、一緒にショッピングモールなどに買い物に行くことを楽しみにしているママも多いと思います。ベビーカーに乗せられた赤ちゃんの姿を見ると、よその子でもつい頬が緩んでしまいますよね。いつから赤ちゃんと一緒に買い物に出るかに関しては、時期を選ぶのはもちろん、その場所についても事前に下調べしておく必要があります。

赤ちゃん連れに優しい施設を選ぶ

人の多い場所に赤ちゃんを連れて行けるようになるのは、生後3ヶ月くらいをメドにすると良いでしょう。

家族連れをターゲットにしたショッピングモールの多くは、赤ちゃんの授乳やおむつ替えに対応した専用ルームが設けられています。中には、曜日や時間帯によって保健師さんが常駐しているケースもあり、育児に関して気軽に相談できたり、身長や体重を測ることができたりするところもあります。

買い物に限らず、同じくらいの月齢の赤ちゃん連れのママたちと交流する機会を増やすという点では、近隣の支援センターなどを利用するのもおすすめです。

赤ちゃんとの外出は季節に合わせた準備が必要

一ヶ月健診が無事に終わり、晴れて赤ちゃんを連れての外出ができるようになったとしても、その時期の赤ちゃんはまだまだ外部からの刺激に対して敏感であるため、体調の変化がないかどうかをこまめに観察してあげなくてはなりません。とくに、真夏や真冬のように、室内と屋外の気温差が激しい時期には、さらにその点も踏まえて、服装や時間帯などにも配慮が必要となります。

夏場のお出かけ時の注意点

気温の高い時間帯に出歩くことは避け、散歩や近所への買い物などに関しては、なるべく朝の涼しい時間帯に済ませましょう。その際は帽子を着用させ、外出前後の水分補給もお忘れなく。

冬場のお出かけ時の注意点

急激な気温差は赤ちゃんが体調を崩す原因にもなりますので、着せる物で調節します。ただし、暖房の効いた車内や室内で過ごす時は、汗をかきすぎないようにその都度脱がせたりといった対応が必要です。

少しづつ無理なく赤ちゃんとの外出を楽しみましょう

いくらかわいい赤ちゃんの服などを見るために、買い物に出かけたいとしても、いきなり大きなショッピングモールなどの人が多い場所に連れ出すのはおすすめできません。

たしかに、赤ちゃんの成長を促すためには、様々な物を見たり、聞いたりといったように、脳に対して適度に刺激を与えることも重要だと言われています。ですがそれは、まだ抵抗力が弱いこの時期ではなく、ある程度免疫のできてきた時期から始めても、けっして遅くはないのです。

赤ちゃんといつからお出かけできるのかと、ワクワクしている気持ちもよくわかりますが、産後はママの体にも疲労や睡眠不足による体調不良が現れやすい時期でもありますので、赤ちゃんの体調を気にかけるだけでなく、自分の体調も考慮しながら、無理のない範囲で行動範囲を広げてみることをおすすめします。