赤ちゃんと買い物はいつから?楽しむために大切なポイントを紹介

赤ちゃんとの買い物はいつから行けるのか楽しみなママ。そのために可愛いベビー服や帽子を用意していたりしませんか?

そこで、気になる赤ちゃんと買い物に出かけられる時期やタイミングと注意点についてお伝えしていきましょう。

赤ちゃんとの外出を楽しむためには無理をしないことがポイントになります。
ぜひ参考に赤ちゃんとのお出かけ準備をはじめましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1歳がたくさん寝る大切さ。時間を決めた生活は将来にも影響する

1歳は表情や行動も豊かになり、ますます可愛さを感じる年齢です。しかし、毎日一緒にいるママにと...

大根を使った離乳食レシピ【初期】保存方法と離乳食の作り方

赤ちゃんの離乳食のスタートが近くなると、離乳食初期の頃は一体どんな食材を食べることができるのか気にな...

生後7ヶ月頃の赤ちゃんにみられる奇声、原因はなに?

生まれてすぐには泣き声しか出せなかった赤ちゃんも、少しずつ「アー」とか「ウー」とお話できるようになっ...

3ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と寝ないときの対策・心がけたいこと

3ヶ月頃の赤ちゃんは、新生児の頃に比べるとまとめて寝てくれる時間が長くなります。ですが、まだ大人と同...

2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっ...

8ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や回数とぐずらず起こすコツを紹介

生後8ヶ月の赤ちゃんになるとお昼寝はどのくらい必要なのか気になるママもいるでしょう。少しずつ動きも活...

女の子の赤ちゃんはかわいい服がいっぱい!女の子育児の楽しさ

赤ちゃんは性別を問わずかわいいものですが、第一子なら女の子?男の子?と聞くと、ほとんどのママが女の子...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方について

生後7ヶ月の赤ちゃんは、生後間もないときの授乳と睡眠を繰り返す時期とは違い、睡眠にもリズムができ...

新生児に必要な服と服装の注意点【夏生まれの赤ちゃん服】

これから赤ちゃんが生まれるというママは、新生児用にどんな服を何枚くらい揃えておけば良いのかと悩む方も...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

赤ちゃんの寝る時間が遅い時に試したい早く寝付くためのコツ

赤ちゃんが夜になっても、なかなか寝てくれずに、いつも寝る時間が遅くなってしまうという赤ちゃんも多いと...

夜間に楽な授乳姿勢は?正しい姿勢と授乳のコツをアドバイス

夜間の授乳はママも大変なものです。睡魔と戦いながら赤ちゃんに授乳をするときは、できるだけ楽な姿勢で授...

4ヶ月の赤ちゃんが寝る時間はどのくらい?寝かしつけの方法

4ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらい寝る時間が必要なのでしょうか。午前中、午後、夕方にお昼寝をして...

2人目育児で感じやすい不安と忙しい2人目育児を乗り切る方法

もうすぐ2人目のお子様が生まれるという方も多いと思います。上のお子様がまだ小さいと、二人目の育児に不...

4ヶ月の赤ちゃんはどんなスケジュールを送っているのか知りたい

赤ちゃんが4ヶ月になり、少しだけ育児にも慣れてきたと感じる頃だと思います。ですが、中には新生児の...

赤ちゃんとスーパーへの買い物はいつからいいのかの目安

生まれたばかりの赤ちゃんは、まだ菌に対する抵抗力が弱いため、よほどの事情がない限りは、極力家の中で過ごす必要があります。では、赤ちゃんを連れて買い物などに出かけることができるようになるのは、一体いつごろからと考えれば良いのでしょうか?

買い物は一ヶ月健診が目安

生後一ヶ月くらいの時期になると、産後の赤ちゃんとママの体調をみるための健診を受けることになります。そこでとくに大きな問題がない限りは、以降は少しずつ赤ちゃんとの外出の機会を増やしていきましょう。

スーパーなどにあるベビーカートには適応年齢が記載されていますが、生後一ヶ月とまだ体が小さくて首も座っていない赤ちゃんの時期においては、この時期でも使用可能なタイプの抱っこひもや、横抱きできるスリングなどを使用したほうが良いかと思います。

赤ちゃんを連れて買い物に出かけることにまだ慣れないうちは、なるべく一人ではなく、旦那さんや親などの頼れる人と一緒に出かけ、買い物も短時間で済ますことを心がけましょう。

いつから赤ちゃんと買い物に行けるか楽しみでも体調を最優先

赤ちゃんが生まれてからしばらくの間は、食料品や日用品といったように、普段遣いをする物に関しては、自分が直接買い物に行かなくても済むように、あらかじめ周囲の協力を仰いでおくことが重要です。仕事帰りに旦那さんに買い物を頼んだり、インターネットなどで注文した物を、自宅まで届けてくれる宅配サービスを活用するといった方法もあります。

赤ちゃんを連れていつから買い物に出られるようになるかは、まずは自分と赤ちゃんの体調を一番に考える必要があります。

赤ちゃんの体調の変化をこまめに確認する

一ヶ月健診の時期を過ぎれば、徐々に赤ちゃんを買い物などに連れて出かけても問題ないとされていますが、実際にそれまでの期間を家の中で過ごしてきた赤ちゃんにとっては、慣れないうちからの長時間のお出かけは、予想以上に大きな負担となることも。

まずは、近所のお散歩程度から始めてみて、徐々に外出時間を伸ばしていきましょう。ただし、真冬の時期には無理して寒空の下や人混みに、赤ちゃんを連れ出すことは避けるべきです。

赤ちゃんと一緒にいつから買い物に出かけられるのか待ち遠しい

赤ちゃんが成長してくるにつれて、一緒にショッピングモールなどに買い物に行くことを楽しみにしているママも多いと思います。ベビーカーに乗せられた赤ちゃんの姿を見ると、よその子でもつい頬が緩んでしまいますよね。いつから赤ちゃんと一緒に買い物に出るかに関しては、時期を選ぶのはもちろん、その場所についても事前に下調べしておく必要があります。

赤ちゃん連れに優しい施設を選ぶ

人の多い場所に赤ちゃんを連れて行けるようになるのは、生後3ヶ月くらいをメドにすると良いでしょう。

家族連れをターゲットにしたショッピングモールの多くは、赤ちゃんの授乳やおむつ替えに対応した専用ルームが設けられています。中には、曜日や時間帯によって保健師さんが常駐しているケースもあり、育児に関して気軽に相談できたり、身長や体重を測ることができたりするところもあります。

買い物に限らず、同じくらいの月齢の赤ちゃん連れのママたちと交流する機会を増やすという点では、近隣の支援センターなどを利用するのもおすすめです。

赤ちゃんとの外出は季節に合わせた準備が必要

一ヶ月健診が無事に終わり、晴れて赤ちゃんを連れての外出ができるようになったとしても、その時期の赤ちゃんはまだまだ外部からの刺激に対して敏感であるため、体調の変化がないかどうかをこまめに観察してあげなくてはなりません。とくに、真夏や真冬のように、室内と屋外の気温差が激しい時期には、さらにその点も踏まえて、服装や時間帯などにも配慮が必要となります。

夏場のお出かけ時の注意点

気温の高い時間帯に出歩くことは避け、散歩や近所への買い物などに関しては、なるべく朝の涼しい時間帯に済ませましょう。その際は帽子を着用させ、外出前後の水分補給もお忘れなく。

冬場のお出かけ時の注意点

急激な気温差は赤ちゃんが体調を崩す原因にもなりますので、着せる物で調節します。ただし、暖房の効いた車内や室内で過ごす時は、汗をかきすぎないようにその都度脱がせたりといった対応が必要です。

少しづつ無理なく赤ちゃんとの外出を楽しみましょう

いくらかわいい赤ちゃんの服などを見るために、買い物に出かけたいとしても、いきなり大きなショッピングモールなどの人が多い場所に連れ出すのはおすすめできません。

たしかに、赤ちゃんの成長を促すためには、様々な物を見たり、聞いたりといったように、脳に対して適度に刺激を与えることも重要だと言われています。ですがそれは、まだ抵抗力が弱いこの時期ではなく、ある程度免疫のできてきた時期から始めても、けっして遅くはないのです。

赤ちゃんといつからお出かけできるのかと、ワクワクしている気持ちもよくわかりますが、産後はママの体にも疲労や睡眠不足による体調不良が現れやすい時期でもありますので、赤ちゃんの体調を気にかけるだけでなく、自分の体調も考慮しながら、無理のない範囲で行動範囲を広げてみることをおすすめします。