赤ちゃんが寝る時の布団、寒暖差が激しい秋の布団の枚数と選び方

赤ちゃんの布団は季節に合わせて枚数や種類を選ぶことが大切ですが、寒暖差が激しい秋はどんな布団がいいのか、枚数や選び方に迷ってしまいます。
では、秋は何枚がベストなのでしょうか。
よく動く赤ちゃんの手足が心配な時の工夫とは?
秋はすぐに過ぎ去ります。秋が終わりに近づく頃には早めに冬の準備を。
赤ちゃんが快適に過ごせる秋の室温も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんにイライラして叩くのはダメ!あなたにできる大切なこと

赤ちゃんの鳴き声にイライラしても叩くのはいけません。はじめての育児で思うようにいかず、自分を責めたり...

産後の過ごし方・無理は禁物!二人目が生まれたあとの育児と家事

現在二人目のお子さんを妊娠中のママの中には、産後の過ごし方に不安を感じている人もいるのではないでしょ...

オムツを取る時期はいつ?トイレトレーニングの目安と進め方

初めての子育てに奮闘中のママの中には、子どものオムツを取る時期は一体いつなのか知りたい人もいるのでは...

1歳8ヶ月の子どもに昼寝の時間は必要!生活リズムの整え方

1歳8ヶ月のお子さんが昼寝をしないことに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。お昼...

生後8ヶ月の赤ちゃんが寝ない!夜泣きの理由や対処方法をご紹介

赤ちゃんの悩みというと必ず耳にするのが睡眠について。お昼寝をしすぎて困る、お昼寝をしない、夜泣きが激...

虫除けは自分で作れる?赤ちゃんにも使える手作り虫よけ剤

夏場の暑い季節には虫の存在が気になります。赤ちゃんがお家にいる方は、虫よけ剤を使用したいけど、市販品...

子供が寝ない!イライラする時の寝かしつけ・寝ない原因と対処法

幼稚園のお子さんを育てているお母さんの中には、夜子供が寝ないことにイライラする人もいるのではないでし...

新生児と一緒に冬の外出をするときに必要なアイテムやポイント

新生児はいつから外出をしてもいいのでしょうか?寒い冬はどのような服を着せればいいのでしょう。...

赤ちゃんの肌着はいつまで?月齢よりも成長に合わせましょう

赤ちゃんの肌着はいつまで着せたらいいのでしょうか?新生児のときに着せる肌着はいつまで使えるのか、判断...

3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きる理由と対処方法について

3ヶ月になると夜中に起きることが少なくなるのでは?徐々に伸びていくる赤ちゃんの睡眠時間ですが、赤ちゃ...

生後3ヶ月の服装【秋の選び方】赤ちゃんのためのポイントを紹介

生後3ヶ月の赤ちゃんの服装は秋になるとどんな着せ方をしたらいいのか悩みませんか?気温が下がる秋は...

新生児が外出する時の服装ポイントを季節別でご紹介

抵抗力が弱い新生児を外出させる時、どんな服装がいいのか悩んでしまいます。特に夏や冬は外と室内の温...

新生児に布団は必要?夏はこうして布団をかけましょう

新生児の夏の布団はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?新生児用の布団セットを用意したけれど、...

生後2ヶ月の赤ちゃんの寝る時間の目安や寝ぐずり対策をご紹介

生後2ヶ月になると、少しずつ赤ちゃんの眠りにも変化が出始め、まとめて寝る時間が増えてきたり、寝ぐ...

3ヶ月の赤ちゃんが寝ないとお困りのママへ。寝かしつけのコツ

赤ちゃんも生後3ヶ月になり、今までよりは良く寝てくれるようになってくれるかなぁと思っているママもいる...

赤ちゃんにかける布団、寒暖差が激しい秋は何枚がベストか

就寝時や昼寝時に赤ちゃんにどれだけ布団を掛けたら良いのかは非常に悩ましい事柄です。特に秋は季節の変わり目で日によって寒暖差が激しくより悩ましい季節です。
秋といってもはじまったばかりの時期と冬に近い時期や日や天候によってかなり差があるので、秋だから何枚と決める事はできません。
ただ、目安としては「タオルケット一枚からタオルケットプラス布団一枚で調節する」と考えておきましょう。

秋でもかなり温度が高い日にはタオルケット一枚、寒いと感じるような日にはそれに赤ちゃん布団を一枚プラスしましょう。

タオルケット無しで布団一枚だけにするのもよいでしょう。
赤ちゃんのうちは大人よりもかなり暑がりです。大人の感覚で布団をかけると赤ちゃんは暑くて泣き出すでしょう。

大人よりも一枚は少なくて充分です。赤ちゃんの頬や首筋、手足を触って暑すぎないかどうか確認するのが一番です。布団が少なくても手足が暖かければ赤ちゃんにとっては快適なのです。

よく動く赤ちゃんは布団以外のアイテムも上手く活用して肌寒い秋を乗り越えよう

赤ちゃんが動いているうちに布団がずれて無くなってしまう、でも間違いなく寒い、という場合にはスリーパーやレッグウォーマーを使用すると良いでしょう。
スリーパーは足の部分がファスナーやボタンで閉じたり開けたりできるものもあるので、足の冷えが心配な場合には開閉できるタイプのスリーパーを選ぶと良いでしょう。

我が家ではあかちゃんのうちは否応無く足を閉じてスリーパーに入れていたのですが、意思表示ができるようになると足の部分を閉じることは頑なに拒否されました。足の部分を閉じると暑いようです。
赤ちゃんや子どもはとても暑がりなので、お腹や背中はカバーされるけれど足は出るタイプのスリーパーがおすすめです。下までファスナーで閉じることのできるスリーパーを購入しましたが子どもに拒絶され、更に成長するとすぐに足がつかえて使えなくなりました。ベストタイプや上から被って胴体の両脇をボタンや紐などで閉じるタイプのスリーパーが長く使用できて重宝しました。
足が冷えている場合にはレッグウォーマーが重宝しました。但しきつずぎない製品を選びましょう。パッケージに入った状態のものを購入するときつくて足に跡が付き使用できないものがありました。

寒暖差が激しい秋だからこそ注意したい、赤ちゃんの布団の選び方

寒暖差が激しい秋には重ね掛けできる布団を選ぶと便利です。

就寝時はタオルケット一枚だけかけ、夜中に冷えてきたら薄手の掛け布団や毛布を追加します。
タオルケットの上からそろっと掛けると赤ちゃんが起きる事もありません。布団を掛けて暑そうな場合には外すのも簡単です。

タオルケットと薄手の掛け布団や毛布を使用すると温度に合わせてお腹の辺りにだけかけて足は出るようにするなどと細やかに調節することができます。
重たい布団は窒息の危険を伴うので使わないように気をつけましょう。

秋はあっという間!冬時期の赤ちゃん布団の枚数や選び方

冬でも室内の温度によっては秋と同程度の布団で大丈夫な場合もあります。

コンクリート製であったり機密性の良い建物では夜間もそれほど温度が下がらないのでタオルケットに薄手の布団や毛布で充分な場合が多いです。
かなり温度が下がる場合には羽毛布団をおすすめします。

大人用の羽根布団を購入しておくとずっと使用する事ができ、赤ちゃんが成長したからと布団を買い換える必要がありません。
ある程度成長してからも羽根布団を一枚与えておくと、布団に入ったり出たりして自由に温度調節して使用するので安心です。

赤ちゃんが快適に過ごせる秋の室温、日中と夜間の適温をご紹介

秋になって暖房を使用するようになっても就寝時は暖房を消しましょう。暖房を入れたまま寝ると空気が乾燥して喉を痛める原因となります。また、就寝時はある程度気温が低い方が体温が下がりよく眠れます。

秋の室温は夜間は21度程度、冬は18度程度を保つようにするとよいでしょう。

赤ちゃんは「暑い寒い」とまだ言えないので、赤ちゃんを快適な温度に保ってあげるのはとても大変です。私は赤ちゃんへの布団掛けをずっと失敗していたように思われます。
赤ちゃんの布団は大人より一枚減らすと調度良いと聞いていたのでそのようにしていたのですが、どうも赤ちゃんがよく夜泣きをしました。夜間も眠りが浅いようでよくもぞもぞと動き泣く事が多かったのです。
その頃は「眠りが浅い赤ちゃんなのだ」と思っていたのですが、後になって考えると暑くて眠れなくて泣いていたような気がします。布団から飛び出せるくらい動けるようになると決まって毎日布団から飛び出していました。そうして実によく眠るのです。夜中に布団から飛び出している赤ちゃんの手足を触ると少しヒヤッとしています。しかし、実に気持ち良さそうにぐっすりと眠っています。気を利かせて布団をかけると間もなく「うぇ~ん」と泣いて布団から飛び出します。
もっと確かになったのは話すようになってからです。夜中に布団をかけると「暑い!」と怒って蹴散らします。
この温度感からすると赤ちゃんの頃は暑くてよく眠れずに夜泣きしていたのでしょう。
赤ちゃんから始まり子どもというものは私の想像を絶するほど暑がりであることが分かりました。