赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?睡眠時間と生活リズム

初めての育児に奮闘しているママの中には、夜中の授乳やおむつ替えなどで夜中に起きることを辛く感じている人もいるのではないでしょうか。

体が疲れてくると、赤ちゃんがまとめて寝るようになるのは一体いつからなのか、不安を感じてしまうこともあります。

ここでは、赤ちゃんがまとめて寝るのは一体いつ頃なのか、赤ちゃんの睡眠時間についてお伝えします。

赤ちゃんの睡眠について知り、生活リズムを整えることで、赤ちゃんの一番近くで成長を見守ってあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

2才の子どもが夜中に起きる・夜泣きをするのはなぜ?原因と対策

2才の子どもを育てているママの中には、子どもが夜中に起きるようになる・夜泣きが再び始まってしまったこ...

赤ちゃんが泣く理由を知って対処しよう!笑顔で育児をするために

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが泣く理由がわからずに悪戦苦闘している人もいるのではな...

生後10ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの作り方と身に付けさせ方

日々成長していく赤ちゃん。赤ちゃんの成長に応じて1日の生活リズムは変わってくるので、大人と同じ生...

生後四ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間の特徴と良い睡眠リズムの作り方

初めての育児はママにとってわからないことばかり。新生児期を過ぎて二ヶ月、三ヶ月と子どもが成長して...

1歳4ヶ月の子供は昼寝が必要?寝ないときの対策と昼寝の考え方

1歳4ヶ月のお子さんを育てているママの中には、子供が昼寝をしないことに頭を悩ませている人もいるのでは...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

4ヶ月の赤ちゃんの一日の生活リズム・整え方のポイントを解説

赤ちゃんが4ヶ月くらいになると、それまでよりも少しずつ起きている時間が増えてきます。また、楽しそうに...

生後4ヶ月【冬の服装】室内でのポイントや外出時の注意点を紹介

生後4ヶ月の赤ちゃんとの初めての冬。服装についても気をつけなければなりません。赤ちゃんを寒さから...

中性洗剤でのお洗濯は赤ちゃんにおすすめ!洗い方のポイント

中性洗剤を使ったお洗濯は赤ちゃんの衣類のお洗濯にもおすすめです。では、どうして中性洗剤が赤ちゃん...

新生児用の肌着は赤ちゃんにいつまで着せるのか紹介

赤ちゃんが生まれる時に用意するもののリストには、肌着が含まれていますよね?新生児用の肌着には、短...

生後五ヶ月のお昼寝はどのくらい?お昼寝の目安について

生後五ヶ月は、一日のリズムが段々と整ってくる時期です。お昼寝もまとまってするようになってくるでしょう...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間、生活リズムの作り方と入眠儀式

これまで不規則に起きたり、数時間おきの授乳が欠かせなかった赤ちゃんも、生後7ヶ月になると生活リズムが...

【生後6ヶ月の赤ちゃん】よく寝る子の特徴と寝ない子への対処法

赤ちゃんの睡眠時間には個人差があり、よく寝る子もいれば沢山泣いてママを困らせてしまう子もいます。...

子育ては疲れるしイライラするからこそデトックスが必要

子育てにイライラして疲れるときにはどうしたらいいのでしょうか?自分の時間が欲しいと思っても子供を一人...

赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?赤ちゃんの睡眠時間について

「生まれて間もない赤ちゃんはミルクを飲んでオムツを取り替えてという生活で、それ以外はほとんど寝ている」などと記載している育児本も多いでしょう。

しかし実際に育てていると

「ほとんど寝ているなんて嘘じゃないか」

と言いたくなるくらい休む時間がないお母さんが多いのではないでしょうか。想像と違う生活に驚いている人も少なくないはずです。

「一般的には」生まれて間もない赤ちゃんは昼夜関係なく眠くなったら寝るという生活で、およそ2~4時間で一度目を覚まします。
ですがこの睡眠リズムがずっと続くわけではありません。

成長を重ねるとともに少しずつまとめて寝るようになる

そして3~4ヶ月くらいには昼夜の区別が付いてくるため、夜にまとめて寝てくれるようになる子も居ます。
9~12ヶ月になると身体をたくさん動かして遊べるようになるのでその分たくさん寝てくれるようになるでしょう。

毎日同じ時間にお昼寝をさせてあげるのもポイントです。

まとめて寝るのはいつからなのか・赤ちゃんの睡眠には個人差もある

同じ月齢の友達の赤ちゃんが夜通し寝ているからといって、なぜ自分の赤ちゃんは寝てくれないんだろうと焦る必要はありません。

実際に夜通し寝てくれるようになった月齢は3ヶ月~3歳とかなり個人差がある

実際に私の娘は1才過ぎるまで夜に何度も起きてしまい眠れずに悩んでいたのですが、1歳を過ぎた途端いつもと同じ環境だったのに急に寝るようになりました。いつどのタイミングで自分の子供が寝てくれるようになるかは親ですらわからないのです。

夜通し眠れない生活が続くと身体も休まらないことでしょう。眠くて辛い時は家事は二の次にして赤ちゃんのお昼寝の時に一緒に寝て少しでも睡眠不足を解消するようにしましょう。

いつからまとめて寝るの?赤ちゃんの夜中の授乳がなくなるとまとめて寝るように

自分で赤ちゃんを夜寝てくれるようにコントロールしたい方法としては、まず断乳をすることが挙げられるでしょう。

夜中に目を覚ます度におっぱいをあげていたら、おっぱいがないと眠れなくなってしまう赤ちゃんも居るそうです。

断乳を始めるタイミングは、離乳食をしっかり食べれる7~8ヶ月くらいが目安

この頃になると寝る前に授乳してあげれば夜間授乳をする必要はなくなってくるでしょう。

離乳食も始めていない時期に夜間断乳をしてしまうと赤ちゃんの栄養も足りず、お母さんのおっぱいトラブルにもなりかねないので、助産師さんや検診の際にお医者さんに相談してから始めると安心です。

赤ちゃんがまとめて寝るようにママができること

夜間断乳は赤ちゃんがおっぱい欲しさに泣いてしまって余計眠れなくなったり、ストレスになってしまうのではないか。という方は昼間にも出来ることはたくさんあるので試してみましょう。

起きている時に赤ちゃんに話しかける

最初のうちは「あー」「うー」などしか話さない為、もちろん会話にはなりませんが無視せずにコミュニケーションを取ってあげて下さい。真似して「あー」と言ってあげると返してくれることもあるのでとても可愛いです。

赤ちゃんの身体を使って遊ぶ

歌いながら赤ちゃん足をもって動かしてあげたり、おもちゃで遊ばせてあげたりするだけでも赤ちゃんは疲れます。昼間にたくさん遊んで疲れることで夜にたくさん寝てくれるかもしれません。

お散歩に行く

生後1ヶ月をすぎると基本的には外に出ることができます。最初のうちは疲れてしまうので抱っこして家の周りをウロウロするだけでも構いません。

外に出ることも赤ちゃんにとってはとても疲れることです。徐々に距離と時間を伸ばしていきましょう。

暗くして寝る

どうせ少ししたら起きるしと部屋を明るいままにしておくと「夜は暗くて寝る時間なんだ」ということが身につきません。

真っ暗だと赤ちゃんの様子が見えなくて心配だと言う人は豆電球などで対応しましょう。

赤ちゃんの頃から生活リズムを整えることで夜の睡眠も整えよう

最初のうちは昼夜もわからずに好きな時に寝て好きな時に起きるというのが赤ちゃんのスタイルですが、少しずつ生活リズムを整えていき大人と一緒の生活をする準備をしていきましょう。

朝の6時半~7時位の間にはカーテンを開けて太陽の光を入れてあげましょう。

赤ちゃんに朝だから起きるよ~

ということを教えてあげます。

夜は20~21時位になったら暗くした寝室に連れて行き、寝る時間だよと教えます。この2つを意識することが大前提になってきます。

赤ちゃんの首がすわってくれると外出がとても楽になりますので、積極的に散歩に連れて行くようにしましょう。市の子育て施設に行って他の赤ちゃんと交流するのも一つの手です。
しかし、散歩する時間が夕方になってしまい2度目のお昼寝の時間がずれてしまうとその分夜寝る時間もずれてしまうので注意して下さい。

基本的にはお母さんの普段の生活リズムで子供も過ごしてもらうというような考えでいることがストレス無く生活できる秘訣です。