赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいるのではないでしょうか。

特に初めての子育ての場合、赤ちゃんの奇声をそのままにしても問題はないのか・原因や対処法に関する知識が少ないものです。

ここでは、5ヶ月の赤ちゃんが奇声をあげる原因と対処法についてお伝えします。まだ言葉を話せない赤ちゃんの気持ちを受け止め、ママにできる対策を行いましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

冬の赤ちゃんとのお出かけで準備しておきたい防寒アイテム

冬に赤ちゃんと一緒にお出かけする時には、防寒のためのアイテムが必要です。気温が下がり、冬本番にになる...

新生児が外出する時の服装ポイントを季節別でご紹介

抵抗力が弱い新生児を外出させる時、どんな服装がいいのか悩んでしまいます。特に夏や冬は外と室内の温...

新生児に必要な服と服装の注意点【夏生まれの赤ちゃん服】

これから赤ちゃんが生まれるというママは、新生児用にどんな服を何枚くらい揃えておけば良いのかと悩む方も...

生後4ヶ月【冬の服装】室内でのポイントや外出時の注意点を紹介

生後4ヶ月の赤ちゃんとの初めての冬。服装についても気をつけなければなりません。赤ちゃんを寒さから...

2人目育児は大変?2人目が男の子の場合の乗り越え方と育児術

望んでできた2人目なのに、周りから「育児は大変だよ。男の子ならもっと大変」と言われてしまうと、急に不...

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

4ヶ月になると赤ちゃんはママに睡眠時間をプレゼントしてくれる

赤ちゃんはまさに天使です。そこにいてくれるだけで、周りのみんなを癒し笑顔にしてくれます。...

9ヶ月の赤ちゃんの昼寝時間・寝ないときの対策と心がけたいこと

赤ちゃんが9ヶ月になり、昼寝の時間についてのお悩みを抱えているママもいるのではないでしょうか。9ヶ月...

新生児用の肌着は赤ちゃんにいつまで着せるのか紹介

赤ちゃんが生まれる時に用意するもののリストには、肌着が含まれていますよね?新生児用の肌着には、短...

2歳のイヤイヤ期や夜泣きは成長の証!無理せず上手な付き合い方

子供は2歳になるとイヤイヤ期が始まり、夜泣きをする子も多いです。そんな2歳児のイヤイヤ期や夜泣き...

1歳児のお昼寝時間と回数!寝ないときの対処法と寝かしつけ方法

1歳の子供の子育てをしているママの中には、子供のお昼寝時間が不規則なことに悩んでいる人もいるのではな...

1歳10ヶ月の子どもの睡眠時間の目安と子どもに合わせた就寝時間

赤ちゃんや子どもの月齢によって、それぞれ理想の睡眠時間や生活リズムがありますが、子どもの体力や性格に...

女の子の赤ちゃんはかわいい服がいっぱい!女の子育児の楽しさ

赤ちゃんは性別を問わずかわいいものですが、第一子なら女の子?男の子?と聞くと、ほとんどのママが女の子...

赤ちゃんが泣く理由を知って対処しよう!笑顔で育児をするために

初めての子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが泣く理由がわからずに悪戦苦闘している人もいるのではな...

新生児に布団は必要?夏はこうして布団をかけましょう

新生児の夏の布団はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?新生児用の布団セットを用意したけれど、...

5ヶ月の赤ちゃんが奇声をあげるのはなぜ?赤ちゃんの奇声の原因

5ヵ月の赤ちゃんが奇声をよく上げているのを見ると、ついつい不安になってしまう人も多いでしょう。

あまりにも奇声をよくあげているのを見ると、我が子が自閉症などの発達障害の疑いがあるのではないかと思ってしまうかもしれません。

しかし、赤ちゃんが奇声を上げるのはよくある事だといえます。
大体の場合があまり心配ないことなので気にしすぎなくてもよいでしょう。

5ヵ月の赤ちゃんが奇声をあげる原因は何にあるのでしょうか。

理由は様々ですが、5ヵ月になると耳の聞こえが良くなってくるので、自分の声に楽しんでいる可能性があります。赤ちゃんにとってはいろいろなことが初めてです。
その為、自分から声が出ていること自体が嬉しいのです。

また、眠たい時もやもやしているため、奇声のような声を出す場合もあります。

どちらの場合も赤ちゃんにはよくある事なので心配はいりません。

5ヶ月の赤ちゃんのご機嫌が悪いと奇声をあげることもある

他にも、奇声を上げる原因としては赤ちゃんの機嫌があまり良くない時に奇声を上げます。

先ほどお伝えしたような眠たい時に奇声を上げるのは、眠たいのになかなか自分の思い通りに寝られなくてむしゃくしゃした気持ちが表れているのでしょう。

また、5ヵ月になると徐々に自分の意思というものが出てきます。

その為、おもちゃをとりたくても思うように自分の体が動かないのが悔しくて奇声を上げる場合もあります。

お腹が減った時やおむつが不快なとき、お母さんに抱っこしてほしい時など、自分の意思を伝えるために奇声を上げることもあるのです。赤ちゃんはまだ自分の感情を泣くことでしか伝えられません。5ヵ月になると徐々に心が成長し、自分の意思表示の仕方も変わってくるのでしょう。

状況別・赤ちゃんが奇声をあげたときの対処法

5ヵ月の赤ちゃんが奇声を上げる理由は以上のことが考えられます。

赤ちゃんが奇声を上げた場合はどの様に対処すればよいのか

赤ちゃんが奇声を上げるとついつい焦ってしまうと思いますが、冷静に原因を見つけて対処してあげましょう。

まず、楽しんで声を上げている場合は無理やりやめさせる必要はないでしょう。
ただ、出先だと気になると思いますので、そういった場合はおもちゃを見せたり本を見せたりすることでほかに気を向けましょう。

そうすると奇声を上げなくなるでしょう。

また、自分の思い通りにならないので不機嫌になって奇声を上げる場合は、その状況を改善してあげましょう。

眠たいのに寝れない場合は気持ちも不安になっていると思いますので、お母さんが抱っこをして揺らしてあげましょう。

赤ちゃんの周りの環境を静かにしてあげて寝やすい環境を作ってあげましょう。

他に、お腹がすいている場合やおむつが不快な場合なども同じく対処してあげることで気持ちを落ち着かせてあげてくださいね。

5ヶ月の赤ちゃんが奇声をあげても心配のないことが多い

以上のように5ヵ月の赤ちゃんが奇声を上げることは成長過程の上でごく普通におきることです。

むしろ、今まで泣いてばかりいた赤ちゃんが新しい意思表示の表現方法を見つけたわけですから順調に成長していることが言えるでしょう。

赤ちゃんなりにお母さんとコミュニケーションを取ろうとしているので、赤ちゃんの様子を見てしっかり対処してあげるのが良いでしょう。

赤ちゃんも徐々に成長していけば他に自分の自己表現の方法を学んでいくので安心してくださいね。

また、赤ちゃんの個性もありますので、奇声をよくあげるのも個性の一つとして受け入れてあげましょうね。

あまりに奇声がひどいと心配になってしまうと思いますが、奇声を上げる以外に何か特別変わったことがなければ心配はいりません。

5ヶ月の赤ちゃんの奇声・心配なときの受診の目安

5ヵ月の赤ちゃんの奇声は心配いらないとお伝えしていきましたが、他に何か異変がある場合は注意して赤ちゃんを観察した方が良いでしょう。

もし、奇声以外に痙攣をおこしたり、足や手の動きが変だったり、白目をむいていたり、熱があるなどの症状がある場合は病院を受診した方が良いでしょう。

赤ちゃんの体調不良が原因で奇声を上げている場合があります。

また、赤ちゃんが奇声をよくあげるのを見ると、我が子が自閉症などの発達障害なのではないかと不安になる人もいるでしょう。

しかし、奇声を上げているからといって障害があると心配になりすぎることはありません。

5ヵ月の赤ちゃんの場合だと奇声を上げるのはまだまだ普通のことなので過剰に心配する必要はないでしょう。

まだしゃべれないため、奇声によって自分の心を表していることが多いのです。

出先などで奇声をあげられるとついつい焦ってしまいますが、赤ちゃんにとっては奇声を上げるのは普通のことなのです。