年の差のある人と結婚した時、子供が出来た時に想定される事柄

世の中の結婚するカップルの中には、彼氏や彼女との年齢が離れている年の差カップルでの結婚もあります。
愛があれば年の差なんて関係ないと言いたいところですが、子供を産んで育てるとなると、少し事情が変わってきます。
お互いが元気なうちなら問題ありませんが、年数が経つに連れて困った事情が出てくることも想定されます。
そんな年の差のある結婚をした場合の子供事情のあれこれについてご紹介しますので、これから結婚を考えている人や、結婚したばかりという人は、心構えのためにも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後4ヶ月【冬の服装】室内でのポイントや外出時の注意点を紹介

生後4ヶ月の赤ちゃんとの初めての冬。服装についても気をつけなければなりません。赤ちゃんを寒さから...

貧乏家族の食事【子供も喜ぶ】上手な食費節約のコツや工夫を紹介

貧乏でも家族のために日々の食事を工夫しながら節約をしたいと考えるあなた。食事を作るときの工夫や買...

夜間に楽な授乳姿勢は?正しい姿勢と授乳のコツをアドバイス

夜間の授乳はママも大変なものです。睡魔と戦いながら赤ちゃんに授乳をするときは、できるだけ楽な姿勢で授...

9ヶ月の赤ちゃんも怒る?赤ちゃんが怒ったときの対処方法

9ヶ月の赤ちゃんはどんなことで怒るのでしょうか?ご飯は食べたし、お昼寝もした、オムツも変えたのに泣い...

虫除けは自分で作れる?赤ちゃんにも使える手作り虫よけ剤

夏場の暑い季節には虫の存在が気になります。赤ちゃんがお家にいる方は、虫よけ剤を使用したいけど、市販品...

春の赤ちゃんの服装!快適に過ごせる選び方のポイントやコーデ

春は気温の変化が激しいので赤ちゃんの服装選びにも悩むもの。室内ではまだ暖房がきいていることもあれ...

1歳4ヶ月の子どもが起こす癇癪の原因と対処法・言葉の掛け方

一般的に2歳~3歳の頃にピークを迎えるといわれている癇癪ですが、早い子では1歳を過ぎた頃から始まりま...

【夜泣き】2歳児の激しい夜泣きの原因と正しい対処法

一般的に1歳半頃までに落ち着くと言われている夜泣きですが、1歳半を過ぎても尚夜泣きが続いて困っている...

毎日がイライラ、子育てでストレスを感じたら

仕事には休みがあっても、子育てには休みがなく、毎日イライラしているママは数多くいます。しかし、子...

生後8ヶ月の赤ちゃんの生活リズムとおすすめの遊び・関わり方

初めての子育てをしていると、日々成長する我が子に追いつくことが出来ず、正しい関わりが出来ているのかわ...

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

乳児の冬時期の布団選びや注意点、防寒対策+事故防止を意識して

冬の寒い時期に乳児を寝かせる時、寒くないだろうか、汗はかいてないかかとママは不安になってしまいます。...

冷凍ご飯をおかゆに【離乳食】に便利な作り方やレンジの活用法

離乳食を食べる時期になると、ご飯が食べられるようになった喜びとともに毎日の食事の支度が大変な面がある...

【赤ちゃんの後追い】ママだけでなくパパも後追い!対処法を解説

赤ちゃんが成長していくと、ある時期を迎えると後追いをすることもあります。赤ちゃんの後追い対象者はママ...

2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっ...

年の差結婚で子供が出来た時のメリット

年の差11歳で結婚をした私達夫婦。
2人での結婚生活は、年上で経済的にも精神的にも余裕がある旦那に、ヒステリーぎみの私が心底癒やされ、順風満帆といった所でしたが、子供が産まれるとなると、話は別。
2人の将来は何となく想像しながら結婚をしましたが、子供を含めた家族全員の将来のこととなると、この先幸せなことばかりではないということがよくわかってきます。私達夫婦が、主人が年上の年の差結婚ですので、この記事で取り上げるモデル例は、男性が年上の年の差結婚に限らせていただきますが、年の差結婚のメリット・デメリットを逆にすれば、女性が年上のパターンでも参考になるのではないかと思いますので、ぜひご覧下さい。

年の差結婚をした夫婦が子供を授かることのメリットは、出産準備や育児にかかる出費への不安が少ないということです。

年上の主人は、私と同年代の男性の平均年収よりも所得がウンと高くなりますから、産前産後の育児休暇などで私が仕事を辞めたとしても、一馬力で十分に子育てをしていくだけの経済的余裕があります。

また、日頃の結婚生活からも、あれこれと切羽詰まりがちな私に比べると、年上の主人は落ち着いて冷静な立場で接してくれるため、育児への不安にも傾聴姿勢があり、実際に家事を手伝ってくれたり、育児参加も期待できます。

年の差結婚をした私達は、聞く音楽や食べ物の好み、趣味などに違いがあります。
その夫婦の間に産まれてきた子供は、お父さんの文化、お母さんの文化の違いを肌で感じ、その分経験が増えたり、多種多様さを学んだりする機会が多くなると言えます。
そのため将来、物事を広く捉える力が自然と身についていく可能性が高いです。

年の差結婚で子供が出来た時のデメリット

次に取り上げるのが、年の差結婚で子供を授かることのデメリットです。

まず、私が今現在直面しているのが、育児と介護の両立です。
主人が年上なので、義両親の年齢は私の祖父母と同年代。まさに介護が必要な世代で、今現在私は身重な状態のまま、自宅と義実家を義父の介護のため行き来しています。
私の両親が近くにいれば、今後子供を両親に任せて介護に専念できるのかもしれませんが、実家が遠く知り合いや親戚も近くにいないため、それは難しい状態で、今後は小さな子供を抱えながら、義実家の近くへの移住や同居も検討していくことになっています。

義両親が高齢だということは、子供の子守をお願いできないという点でも辛いです。

乳児の間であればまだしも、歩き始めてチョロチョロする時期や、盛んに動き回る学齢期などは、老いた義両親に子供の面倒をお願いすることは出来ません。
そのため、産後に職場復帰する際には働き方を考えなければいけませんし、両親の介護や子供の体調不良などに備えた社会サービスの利用を早い段階から情報収集していかなければなりません。

先程メリットであげた経済的余裕は、子供が大きくなるにつれて経済的不安へと変わっていきます。

我が家の場合には、子供が大学生になるころには主人は定年退職の年齢を迎えていますので、子供が成人するまでにかかる教育費などの費用は、今のうちから計画的にコツコツと貯蓄していく他ありません。
主人が退職した後、私が定年退職を迎えるまでは10年以上ありますので、主人が第二の人生を満喫する頃には、私は若い頃にラクをさせてもらった分、セッセと仕事をして生活費と子供の教育費を稼ぐ必要があります。
主人は今から「定年をすぎたらヒモ男になるから宜しくね。」などと言っていますが、言われる私としては、その頃家計が火の車になっていやしないかと、とても不安な気持ちになります。

主人が気にしているのが、若いお父さんの存在です。
同年代のお子さんのご両親は当然のことながら若い方が多いので、「あと10歳若かったらな…。」というのが主人の口癖になっています。
私は保育士をしていたことがあるのですが、保育園にお迎えに来る中年のお父さんは、よく外の子どもたちに「○○ちゃんのおじいちゃんがお迎えに来たよ!」と間違えられていたのを目にしているので、これから主人は寂しい思いをすることが多々あるのではないかと想像しています。

年の差結婚をした夫婦が子供をうまく育てるには

年の差結婚で子供を授かった時のメリット・デメリットはこれまで紹介した通りです。
これは私が感じていることなので、この他にも沢山のメリット・デメリットがあるのかもしれませんが、子育てをする上で大切なことは、メリット・デメリットばかりに目を向けることではなく、夫婦2人で協力して仲良く子育てを楽しむことだと思っています。

年の差結婚をする上で、子供の育児方針が異なることは多々あります。

年が離れていればいるほど、育ってきた生活背景が異なりますので、その影響は主人と私だけの問題ではなく、旦那と私の両親、私と義両親にまで及ぶこともあります。

大切なことは、夫婦2人がお互いを認め合い、尊重し合うということで、どちらか一方の価値観だけを押し通そうとすると必ず衝突してしまい上手くいかないので、まずは相手の意見を良く聞くことが重要です。
例えば、主人は悪いことをした時には両親に叩かれて育ってきた世代なので、自分の子供が悪いことをした時には多少の罰を与えなければ、子供に言うことをきかせられないと思っているのですが、私はそれを全く望んでいませんので、子育てに関する考え方はこの点では真逆です。
真っ向から「いけないことだ」と否定してしまうと、主人自身が否定された気持ちになってしまって面白くないでしょうし、聞く耳を持たなくなってしまっては困るので、私は「あなたの時代は確かにそうだったよね」「これからは褒めて伸ばすのが正しいやり方らしいよ」と新しい考え方を徐々に提案していく方法で歩みよる様にしています。

無理に相手に合わせてもらおうとするのではなく、実際に自分が子供と接する姿を見せることで、「こんな風に関わる方法もあるんだ」ということに気がついてもらえたらラッキーですね。

何事も無理やりどうにかしようとすれば失敗しますが、無理せず楽しむ、まずは受け入れる、歩み寄る、話さなければいけない時にはとことん話し合う、のバランスを上手く保ちながら、夫婦円満に過ごしていけたら、子育てもきっと上手くいくはずです。

年の差結婚で授かった子供を育てるなら、将来をしっかり見据えよう

年の差結婚で子供を授かった時のデメリットでも紹介したように、子供が一番お金のかかる、高校、大学の時期に、主人が定年を迎えるパターンは、他の年の差結婚の夫婦にも多いように思います。

子供の教育費の問題は、他のデメリットのどの問題よりも深刻な問題で、他のことはどうにかなったとしても、お金がなければどうにもなりません。

そのため、今から子供の将来にかかるお金のことをしっかり見据えて置くことが大切で、貯蓄、積立、保険は特に必須です。
また、今現在は経済的に余裕があったとしても、働けるのであれば妻も働いておいた方が将来のためです。余裕がある分は無駄遣いせずしっかりと貯めておくことで、少なくても将来の足しにはなるはずです。
主人が定年を迎えた時に、私が家計を支えられるかどうかは、妻の選ぶ職業にも関係してきます。
生涯パートでは十分な生活費を稼ぐことは難しいので、ある程度子育てが落ち着いた段階で、正職員になれる職場に就職をするか、今のうちに資格を取って独立する計画を立てる等、その人のスキルによって方法は様々ですが、安定した職業に就くということも大切ですね。

年の差のある結婚をする場合は、早めに子供のことを考えよう

私達夫婦は、結婚をする以前に子供のことについて話し合う機会がありました。
主人も自分の年齢のことを心配していましたし、私も主人の年齢のことを考えれば子供は早い方がいいと思ったので、「結婚したらすぐの妊娠を目指そう」という思いを一致させてからの結婚でした。

男女どちらが年上の場合であっても、子供を授かるにはタイムリミットがあります。
将来子供を何人授かりたいと考えているのかにもよりますが、子供の計画は早い段階で2人で話し合い、「夫婦2人で過ごす期間を多めに取る」「すぐに子供を産む」の選択をすることをおすすめします。