冬の服の素材は赤ちゃんを抱っこしても安心なものを選びましょう

赤ちゃんの冬の服はどんな素材を選べばいいのでしょうか。また、赤ちゃんを抱っこするママの服の素材もどんなものがいいのか迷ってしまいますよね。

そんなときには、この素材を選ぶといいでしょう。

冬のコーデは、暖かさはもちろんですが赤ちゃんと一緒のときにはこのようなことに気をつけると赤ちゃんもママも快適になりそうです。赤ちゃんがいるママの冬服について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

【二人目出産】上の子は入院中どこで誰に見てもらうのが良いのか

すでに子供がいて、二人目の出産を控えている妊婦さんにとって、一番の心配事は、出産のことよりも二人目出...

子供用品スッキリ収納アイデア!隠す収納でも使いやすくするコツ

子供が生まれると、おむつやベビー用のケア用品、たくさんの衣類など、多くのものが必要になります。部屋の...

赤ちゃんの生後2ヶ月におすすめの服装選びと外出時のポイント

赤ちゃんも生後2ヶ月になると、体も成長しどんどん動きも激しくなってきます。この頃の赤ちゃんには、どの...

新生児と一緒に冬の外出をするときに必要なアイテムやポイント

新生児はいつから外出をしてもいいのでしょうか?寒い冬はどのような服を着せればいいのでしょう。...

2才の子どもが夜中に起きる・夜泣きをするのはなぜ?原因と対策

2才の子どもを育てているママの中には、子どもが夜中に起きるようになる・夜泣きが再び始まってしまったこ...

女の子でも「赤ちゃんの髪の毛薄い現象」が起きてもおかしくない

男の子でも女の子でも赤ちゃんは可愛いですよね。赤ちゃんの特徴の中で、可愛い以外にあるのが、「髪の...

4ヶ月の赤ちゃんが寝る時間はどのくらい?寝かしつけの方法

4ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらい寝る時間が必要なのでしょうか。午前中、午後、夕方にお昼寝をして...

赤ちゃんと買い物はいつから?楽しむために大切なポイントを紹介

赤ちゃんとの買い物はいつから行けるのか楽しみなママ。そのために可愛いベビー服や帽子を用意していたりし...

3ヶ月の赤ちゃんの寝る時間について学び育児に活かそう

3ヶ月の赤ちゃんはまだまとまって寝ません。夜中に何度も起きてしまうのはお母さんも辛いです。...

新生児が外出する時の服装ポイントを季節別でご紹介

抵抗力が弱い新生児を外出させる時、どんな服装がいいのか悩んでしまいます。特に夏や冬は外と室内の温...

生後1歳2ヶ月の赤ちゃんの発達のようすと関わり方のポイント

初めての出産、育児を経験しているママにとって、子供の成長は目まぐるしく、ついていくのがやっと。忙...

【離乳食】10倍がゆをご飯から電子レンジ・鍋・炊飯器で作ろう

赤ちゃんが生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始する時期がやってきます。初めての子育ての場合、離乳食...

【生後6ヶ月の赤ちゃん】よく寝る子の特徴と寝ない子への対処法

赤ちゃんの睡眠時間には個人差があり、よく寝る子もいれば沢山泣いてママを困らせてしまう子もいます。...

3ヶ月の赤ちゃんが寝ないとお困りのママへ。寝かしつけのコツ

赤ちゃんも生後3ヶ月になり、今までよりは良く寝てくれるようになってくれるかなぁと思っているママもいる...

4ヶ月の赤ちゃんの昼寝時間と回数・寝かしつけの方法を解説

4ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中の新米ママの中には、赤ちゃんの昼寝の時間が短いのではないか、お昼寝を...

冬の服はゴワゴワしがち赤ちゃんにおすすめな素材

赤ちゃんの肌は敏感で刺激に弱い

ママの場合、赤ちゃんを抱きあげたりすることも多いので、着る服にも気を遣う必要があります。

特に、冬はセーターなどを着る機会が多いですが、冬は湿度が低く、肌も乾燥しがちなので、赤ちゃんにとってはセーターの細かい繊維が肌に刺激になってしまうこともあります。

生まれたばかりの赤ちゃんにも刺激が少なく、安心して使える素材は、木綿です。

木綿製の生地は肌触りもよく、繊維も柔らかいので、赤ちゃんの肌に触れても刺激になることはありません。

冬の服は、赤ちゃんに触れることを意識して赤ちゃんにとっても刺激がない木綿製の服を選ぶようにすることがおすすめです。

新生児に着せる服も綿100%の素材の服が理想的です。

新生児はまだ起き上がることも出来ず、一日中寝ている状態なので、服が常に肌に触れる状態です。

そのため、赤ちゃんにとって肌に優しい綿素材の服はベストです。

ママの冬服の素材選びも大切コートの選びかたについて

抱っこ紐が取り付けられたママ用コートもメリット

秋から冬に生まれた赤ちゃんにとっては、外の寒い空気は強い刺激になるので、外に出る時にはしっかりとした防寒対策が必須です。

まだベビーカーに乗せられない新生児では、ママやパパが抱っこやおんぶして移動することになりますが、赤ちゃんを抱っこする側も着る物で防寒しなくてはいけないので、例えばボリュームのあるダウンコートを着て、前に赤ちゃんを抱っこすると、身動きがとれないほどのボリューム感になってしまうこともあります。

ママのコート選びも大切なポイントです。

コートを着て抱っこをすることが多いのなら、ママ用のコートを選ぶという選択肢もあります。

ママ用のコートは、抱っこ紐がすでに取り付けられているため、前で赤ちゃんを抱っこしても違和感がないような自然な作りになっていて、着用の度に取り外したり、取り付けなくてはいけない抱っこ紐のデメリットをカバーした作りになっています。

赤ちゃんが成長して抱っこが必要なくなれば、抱っこ紐の部分だけを取り外せば、普通のコートとして使える物も多くあるので、長く使えるというメリットもあります。

気に入ったデザインがあったり、抱っこして外出する機会が多い人にとっては、このようなママ用コートも活躍するアイテムになります。

冬の服はインナーを薄めにコートは防寒を強めにするのがおすすめ

赤ちゃんと密着するママは暑さを感じることも

赤ちゃんを抱っこしていると、赤ちゃんの体温が肌から伝わって、心も体も温まりますよね。

私も子どもが赤ちゃんだった頃、その年一番気温が低いという記録的な日に動物園に行ったことがありますが、夫があまりの寒さに震えていた一方、私は抱っこしている子どものおかげでそんなに寒さを感じずに過ごすことが出来ました。

抱っこは、赤ちゃんと向かいあわせで体温をより近く感じることが出来るので、気温によっては暑さを感じるほどということもあります。

抱っこ紐は、安全のため簡単に取り外せないので、暑さを感じて着替えたいなと思っても簡単には着替えることが出来ません。

そのため、赤ちゃんを抱っこするママのインナーは薄めがベストです。

その分、上から羽織るコートを厚めで温かい素材を選ぶなど、脱ぎ着のしやすさを重点的に考えると良いでしょう。

赤ちゃんが一番!だけどおしゃれもしたいときの服デザイン

コートはオーバーサイズは今風

赤ちゃんが可愛いのは言うまでもありません。

それが我が子ならなおさらですよね。

赤ちゃんの「今」しかない表情や動き、仕草はたくさんあり、育児に追われながらもそんな宝物に出合うために日々を頑張っているママはたくさんいるでしょう。

ママになってもオシャレを楽しみたい!というのは当然の権利です。

赤ちゃんがいるからと言ってオシャレを諦めるのではなく、赤ちゃんと一緒の時間を大切にしながらもオシャレを楽しみたいという人は多いのではないでしょうか。

抱っこ紐で赤ちゃんを抱っこしながらも、オシャレに着こなせるコートや服はたくさんあります。

コートなら、オーバーサイズの物を選べば、抱っこ紐をしていても上から軽く羽織ることが出来ます。

オーバーサイズコートは、ジャストサイズのコートよりも今っぽく着こなせる優秀なアイテムです。抱っこ紐を付けていない時でも、時や場所を選ばず着こなせて便利なアイテムになります。

冬の服の素材や抱っこ紐の扱いに気をつけましょう

抱っこ紐で赤ちゃんがかぶれてしまう原因とは

私が子どもを抱っこ紐で抱っこしていた時、いつも決まって抱っこ紐の紐が汚れていることに気付いたので、不思議に思って観察していると、抱っこ紐の同じ場所に顔がくっつき、よだれで汚れているということに気が付きました。

抱っこ紐では赤ちゃんとママが向かいあわせの状態で、赤ちゃんを固定するため、抱っこ紐をキツくしてしまうと、赤ちゃんが苦しくなったり、赤ちゃんの顔が服や抱っこ紐に当たって擦れてしまうこともあります。

動きが制限される状態では、同じ場所ばかりが当たって、余計にかぶれてしまうということも。

そのため、抱っこをするママは、服の素材を赤ちゃんに優しいものにしたり、抱っこ紐の当たる部分にはよだれかけでカバーするなど、対策をすることが大切です。特に、抱っこ紐自体はしっかりとした硬めの素材なので、赤ちゃんの柔らかい肌には刺激になることもあるのです。