2歳のイヤイヤ期や夜泣きは成長の証!無理せず上手な付き合い方

子供は2歳になるとイヤイヤ期が始まり、夜泣きをする子も多いです。
そんな2歳児のイヤイヤ期や夜泣きに悩むお母さんは必見です。

そこで、2歳児のイヤイヤ期や夜泣きの上手な付き合い方についてお伝えしていきましょう。

イヤイヤ期も夜泣きもずっと続くわけではなく、いつかはだんだん落ち着いてきます。
ぜひ参考に前向きに考えて上手に子供と向き合っていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっ...

4ヶ月の赤ちゃんはどんなスケジュールを送っているのか知りたい

赤ちゃんが4ヶ月になり、少しだけ育児にも慣れてきたと感じる頃だと思います。ですが、中には新生児の...

赤ちゃんの睡眠時間が短いのはなぜ?原因と対処法を解説

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますと、睡眠時間が短いのでは?とママは心配になります。新生児~1歳頃...

生後11ヶ月の赤ちゃんが奇声を発するのはなぜ?理由と対処方法

生後11ヶ月頃、1歳を迎える少し前に急に赤ちゃんが奇声を発し始めることがあります。ママにとっ...

生後3ヶ月の赤ちゃんが昼寝をしすぎる?赤ちゃんの睡眠について

初めての赤ちゃんとの生活はわからないことだらけで、ママにとって不安を感じる場面も沢山あることでし...

7ヶ月のお昼寝時間や生活リズムの整え方!寝かしつけのコツ

生後7ヶ月の赤ちゃんはお昼寝の時間はどのくらい必要なのかと気になるお母さんもいるでしょう。7ヶ月にな...

3ヶ月の赤ちゃんが夜中に起きる理由と対処方法について

3ヶ月になると夜中に起きることが少なくなるのでは?徐々に伸びていくる赤ちゃんの睡眠時間ですが、赤ちゃ...

4ヶ月の赤ちゃんが寝る時間はどのくらい?寝かしつけの方法

4ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらい寝る時間が必要なのでしょうか。午前中、午後、夕方にお昼寝をして...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

3ヶ月の赤ちゃんの成長の様子とママとの過ごし方のポイント

3ヶ月になった赤ちゃんは、生まれたての新生児の頃とはずいぶんと変わり、生活のリズムにも変化が出てきて...

1歳児のお昼寝時間と回数!寝ないときの対処法と寝かしつけ方法

1歳の子供の子育てをしているママの中には、子供のお昼寝時間が不規則なことに悩んでいる人もいるのではな...

子供用品スッキリ収納アイデア!隠す収納でも使いやすくするコツ

子供が生まれると、おむつやベビー用のケア用品、たくさんの衣類など、多くのものが必要になります。部屋の...

生後1歳2ヶ月の赤ちゃんの発達のようすと関わり方のポイント

初めての出産、育児を経験しているママにとって、子供の成長は目まぐるしく、ついていくのがやっと。忙...

6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由を考えて前向きになれる工夫を紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんは急に奇声をあげて叫ぶことがあります。そんな赤ちゃんの行動に心配してしまうお母さ...

生後五ヶ月のお昼寝はどのくらい?お昼寝の目安について

生後五ヶ月は、一日のリズムが段々と整ってくる時期です。お昼寝もまとまってするようになってくるでしょう...

2歳のイヤイヤ期の夜泣きには起こしてあげるのがおすすめ

2歳のイヤイヤ期に夜泣きをする場合には、一旦起こしてあげると泣くのが収まるでしょう。イヤイヤ期には日中子供は様々な事を我慢しています。思い通りにならない多くの事柄があり、その不満な気持ちが寝ている間に夜泣きとして表れるのではないかと考えられます。

【夜泣き】寝ている本人は無意識に泣いている

その状態では何を言っても何をしても泣き続け、なかなか収まりません。一旦起こすと子供の意識が戻るので泣きやみます。

我が家には現在7歳と3歳の子供がいますが、下の子が毎日夜泣きをして大変でした。上の子は寝付くまでにとても時間がかかり寝かしつけが大変だったのですが、寝てしまうと朝までぐっすりで起きませんでした。しかし、下の子は寝るのは寝かしつけなくてもすぐに寝てくれたのですが、必ずと言ってよい程毎晩夜泣きをしました。8時頃に寝て、私が寝床に入り寝かけた11時頃に決まって「エーン!」と泣き出すのです。毎晩うんざりとしてしまいました。

起きている間はとても機嫌がよく聞き分けもよく、とっても育て易い子供だったのですが寝ている間だけが別人のようでした。
どんなに夜泣きをしても朝起きた時には機嫌が良くいつもの子供に戻っていました。

同じ年頃の子供を持つ近所のママも、やはり昼間はとても素直で良い子だけれども夜泣きが酷いと話していました。

2歳のイヤイヤ期では、イヤイヤをたくさんする子供もそうでない子供もそれぞれ様々な事を我慢して多くのストレスを抱え込んでいるのでしょう。

イヤイヤ期の2歳児の夜泣きが続くなら生活リズムを整えましょう

日中の生活リズムが崩れていると夜泣きが悪化します。

いつもお昼寝をするのにしなかった日などは決まっていつも以上に夜泣きが酷くなりました。

最初のうちは「昼寝をしなかったから夜はぐっすり寝るだろう」と考えていたのですがその期待はことごとく裏切られ、いつも以上に酷い夜泣きに悩まされました。
疲れすぎて神経が高ぶり眠りが浅くなるのでしょう。子供がお昼寝をしない日というのはお出掛けをした場合などで親も疲れている事が多く、いつも以上に夜泣きが身に堪えました。

生活リズムが崩れるとそれだけ子供にとっても負担がかかっているという事なのでしょう。
子供の生活リズムを崩さないようにすることが夜泣き防止のためにも大切です。

2歳児のイヤイヤ期や夜泣きにママはストレスを溜めないことが大切

日中にイヤイヤされてその対応に追われ、夜は夜泣きの対応に追われる。これではママは疲れ果ててしまいます。

日中は子供のイヤイヤに付き合って振り回されないことが大切

イヤイヤをまずは受け入れて子供の気持ちを収めてから思い通りに動かすのです。子供は自分の嫌な気持ちがママに分かってもらえて受け入れてもらえたとわかると安心して、その後の話を聞いてくれるようになります。こどもがイヤイヤ言い始めたらまずは「そうなの、わかるよ」などと同調して受け入れて「でも、これもいいよ」などとして欲しい事を提案してみましょう。

それでもイヤイヤが収まらない場合には

「そうなの。でも今はそれはできないのよ。困ったね…」

などと同調してからしばらくの間放っておきましょう。

昼間はイヤイヤされて夜間は夜泣きされるとママは休まる暇がありません。

子供が就寝した後がホッとできるひと時なのに、その時間にエーン!と夜泣きが始まると安らぐ時がありません。

また、子供が寝た後に家事などを終えて寝始めた途端にエーン!と泣かれるとこちらが泣きたくなります。

子供の夜泣きはママの心身を消耗させます。その辛さを乗り越えるためには何かしらでエネルギーを補充したり休息する時間が必要です。
自分が元気になれるようなおやつを用意したり、祖父母や地域の託児などを利用するなど可能な手段で元気と時間を手に入れましょう。

子供の夜泣きにイライラしたときはママも一緒に寝不足を解消

夜泣きが続きイライラが溜まってきた時には子供を寝せる時間に一緒に寝てしまい寝不足を解消しましょう。
寝不足は多くの人にとって大変辛いものです。

私は子供が小さいうちは寝不足が続き非常に怒りっぽくなっていました。

極度の睡眠不足は人の人格を変えてしまいます。

とにかく睡眠時間を確保することがイライラ解消に繋がり子供のためにもなります。
子供を寝せるまでの間に自分の寝支度も終わらせておき、一緒に寝てしまいましょう。

そうすると子供が夜泣きしてもそれなりに睡眠時間を確保することができます。

いつかは治まるので無理せずうまく乗り切りましょう

夜泣きは親にとっても大変な事ですが、いつかは終わりがくるのでなんとか乗り切りましょう。

我が家の子供は3歳になったときには夜泣きをしなくなっていました。段々と夜泣きする日が減ってきて、気がついたらしなくなっていたのです。
子供が自分の意思を言葉でなんでも伝えられるようになったら収まったように感じられます。

イヤイヤ期の夜泣きは、様々な事柄を考えて分かるようになり自分の意思があるのにそれを親にうまく伝えられない。
そんなもどかしい気持ちがストレスとなり夜泣きとして表れるのかもしれません。

育児はとても大変ですが救いはいつかは終わりがやってくるということです。子供は日々成長しているので状況は着実に変化します。