新生児に布団は必要?夏はこうして布団をかけましょう

新生児の夏の布団はどのようなものを用意したらいいのでしょうか?新生児用の布団セットを用意したけれど、かけても蹴飛ばすのはナゼなのでしょう。

新生児は思っている以上に暑がりで汗っかきです。

できるだけ、新生児のすごしやすい環境を整えてあげましょう。夏の掛け布団でおすすめなのはこのようなアイテムになります。夏に生まれた新生児の布団について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

2歳のイヤイヤ期や夜泣きは成長の証!無理せず上手な付き合い方

子供は2歳になるとイヤイヤ期が始まり、夜泣きをする子も多いです。そんな2歳児のイヤイヤ期や夜泣き...

1ヶ月の赤ちゃんの服装とは?寝る時やお出かけの服について

1ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするときにはどのような服装にしたらいいのでしょうか。1ヶ月健診や...

大根を使った離乳食レシピ【初期】保存方法と離乳食の作り方

赤ちゃんの離乳食のスタートが近くなると、離乳食初期の頃は一体どんな食材を食べることができるのか気にな...

2歳8ヶ月の子供のイヤイヤ、癇癪の理由や対処方法をご紹介

子供には1歳半から2歳にかけて、イヤイヤ期が訪れると耳にします。しかし中には意外と大きなイヤイヤ期が...

生後8ヶ月の赤ちゃんの寝る時間や睡眠・成長・活動の特徴

初めての育児に挑戦中のママにとって、子どもの成長は嬉しいと共にいつも心配や不安と隣り合わせ。赤ち...

生後11ヶ月の赤ちゃんが奇声を発するのはなぜ?理由と対処方法

生後11ヶ月頃、1歳を迎える少し前に急に赤ちゃんが奇声を発し始めることがあります。ママにとっ...

1歳10ヶ月の子どもの睡眠時間の目安と子どもに合わせた就寝時間

赤ちゃんや子どもの月齢によって、それぞれ理想の睡眠時間や生活リズムがありますが、子どもの体力や性格に...

【二人目出産】上の子は入院中どこで誰に見てもらうのが良いのか

すでに子供がいて、二人目の出産を控えている妊婦さんにとって、一番の心配事は、出産のことよりも二人目出...

新生児に必要な服と服装の注意点【夏生まれの赤ちゃん服】

これから赤ちゃんが生まれるというママは、新生児用にどんな服を何枚くらい揃えておけば良いのかと悩む方も...

【離乳食】10倍がゆをご飯から電子レンジ・鍋・炊飯器で作ろう

赤ちゃんが生後5~6ヶ月頃になると、離乳食を開始する時期がやってきます。初めての子育ての場合、離乳食...

貧乏家族の食事【子供も喜ぶ】上手な食費節約のコツや工夫を紹介

貧乏でも家族のために日々の食事を工夫しながら節約をしたいと考えるあなた。食事を作るときの工夫や買...

中性洗剤でのお洗濯は赤ちゃんにおすすめ!洗い方のポイント

中性洗剤を使ったお洗濯は赤ちゃんの衣類のお洗濯にもおすすめです。では、どうして中性洗剤が赤ちゃん...

4ヶ月の赤ちゃんが寝る時間はどのくらい?寝かしつけの方法

4ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらい寝る時間が必要なのでしょうか。午前中、午後、夕方にお昼寝をして...

年の差のある人と結婚した時、子供が出来た時に想定される事柄

世の中の結婚するカップルの中には、彼氏や彼女との年齢が離れている年の差カップルでの結婚もあります。...

赤ちゃんの肌着はいつまで?月齢よりも成長に合わせましょう

赤ちゃんの肌着はいつまで着せたらいいのでしょうか?新生児のときに着せる肌着はいつまで使えるのか、判断...

新生児にかける夏の布団は薄くて軽いものがおすすめ

赤ちゃんは驚くほど暑がり屋さんです。夏に使用する布団はできるだけ薄くて軽いものを選びましょう。

夏は薄手のバスタオル一枚で充分

私は寒がりなので赤ちゃんを育てていると「本当にこれでいいの!?」と不安に思うことが何度もありました。子供が小学生になった現在でも、自分と比較して布団の少なさに感心してしまいます。
赤ちゃんは大人よりもかなり暑がりなので、大人の感覚で布団をかけると暑がって泣いたりします。

我が家の上の子供は9月生まれ、下の子は5月生まれでした。上の子が新生児の頃は涼しくなり始める季節だったので赤ちゃん用の布団を使用しましたが、下の子は夏に向かう暑い時期だったので昼寝の時はずっとバスタオルのみでした。それでも夜間は薄手の布団をかけたのですが、これは赤ちゃんにとっては暑かったのかも知れません。

下の子はとにかくよく夜泣きをする子供でした。

毎晩夜中に泣かれ大変だったのですが、自分で布団を蹴散らしたり脱出できるようになった頃から夜泣きが軽減しました。

ある日、朝までぐっすりと眠った日がありました。見ると布団から完全に飛び出て足が少しひんやりとしています。しかし、とても気持ち良さそうにすやすやと眠っています。

その時に気がついたのです。今までは布団のかけすぎで暑くてよく眠れずに夜泣きをしていたのだという事に。新生児のうちは暑くても布団を蹴散らしたり脱出出来なかったので暑くても逃れる事が出来ずによく泣いていたのでしょう。

3歳になった今でも、夏は何も被らずに寝ています。寝るときには被っていますが必ず夜中の間に飛び出して何も被っていない状態になります。冬でも薄手の布団一枚が調度良いようです。気遣って布団を掛けると「暑い!」と嫌がります。

新生児の夏の布団はコレが使えます

新生児の夏には布団は不要でしょう。布団の代わりに薄手のバスタオルを使用する事をおすすめします。

夏は片面ガーゼで片面パイルになった薄手のバスタオルがおすすめ

暑い日にはパイルになっていないガーゼのバスタオルが大活躍しました。足を触ってみて汗をかいていたり暑くなっている場合にはバスタオルではなくフェイスタオルをお腹部分だけにかけて足は出るようにしました。
赤ちゃんはまだ暑い寒いと自分で言えないので、頭や手足を触ってみていつもより熱い場合には掛け物を減らし、冷たい場合には追加します。

新生児のうちはバスタオルを2つ折にして掛けたり、一枚にして掛けて調節するのもよいでしょう。

バスタオルでも厚めであったり保温性が良いようなタイプのものもあります。夏にはガーゼのサラッとした熱がこもらないタイプのバスタオルを選びましょう。

少し涼しくなってきた場合にはバスタオルを厚手のものに変えていくと秋頃までバスタオルで対応できます。

新生児のうちは布団を蹴散らしたり引っ張り上げたりできないのでこまめに手足を触って温度調節をしてあげましょう。就寝中は手足が少しひんやりする程度が赤ちゃんにとっては心地良いようです。

夏生まれの新生児は布団以外の調節も忘れずにしましょう

服や肌着の厚さ、着せる服の組み合わせでも温度調節してあげましょう。暑い夏には短肌着と長肌着を組み合わせたり長肌着や短肌着一枚で着せるようにします。

春秋頃は短肌着にベビードレス、冬は長肌着ベビードレスを組み合わせるとよい

赤ちゃんはできるだけ自然の気候を体感させて育てると暑い時にはしっかりと汗をかいて体温調節でき、寒さにも強い子供に育ちます。

あまりに暑いと熱中症になったりと命にかかわる事態になってしまいます。

扇風機やエアコンを上手く利用しましょう。

扇風機は赤ちゃんに直接風が当たらないようにしましょう。特に顔に当たらないように角度を調節します。
エアコンも同様です。風が当たり続けるとあっという間に体温が低下してしまいます。

夏の布団を新生児が蹴る、蹴飛ばすときの対処方法

新生児でも足先に布団が被っていると、足を動かし続けているうちに徐々にずれて布団を蹴飛ばしてしまいます。
布団を蹴飛ばすのは暑いからなのか、それとも単に足を動かしていて布団がずれていくのかはわかりません。

赤ちゃんの足を触って熱いようであればバスタオルをお腹部分にだけ掛けてあげるとよいでしょう。
エアコンの風が当たったりするので布団をかけて置きたい場合には薄手のスリーパーを使用する方法もあります。

新生児が寝るのに快適な室温とは?夏の設定温度について

夏は室温を24度から28度程度、湿度は60パーセント程度が適当

湿度によって体感温度は異なり、湿度が高い場合には実際の温度よりも暑く感じます。
赤ちゃんを快適な環境で育てたいと思うものですが、夏にはある程度の暑さを体験させて汗をかかせる事は大切です。

赤ちゃんのうちに多くの汗をかくと多くの汗腺が開通します。そうすると暑い時には汗をしっかりとかいて体温調節が上手にできる身体を作ることができます。

夏には適度な暑さを経験させてしっかりと汗をかける身体作りをしてあげましょう。
汗腺の発達は2歳から3歳頃までと言われています。それまでに汗をかける環境を与えるようにしましょう。但し赤ちゃんはまだ体温調節が充分に出来ないので熱中症には充分注意が必要です。