妊娠中の上の子の抱っこ事情!赤ちゃん返りも上手に乗り切るコツ

妊娠中の上の子の抱っこについて悩むお母さんもいるでしょう。
抱っこはいつまでしてもいいのか、抱っこしてあげたい気持ちはあるけど心配になってしまいますよね。

そこで、妊娠中の上の子の抱っこの工夫や気をつけたいポイントなどお伝えしていきましょう。

これまで自分だけがお母さんの愛情を独り占めしてきたのだから、甘えて赤ちゃん返りしてしまう上の子もいます。
ぜひ参考に赤ちゃん返りも上手に乗り切っていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1歳2ヶ月の子どものお昼寝と睡眠時間・日中の過ごし方との関係

1歳2ヶ月の子どもの睡眠時間はどのくらいが良いのでしょうか。お昼寝の時間が長すぎると夜の就寝時間...

赤ちゃんが寝る時の布団、寒暖差が激しい秋の布団の枚数と選び方

赤ちゃんの布団は季節に合わせて枚数や種類を選ぶことが大切ですが、寒暖差が激しい秋はどんな布団がいいの...

1歳4ヶ月の子どもの生活リズムと子育てのポイント・注意点

1歳になると生活リズムも整い、大人と同じような生活ができるようになってくるので、子育てをする両親の負...

生後3ヶ月の赤ちゃんが昼寝をしすぎる?赤ちゃんの睡眠について

初めての赤ちゃんとの生活はわからないことだらけで、ママにとって不安を感じる場面も沢山あることでし...

夜間に楽な授乳姿勢は?正しい姿勢と授乳のコツをアドバイス

夜間の授乳はママも大変なものです。睡魔と戦いながら赤ちゃんに授乳をするときは、できるだけ楽な姿勢で授...

冬赤ちゃんと外出する時の服装やポイント、防寒対策を解説

冬に赤ちゃんと外出する時、どんな服装を着せてあげるべきか、どんな防寒対策が必要なのか気になるところで...

一歳半から始まった夜泣き、泣き叫ぶ我が子を寝かしつけるには

今までは夜すんなり眠りについていたのに、一歳半頃から急に泣き叫ぶほどの夜泣きをすることがあります。...

10倍粥の作り方!鍋・炊飯器を使った失敗しない作り方を解説

赤ちゃんの離乳食は10倍粥から始めることがほとんどです。初めての子育ての場合は、10倍粥をどんなふう...

大根を使った離乳食レシピ【初期】保存方法と離乳食の作り方

赤ちゃんの離乳食のスタートが近くなると、離乳食初期の頃は一体どんな食材を食べることができるのか気にな...

赤ちゃんがまとめて寝るのはいつから?睡眠時間と生活リズム

初めての育児に奮闘しているママの中には、夜中の授乳やおむつ替えなどで夜中に起きることを辛く感じている...

【夜泣き】2歳児の激しい夜泣きの原因と正しい対処法

一般的に1歳半頃までに落ち着くと言われている夜泣きですが、1歳半を過ぎても尚夜泣きが続いて困っている...

1ヶ月の赤ちゃんの服装とは?寝る時やお出かけの服について

1ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするときにはどのような服装にしたらいいのでしょうか。1ヶ月健診や...

2人目育児は大変?2人目が男の子の場合の乗り越え方と育児術

望んでできた2人目なのに、周りから「育児は大変だよ。男の子ならもっと大変」と言われてしまうと、急に不...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

1歳9ヶ月の子どもに適したお昼寝時間と良い睡眠リズムの作り方

共働き世帯で子どもを保育園に預けている場合、子どもは日中保育園で規則正しい生活をしているため、出来る...

妊娠中は上の子を座り抱っこにしましょう

二人目を妊娠した時に上の子がまだ小さく抱っこをする機会が多い場合、自分の体調を心配しながらも一人目を抱っこするのに不安になることがあります。

妊娠初期は特に母体の安静を優先しなければなりません。

しかし、上の子が小さいとそうもいきません。

また、旦那さんの仕事の帰りが遅いなどお母さんが一人で育児をしなければならないと余計に不安になるかと思います。

妊娠した上の子の抱っこはできるだけ座った状態でするようにしましょう。

実際に私も経験しましたが、台所にに立って作業をしたい時に限って上の子が抱っこをしてほしいと泣いたりします。

妊娠中は自分の体を優先して一度ソファなどに腰掛け自分の足の上に子供を座らせるようにしましょう。
子供の機嫌が直るのを待ち、子供が一人で遊んだり寝ている時に作業をします。

個人差はありますが長い時間抱っこをしながら家事をするとお腹の張りにも繋がります。
抱っこをする時は無理せず座って抱っこをしましょう。

妊娠中の上の子の抱っこにはうまく対応すること

上の子がまだ兄弟ができることがわからない年齢だと、お腹に赤ちゃんがいることを理解してもらうことが難しく感じてしまうと思います。
子供の年齢にもよりますが、何度も説明したり一緒にお腹をなでてみたり絵本を使うなどして、お腹に赤ちゃんがいるということを根気強く話すことも大切です。

子供は思ってる以上に大人のしていることを見ていたり感じ取る力もあります。

お腹を叩いたりすることはいけないことなのだと説明する

しかし、中には説明をしても理解が出来なかったり、わかっていてもお母さんに飛びついてくるというお子さんもいると思います。

そういう時は、お母さん自身でお腹を守ることも必要です。

横になって休む時は横向きに寝たり、旦那さんや家族の方に子供と過ごす時間を長めにつくってもらったりと、まわりの大人にも協力をしてもらいましょう。

妊娠中は上の子の抱っこ紐にも注意が必要

妊娠中に上の子をどうしても抱っこしなければならない時に抱っこ紐を使う方もいると思います。

もしくは使っても良いのか迷う時。

大切なのは無理をしないこと

お腹が出てきて前が見えにくい時期だと、その状態で更に子供を抱っこしていると前や下が見えにくく転びやすくなります。

抱っこ紐を使う時はまわりをよく見て使いましょう。

また、足元に物があっても下が見えにくくつまづきやすくなります。

床に物を置いておかないようにしましょう。

また、長時間付けないようにしましょう。

その時は大丈夫でも後からお腹が張ってくることもあります。どうしても抱っこ紐を使う時は、お腹をベルトで締め付けない物を短時間だけ使うようにしましょう。

上の子を抱っこできなくてもスキンシップは忘れずに

二人目を妊娠すると上の子のこと、自分の体調のこと、二人目の出産の準備、食事の準備に洗濯とやることが増えてきます。

そうしていると、今までは多かった上の子とのスキンシップが自然と減ってしまうことがあります。

こちらは悪気もなく減った抱っこなどのスキンシップが、子供からすると急に抱っこなどをしてもらえなくなったと感じてしまうことも。

まだ言葉が理解できない年齢の上の子ほど辛く感じてしまう

そうならないためにも、上の子とのスキンシップは1日に必ず1回でもいいのでとるようにしましょう。

時間は短くても忘れずに抱きしめてあげたり、体を寄せて添い寝をしたりしてあげることが大切です。

目と目を合わせ手遊びをしたり一緒に遊ぶ中にもスキンシップを取り入れておくと上の子の安心にも繋がります。

子供の気持ちをくみ取って赤ちゃん返りを乗り切りましょう

妊娠中に上の子が赤ちゃん返りをすることがあります。

個人差もありますが、泣くことが増えたり、おねしょをしたりとそれぞれ内容は違ってきます。

これまでは自分ひとりに向いていた愛情が他に移ってしまうという不安は、幼い子どもからすると大きなものなのかもしれません。

スキンシップに加えてこれまで以上に言葉に出して上の子に抱っこをしながら「大好きだよ」などと伝えるのもおすすめです。

まだ、言葉がわからない年齢の子供でもお母さんの優しい表情や話し方で気持ちは十分伝わります。

実際に私も2歳離れた上の子が赤ちゃん返りをした時は、何でもないことですぐに大泣きしたり夜泣きが増えたりしました。

赤ちゃん返りをすることは、自分の意思を言葉で伝えられる年齢になってもおきます。

自分の気持ちを上手く表現できない子供にとっては、どうしても赤ちゃん返りをしてしまうものと、気持ちを切り替えるのが大切です。

特に上の子は、今までは自分だけを見てくれていた親の愛情が、別の子に向けられるのかもしれないという不安な気持ちがあります。

この不安な気持ちを受け入れてあげるために、赤ちゃん返りをしたら出来るだけ思うように接してあげましょう。