生後10ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの作り方と身に付けさせ方

日々成長していく赤ちゃん。
赤ちゃんの成長に応じて1日の生活リズムは変わってくるので、大人と同じ生活リズムになるまでは、親が赤ちゃんの発達に合わせてタイムスケジュールを作ってあげなければなりません。

今回は、生後10ヶ月の赤ちゃんの生活リズムについて紹介します。
離乳食の回数からお昼寝の回数まで詳しく解説しながら、おすすめのタイムスケジュールも紹介するので、ぜひ生後10ヶ月の赤ちゃんを育てているママの生活リズム作りの参考にしてくださいね。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

妊娠中の上の子の抱っこ事情!赤ちゃん返りも上手に乗り切るコツ

妊娠中の上の子の抱っこについて悩むお母さんもいるでしょう。抱っこはいつまでしてもいいのか、抱っこ...

1ヶ月の赤ちゃんの服装とは?寝る時やお出かけの服について

1ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするときにはどのような服装にしたらいいのでしょうか。1ヶ月健診や...

10ヶ月の赤ちゃんが寝る時間とは?寝かしつけのポイント

10ヶ月の赤ちゃんは一日にどのくらいの時間寝るのでしょうか。だんたんと起きている時間が長くなり、...

5ヶ月の赤ちゃん【生活リズム】理想と整えるためのコツを紹介

生後5ヶ月の赤ちゃんはだんだん夜も長く眠るようになってくるので、生活リズムを整えやすくなっていき...

赤ちゃんの冬用パジャマの選び方、寝室の寒さ対策もご紹介

赤ちゃんの冬用パジャマを買おうとお店に行くと、色んな素材やデザインがあって、どれを選んだらいいのか迷...

生後8ヶ月の赤ちゃんの生活リズムとおすすめの遊び・関わり方

初めての子育てをしていると、日々成長する我が子に追いつくことが出来ず、正しい関わりが出来ているのかわ...

女の子でも「赤ちゃんの髪の毛薄い現象」が起きてもおかしくない

男の子でも女の子でも赤ちゃんは可愛いですよね。赤ちゃんの特徴の中で、可愛い以外にあるのが、「髪の...

夜泣きにイライラしても怒鳴るのはやめよう!上手に乗り切るコツ

赤ちゃんの夜泣きにイライラしてしまい、つい怒鳴ることもあるかもしれません。しかし、怒鳴ることで赤...

【夜泣き】2歳児の激しい夜泣きの原因と正しい対処法

一般的に1歳半頃までに落ち着くと言われている夜泣きですが、1歳半を過ぎても尚夜泣きが続いて困っている...

冬の赤ちゃんとのお出かけで準備しておきたい防寒アイテム

冬に赤ちゃんと一緒にお出かけする時には、防寒のためのアイテムが必要です。気温が下がり、冬本番にになる...

2歳児のお昼寝時間の目安・寝かしつけのコツや寝ない時の対処法

一般的には生後6ヶ月を過ぎた頃から体内時計が整い睡眠リズムが出来てくると言われていますが、睡眠の環境...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

赤ちゃんの睡眠時間が短いのはなぜ?原因と対処法を解説

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますと、睡眠時間が短いのでは?とママは心配になります。新生児~1歳頃...

赤ちゃんの肌着はいつまで?月齢よりも成長に合わせましょう

赤ちゃんの肌着はいつまで着せたらいいのでしょうか?新生児のときに着せる肌着はいつまで使えるのか、判断...

生後11ヶ月の赤ちゃんが奇声を発するのはなぜ?理由と対処方法

生後11ヶ月頃、1歳を迎える少し前に急に赤ちゃんが奇声を発し始めることがあります。ママにとっ...

生後10ヶ月の赤ちゃんの離乳食増加による生活リズムの変化

生後10ヶ月の赤ちゃんはかなり大人に近い生活リズムになってきています。

離乳食を一日3食食べるようになるので、大人と同じ時間に食事をとります。それにより朝食と昼食、昼食と夕食の間の時間を計画的に過ごしやすくなります。
3食の離乳食をしっかりと食べると母乳やミルクを飲む量が徐々に減少します。
卒乳に向けての準備段階となる時期です。

食事からの栄養を増やすためにおやつを始める事もできます。昼食から夕食までの間15時頃におやつタイムを設けてバナナなどのおやつを食べさせてから授乳するとよいでしょう。

授乳やミルクではなく朝・昼・夕食とおやつをメインとして栄養を摂取するようになると決まった時間に食事をとれるようになるので、その他の時間帯も計画的に過ごす事ができるようになります。
外遊びの時間に少し遠方まで出掛けたり、食事の合間の時間に外出をしやすくなります。

生後10ヶ月の赤ちゃんの生活リズムを整えるための離乳食の進め方

生後10ヶ月の赤ちゃんの離乳食は5倍粥から軟飯を子供用の茶碗に軽く1杯程度を主食として野菜はその半分程度、肉や魚は更にその半分程度の量を与えます。たんぱく質として肉や魚ではなく卵を与える場合には2分の1個、豆腐なら野菜と同じくらいの量にします。

まだこの時期の赤ちゃんは授乳やミルクを併用しているので1回に食べる量にムラがあります。

最初に離乳食を与えてその後に授乳やミルクで栄養を補いましょう。
必ず先に離乳食を与え、その後に授乳したりミルクを与えます。授乳の場合には赤ちゃんが飲みたいだけ飲ませてあげましょう。

この時期の離乳食はある程度歯ごたえがあるものを与えて噛むことを強化していきます。自分で噛みちぎって食べられるような食事を与えましょう。
夜間の授乳をやめると離乳食の進みがよくなり時間も確立しやすくなります。

生後10ヶ月の赤ちゃんのお昼寝の回数について

生まれたばかりの頃は一日中寝ている時間が長くお昼寝という概念もないような状態でしたがだんだんと夜に寝る時間が長くなり日中は起きている時間がながくなってきます。そうしてお昼寝をする時間と回数が一定になってきて、午前と午後に一回ずつするようになります。その次の段階としてお昼寝が午後の一回だけになるのが生後10ヶ月頃です。

お昼寝が午後の一回だけになると昼間に活動できる時間を長く確保することができます。

生後10ヶ月頃は身体能力もどんどんと成長する時期

外で遊ばせたり広い場所でハイハイをたくさんさせるなど身体を動かす時間をしっかりととりたいものです。

そのため昼寝を2回している場合には1回にするように調節していきましょう。
午前中は外へ連れ出したりしてしっかりと活動させて昼食を早めに食べさせて午後の早い時間に昼寝をさせると1日1回になります。
ただし、いきなり毎日1日1回にする必要はありません。睡眠はとても大切でまだ生後10ヶ月の赤ちゃんは我慢して起きていることができません。赤ちゃんが眠ってしまったときはそのまま寝せましょう。そうして昼寝時間が長くなり過ぎないように起こす時間を調節しましょう。

10ヶ月の赤ちゃんにおすすめ!1日のタイムスケジュール

必要な睡眠時間や成長には個人差があるので生後10ヶ月で昼寝を1日1回する赤ちゃんもいれば2回する赤ちゃんもいます。睡眠はとても大切なので無理に少なくする必要はありません。1日2回が調度良い場合にはまだ2回でよいでしょう。それぞれの理想的な1日の過ごし方をご紹介します。
  • 昼寝が1日1回の場合
    朝は6時半に起床して7時から朝食・授乳します。9時から外遊びをして11時半から昼食・授乳。12時半から14時半まで昼寝。15時におやつ・授乳。夕食までは外出したり遊んだりとお母さんの用事に合わせて過ごします。17時半から夕食・授乳。18時半からお風呂。20時に授乳して就寝。
  • 昼寝が1日2回の場合
    朝は6時半に起床します。7時から朝食・授乳。9時から外遊びして11~12時昼寝。12時から昼食と授乳。その後遊んだり外出して14~15時昼寝。15時からおやつ・授乳。遊んだり外出して17時半から夕食・授乳。18時半からお風呂。20時に授乳して就寝。

生後10ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの整え方

かなり体力がついてくる時期なので外遊びをしっかりとさせることが大切です。

生活リズムを整えるためには睡眠の時間を一定にすることがポイントとなります。

そのためにはしっかりと外遊びをさせて寝るべき時間に眠たくなるようにします。

また日光を浴びることで体内時計が調節されるので、その点でも外遊びは生活リズムを整えるために非常に重要です。
外で身体を動かして遊ぶ事はストレス発散にもなります。毎日外でしっかりと遊んでいると昼寝も夜間も寝つきがよくなり起きている間は機嫌がよく元気に行動するようになります。

天候が悪くて外遊びできない場合には室内でも身体を動かして遊べるような工夫をしましょう。

屋内で子供を遊ばせることができる場所をいくつか探して、連れて行く場所を決めておくとよいでしょう。

お出掛けできない場合には家の中でもハイハイをたくさんさせるような遊びをしてあげましょう。
なかなか寝ない赤ちゃんは寝る前にマッサージをしたり絵本を読んだり子守唄を歌うなど毎日決めた事柄を行うとよいでしょう。毎日行っていると習慣となり、それを行うことにより眠気に誘われるようになります。