赤ちゃんのグズグズはいつまで続くの?悩むママへアドバイス

赤ちゃんのグズグズが辛く、いったいいつまで続くの?と途方に暮れていませんか?

赤ちゃんがグズグズした時、ママはオムツを確認するなど原因を探ろうとしますが、実際は原因不明のグズグズも多く、どうすることもできないままただ赤ちゃんを抱っこするしかない時もあります。

では、赤ちゃんのグズグズはいつまで続くものなのでしょうか。
グズグズした時はどうすれば落ち着いてくれるのでしょうか。

個人差はありますが、いつかはグズグズも落ち着きます。
とりあえずやれることは試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後1ヶ月の赤ちゃんの生活リズムや発達の特徴、適切な関わり方

1ヶ月検健診を終えて無事に新生児を卒業した赤ちゃん。新生児の頃から比べると体も大きくなって成長が...

8ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や回数とぐずらず起こすコツを紹介

生後8ヶ月の赤ちゃんになるとお昼寝はどのくらい必要なのか気になるママもいるでしょう。少しずつ動きも活...

1歳児の就寝時間の理想と現実・共働き夫婦におすすめの生活習慣

子どもが1歳になったのをきっかけに育児休業が終わり、働きに出るママも多いと思います。まだ小さい1...

赤ちゃんが口をブーブーさせたりするのには、こんな意味が

赤ちゃんを観察していると、不規則に腕や足を動かしたり、表情も色々な顔を見せてくれます。その中でも...

女の子でも「赤ちゃんの髪の毛薄い現象」が起きてもおかしくない

男の子でも女の子でも赤ちゃんは可愛いですよね。赤ちゃんの特徴の中で、可愛い以外にあるのが、「髪の...

妊娠中の上の子の抱っこ事情!赤ちゃん返りも上手に乗り切るコツ

妊娠中の上の子の抱っこについて悩むお母さんもいるでしょう。抱っこはいつまでしてもいいのか、抱っこ...

赤ちゃんの睡眠時間が短いのはなぜ?原因と対処法を解説

赤ちゃんが夜中に何度も目を覚ますと、睡眠時間が短いのでは?とママは心配になります。新生児~1歳頃...

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転!生活リズムの整え方

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転していまい、このままで大丈夫なのかと不安を感じながら子育てをし...

1歳4ヶ月の子どもの生活リズムと子育てのポイント・注意点

1歳になると生活リズムも整い、大人と同じような生活ができるようになってくるので、子育てをする両親の負...

【二人目出産】上の子は入院中どこで誰に見てもらうのが良いのか

すでに子供がいて、二人目の出産を控えている妊婦さんにとって、一番の心配事は、出産のことよりも二人目出...

4ヶ月になると赤ちゃんはママに睡眠時間をプレゼントしてくれる

赤ちゃんはまさに天使です。そこにいてくれるだけで、周りのみんなを癒し笑顔にしてくれます。...

夜泣きにイライラしても怒鳴るのはやめよう!上手に乗り切るコツ

赤ちゃんの夜泣きにイライラしてしまい、つい怒鳴ることもあるかもしれません。しかし、怒鳴ることで赤...

1歳8ヶ月の子どもに昼寝の時間は必要!生活リズムの整え方

1歳8ヶ月のお子さんが昼寝をしないことに頭を悩ませているママもいるのではないでしょうか。お昼...

二人目の新生児の外出は本当にNG?外出の判断と上の子への対応

二人目の赤ちゃんを出産する予定のママの心配事といえば、新生児を連れての外出についてではないでしょうか...

1歳2ヶ月の子どものお昼寝と睡眠時間・日中の過ごし方との関係

1歳2ヶ月の子どもの睡眠時間はどのくらいが良いのでしょうか。お昼寝の時間が長すぎると夜の就寝時間...

赤ちゃんがグズグズ言うのが辛い…いつまで続くものなのか

あかちゃんのぐずりは、一般的には生後4~5ヶ月頃に落ち着くと言われています。

大体その頃から生活リズムが定着してきて落ち着くようなのですが、そもそも原因が様々なので生後10ヶ月でもぐずりが落ち着かない子もいます。

  • ゲップが出なくて辛い
  • どこかがかゆい
  • 寂しい
  • 退屈

など、ぐずりの原因はその子によって、またはその時々によって違います。

それが昼も夜も関係なく続くのですからパパやママは大変です。

このようなはっきりした原因の特定ができないぐずりをコリックといいます。黄昏泣きという言葉にも聞き覚えがある人もいるのではないでしょうか。

いつまでも抱っこをし続けなければ泣いていたり、抱っこでも泣き止まないこともあるので、ずっと続くと親も疲れます。

いつまでも続く赤ちゃんのグズグズ、グズった時に試したい赤ちゃんのあやし方

お腹が空いた時などと違って、精神的な問題で泣いている場合が多いものなので、胎内にいたときと同じ状況にすることで比較的落ち着きやすくなります。

実際に私もやっていたことを紹介するので是非参考にしてみてください。

ぐずりのひどい生後2ヶ月頃に試してみたらとたんに落ち着き、育児が急に楽になったのでおすすめです。

赤ちゃんはお雛巻きにする

お雛巻きという言葉をご存知でしょうか。

正方形のバビーバスタオルを使って、赤ちゃんの両手両足を曲げた状態で包み込んで固定する方法です。

赤ちゃんはお腹の中にいたときには丸まっている状態でした。

生まれた後もしばらくはCの形になるのがとてもリラックスできるので、その状態をタオルで作ってあげるのです。

生後3ヶ月頃になると体が大きくなってすぐにタオルが外れてしまいますが、新生児から3ヶ月はじめくらいまではかなり効くのでおすすめです。

私はこれと自動のベビーラックの併用で子供の寝付きが良くなって、抱っこしか出来ないという時間が激減しましたし、少し寝られる時間も増えました。

胎内音をかける

赤ちゃんはお腹の中にいるとき、砂嵐のような音を聴いて過ごします。

生まれたばかりのときはこの音を効かせるとお腹の中にいるときのような安心した気持ちになるので寝付きやすくなります。

ぐずりのひどい赤ちゃんには、お雛巻きをした状態で抱っこをしてこの音を聴かせながらゆらゆら優しく揺らしてあげると落ち着きやすいです。

いったいいつまでグズグズするの?赤ちゃんにイライラしてしまう時の対策

どうしてもぐずりが続くようなら、適度に息抜き出来るようなサービスを利用しましょう。

普段ママが見ているならパパにお願いするのも良いのですが、夫婦間で疲労が溜まると罪悪感で片方が休めない傾向があります。

おすすめ、子供の一時預かりサービス

宿泊も日帰りも行っているサービスもあり、

「ちょっと寝たいんです」

というような理由でも決して利用がダメな事はありません。

むしろ育児で追い込まれて爆発しそうなときこそ力になるためのサービスなので、辛くなったら利用しましょう。

最初は勇気が必要かもしれません。

「用事もないのに子供を預けるなんて」と思う人もいます。そこはそんな親御さんのためのサービスなので、気にする必要は全くありません。

ぐずりがひどすぎると感じたら小児科の受診もおすすめ

時期的なものだからと分かっていても、誰かに相談することで楽になりますし、何かアドバイスをしてもらえることもあります。

病院のハードルが高ければ、市の保健師さんに相談しましょう。

保健師さんなら赤ちゃんとパパやママが健康的に過ごせるための的確なアドバイスをくれるので、心強いです。

赤ちゃんがグズグズした時に放置してはダメ?赤ちゃんがグズった時にやってはいけないNG対応

放置はダメと思う人もいますが、離れた場所でなければ10分程度であれば大丈夫です。
赤ちゃんは仰向けにして、すぐに駆けつけられる場所にいれば問題ありません。

泣き声はその間も聞こえるのでそれがストレスに感じる人にはできませんが、あやし続けるのがストレスに感じている人には有効です。

やってはいけないのが、赤ちゃんの口を塞いだり激しく揺さぶる行為

これら2つは危険なので絶対にやってはいけません。

また、寝ぐずりをしている場合は、寝る前であればすぐに寝るので抱っこをしたり背中をトントンしながらやり過ごしているうちに寝ます。

あまりにも激しい場合は、ベビーベッドなどに置いて柵をあげ、完全に安全な状態にしてから真っ暗な部屋で30分程度放置すると寝てくれることもあります。

一人寝の練習にもなったのでその後の抱っこから自分で寝かせるのにシフトチェンジするときに楽でしたよ。

赤ちゃんのグズグズは期間限定、焦らず冷静に対応することが大切

期間限定と分かっていても、何度も続けば精神的に追い込まれてしまいます。

どうしても赤ちゃんの泣き声に焦ってしまうものですが、この時期だからこそ慌てずゆっくりのんびりと過ごすように心がけましょう。

私がよくやっていた対処としては、泣き続けていれば赤ちゃんもそのうち疲れてぐっすり眠ります。その時に何をしようか考えながらだっこをしてやり過ごしていると、意識も赤ちゃんから離れて眠った後のことを考えてワクワクしていました。

「じゃあゲームしようかな」と思ったら、ゲームのある部屋まで行って何をプレイしようか吟味してみたり、「おやつ食べようかな」と冷蔵庫を開けてみたり。

全て赤ちゃんを抱っこしながらだったので、少し光景が変わると一時的に子供もおとなしくなる時間がありました。

また、この時期に家事もこなそうとすると本当に大変なので、ある程度は諦めましょう。

私は夫の仕事帰りにスーパーのお弁当の買い物を頼むなどして、家事は徹底的に手を抜きました。

どれだけ大変か分かってもらうために、夫の休日にわざとぐずりを体験してもらうようにもしました。

この時期はいかに気を楽にするかです。いつかは必ず終わることなので、今だけは頼れるものはどんどん頼りましょう。