赤ちゃんがすぐに泣く!赤ちゃんが泣く理由をご紹介

知り合いの赤ちゃんを見ていると、よく眠り手がかからないように感じたのに、いざ自分の子供を出産してみると、すぐに泣く、泣く理由がわからないと不安に感じる場合も多いものです。

ここでは、赤ちゃんが泣く理由についてご紹介をいたします。

どうしても赤ちゃんが泣く事に不安を感じたり、いつもと違う泣き方をする場合は、医師に相談をしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

1歳のイヤイヤ期、ひどいイヤイヤが始まる理由と対処方法

2歳はイヤイヤが始まる時期と耳にしますが、1歳半頃からイヤイヤが始まることもあります。まだま...

生後五ヶ月のお昼寝はどのくらい?お昼寝の目安について

生後五ヶ月は、一日のリズムが段々と整ってくる時期です。お昼寝もまとまってするようになってくるでしょう...

生後9ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や不規則になる場合の対処法

1歳までの赤ちゃんの成長は目まぐるしく、生活リズムやお昼寝にも違いが出てきます。 生後9ヶ月...

一歳半から始まった夜泣き、泣き叫ぶ我が子を寝かしつけるには

今までは夜すんなり眠りについていたのに、一歳半頃から急に泣き叫ぶほどの夜泣きをすることがあります。...

1歳児の理想的な就寝時間は?生活リズムを整えて健康的な睡眠を

1歳児の子育てをしているママの中には、子供の就寝時間が遅くなってしまうことに頭を悩ませている人もいる...

生後8ヶ月の赤ちゃんの生活リズムとおすすめの遊び・関わり方

初めての子育てをしていると、日々成長する我が子に追いつくことが出来ず、正しい関わりが出来ているのかわ...

3ヶ月の赤ちゃんが寝ないとお困りのママへ。寝かしつけのコツ

赤ちゃんも生後3ヶ月になり、今までよりは良く寝てくれるようになってくれるかなぁと思っているママもいる...

生後7ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間、生活リズムの作り方と入眠儀式

これまで不規則に起きたり、数時間おきの授乳が欠かせなかった赤ちゃんも、生後7ヶ月になると生活リズムが...

赤ちゃんの育て方【5ヶ月】奇声をあげる原因と対策・受診の目安

5ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘中のママの中には、赤ちゃんが奇声をあげることを不安に感じている人もいる...

赤口の意味とお宮参りがNGだと言われる理由!お宮参りと六曜

お宮参りというものは、産土神様に赤ちゃんの誕生を報告し、赤ちゃんが健康で元気に成長していくことを願う...

豚ひき肉ハンバーグを離乳食で美味しく食べるレシピとポイント

離乳食がすすむとお肉も美味しく食べてもらいたいですね。豚ひき肉を使ったふわふわハンバーグなら...

2歳のイヤイヤ期や夜泣きは成長の証!無理せず上手な付き合い方

子供は2歳になるとイヤイヤ期が始まり、夜泣きをする子も多いです。そんな2歳児のイヤイヤ期や夜泣き...

11ヶ月の赤ちゃんの睡眠問題、寝ぐずりや夜泣きの理由と対策

11ヶ月になると次第に赤ちゃんの生活リズムが整ってきます。お昼寝も1日1回になったり、睡眠時間も...

生後8ヶ月の赤ちゃんの寝る時間や睡眠・成長・活動の特徴

初めての育児に挑戦中のママにとって、子どもの成長は嬉しいと共にいつも心配や不安と隣り合わせ。赤ち...

生後3ヶ月の赤ちゃんが昼寝をしすぎる?赤ちゃんの睡眠について

初めての赤ちゃんとの生活はわからないことだらけで、ママにとって不安を感じる場面も沢山あることでし...

赤ちゃんがすぐ泣くのは基本的な欲求を満たしてもらいたいから

赤ちゃんがすぐ泣くのは、基本的になにかを訴えて泣いている場合が多いです。赤ちゃんが泣くと気持ちが焦ってしまうと思いますが、赤ちゃんが何を訴えているのかを冷静になって判断してあげましょう。

赤ちゃんがなく理由は様々です。

  • おなかが減っておっぱいを欲しがって泣きます。
  • おなかがいっぱいでおなかが苦しかったり、消化中の腸の動きが気持ち悪くて泣く赤ちゃんもいます。
  • おしっこがたまっておむつが濡れていると気持ち悪いと泣く赤ちゃんもいます。
  • おしっこが出ている最中が気持ち悪くて泣く場合もあります。
そして、赤ちゃんは睡眠も大人と比べてたくさんとりますよね。
眠りが十分でないと眠たくて泣く事もあります。
寝たくてもなかなか自分じゃ寝つけずにぐずり泣きしている場合もあります。

赤ちゃんが泣いているときは何を訴えているのか考えて、欲求を満たしてあげましょう。

赤ちゃんが安心感を求めてすぐ泣く場合

赤ちゃんがある程度成長していくと母親に対する特別な感情が生まれてきます。

赤ちゃんの後追い

そのため、お母さんの姿が見えないと不安になったりさみしくなったりして泣くことがあります。

そのため、後追いが始まったりしますよね。
親の近くに行けない事にもストレスを感じ泣いてしまいますので、なるべくなら赤ちゃんの近くにいてあげてくださいね。

親が近くにいなくなると、赤ちゃんは本能的に不安に思って緊張してしまうようです。

そして、赤ちゃんが不安になって泣いているのに親がそれを無視すると赤ちゃんはさらに不安に思い大きなストレスを感じてしまいます。

赤ちゃんが泣いているのを放置するのではなく近くに行ってスキンシップしてあげたほうがよいでしょう。

そうはいっても家事をしたりなど忙しい場合は、遠くから声をかけてあげるだけでも違います。

赤ちゃんが不安に思って泣いている場合は優しく抱っこしてあげましょう。

赤ちゃんはお母さんの不安な気持ちを感じ取ってすぐ泣く事も

他にも、お母さんの心の異変に気付いて赤ちゃんが泣く場合があります。

赤ちゃんは毎日新しいことを発見し、様々なことを感じて生きています。

赤ちゃんによってその感じ方は個人差があり、新しいことに対して穏やかに順応出来る子と、不安を感じて泣く子もいます。実はちょっとした変化にも気付きやすく、毎日一緒にいるお母さんの心の変化にも敏感だったりします。

赤ちゃんが泣いているとお母さんも不安になりますよね。
育児に疲れてお母さんが元気でないと、赤ちゃんもそれを感じ取って不安な気持ちになることがあります。

その為、まずはお母さんが無理せずに心にゆとりを持てるよう二なるのが一番です。

育児で疲れたら、お母さんも息抜きをしたりしてゆっくり休んでください。

ぐずり泣きする赤ちゃんを泣き止ませる裏技

欲求を解消してあげても、ぐずり泣き続けている赤ちゃんを泣きやますのは大変ですよね。

そんな赤ちゃんを泣きやませる方法をいくつかお伝えします。

赤ちゃんに鏡を見せてみる

自分の顔を鏡で見るとなぜか赤ちゃんは自然と笑顔になります。

また、お母さんが歌を歌ってあげるとよいでしょう。
その赤ちゃんによって好きな歌がありますので日ごろ歌って捜してみてください。

赤ちゃんは袋の擦れるカシャカシャという音が好き

ビニール袋などをカシャカシャしてあげるとそちらの音に集中して泣きやむことがあります。

赤ちゃんを抱っこして動きに変化をつけてあげると喜ぶ

スクワットのように上下に動かしてあげると泣きやむこともありますし、その場で足踏みをすると泣きやむ事もあります。

また、赤ちゃんに優しく息をかけてあげたりうちわで優しく風をかけてあげると泣きやむ事がありますのでぜひ試してみてください。

赤ちゃんの様子に違いがある場合は医師に相談

赤ちゃんの欲求を取り除いてあげてもどんなにあやしても泣きやまないときがあります。
その泣き方がいつもと違ったような過激な泣き方だとかなり不安になるでしょう。

もしかするとどこか体の調子が悪い可能性も出てきます。

いつもと様子が違ったり泣きやまないと感じたら医師に相談したほうがよいでしょう。

夜間だと病院もすぐに行けない場合は、病院へ行ったほうがよいのか相談に乗ってくれる機関もありますので電話してみるとよいでしょう。

いつものぐずり泣きならよいのですが、少しでも異変を感じて不安な場合は専門家の話を聞くことも大切です。

赤ちゃんが泣きやまないとお母さんも焦ったり不安になったりすると思います。しかし、冷静な判断を出来るようにするためにも出来るだけ落ち着いて赤ちゃんと向き合うことが大切ですよ。