育児で睡眠不足を感じるママへこの時期の睡眠不足を乗り切る方法

生まれたばかりの赤ちゃんがいるママは、睡眠不足を感じている方がほとんどだと思います。昼夜なく泣く赤ちゃんのお世話に、たくさんの家事。ゆっくりとまとまって寝る時間など、ほとんどありません。
そこで、育児で睡眠不足を感じる原因や、ママの睡眠不足解消のためのアドバイスについてご紹介します。
赤ちゃんの成長とともに、夜もまとまって寝てくれるようになります。大変な今を乗り越えれば、ママも少し楽になれるはずです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転!生活リズムの整え方

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転していまい、このままで大丈夫なのかと不安を感じながら子育てをし...

女の子の赤ちゃんがブサイクに見えてしまう理由と対処方法

女の子の赤ちゃんなのにブサイクで可哀想…実はそう思ってしまうママは意外と多いのかもしれません。...

8ヶ月の赤ちゃんのお昼寝時間や回数とぐずらず起こすコツを紹介

生後8ヶ月の赤ちゃんになるとお昼寝はどのくらい必要なのか気になるママもいるでしょう。少しずつ動きも活...

【夜泣き】2歳児の激しい夜泣きの原因と正しい対処法

一般的に1歳半頃までに落ち着くと言われている夜泣きですが、1歳半を過ぎても尚夜泣きが続いて困っている...

産後3ヶ月で起こる夫や子育てへのイライラの原因と対処法

やっとの思いで我が子を出産して始まった幸せな家族3人での暮らし。可愛い我が子とずっと一緒に過ごす...

3ヶ月の赤ちゃんが寝ないとお困りのママへ。寝かしつけのコツ

赤ちゃんも生後3ヶ月になり、今までよりは良く寝てくれるようになってくれるかなぁと思っているママもいる...

冷凍ご飯をおかゆに【離乳食】に便利な作り方やレンジの活用法

離乳食を食べる時期になると、ご飯が食べられるようになった喜びとともに毎日の食事の支度が大変な面がある...

1歳4ヶ月の子どもが起こす癇癪の原因と対処法・言葉の掛け方

一般的に2歳~3歳の頃にピークを迎えるといわれている癇癪ですが、早い子では1歳を過ぎた頃から始まりま...

生後7ヶ月頃の赤ちゃんにみられる奇声、原因はなに?

生まれてすぐには泣き声しか出せなかった赤ちゃんも、少しずつ「アー」とか「ウー」とお話できるようになっ...

3ヶ月の赤ちゃんの成長の様子とママとの過ごし方のポイント

3ヶ月になった赤ちゃんは、生まれたての新生児の頃とはずいぶんと変わり、生活のリズムにも変化が出てきて...

生後4ヶ月【冬の服装】室内でのポイントや外出時の注意点を紹介

生後4ヶ月の赤ちゃんとの初めての冬。服装についても気をつけなければなりません。赤ちゃんを寒さから...

二ヶ月赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方・寝かしつけ方法

二ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘しているママの中には、赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠サイクルについて知り...

4ヶ月の赤ちゃんの生活リズムの整え方は?一日の生活の様子

4ヶ月の赤ちゃんは一体どのような生活リズムで毎日を過ごしているのか気になっているママもいるのでは...

赤ちゃんが口をブーブーさせたりするのには、こんな意味が

赤ちゃんを観察していると、不規則に腕や足を動かしたり、表情も色々な顔を見せてくれます。その中でも...

夜間に楽な授乳姿勢は?正しい姿勢と授乳のコツをアドバイス

夜間の授乳はママも大変なものです。睡魔と戦いながら赤ちゃんに授乳をするときは、できるだけ楽な姿勢で授...

ママが睡眠不足になる赤ちゃんの眠りの特徴

生まれたばかりの赤ちゃんには昼夜の区別がありません。そのため昼間でも深夜でも関係なく起きます。

新生児の睡眠はとても浅い

大人の睡眠は全体の80~85%がノンレム睡眠という深い眠り、そして残りの15~20%がレム睡眠という浅い眠りです。この2つの睡眠を一定の時間のリズムで交互に行い眠ります。

一方生まれたばかりの赤ちゃんはと言うと、睡眠の約半分がノンレム睡眠です。

大人よりもずっと浅い眠りの割合が多いのです。

そのためちょっとした物音や、抱っこからベッドに移したときのほんの少しの変化でも起きてしまうことが多く、これが「なかなか寝てくれない」とお母さんを悩ませる原因となっています。

赤ちゃんの一日睡眠時間は約20時間

ほとんど寝ているのですが、裏を返せば4時間は確実に起きている時間があるのです。

それがたまたま深夜であることなども新生児のうちは当然のことなので、夜にほとんど寝てくれなかったということも多々あります。

育児で睡眠不足を実感する原因は

生まれたばかりの赤ちゃんのお世話で睡眠不足になる原因は、やはり夜中の授乳です。

赤ちゃんは2~3時間に一度は目を覚まして泣く

お母さんは泣かれたら何時であっても起きて、おむつを交換し、授乳して、ゲップをさせ、またおむつを交換して眠らせるという作業を行わなければいけません。

授乳中に赤ちゃんがそのまま寝てしまうこともあるので毎回同じ作業が決まっているわけではありませんが、1回の授乳でかかる時間は少なくとも10~20分ほどです。

そしてまた2~3時間後に約30分起きて、の繰り返しなので、まともに体も頭も休ませられる時間がありません。

そんな状態でも朝になれば家族のためにご飯の支度やお弁当の準備をしなければいけないため、お母さんには横になる時間もまともにないまま日中の活動が開始になります。

合間にまた授乳、赤ちゃんが寝たら静かに片づけと掃除、合間にまた授乳をして終わったら洗濯、と、休みたくても片付けなければ家事があるためほとんど休めないのです。

そんな状態が約3ヶ月続きます。寝不足になるのは当然のことなのです。

育児で睡眠不足の時には赤ちゃんと一緒に仮眠を

家事で忙しいとは思いますが、昼間は赤ちゃんが寝たら出来るだけ一緒に寝るようにしましょう。

朝に家事をすることが多いなら、頑張って朝のうちに最低限は終わらせておけばお昼からは少しゆっくり出来ます。

洗濯は後回しにするとどんどん溜まっていくので大変ですが、掃除はホコリが溜まるまでサボっても大丈夫です。

週に一回家族が休みで少し人手があるときでも良いのです。

睡眠不足の時は本当に最低限の家事のみ、あとはひらすら赤ちゃんと寝ること

赤ちゃんがすぐに起きてしまうこともあるので、赤ちゃんが寝たら随時自分も寝ると考えていた方がいいかもしれません。

私はとにかく日中は休みたかったので、夜中の3時頃に授乳で起こされたときに一緒に洗濯機を回して前日に干していた洗濯物を片付けたりしていました。

一軒家だから出来たことでもありますが、夜に起きていることの多かった子なので、どうせ寝られないなら家事を消化しようと赤ちゃんごとリビングに移動して、家族を起こさないように赤ちゃんと起きていた時期があります。

その分昼間は何度も昼寝をして体を休めることに専念しました。

たった10分しか寝られないこともありましたが、全く寝ないよりは頭がスッキリして気分が良かったです。

朝は朝日を浴びることを日課に

赤ちゃんに生活のリズムが出来てくるのは生後3~4ヶ月頃からです。

それまでは昼も夜も関係ないのですが、それでも朝が来たらカーテンを開けて日光を部屋の中に入れるようにしましょう。

赤ちゃんは視力が弱くて光をはっきり認識出来ませんが、この生活リズムは早くから取り入れた方が今後の赤ちゃんの生活リズムを作るのにとても役立ちます。

赤ちゃんだけでなく、お母さんの体のリズムを整える上でもとても重要

寝不足の中で浴びる朝日ほど恨めしいものはないでしょう。

私も寝不足のときは毎朝眩しい朝日に苛立っていました。「こっちは寝てないのにどうして朝なんか来るんだ」などと恨み言を漏らしたこともあります。

しかしやはり日光を浴びるのは人間の体にとって必要不可欠なことです。最初は腹立たしくてもやはり頭がすっきりしてきます。

徐々に目も覚めて体も動くようになり、天気が良いと気持ちがいいと思えるようにもなります。

気持ちよくお昼寝をする上でも日光は大事

人間の体は日光を浴びる時間が長ければ長いほどその後の睡眠が深くなります。

人間は疲れ過ぎていても眠れなくなるのです。寝付きが悪くなったり、眠りが浅くてちょっとした物音で起きてしまったりします。

赤ちゃんと一緒にしっかり昼寝をして体を休ませるためにも、朝のうちに日光を浴びることはとても大事なこととなります。

育児と家事に疲れたママには家族のサポートが必要

昼寝で少しでも体を休ませることはもちろん大事なのですが、それでも一人で毎日頑張るのは無理があります。

せめて赤ちゃんが夜にまとまって寝られるようになるまでは、定期的に家族にサポートしてもらいましょう。

旦那さんが休みの日はまとまったお昼寝の時間を作らせてもらったり、実家の家族に来てもらって、または実家に帰って一日だけ育児をお願いして休んだり、どちらも難しければ地域のサポートセンターに一時的に赤ちゃんを預かってもらいことも出来ます。

赤ちゃんが生まれた後で保健師さんが自宅に訪問する地域もあるので、少しでも寝不足のことで悩んでいたら相談してみるとアドバイスをもらえます。

家族が育児に理解がなく非協力的であれば、一日の授乳スケジュールを表にしてみるのもおすすめです。

私はアプリで管理していましたが、一度紙で見ようと印刷したことがあります。

それを見て夫が「こんなにしょっちゅう起きるの?」と驚いていました。

男の人は、奥さんが大変でも気付いていないこともあるのです。

こちらからしたら「夜中あんなに何回も泣いてるのに気付かないもの?」と思うかもしれませんが、赤ちゃんの泣き声は寝ている男の人には届きにくいようになっています。

そのため、夜中の授乳に全く気付いておらず、気付いていてもそんなに頻繁に授乳をしていることを知らない人もいるのです。

一度表にしたものを見せて「毎日これしか寝れていないから今日は寝かせてほしい」とお願いしてみると意外とすんなり受け入れてくれるかもしれません。

この時期は決して抱え込まず、自分以外の人の手をどんどん借りましょう。