二ヶ月赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方・寝かしつけ方法

二ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘しているママの中には、赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠サイクルについて知りたい人もいるのではないでしょうか。

特に初めての子育ての場合、色々なことが手探り状態で不安を感じることもあります。

ここでは、二ヶ月の赤ちゃんの睡眠時間や睡眠サイクルなど、睡眠に関わる疑問についてお伝えします。

二ヶ月の頃は夜中の授乳もあるため、ママの睡眠時間も少なくなってしまいます。赤ちゃんの睡眠について知ることで、ママの体を休める時間を確保しましょう。

大切な赤ちゃんの成長を、一番近くでサポートしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子作りのタイミングはいつ?2人目を考えるときの判断基準

一人目の子育てが大変だから、2人目の子作りのタイミングをいつにしたらいいのかわからない…という夫婦は...

育児で睡眠不足を感じるママへこの時期の睡眠不足を乗り切る方法

生まれたばかりの赤ちゃんがいるママは、睡眠不足を感じている方がほとんどだと思います。昼夜なく泣く赤ち...

赤ちゃんがすぐに泣く!赤ちゃんが泣く理由をご紹介

知り合いの赤ちゃんを見ていると、よく眠り手がかからないように感じたのに、いざ自分の子供を出産してみる...

1ヶ月の赤ちゃんの服装とは?寝る時やお出かけの服について

1ヶ月の赤ちゃんとお出かけをするときにはどのような服装にしたらいいのでしょうか。1ヶ月健診や...

【赤ちゃんの後追い】ママだけでなくパパも後追い!対処法を解説

赤ちゃんが成長していくと、ある時期を迎えると後追いをすることもあります。赤ちゃんの後追い対象者はママ...

2歳の子供が起こす癇癪の原因と対応するときのポイント

子供の自我が芽生えてくる2歳前後は、一般的に「イヤイヤ期」と呼ばれますが、この時期の子育ては親にとっ...

乳児の冬時期の布団選びや注意点、防寒対策+事故防止を意識して

冬の寒い時期に乳児を寝かせる時、寒くないだろうか、汗はかいてないかかとママは不安になってしまいます。...

赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか...

プールに赤ちゃんを入れるならいつからがベスト?目安となる月齢

プールに赤ちゃんを入れたいけど、いったいいつから入れるの?今回はこの疑問についてお応えしたいと思いま...

3ヶ月でよく寝る赤ちゃんは大丈夫?必要な睡眠時間と生活リズム

生後3ヶ月の赤ちゃんを育てている新米ママの中には、赤ちゃんがよく寝ることに不安を感じている人もいるの...

赤ちゃんの肌着はいつまで?月齢よりも成長に合わせましょう

赤ちゃんの肌着はいつまで着せたらいいのでしょうか?新生児のときに着せる肌着はいつまで使えるのか、判断...

11ヶ月の赤ちゃんの睡眠問題、寝ぐずりや夜泣きの理由と対策

11ヶ月になると次第に赤ちゃんの生活リズムが整ってきます。お昼寝も1日1回になったり、睡眠時間も...

生後6ヶ月の赤ちゃんの1日のスケジュールと発達の様子、関わり方

新生児の頃から比べると体も大きくなり、出来ることが沢山増えた生後6ヶ月の赤ちゃん。睡眠などの生活リズ...

赤ちゃんの冬用パジャマの選び方、寝室の寒さ対策もご紹介

赤ちゃんの冬用パジャマを買おうとお店に行くと、色んな素材やデザインがあって、どれを選んだらいいのか迷...

【夜泣き】2歳児の激しい夜泣きの原因と正しい対処法

一般的に1歳半頃までに落ち着くと言われている夜泣きですが、1歳半を過ぎても尚夜泣きが続いて困っている...

二ヶ月の赤ちゃんの平均睡眠時間と睡眠のサイクル

生後二ヶ月の赤ちゃんは、新生児の頃と比べ、起きている時間が徐々に長くなってきます。

それでもまだまだ寝ている時間が多く、1日のトータルの睡眠時間は、14時間~15時間ほどです。日中でも2時間~3時間単位で寝たり起きたりを繰り返します。個人差はありますが、長い時間まとめて寝たり起きたりする事ができるようになる場合もあり、ママの寝不足も徐々に改善されていきます。

その後も月齢が上がるごとに、睡眠のサイクルがどんどん整ってきます。

生後二ヶ月の赤ちゃんは、まだ昼と夜の区別がはっきりわかりません。

朝だから起きる、夜だから寝るという睡眠のサイクルはまだ整わず、眠たいときに寝るという睡眠のサイクルが続きます。

ただし少しずつ生活リズムができてくる時期なので、決まった時間に起こし、決まった時間に寝るといった習慣をつけてあげると睡眠のサイクルが整いやすくなります。

二ヶ月の赤ちゃんの夜の睡眠時間と授乳間隔

二ヶ月の赤ちゃんは、まだまだ夜にまとまった睡眠をとる事ができません。

授乳間隔が2時間~3時間に1回のため、たとえ夜中でもお腹を空かせて目を覚ましてしまいます。

夜間の授乳で起き上がるのが辛い場合は、横になったままの状態で母乳を飲ませる「添い乳」がおすすめです。添い乳は赤ちゃんをリラックスさせる事ができ、ママの体の負担も軽減してくれます。クッションやタオルなどのアイテムを使って、赤ちゃんとママにぴったりな添い乳方法を見つけましょう。

二ヶ月の赤ちゃんの授乳回数は、一日に7回~8回が目安です。

あくまでも目安なので、これより多くても少なくても、順調に体重が増加していれば問題ありません。

生後二ヶ月頃から赤ちゃんの睡眠時間を整えて生活リズムを意識しよう

生後二ヶ月の赤ちゃんは、体内時計がまだ未熟です。

昼と夜の区別がつかないので、昼夜逆転の生活を送ってしまう事もあるでしょう。昼夜逆転は、ママや家族にとってツライもの…。生活リズムをつかむのはまだ先かもしれませんが、二ヶ月の時期からしっかりと昼と夜を意識させる事も大切です。

まずは大切なのが、朝になったら太陽の光を浴びさせる事です。

毎日同じ時間に起こし「おはよう」と声をかけましょう。

カーテンを開けて太陽の光を浴びさせれば、赤ちゃんの体内でメラトニンという睡眠ホルモンの分泌が止まり、体内時計が整いやすくなります。

毎日続ける事で、徐々に成果が出てくるでしょう。

また、昼間はなるべく賑やかに過ごし、夜は静かに過ごす事を心がける事も大切です。

昼間はお散歩に行ったり、声をかけながら遊んでみたり、活発な過ごし方を心がけます。

夜になったら遊ぶのをやめ、なるべく暗い部屋で落ち着いて寝られる環境を整えてあげましょう。

昼と夜の行動にメリハリをつければ、生活リズムが整いやすくなります。

生後二ヶ月の赤ちゃんがなかなか寝ないときの寝かしつけのコツ

生後二ヶ月の赤ちゃんは、空腹以外でも様々な感情を泣く事で伝えてきます。

「暑い」「寒い」「オムツが汚れた」「眠い」など、言葉で伝える事ができない思いを泣く事で表現するのです。

泣いて感情を伝える赤ちゃんに対し、いくら母親でもすべての感情を理解するのは難しいです。

夜中中泣かれてしまうと、ママの方が泣きたくなってしまいますよね。

そんな時に役立つ、寝かしつけのコツを2つ紹介します。

何をしてもダメな時は「どうしても寝かせなきゃ」と焦るのではなく、気持ちを切り替えてリラックスして赤ちゃんと向き合う事も大切です。
  • 赤ちゃんを包み込む
    おくるみや大きめのバスタオルなどを使い、赤ちゃんの手足が広がらないように包み込んで抱っこします。
    そのまま背中をトントンと叩いてあげると、ウトウト気持ち良さそうに眠りに入ります。
    赤ちゃんが眠ったら、包んだ状態のままベッドに下ろしましょう。
    包まれている安心感から、グッスリと寝てくれます。
  • 歌や音楽を聴かせる
    ママが子守唄を口ずさんだり、オルゴールなどの優しい音色を聴かせたり、赤ちゃんを刺激しないような優しい音楽を聴かせながら寝かしつけてみましょう。
    毎日決まった音楽を聴かせていると「この歌を聴いたら寝る」という事が赤ちゃんの頭にインプットされ、寝かしつけが上手くいく事もあります。

ママの睡眠不足も辛い!少しでも体を休めるためにできること

まだ小さい赤ちゃんを育てるママは、どうしても寝不足になってしまいます。昼間の赤ちゃんのお世話、夜間の授乳、そして家事とママ達の休む時間はあまりにも少ないです。寝不足で辛い時は、すべてを完璧にこなす事はできないと割り切りましょう。家事を少しサボってでも、赤ちゃんと一緒に昼寝をするのが一番です。

寝不足を解消する一番の特効薬は寝る事しかありません。

赤ちゃんのお世話を頼める人がいる場合は、たまには甘えてまとまった睡眠時間を取らせてもらいましょう。

睡眠不足を我慢しても、何も良い事はありません。

体が疲れた状態だと、赤ちゃんのお世話をする事も難しく、大切な赤ちゃんを心から可愛がる事ができなくなってしまいます。赤ちゃんに優しく接するのはもちろん、自分の体も優しくいたわってあげる事も大切です。