赤ちゃんが寝る時の服装は赤ちゃんの体の仕組みを優先に考える

赤ちゃんの寝る時の服装に悩むお母さんが多いです。
暑さや寒さが厳しい夏や秋は薄着させると寒くないか厚着させると暑すぎないか、また日によって寒暖差が激しい春と秋はどうしたら良いのか。

赤ちゃんが快適に寝られるよう、赤ちゃんの体の仕組みを理解し季節に合った服装にしてあげましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

生後3ヶ月の服装【秋の選び方】赤ちゃんのためのポイントを紹介

生後3ヶ月の赤ちゃんの服装は秋になるとどんな着せ方をしたらいいのか悩みませんか?気温が下がる秋は...

子供が寝ない!イライラする時の寝かしつけ・寝ない原因と対処法

幼稚園のお子さんを育てているお母さんの中には、夜子供が寝ないことにイライラする人もいるのではないでし...

6ヶ月の赤ちゃんが叫ぶ理由を考えて前向きになれる工夫を紹介

生後6ヶ月の赤ちゃんは急に奇声をあげて叫ぶことがあります。そんな赤ちゃんの行動に心配してしまうお母さ...

二ヶ月赤ちゃんの睡眠時間と生活リズムの整え方・寝かしつけ方法

二ヶ月の赤ちゃんの子育てに奮闘しているママの中には、赤ちゃんの平均睡眠時間や睡眠サイクルについて知り...

1歳がたくさん寝る大切さ。時間を決めた生活は将来にも影響する

1歳は表情や行動も豊かになり、ますます可愛さを感じる年齢です。しかし、毎日一緒にいるママにと...

【二人目出産】上の子は入院中どこで誰に見てもらうのが良いのか

すでに子供がいて、二人目の出産を控えている妊婦さんにとって、一番の心配事は、出産のことよりも二人目出...

3ヶ月の赤ちゃんが寝ないとお困りのママへ。寝かしつけのコツ

赤ちゃんも生後3ヶ月になり、今までよりは良く寝てくれるようになってくれるかなぁと思っているママもいる...

9ヶ月の赤ちゃんの奇声への対処法を紹介!理由や大切なこと

生後9ヶ月の赤ちゃんになるとだんだん声も大きくなってきて、奇声をあげることもでてきます。そんな赤ちゃ...

生後2ヶ月の赤ちゃんの寝る時間の目安や寝ぐずり対策をご紹介

生後2ヶ月になると、少しずつ赤ちゃんの眠りにも変化が出始め、まとめて寝る時間が増えてきたり、寝ぐ...

1歳児の寝る時間の理想や睡眠時間を知って生活リズムを整える

1歳児の寝る時間は何時くらいが理想なのでしょう?夜なかなか子供が寝ないと朝も早く起きることができなく...

赤ちゃんにイライラして叩くのはダメ!あなたにできる大切なこと

赤ちゃんの鳴き声にイライラしても叩くのはいけません。はじめての育児で思うようにいかず、自分を責めたり...

子育ては疲れるしイライラするからこそデトックスが必要

子育てにイライラして疲れるときにはどうしたらいいのでしょうか?自分の時間が欲しいと思っても子供を一人...

ベビー服の収納に便利なハンガーラックとおすすめの収納術

出産を控えた妊婦さんにとって、キッズスペース作りはお腹の中の赤ちゃんの成長と同じくらい楽しみなことの...

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転!生活リズムの整え方

3ヶ月の赤ちゃんの生活リズムが昼夜逆転していまい、このままで大丈夫なのかと不安を感じながら子育てをし...

1歳児の就寝時間の理想と現実・共働き夫婦におすすめの生活習慣

子どもが1歳になったのをきっかけに育児休業が終わり、働きに出るママも多いと思います。まだ小さい1...

赤ちゃんの体温調節の特徴を考えて寝る時の服装を決めよう

自分の両親や義両親の世代の方は特に、靴下を履かせていないだけで寒がっているんじゃないかなどと突っ込んでくることでしょう。
寝ているときもたくさん布団をかけられて、赤ちゃんは本当にそれで快適なのかと不安に思ってくることでしょう。

基本的に赤ちゃんは体温調節をすることが苦手で、熱が逃げやすい一方でこもりやすいという特徴があります。

寒がっているかどうか判断するのには、手足が冷えていないかどうかというのを確認してみるのが一番簡単です。ですが足がサラサラしていてポカポカと温かい場合にはただ単に暑いのではなく「眠たい」というサインの可能性がありますのでこちらも参考にしてみてください。

実際に服を着せる時は、時期にもよりますが肌着プラスボディスーツなどで様子をみて、寒そうであれば上にベストなどを着せてあげて、暑がっていれば肌着を脱がせてあげましょう。

夏の暑さ、冬の寒さに合わせて寝る時の服装を調節する

大人が夏と冬でパジャマを変えるように、赤ちゃんも気温に合わせて服装を変えてあげましょう。

  • 夏の場合
    エアコンを付けているかそうでないか、地域などでも変わってきますが、エアコンを付けている場合は肌着1枚の上にロンパースなどを着せてあげましょう。エアコンなしの場合には半袖のボディシャツ1枚で寝かせてあげるのがおすすめです。夏は通気性の良いメッシュ生地の肌着を着せてあげるのもポイントです。
    また暑いからといって布団をかけないと冷えすぎてしまう可能性があるので、どんなに暑い時でも薄手のタオルをお腹に掛けてあげるようにしましょう。そして、子供用の冷感シーツや布団なども売っているのでこちらも活用してあげると赤ちゃんも快適に寝られる事でしょう。
  • 冬の場合
    冬は特に素足の赤ちゃんを見ると靴下を履かせたくなるのですが、寝るときには手袋や靴下は履かせないようにしてください。履かせてしまうと体温調節が出来なくなってしまうので注意してください。
    服装は肌着+長袖のパジャマで良いでしょう。赤ちゃん用のパジャマは腹巻きが一体化しているものやボタンが付いている物が多いのでこれらを選択するのがおすすめです。
    上にかけるものは毛布やタオルケット+掛け布団で良いでしょう。
    寝相が悪い子や、布団を足で蹴っ飛ばしてしまう子はベストのようになっている着る毛布があるのでこちらを活用するのが良いでしょう。

また、暖房を付けて寝る場合には加湿器を利用したり洗濯物を干すなどして乾燥対策もしっかり行ってください。

赤ちゃんが寝る時の春と秋の服装

春や秋は、日によって温度が違ったり、朝晩と昼で全然変わってきたり差が激しい時期だと思います。

この時期は寝る時の服装も特に悩むのではないでしょうか。

私の娘には、同じような素材と長さの肌着しか用意していなかったため肌着で調節することが出来ないので、パジャマで調節していました。薄手物や厚めのキルト生地のものなど数種類の素材のパジャマを用意して、お風呂上がりの室温を目安に毎日変えていました。
もちろん布団の枚数で気温差に対応するのも手ですが、蹴っ飛ばしたりしてしまっては意味がないので、この時期は寝る時の服装の生地の厚さで調節するのがおすすめです。

赤ちゃんの平熱が高いことも忘れてはいけない

赤ちゃんの平熱が大人より高いのをご存知でしょうか。
一般的に赤ちゃんの平熱は37℃前後あり大人よりも高く37.5℃までは平熱と言われています。

基本的に赤ちゃんは暑がりなので大人の服装より1枚少ない位でちょうどよいのです。

寒くないかと心配でたくさん着せてしまうと汗をかきすぎてその汗が冷えて風邪に繋がってしまう可能性もあるので、赤ちゃんの平熱は大人より高いんだと言うのを意識して服装選びをしてあげるのが良いでしょう。

室内環境を整えて赤ちゃんが快適に寝れるよう工夫しよう

基本的に赤ちゃんが過ごしやすいと感じる気温は23℃前後言われています。

そのため春や秋は冷房暖房に頼らず過ごせるでしょう。しかし夜になると急に冷え込むという日も少なからずあるでしょうから、その時はベストなどを着せてあげて調節してあげてください。

夏は室温が27℃前後になるように、エアコンや扇風機などで調節しましょう。

赤ちゃんがたくさん汗をかいていると、もっと涼しくしてあげたくなりますが、赤ちゃんはもともと汗をかきやすいですし、汗をかいている状態で身体を冷やしてしまうと風邪を引いてしまう原因になります。そのため、赤ちゃんが汗をかいているなと思った場合には部屋を涼しくするのではなく服を着替えさせるなどしてあげるようにしましょう。

冬は22℃前後を目安にしましょう。

エアコンや暖房などを使用する時は直接赤ちゃんに当たらないように注意します。上記で触れましたが、暖かさだけでなく冬は湿度の管理も重要になってきます。

一般的に50%前後を保つことが理想とされています。暖かければ風邪を引かないだろうと思ってしまうかもしれませんがそうもいきません。湿度が40%を切ってしまうとウイルスが好むようになりますので活発に活動を始めてしまいます。だからといって湿度が高すぎるとカビやダニなどが繁殖してしまう原因になりますので、湿度管理も入念に行うようにしましょう。